2015年07月01日

人間の良心の爆発!テコンダー朴

 思い知るがいい日本の罪の深さを、そして大韓民族の偉大な歴史を

 最強格闘技テコンドーで劣等民族チョッパリ(日本人野郎)を一蹴!劣等民族・日本人は反省しろ!世界最高民族・韓国人を尊敬しろ!空手・柔道・剣道・相撲・孔子・仏教・漢字・ムエタイ・飛行機・・・この世は全て韓国起源!世界最高民族・大韓民族に全人類の名により心から感謝! 世界文明宗主国・大韓民国に永遠無窮なる栄光あれ!

 韓流ファンタジーを具現化したテコンドー最強伝説の幕開けだ!韓国人が信奉する「正しい歴史認識」を無知蒙昧な日本国民に知らしめる「テコンダー朴」(内容の一部はyoutubeにあります)遂に発売!!今こそ日本人は韓国人に対する態度を抜本的に改めなければならないのだ!!

 「テコンダー朴」を日本の無知蒙昧な有権者に知らせるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

民主党と社民党は戦後のドイツを見習え!国民の自由を制限するドイツ連邦共和国憲法

 我が国の反日左翼勢力は、彼らと敵対する尊皇護国保守反共勢力に対して事あるごとに国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を非合法化している「戦後のドイツを見習え!」と喚く。

 ならば自民党は彼らの要求に応えて改憲案にドイツ連邦共和国憲法の第9条、第17a条2項、第18条、第21条に加えるべきである。そうすれば反日左翼勢力は「自民党は治安維持法を憲法条項化しようとしている!」と悲鳴に似た非難の声を上げ、馬脚を現すに違いない。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)と戦前の大日本帝國を同列に並べる愚人たちを滅ぼす1941年2月6日貴族院予算員会の大政翼賛会違憲論

 1941年1月21日から再開された第七十六回帝國議会では、政党を喪失した衆議院代議士と、貴族院議員が大政翼賛会に激しい非難を浴びせ、近衛文麿内閣総理大臣を追及した

 国家社会主義ドイツ労働者党と戦前の日本国を同列に並べる愚かさを思い知った方は、山口二郎(1958年7月13日生まれ東京大学法学部卒業)をはじめ無限のルーピーズと朝日新聞社に天罰を下す大東亜戦争史を広めるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

立憲政治の模範国イギリスにあったCommentaries on the constitution of the Empire of Japan

 伊藤博文著憲法義解は、比較憲法学の成果にして歴史憲法学の結晶である。憲法義解の発刊形式こそ伊藤の私著であるが、その内容たるや明治天皇が御臨席された枢密院帝國憲法制定会議によって審議され修正され可決された大日本帝國憲法のコメンタリー(解釈書)である。金子堅太郎から憲法義解の英訳を贈られたスタイン(伊藤の師)やオリバー・ウェンデル・ホームズJr(金子の師)、ハーバート・スペンサーなど欧米の碩学は帝國憲法を絶賛した。

 筆者は憲法義解中の難解な漢熟語の文意と帝國憲法各條項の立法趣旨を精確に把握するために、憲法義解の英訳Commentaries on the constitution of the Empire of Japan / by Marquis Hirobumi Itō ; translated by Baron Miyoji Itō/2nd ed/Chū-ō Daigaku (Central University)/1906 の古本を探していたら、なんとイギリスの出版社が2014年にCommentaries on the Constitution of the Empire of Japan (39. Year of Meiji)をペーパーバックとしてを復刊していた。

 筆者は狂喜乱舞して早速これを購入した。出版社の復刊作業と印刷技術は粗略だが、これは間違いなく憲法義解の英訳である。

 エドマンド・バークの指摘どおり、フランス暴力革命がフランスに大虐殺と大混乱をもたらした後、19世紀のイギリスは立憲政治の模範国となりヨーロッパ各国及び我が日本国に多大な影響を与えた。

 その論旨は、普く英國政治の沿革史を渉猟し、従来の改進党が確守する所の政略は着実適切にして今の所謂改進党の如く空論に誘惑せられ急劇の挙動を以て政治を改革せんと企つるものの類に非ず。今の改進党が仏國の革命を賞讃するが如きは是れ啻に黄泉の下にある改進党たりし祖先の遺業を遵守せざるのみならず実に英國憲法を破壊するものなりといえり。

 その言や慇懃反覆一字一涙誠忠文面に顕われ且つ身を以て國に任じ盛暑の炎熱を厭わず冱寒の凛冽を畏れず日夜奔走し鞅掌尽力至らざるなきを以て、遂に英國人民の迷夢を警醒(ケイセイ-警告して迷いを覚まさせる)し、全國の政治家をして「ボルク」の論説に循うこと水の低きに就くが如くならしめ、大廈を未だ傾覆せざるに支え、狂瀾を未だ頽倒せざるに回し、仏國革命の毒気をして英國の邦土に侵入せしめず以て英國の憲法を千百歳の後に維持し今に至るまで確固不抜の地位を保ち英國帝王をして殆んど五大州裏に君臨たらしむるの形勢をなし、宇内の政治家をして常に英國の政体を称して真正の立憲政体なりと賞讃し往々その模範に倣い政体を改良せんと欲するに至らしめたるものは是れ将た誰の功ぞや。

 全く「ボルク」の一身を以て天下の犠牲と為し英國の安危を以て己の任となして鞠躬尽力せしに因ると云うもまた溢言にあらざるべし。

 蓋し「ルーソー」の政治論たるや当時仏國人民が永く君主圧制の下に苦しめられたるを翹げて乱を思うの機会に投じ自己の声望を得んと欲して主唱せしものなれば、その説新奇なるも一己の空論にして政治の実際に適用すること能わざるものなり。

 故に千七百年代に於ては一時宇内の人心を撹乱するの勢力を逞しうせしも、急進過激の迷夢は千七百年代の歳月と共に経過消散して現今千八百年代に至ては、欧米の政治家は古今の事蹟を竝観対比し秩序を逐い(オイ-追い)次第に進み因て以て政機を運転するにあらざれば、政治を改良し國民をして開明の域に進達せしむること能わざるを悟り、常人といえども多くは「ルーソー」の政論は空中架楼の論説にして啻に(タダニ-単に)政治の実際に適用すること能わざるのみならず大いに社会を擾乱せしものなることを覚知せり(フランス革命の省察の邦訳-政治論略/金子堅太郎著/元老院/1881年11月初版発行)。


 2015年イギリスはマグナ・カルタの制定(1215年)から800周年を迎えた。さすがイギリスは立憲君主議会制デモクラシーの母国だけあって、今なおイギリスの出版社は憲法研究の参考資料として憲法義解の英訳を復刊するのである。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

イギリス法に由来する大臣と責任(ダイシー)

 伊藤博文が枢密院帝國憲法制定會議に提出した帝國憲法原案附屬資料の第五十六條「參照」に拠ると、大日本帝國憲法義解第五十五條解説にある一節「蓋し國務大臣は内外を貫流する王命の溝渠なり」は、ダイシーの著作からの引用文であり、イギリスの慣習法に由来している。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

ラッスンゴレライの意味-早く行こうよ(広島に)再び火(原爆)を放て!

 ラッスンゴレライとは、「Let's soon go.Relight!」でしょう。

 直訳すれば「早く行きましょう。再点火しなさい!」、疑惑を斟酌して意訳すれば「(広島に)早く行こう。再び火(原爆の炎)を放つんだ!」という意味です。

 relight(set on fire again).〔動詞〕(自)(他)再び点火〔点灯〕する.

ちょっと待ってお兄さん-原子爆弾を搭載するB-29エノラ・ゲイ機体番号44-86292(チョットマッテは機体番号44-86400)の呼びかけですな、現在浮上している8.6秒バズーカの疑惑が本当ならば。在日の連中は、日本国民にラッスンゴレライ(Let's soon go.Relight!)を言わせて、嘲笑しているのでしょう。

 吉本興業は終わりかもしれません。終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

<関連記事>

フランスに対する風刺歌-エドマンド・バークと自由の女神マリアンヌ

・筆者の大勝利(笑)国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56を補強する英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRA

・筆者の戦史を読み謀略史観を重視する歴史家に転向した平間洋一氏の最新著書イズムから見た日本の戦争 ―モンロー主義・共産主義・アジア主義

慰安婦強制連行を捏造した某反日新聞社を倒産させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

不毛な戦争責任論争に終止符を打つ帝國憲法第五十五條と昭和天皇の御聖断

 昭和20年(1945)8月14日午前10時50分から始まった御前会議において、昭和天皇に対し、鈴木貫太郎内閣総理大臣は、閣議では約八割五分がポツダム宣言およびバーンズ回答の受諾に賛成しているものの全員一致を見るに至らず、重ねて叡慮を煩わせる重罪を陳謝した後、改めて反対の意見ある者より親しく御聞き取りの上で重ねて御聖断を仰ぎたい旨を申し上げた。

 昭和天皇は内閣国務各大臣の輔弼に依り大権を行使する立憲君主であったから、鈴木総理大臣の助言を受け容れ、御自身の御考えを述べられた上でポツダム宣言およびバーンズ回答の受諾を表明された(終戦工作の記録下488~489頁)。

 しかし昭和天皇の御聖断が我が国の国家意思として確定するには、昭和天皇が臣民に我が国のポツダム宣言受諾を告げる所謂「終戦の詔書」に鈴木内閣閣僚全員の副署(同意のサインつまり承認)が必要であった(大日本帝國憲法第五十五條および内閣官制第五條)。

 無法で不毛な戦争責任論争に終止符を打つ帝國憲法第五十五條の解釈を広く有権者に知らせるために、初めにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

非常時の食料確保方法-日本国内におけるネリカ米の栽培方法

 農林水産省は17日に原案をまとめた「食料・農業・農村基本計画」で食料自給率目標(カロリーベース)を50%から45%に下げる一方、日本の食料生産力を示す新たな指標を示した。

 もし食料の輸入が止まっても、国内農業をイモ中心に切り替えれば体重を保つために人が1日あたり必要なカロリー(2147キロカロリー)を確保できるという。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本を再興する美しい花木と草花 | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

日本政府の対中韓歴史三カ条の要求

 日中韓三カ国首脳会談の際に日本国政府は機先を制して中韓両国政府に次の歴史三カ条の要求を突き付けるべきである。

1、日中韓三カ国は歴史を直視し未来へ向わなければならない

2、日中韓三カ国が直視する歴史は、確実な信憑性を有する証拠史料に基づく事実に背反する虚偽・推測・想像・誹謗であってはならない

3、日中韓三カ国は、それぞれの国民が歴史の真実を研究しその研究成果を公表しかつそれに反論する学問の自由を保障しなければならない

 中韓両国政府が歴史三カ条の要求を受諾しても受諾しなくても、いずれの場合においても我が日本国の大勝利である。

 中国政府が要求を受諾すれば、中国共産党の一党独裁は崩壊する(笑)。中国政府が要求を拒絶すれば、それは、中国共産党が歴史の真実と学問の自由と敵視する全体主義独裁政党であることを国内外に宣言してしまう(笑)。

 支那大陸と朝鮮半島に魂を奪われた朝日新聞社といえどもこの要求に異議を唱えることはできまい(笑)。

<関連ページ>

沖縄の不都合な真実

・所長の大勝利(笑)国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56を補強する英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRA

・筆者の戦史を読み謀略史観を重視する歴史家に転向した平間洋一氏の最新著書イズムから見た日本の戦争 ―モンロー主義・共産主義・アジア主義

 朝日新聞社を倒産に追い込む大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

posted by 森羅万象の歴史家 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

安倍晋三と竹中平蔵を糾弾しないアベノミクス批判という至愚-陰謀論と歴史学の外道

 陰謀論とは、証拠資料によって実在証明されていない謀略を論ずることである。過去に起きた事件、現在に起きている事象の原因を、証拠資料によって実在証明されていない特定政治勢力の謀略に求める言論である。

 陰謀論は証拠資料によって証明されていない以上、歴史的事実(史料によって明らかにされた事実)ではなく、憶測や想像の域を出ていない。それは時間の無駄である。だから筆者は陰謀論に組しない。

 それにもかかわらず筆者が第二次世界大戦におけるソ連の諜報謀略活動を執拗に論ずるのは、それを証明する多数の証拠資料が実在するからである。

 現代史資料ゾルゲ事件、尾崎秀実著作集、多数の第一次史料を収録するGHQ発禁図書の戦争と共産主義-昭和政治秘史、コミンテルン資料集、レーニン全集、スターリン全集、ソ連崩壊後にロシア政府によって公開されたアメリカ共産党の機密文書、1995年にアメリカ議会によって公開されたヴェノナ機密文書等によって実在証明された第二次世界大戦時の日米に対するソ連の諜報謀略活動を、それらの証拠資料に依拠して論ずること(例えばノモンハン事件の虚像と実像:日露の文献で読み解くその深層)は陰謀論ではない。

 なぜならソ連の諜報謀略活動は歴史的事実であり、既に憶測や想像の域を脱しているからである。ミトロヒン文書によって第二次世界大戦後のソ連の諜報謀略活動を論ずることも同様である(例えばThe Sword and the Shield: The Mitrokhin Archive and the Secret History of the KGB)。

 歴史学は新旧の史料によって過去の真実(正確に言えば真実の近似)を歴(あき)らかにする学問である。
 だから以上の証拠資料と、ヴェノナ機密文書の公開以後、ロシアから続々と漏れ出している新たな機密文書を無視し、第二次世界大戦時の日米に対するソ連の諜報謀略活動を無視あるいは隠蔽し、戦史の修正と更新を拒む者は、歴史学の外道を歩く者である
。 

 この歴史学の外道たちが、自己保身を図るために、筆者をはじめ史料によってソ連の諜報謀略活動を論じている戦史学徒を「陰謀論者」とか「歴史修正主義者」とか罵詈雑言を浴びせてくるのである。

 歴史学の外道に群生する彼等の第二次世界大戦論は蛙鳴蝉噪に過ぎないことを理解する方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

環境権・緊急事態・財政均衡主義・改憲要件緩和-安倍自民党の憲法改正構想は亡国のショックドクトリンに道を開く

 筆者は「環境権と憲法改正 憲法義解第二十条解説改正案」の中で次のように書いた。

 安倍首相は憲法改正の実現に情熱を燃やしているようだが、果たして現在の自民党議員の中に、自民党の新憲法草案各条項の由来と立法趣旨を日本国の歴史から説き明かす「新憲法義解」を執筆し公刊できるだけの碩学がいるのだろうか?

 安倍首相および自民党各議員が、伊藤博文と井上毅の共著「憲法義解」より優れた新憲法義解を執筆する器量と見識を持ち合わせていないのに、拙速に憲法改正を目指しているのならば、それは亡国の憲法改悪になるだけであろう。


 残念ながら筆者の危惧は現実化しつつある。

 大日本帝國憲法の汚名を雪ぐ大東亜戦争史を広めるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

2025年以降の核廃棄物処理の行方-三菱重工が発見した新元素変換の展望

 2014年4月、三菱重工業は重水素を使い、少ないエネルギーで元素の種類を変える元素変換の基盤技術を確立した(放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ)。三菱重工・先進技術研究センターの岩村康弘インテリジェンスグループ長は「現在、決定的な解決策がない放射性廃棄物の無害化は価値が最も高い。当社は原発メーカーでもある。10年後には実用化したい」という。

 重水素透過により誘起される元素変換現象は三菱重工に新元素変換と呼称されている。新元素変換とは,元素を添加した独自のナノ反応膜に重水素ガスを透過させるだけで,添加元素をほかの元素に変換可能な新技術であり,三菱重工の研究において発見された。

 従来,元素を変換するためには、加速器や原子炉などの高エネルギーの大掛かりな装置が必要であるのに対し、新元素変換では、コンパクトかつ低エネルギー消費で元素変換が可能という特徴を持っている(詳細はIsotope News2014年12月号ナノ構造金属において重水素透過によって観測される“元素変換”現象についてPDF)。セシウムはプラセオジウムに、ストロンチウムはモリブデン、カルシウムはチタン、タングステンは白金に変わる。

 2014年7月には豊田中央研究所が新元素変換の再現実験に成功しており、従来の物理化学の常識では起きるはずのない未知の核反応が存在することは間違いないようだ。

 この反応の再現と解明に取り組んでいる研究者は朝日新聞社とNHKによって言論暴力を振われたが、それに怯むことなく研究を続け、ついに三菱重工が常温核融合の研究から新元素変換の基盤技術を確立し、豊田中央研究所がその再現実験に成功したのである。

<関連ページ>

NHKの汚い報道の内幕を暴露した常温核融合-研究者たちの苦闘の成果

朝日に貶められた常温核融合-日本から生まれるかもしれないアルケミー物理学

「(1993年から)五年で二十三億円を投じた研究で、核融合の確かな証拠は得られず、過剰熱を必ず発生させることさえ出来なかった。やっぱりインチキだった、のだろう。物理学者の多くは懐疑的だった。しかし提唱者はひるまなかった。生活がかかると、うそもつくし、ホラも吹くというのが、人間の悲しい性だろう」(朝日新聞1997年9月6日)

朝日新聞と私の40年戦争
朝日新聞と私の40年戦争
 己の主義思想の為に平然とウソをつきホラを吹く朝日新聞社を倒産させる大東亜戦争史を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

 
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気が出る科学技術ニュース | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

悪の歴史修正主義者デニス・ハルピン-戦争犯罪人トルーマンとパル判決書

 朝鮮日報2015年3月11日の記事「日本の戦争美化放置すればトルーマンも戦犯に」によると、 米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院(SAIS)のデニス・ハルピン招へい研究員は9日、外交安全保障問題の専門誌「ナショナル・インタレスト」への寄稿で、「日本の歴史修正主義の出発点は(日本軍の)慰安婦と南京大虐殺かもしれないが、その終末はトルーマン大統領と核爆弾になりかねない」と述べ、「日本が自らを太平洋戦争の犠牲者として美化すれば、米国は加害者になり、(太平洋戦争を起こした)東条英機ではなく、(原爆を落とした)トルーマン元大統領が戦犯になってしまう」と指摘した。

 米下院外交委員会の専門委員を長年務め、東アジア専門家として知られるハルピン研究員は「日本には社会の指導層、政治家、ジャーナリストの中にも歴史修正主義者がいる。従軍慰安婦や南京大虐殺のような太平洋戦争当時に犯された日本の犯罪に沈黙すれば、結局は第2次世界大戦以降の連合国がつくり上げた世界秩序はまるごと崩壊してしまう」と警告した(以下省略)。

 「日本が自らを太平洋戦争の犠牲者として美化」しなくても、トルーマンは明白な戦争犯罪人である。それはパル判決書すなわち極東国際軍事裁判判事中ただ一人の国際法の専門家であったインド代表判事ラダビノッド・パル博士の判決によって指摘されたことである。

 頑迷固陋な数十年来の朝日新聞信者に朝日の定期購読を止めさせてしまう大東亜戦争史を広めるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

陸軍省部より過激に好戦的だった朝日新聞社-尋常の手段では日米調整は困難「新秩序」に耳を藉さぬ頑迷(大阪朝日新聞 1939.10.24)

 2015年3月10日の朝日新聞素粒子がまた嘯(うそぶ)いた、「負の歴史と正面から向き合ってきた自信からだろう。メルケル首相の言葉が重い。『過去の総括が和解の前提』と。4年前のことすら忘れている。原発事故の証言を読んで改めて背筋が凍る。原因究明を棚上げしたまま再稼働へ。遺体を鳶口(とびぐち)で引っかけたという東京大空襲の仮埋葬の記憶。人も街も焼き払い焼き払われ。日本で欧州で中国で」と。

 支那事変は我が日本国の負の歴史である。そして支那事変の拡大長期化は日中和平工作の連続的失敗であるから、我が国が負の歴史を直視し支那事変を総括するには、日中和平工作の連続的失敗を分析しなければならない。

 日本国民がそれを行うと、蒋介石に容共抗日を強要し支那事変を惹起拡大した中国共産党の人民戦線戦術と、中国共産党に呼応して支那事変の拡大長期化を煽動正当化し日中和平工作を妨害した朝日新聞社出身のソ連スパイ尾崎秀実らゾルゲ機関および近衛文麿のブレーントラスト昭和研究会に結集していた「国体の衣を着けた共産主義者」たちの作為戦争謀略活動を知る。

 そうすると中国共産党と日本の反日左翼勢力、そして昭和研究会に尾崎秀実と佐々弘雄と笠信太郎と大西斎らを送り込み近衛内閣の軍事外交内政を支援し続けた朝日新聞社に対する日本国民の義憤は、天を衝くほど激昂し、朝日のいう日本国の右傾化=反左翼化が昂進する。

 我が日本国の場合、過去の総括は和解の前提ではなく、日中日韓断交の導火線であり、朝日廃業の捷径(手っ取り早い方法)なのである

 朝日新聞社に対する日本国民の義憤を高める大東亜戦争史を広めるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

戦後民主主義の出発点-東京裁判の正当性と合法性を完全否定した自由党・改進党・社会党

 以下のサンフランシスコ講和条約第11条は、単なるアムネスティ(国際法上の大赦)の対日不適用条項であり、戦犯に対して講和条約発効後の日本政府による刑罰の執行と連合国関係国政府および日本政府による赦免に関する手続を定めた条文にすぎない(詳細は我が日本国は東京裁判史観を受諾していない-サンフランシスコ講和条約第11条の正当なる解釈)。

 「日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の判決(英語ではthe judgements、スペイン語ではlas sentencias )を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基く場合の外、行使することができない。
 極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基く場合の外、行使することができない。」

 だからこのサンフランシスコ講和条約第11条に基づく受刑者の早期赦免を求める決議を国会衆議院に提出した衆議院代議士は、断固として極東国際軍事裁判(東京裁判)の正当性と合法性を否定し、正々堂々と戦勝国の連合国を非難した。

世界がさばく東京裁判―85人の外国人識者が語る連合国批判をベストセラーにするために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか