2021年04月29日

1934年12月のクリスマス景気-戦史修正のお知らせ

 所長は、「第二次近衛内閣の誕生から間もない昭和十五年八月一日、東京市内に千五百本もの「贅沢は敵だ」という看板が国民精神総動員本部によって立てられ、食堂・料理店での米食が禁止となった。十月三十一日には、東京のダンスホールが閉鎖になり、戦時下の我が国の世相は暗く貧しくなっていった。」という記述を補強するために、「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56の「85、戦争指導の変遷」を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

85、戦争指導の変遷

 一九二九年の世界大恐慌以来、対外輸出の減少と井上準之助蔵相の緊縮財政と史上空前のコメ大豊作(1)を原因とする深刻なデフレ(需要不足、供給過剰)不況に陥った我が国では、昭和六年(一九三一)十二月十三日、若槻内閣に代わって誕生した犬養内閣の高橋是清大蔵大臣が円レートを切り下げ輸出の振興を図ると共に、日銀引受による国債発行を財源として大幅な財政支出の増加に踏み切るなど、ケインズ理論を先取る模範的な総需要拡大政策を実施し、昭和大恐慌を克服して経済を回復軌道に乗せることに成功した。一九三三年には我が国の実質経済成長率は十%を記録し、日本国民がドイツ国民のように藁をも掴む思いで社会主義政党の独裁政権に期待する必要は無かった。 

 そのことを示す好個の事例が次の昭和九年(一九三四)十二月十七日の大阪朝日新聞記事「大量注文殺到で品不足の悲鳴、新傾向は国産品の擡頭、豪勢なXマス景気」である(2)。

 「あわただしく雪を踏みくだいて駆けってくるかもしかの足音とともにクリスマスが旬日のうちに近づき街の飾窓は、すっかりクリスマスのデコレーションがほどこされた、人のいいサンタクロースは商店やデパートの売出しにはもちろんのことカフェやバーの玄関番にまでかつぎ出されて白髯紅衣をあらゆる場所へあらわして愛嬌をふりまいているが、さて今年のXマス景気は?

 クリスマスツリーにとりつける飾りものの売れ高は、今年は風水害で一般に仕入れを手控えていたが、予想外の売れゆきで昨年の二倍以上にもなり、大阪に三、四軒ある卸商では十二月に入って以来品不足で弱っている。
 今年新らしく売出されたもので提灯式のマネキンサンタというのがあるが二尺もの二十五銭から五尺もので八十銭ぐらい、このほかペーパーサンタとか壁掛サンタや豆人形など幾通りとなくある。いろいろの仮装マスクが一個五銭から五十銭ぐらいまでで各ダンスホールから百ダース、二百ダースという大口の注文があるペーパーハットが二、三銭から二十五銭ぐらいまででこれまた三百ダース、四百ダースと仕入れてゆくところが多い。クリスマスツリーの樅一丈二尺の根付のものが、四円、根元から切ったのが二円五十銭ぐらい、四、五尺のもので七、八十銭、家庭用として用いられる尺くらいの鉢植えピーシャが五十銭ぐらいからある。これに銀モールや人形などの装飾を施すと一円五十銭から十五円ぐらいまでいろいろ、このほか白い砂糖をふりかけた三尺から四尺ぐらいの見上げるようなデコレーションケーキが三円から十円内外でクリスマスイヴの食卓を賑わす。

 デパートではクリスマスの贈物として売れるフランス人形がお正月用の羽子板をどしどし食いこんでゆき今年あたりは七対三というところまでこぎつけているそうだ。また子供用の絵本では断然動物ものがリードしていて外国品だと二十五銭から五円くらい、子供へのプレゼントとしてよく出る布製絵本は最近和製が出来るようになって少からず輸入されていた外国製クロスブックをすっかりロックアウトして国産絵本が凱歌をあげている。

 オリエンタル、トア、甲子園などの各ホテルでは四、五円で料理付のダンスパーティが催され、また大きいキャバレーやバーでは相変らず当局の目をしのんでクリスマス饗宴券を押売りをしているところがあり、大阪道頓堀では既に数件が島之内署の槍玉にあがった、そのほか各ダンスホールでも仮装マスクや福引券などの景品つきでダンスパーティを開き朝日ビル屋上スケート場でもクリスマス・ファンシー・スケーチング大会を催す。」


 だが農産物価格指数と農業所得指数は、一九二六年の数値をそれぞれ百とすると、一九三一年には五十五と四十にまで暴落し、翌年から反転上昇したものの、一九三六年においても八十と七十五にとどまっていた。


 終りにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

朝日新聞定期購読者に「朝日死ね!」と叫ばせる凄まじい書籍

戦後日本の歴史教育および歴史報道の虚偽を立証する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

・朝日新聞社の報道犯罪を告発する脱 ・ 洗脳史講座 

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

明治天皇と昭和天皇の御子孫にあたる旧宮家

・身近にいる新聞定期購読者にこの無料の第一次史料集をプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00
"1934年12月のクリスマス景気-戦史修正のお知らせ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。