2019年12月10日

インパール作戦で戦死した日印軍将兵に捧ぐクレメント・アトリーの言葉

 2015年12月13日のsearchina.は「インドやフィリピンで、日本による傀儡指導者は戦後に尊敬されていた=中国メディア」と題する記事の中で、「インドのボースについては、英国が戦後になりボースが率いたインド国民党幹部を裁判にかけようとしたところ、各地でインド人が反乱を起こた。英国は裁判を中断し、インド支配の継続を断念したとされる。インド独立に果たしたボースの功績は、現在でも高く評価されている」と報道した。
 これはイギリスの首相としてインドの独立を承認したクレメント・アトリー自身が認めた事実である。

 日印友好と日本再興のために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

In 1956,Atlee had visited India and stayed in Kolkata as the guest of the then Governor of West Bengal,Justice P.B.Chakraborty.They had a most remarkable conversation on how India had won her freedom.

Justice Chakraborty remarked that the Quit India movement launched by the Congress in 1942 had been completely crushed and had petered out entirely by 1944.Why then did the British leave India in such a tearing hurry after the war?Atlee replied that it was because of the INA of Subhash Bose and the mutinies it had triggered in the British Indian Armed Forces.

Chakraborty then pointedly asked " What then was the role of Mahatma Gandhi's Quit India Movement in the grant of India's Independence?"He said and I quote 'Atlee's face twisted into a sarcastic smile as he spelt out the word"minimal". (Bose: The Indian Samurai - Netaji and the Ina a Military Assessment,18~19p)

 1956年、アトリーはインドを訪れ、その当時の西ベンガル州知事P.B.チャクラボーティ判事のゲストとしてカルカッタに滞在した。彼らはインドがどのようにして自由を勝ち取ったかについて最も注目すべき会談を行った。

 チャクラボーティ判事は、1942年に国民会議によって開始された 「Quit India」(インドから出ていけ) 運動は完全に潰され、1944年までには完全に消滅していた、と述べた。英国はなぜ戦後、あれほどの焦りの中でインドを離れたのか?アトリーは、それはスバス・ボースのINA(Indian National Armyインド国民軍)と、それが英国インド軍で引き起こした反乱のせいだ、と答えた。

 それからチャクラボーティは、インド独立の承認においてマハトマ・ガンジーの 「インドから出ていけ」 運動はどのような役割を果たしたのでしょうか?と鋭く質問した。彼によれば、アトリーは皮肉な笑みを浮かべながら「ほとんど何も無かった」と明言したという(以上は筆者の邦訳文)。

 安倍晋三首相がインパールを訪問し、インパール作戦で戦死した日印両軍の慰霊を行う際、インド独立の英雄チャンドラ・ボースの名を挙げ、彼らとボースが死してインドに独立をもたらしたことを顕彰するとしよう。

 そのとき尊皇護国・反共・反反日勢力に属する日本国民は、拍手喝采を浴びせることなく、自分が既にWGIPから脱却している証(笑)として「そんなことはとっくの昔に知っているから、お前は一日でも早く消費税率を引き下げ、20~30代の未婚者が結婚して子供を作りたくなるような財政支援、同年代の子育て夫婦がもうお一人二人三人の子供を作りたくなるような財政支援を行え!」と安倍首相に要求しなければならない。

 インパール訪問ぐらいで安倍内閣の支持率が回復してしまうと、安倍内閣と自民党は消費税率引き上げの失敗を認めず、我が国の経済は崩壊してしまうから。



 日印友好と日本再興のために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

パル判決が語る慰安婦強制連行説の虚構-林博史の欺瞞

阿片専売制度-日満両帝国が実施したアヘン断禁主義に基く中毒患者漸減方策(アヘン漸禁政策)

戦後日本の歴史教育および歴史報道の虚偽を立証する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

・朝日新聞社の報道犯罪を告発する脱 ・ 洗脳史講座 

反日新聞社の盆暗史観を斬る!現代の共産中国に無く戦前の大日本帝国に有ったもの

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

明治天皇と昭和天皇の御子孫にあたる旧宮家

・身近にいる新聞定期購読者にこの無料の第一次史料集をプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:00
"インパール作戦で戦死した日印軍将兵に捧ぐクレメント・アトリーの言葉"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法