2019年03月17日

朝鮮ウリスト教の由来

 朝鮮総督府統計年報によると、略取・誘拐での検挙数は1935年は朝鮮人2,482人・日本人24人、1938年は朝鮮人1,699人・日本人10人、1940年は朝鮮人1,464人・日本人16人、1942年は朝鮮人746人、日本人1人となっている。戦時中の朝鮮半島で略取・誘拐の罪を犯していた者は主に朝鮮人であり、朝鮮総督府は彼らを厳重に取り締まっていたのである。

 それはさておき、昭和17年(1942年)の朝鮮総督府統計年報によると、昭和17年の朝鮮半島では、神社数63、神職数120、神道(神社を除く)講義所数327、神道布教者694、神道信徒数91872、寺院数138、仏教布教者数1085、仏教信徒数607082、キリスト教会数5497、キリスト教布教者数4304、キリスト教信徒数382839であり、キリスト教で最も大きい勢力は朝鮮耶蘇教長老会であった。1942年当時の朝鮮のキリスト教勢力は、信徒数では仏教勢力に劣るが、それ以外では、仏教と神道を圧倒していた。

 1919年の3・1独立運動の際も、独立宣言を読み上げた朝鮮民族派33人のうち16人がキリスト教徒で、15人が東学党の流れを汲む天道教信徒で、仏教徒は僅か2人であった。これは李氏朝鮮が仏教を徹底的に弾圧した影響だろうが、なぜ朝鮮半島ではかくもキリスト教勢力が強大であったのか。筆者は最近まで皆目わからなかったのだが、その理由は戦前の新聞に出ていた。

 日本のキリスト教勢力に浸透している無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

時事新報 1919.7.22 (大正8年)宣教師の視たる朝鮮の騒擾事件 寄書

 日本メソヂスト基督教会伝道局長石坂亀治氏は本邦基督教各派同盟会を代表して親しく今回の朝鮮騒擾事件を視察し頃日帰来左の意見書を発表したり

日本メソヂスト基督教会伝道局長石坂亀治

 余は曩に日本基督協会各派同盟の特派員として、宣教師団のヂ、ボールス、日本平和協会の川上勇両氏と共に朝鮮に赴き、親しく今回の騒擾事件に就て視察を遂げたり、宗教家たる余の立場よりして此際朝鮮に於ける基督教徒及び其宣教師に関し邦人の理解を促すは、余の一任務たるを痛感せざる能わず。

 最近の統計に拠るに、朝鮮に於ける基督教信徒は無慮三十万人、教会及び説教所三千二百五十二個、牧師及び宣教師二千四百四十一人を算す則ち朝鮮に於ける基督教の勢力が内地に比して遥に強大なるを見るに足るべし、殊に外国宣教師の数が四百人の多きに達し、其最多数が米国人なるの一事は識者の慎重なる熟慮を要する所なり

 顧うに朝鮮に対する今後の施設経営は、基督教及び宣教師の勢力を無視して、決して円満に、若しくば、有効に行われ得べきものに非ず、是れ余が本文を草する所以にして要は多数宣教師の吾等に語りたる所を綜合して之を報告し以て識者の参考に供せんと欲するに在り。文中、仮令多少邦人の耳に快からざるものありとするも、余は大方の識者が、必ず之を以て他山の石と為すの雅量と賢明とを示さるることを信じて疑わざるなり。

基教宣伝と朝鮮

 顧みるに韓国時代の半島は政令概ね苛酷にして人民が生命財産の不安を感ずること甚だしく而も其間に在りて何等精神的慰安を求むべきものなかりしが故に、彼等は相率いて基督教に帰依し、外国宣教師に依りて其心身の安全を図らんことを期望せり。殊に韓国時代に於ては、基督教に関して、全く自由放任の態度を執りたるが故に、其伝道は他に類例なき顕著なる効果を示すに至れり
 次で統監時代となるや伊藤公は先ず米国メソジスト協会監督エム、シー、ハリス氏と会見し、「今後朝鮮に於ける精神的方面の啓蒙教化は冀わくば貴下等其任に当られよ」と謂いし事あり、識見卓抜なる伊藤公は此時既に朝鮮に於ける基督教の勢力の侮る可からざるを知ると共に又宣教師の価値如何を認識したるものと謂うを得べし。

 然るに併合の後に至りては煩雑なる布教規則と厳励なる教育令との発布に因り、伝道事業は昔日の如く自由なること能わず、宣教師は漸く総督政治に対して多大の不満を懐き、一般人民は又、教育制度の不備、社会的待遇の差別、言語歴史保存の不安等の為め総督政治に対して少からざる不平を懐くに至り、斯くて鮮民と宣教師とが相互の理解と同情とを以て一層の接近を来せるは、洵に自然の径路なりとす。

騒擾事件と宣教師

 前述の如く、宣教師の総督政治に対する不満が、自然に鮮民に対する一層の同情となり、鮮民の武断抑圧政治に対する不平が転じて博愛主義の宣教師に対する一層の敬慕となりたるは、動かすべからざる事実なり。然れども宣教師が今回の騒擾事件を教唆煽動したりと云うが如きは、余りに他を誣うるの甚しきものにして畢竟只彼等鮮民に対する熾烈なる同情か偶々外間より観て一種の煽動的態度と誤解されたるに過ぎざるは深く遺憾とする所なり。

 然るに総督府は斯くの如き態度を以て宣教師に臨みながら騒擾の容易に鎮静せざるを見るや反って彼等に対して其鎮撫を依頼したるが如き、余りに得手勝手の振舞と謂うべく当時一宣教師は斯の依頼に対し左の如く答えたる事あり。(一)我等は政治運動に関与するを欲せず。(二)総督府の側に立ちて鮮民の鎮撫に従事するは総督政治を是認する次第となる是れ伝道者として為し得べき所に非ず。(三)又事実上宣教師は全道に漲れる政治的社会的不平を鎮撫し得るほど有力の者に非ず。(四)当局は既に剣と砲とを以て人民を脅威し、人民が窮鼠却て猫を噛むの態度を示すに至り、我等宗教家を駆って之を鎮撫せしめんとするは何ぞやと。思うに総督府の当局は更に之に対して論弁するの辞を発見するに究したる事ならん(中略)。

 朝鮮に於ける基督教の勢力、及びそれを代表する宣教師の勢力が前記の如く強大なるを知らば、之に対応するの政策なくして朝鮮を統治する能わざるや火を睹るよりも明かかなり。
 
 余の親しく視察したる結果に拠れば、鮮民の心よりして要求する所は唯だ陛下の赤子として愛護せられんことに在り、人間としての自由を与えられんことに在り。宣教師の要求する所亦実に鮮民に代って斯の意を述ぶるに外ならず。而して宣教師の宗教家として特に要求する所は、帝国憲法の明かに保障したる信教の自由に在り。所謂朝鮮独立の如き固より始めより彼等の問題とする所に非ざるべし

 冀わくば我邦朝野の識者審かに在鮮宣教師の心事と其境遇とを理解し、之を通じて善く鮮民基督教徒を愛撫し、以て国家百年の長計を定むるに努力せられんことを。今や朝鮮総督更任の説あるの機に際し、特に余輩の微衷を披瀝す。請う幸に高教を仰ぐを得んことを


 かつてインドではヒンドゥー教のカースト制度に苦しむインド人がこれより逃れる為にイスラム教に改宗し、彼らがパキスタンを建国した。日韓併合前の朝鮮半島では、李氏朝鮮の虐政に苦しむ朝鮮人がこれから逃れる為に外国宣教師の保護を求めてキリスト教を信仰するに至り、かくして朝鮮半島ではキリスト教勢力が強大化したのである。

 しかし今日の韓国のキリスト教勢力は、韓国のヘル朝鮮化を全く阻止できないばかりか、朝鮮人の悪習と結びつき、統一教会をはじめ次から次へと朝鮮ウリスト教という淫祀邪教を生み出し、欺術に長けた妖魔悪鬼を育て、ヘル朝鮮化の一翼を担い、我が国にも諸々の厄災をもたらしている。

 羽根田文明は、「西哲が夙に『宗教に由らずして人を教育するは、技倆ある悪魔を作るなり』と、いって居るを以て、教育と宗教との、離るべからざる理由を知るべしである」を述べているが、12月25日の太陽復活祭を背乗りした不寛容な一神教のキリスト教は本当に人の悪魔化を阻止できるのか、筆者は疑問に思う。

 日本のキリスト教勢力に浸透している無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

朝鮮民族を読み解く7つの鍵

仏教の勝利を宣言する1925年の仏教遭難史論

戦後の日本共産党、日教組、朝日新聞が最悪の虚偽宣伝集団であることを暴露する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

「身近にいる反日新聞の定期購読者にをプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている反日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。」
↓↓↓
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00
"朝鮮ウリスト教の由来"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法