2019年03月15日

戦後世代が気付かない教育勅語の欠陥

 教育勅語には深刻な欠陥があるが、戦後民主主義洗脳狂育を受けた世代はこれを悟り難い。筆者自身も仏教遭難史論(羽根田文明著/1925年刊)を読むまで全くこれに気付かなかった。これはまさに盲点である。しかし戦前の日本人は明治末には教育勅語の欠陥に気付き、善後策を論じていたのである。

 教育勅語に濡れ衣を着せるルーピー反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 

 明治初年、小学校創設、時代の教師の多数が、廃仏的、儒道、養成の士族であったから、教育界から仏教を、排斥するに至ったのは、必然の情勢である。民間信仏者、父母の家庭に養成せられ、子供ながら習慣的にも、幾分の信念を有する児童に対し、教師が未来説は妄誕(註、言うことに根拠のないこと)である、地獄、極楽はないもので、仏教は無用の長物、坊主は天下の遊民であると杯と、軽侮的、慢言を吐いて、愚弄するのが常であった。

 故に教師の言に従えば父母の意に適わず、父母の志に随えば、教師の意に背くから、教師と父母との中間に、板挟みとなって泣いた児童もあった。此の如き情勢であるから、常に教師と父母との間に意思の疎通を欠き、学校と相反目し、之が為に衝突を来したことの往々あったのは事実である。而して学校教育にも、一定の方針なく、特に西洋崇拝熱の、最盛時であったから、西洋の教育を採る者もあって、教育界は実に混乱であった。時に同二十三年十月三十日、先帝の勅語の渙発に依て、ここに教育の方針が一定するに至った。

 教育勅語は 神儒二道が骨子となってあるが、該二道は、宗教でないから、之を為せ、之を守れというのみで、若し之を犯せば、精神上に何々の冥罰を受くるというが如き、制裁力がない。故にあたかも、罰則のない法律の如くであるから、之に依て、国民教育に努むるにかかわらず、人民は日に狡智に進み、社会の道義は、月に薄らぎ、将来、寒心すべき現象を呈出するに至った。ここに於いて、政府、当局者、及び学者社会において、大いに憂慮し、種々講究の結果、教育上に宗教の感化力を、応用することの有利なるを自覚して、教育と宗教との、調和策を講ずるに及んだのが、明治の末年であった。

 同四十三年、内務省が発起して、神道各派、仏教各宗派、及び耶蘇教各派の、代表者を招待して、三教合同の会合を開催し、各自意見を交換し、互いに意思の疎通を謀り、以て教育上に援助を求めた。当時、宗教が内務省の所管であった故である。実に遅まきながら、ここに気の付いたのは先ず殊勝の至りである。西哲が夙に「宗教に由らずして人を教育するは、技倆ある悪魔を作るなり」と、いって居る以て、教育と宗教との、離るべからざる理由を知るべしである(仏教遭難史論269~271ページ)。


 筆者は、以上を読んだ時、初めて自分を納得させる教育勅語批判に巡り合えたので、嬉しくなって思わず「なるほど、そりゃそうだわ」と大笑いしてしまった。

 冥罰(みょうばつ)とは、神仏が人知れず人に下す罰である。明治天皇と明治政府は国民の自由を尊重するために、敢えて教育勅語に内閣国務各大臣の副署を加えないことにより、これを無効の詔勅として、国民に教育勅語遵守の義務を課さなかった。だから教育勅語の最後は、臣民に対する明治天皇の御希望「朕、爾臣民と倶に拳々服膺して皆其徳を一にせんことを庶願う」によって結ばれている。この教育勅語の性格上、例えば「教育勅語違反を犯せば地獄に落ちるぞ!」のような、国民の精神に勅語遵守を強制する制裁力となる文言は、勅語中に入り込めるはずがなかった。

 仏教遭難史論の出版年は、尾崎秀実が東京帝大法学部を卒業した1925年(大正14年)である。1920年代には、エロ・グロ・ナンセンスが大流行し、国民の道徳倫理は衰微し、これに乗じたマルクス・レーニン主義の宣教師たちが若い学生世代を虜にして、教育勅語の全徳目に反逆するマルクスボーイやマルクスガールを大量生産していた。この前兆は明治末に現れていたのである。

 幕末から昭和初めまで人心の移り変わりを観察してきた著者の羽根田文明(1848-1927)は、国民の道徳倫理観の迷走と衰退を痛感し、仏教歌人の立場から改めて教育勅語の欠陥を指摘せざるを得なかったのであろう。また羽根田が神道を宗教ではないと述べているところに、幕末から大東亜戦争敗北直後まで続いた宗教概念の変化の一端が窺えて、興味深い。

 教育勅語に濡れ衣を着せる無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

仏教の勝利を宣言する1925年の仏教遭難史論

戦後日本の歴史教育および歴史報道の虚偽を立証する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

「身近にいる反日新聞の定期購読者にをプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている反日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。」
↓↓↓

 
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00
"戦後世代が気付かない教育勅語の欠陥"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法