2018年03月19日

日本軍人の精神は「東洋民族の誇り」戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史70~72陸軍統制派の陰謀に以下のような修正を加えました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめに虚偽の巨塔である朝日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 インパール作戦に投入された第十五軍約八万人の将兵の内、約三万人が戦死、約四万二千人が戦傷病に倒れ、インドからビルマに至る我が軍の退路は、絶対的に不利な条件下でイギリス軍を土俵際にまで追い詰めた超人的な勇戦奮闘の末、ついに力尽きた将兵の白骨で埋め尽くされた。大幅に戦力を衰退させた我がビルマ方面軍は、アキャブ方面からイギリス軍、雲南方面から中華民国遠征軍に圧迫包囲され、苦闘の持久戦を余儀なくされた。

 インパール作戦後の断作戦(一九四四年七月二日~一九四五年一月二十七日)では、我がビルマ方面軍第三十三軍の第二師団と第五十六師団(合計兵力約二万三千人)がビルマとの国境に近い雲南省の拉孟、騰越、龍陵、平戞において兵力約三十万人に膨れ上がった中華民国遠征軍を迎撃し、これに戦死傷者約六万三千人の大損害を与えた。この日本軍の恐るべき戦闘力に驚嘆した蒋介石は全軍に以下の特別布告を発し(3)、拉孟騰越の戦いにおいて玉砕した日本軍人の精神に「東洋民族の誇り」という最大級の賛辞を送ったのである。

「全軍将兵に与う。戦局の動向はわれに有利に展開しつつあり。勝利の栄光は前途に輝いているものの、その道に到達するまではまだなお遠しといえる。各方面の戦績を見るに、予の期待にそむくもの多し。諸兵、ビルマの日本軍を範とせよ。拉孟において、騰越において、またミートキーナにおいて、日本軍が発揮した勇戦健闘ぶりを見よ。それに比し、わが軍の戦績の、いかに見劣りすることか。予は遺憾にたえざるものなり。
 将兵一同、一層士気を昂揚し、訓練に励み、戦法を考案し、困難辛苦に耐え、強敵打倒の大目的を達成せんことを望むものである。」

 しかし十一月三日に第五十六師団が龍陵を放棄した後、ビルマ方面軍は戦線を支えきれずイギリス軍の追撃を受けながらビルマ南部のモールメンへ向って敗退し、 翌年の一月二十七日、遂に中華民国軍はインドのアッサム州レドからビルマのミートキーナ、ナンカン、中国雲南省の龍陵、拉孟を経て昆明に至る道路を確保し、約二年八ヵ月のあいだ日本軍によって遮断されていた地上の援蒋ルートを回復した。一九四五年三月二十七日には、ビルマ国軍が、敗戦を回避してビルマの独立を維持する為に、イラワジ川会戦でイギリス軍に敗れマンダレーを失陥した日本軍に反乱を起こし、五月二日、イギリス軍がビルマの首都ラングーンを再占領した。

(3)相良俊輔【菊と龍】二八九頁。


 所長はインパール作戦失敗後のビルマ戦史を要約するのに苦労しました(笑)。

 因みに所長は大日本帝国陸海軍を「我が軍」と呼称し、絶対に「旧日本軍」を使用しません。なぜなら帝国陸海軍将兵は日本国民であり我々の先祖であり、彼らの毀誉褒貶は彼らの子孫である我々現在の日本国民が背負うのであって、所長は常にこれを自分の肝に銘じているからです。そのことを忘れた者が朝日新聞社の左翼記者のように醜悪で卑劣な反日的日本人に堕落し、嬉々として我が軍を凶悪非道な犯罪集団に貶めて悦に浸り、我が国に大厄災をもたらすのです

 最近インドでは、チャンドラ・ボースの評価が鰻上りだそうで、インドの独立を承認した当時のイギリスの首相アトリーの回顧談によると、イギリスがインドを放棄せざるを得なくなった理由は、チャンドラボースの率いるインド国民軍の奮戦がインドに伝播し、イギリスに対するインド人の忠誠心を消滅させてしまったからで、ガンジーの非暴力抵抗運動はイギリスのインド放棄に何の影響も及ぼしていなかったとか。インパール作戦で力尽きた我が軍将兵の死は決して無駄死ではなかったのです

 インドは我が大日本帝国陸軍に感謝する親日国であり、決して遠くない将来に我が国が滅亡の危機に瀕した時、我が国に恩返ししてくれるかもしれません。そのとき戦後生まれの日本国民は所長と同じく大日本帝国陸軍を「我が軍」と呼び、インド人と同じく帝国陸軍とインパール作戦を認可した東條英機首相兼陸相に感謝するのかもしれません(笑)。

 そうなる前に、所長は真実の鉄槌をふるい、WGIPを強化し続ける反日左翼勢力を滅ぼし、現存国民から成る軍事組織「自衛隊」を容認できても現存国民から成る軍事組織「日本国防軍」に感情的な拒絶反応を示す被洗脳国民を一人でも減らし、我が国の独立と生存のためには、法的組織的には軍隊並みの重武装を持つ警察でしかない自衛隊を名実ともに日本国防軍に昇格させなければならないことを理解し政府に要求する脱洗脳国民を一人でも増やしたいものです。

 日本軍将兵を侮辱することは我々日本国民を侮辱することであることを理解した方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

菊と龍-祖国への栄光の戦い
菊と龍―祖国への栄光の戦い (光人社NF文庫)

<関連記事>

占領軍憲法第9条は日本人に対すると虐めと嬲り 連合国の犯したポツダム宣言違反

本当は怖い日本国憲法の話-30年前の予言書が指摘する日本の危機

所長の戦史を読み謀略史観を重視する歴史家に転向したものすごく有名なプロの歴史学教授(元防大教授)の著書イズムから見た日本の戦争 ―モンロー主義・共産主義・アジア主義

Bose: The Indian Samurai - Netaji and the Ina a Military Assessment
Bose: The Indian Samurai - Netaji and the Ina a Military Assessment
「身近にいる朝日新聞の定期購読者にプレゼントすると『真実を知りWGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)虚偽の巨塔である朝日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。」
↓↓↓

 
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00
"日本軍人の精神は「東洋民族の誇り」戦史修正のお知らせ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法