2018年03月01日

神功皇后モードから北条時宗モードへ

 現在の国際社会には、シェイエスが「第三身分とは何か」に記述した革命的反立憲的制憲論(現存国民の意思こそあらゆる実定法を超越する至高の法源であるがゆえに、憲法制定権力は国民に有り国民自身は憲法に拘束されない)を実践する国がある。それは国民情緒法によって支配される韓国である。

 韓国の大統領、国務長官、国会議員、裁判官といった権力者は韓国の国民である。彼らは韓国の国民だからこそ韓国の国家権力者になり得るのである。通常立憲デモクラシー国家において、憲法によって国民固有の権利と規定される参政権や就官権を行使して国家権力者になっている国民は、憲法に従い国家権力を行使し、憲法に違反する法令の制定や執行は無効である。立憲デモクラシー国において憲法が国家権力を制約して国民を拘束しないことは有り得ない。

 しかし韓国では、大統領、国務長官、国会議員、裁判官が、憲法や法令や条約より国民情緒を優先し、国民情緒に支持される違憲の法令を制定執行し、あるいは平然と国民情緒に支持される条約違反を犯すのである。つまり韓国では、国民情緒という不文律が憲法・条約・法令の上位にあり、国民である彼ら国家権力者は、国民情緒には支配されるが、憲法には必ずしも拘束されないのである。

 韓国は既に立憲国家ではないと理解した方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 産経抄の執筆者はそのことを熟知しながら、次のような戯言を書いた。

日本が韓国につぎ込んだ費用を請求せよ 3月1日産経抄

 「日本は韓国の手本」。平昌五輪の開会式を中継していた米NBC放送の解説者の発言が、猛反発を受け謝罪に追い込まれたのは記憶に新しい。日本の植民地支配を擁護した、というのだ。

 騒動には「続編」があった。米経済誌「フォーチュン」(電子版)もまた、「発言は重要な真実を含んでいる」との趣旨の記事を掲載した。日韓の歴史にくわしい識者なら、当然の指摘である。

 日本の朝鮮統治については、否定的な面ばかりが強調されてきた。ただし米国では、史実に基づいた研究も進んでいるようだ。その成果の一つが、『「日本の朝鮮統治」を検証する』(ジョージ・アキタ、ブランドン・パーマー著、草思社)である。

 本書によれば日本は、朝鮮の経済・産業・教育などのインフラ構築に、他の植民地保有国に比べて、はるかに多くの努力を払ってきた。慰安婦をめぐっては、「性的奴隷」という表現は不適切だと、明確に否定している。もっとも文在寅(ムン・ジェイン)政権は、そんな「史実」から目をそらし、日本たたきに余念がない。

 外相らが日韓合意を踏みにじり、国連の機関で慰安婦問題を持ち出したばかりである。植民地時代の「三・一独立運動」を記念する本日の式典で、文大統領がどんなメッセージを発するのか。日韓間では、徴用工の問題も再燃している。日韓請求権協定で解決済みだが、「個人の請求権」を盾に取って、揺さぶりをかけてきたら。

 などと心配していたら、ジャーナリストの堤堯(つつみ・ぎょう)さんが「月刊Hanada」4月号で、「発想の転換」を提案していた。逆に、日本統治時代につぎ込んだ巨額の費用の返還を求めて、民間企業が韓国政府に個人請求すればいい、という。なるほど、その手があったか。


 韓国の国民情緒は、我が国が朝鮮統治に費やした巨額費用の対日返還を絶対に許さない。だから我が国の民間企業が韓国政府に個人請求しても、韓国政府と韓国裁判所に一蹴される。それは火を見るより明らかではないか。

 むしろ我々日本国民が為すべきことは、我が国が過去に巨額の費用を朝鮮半島に投資し浪費したことを真摯に反省し、我が国の朝鮮半島に対する防衛戦略を神功皇后モードから北条時宗モードに切り替えることである。

 神功皇后モードは、我が国が少なくとも朝鮮半島南部を我が国の属領化ないし親日化し、対馬海峡および日本本土の安全を維持する戦略である。

 北条時宗モードは、我が国が対馬を第一線として守勢を保ち、対馬海峡、対馬、日本本土で半島大陸軍を迎撃する戦略である。

 元軍を撃退した鎌倉幕府は1275年と1281年に高麗征伐を計画したが、巨大な財政負担に耐えられず、計画を中止した。巨大な財政負担が神功皇后モードのデメリットである。そして今日ではミサイルの射程距離と軍用機の航続距離が長大化しており、もはや神功皇后モードは日本本土の安全を保障しない。 

 だから我が国は防衛戦略を神功皇后モードから北条時宗モードに切り替え、韓国とは絶交し、対馬を要塞化してここに在韓アメリカ軍のいくつか部隊を誘致すべきである。これが反日行為を重ねる韓国に対する制裁措置になる。もちろん同時に神功皇后モードへの未練を断ち切る為にも、我が国は、北条時宗モードに大量の長距離誘導弾を用いる敵基地への攻勢転移(逆襲)能力を加えなければならないが。

 神功皇后モードに固執して韓国に譲歩妥協を重ねる日本政府の愚行に憤る方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

・身近にいる朝日新聞の定期購読者にプレゼントすると「真実を知りWGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め新聞代を節約できた」と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)虚偽の巨塔である朝日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
 
 
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00
"神功皇后モードから北条時宗モードへ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法