2009年12月17日

小沢一郎の乱心-全権委任法か国民主権のデモクラシーか

 民主党は16日、2010年度予算と税制に関する18項目の重点要望を決定、小沢一郎幹事長らが首相官邸を訪ね、鳩山由紀夫首相に申し入れた。財源難を考慮し、子ども手当に所得制限を設けることや、ガソリン税などの暫定税率について現行水準を維持することを盛り込んだ。政権交代を果たした衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)と異なる内容のため、政府が追認した場合は公約違反を問われることになる。
 重点要望は、鳩山内閣に強い影響力を持つ小沢氏が主導した。同氏は席上、「党というより全国民からの要望なので、可能な限り予算に反映させてほしい」と強調。首相は「国民の思いはその通りだ」と応じた。平野博文官房長官も記者団に「政府としては責任を持って最大限努力する」と語った(時事ドットコム)。

「党というより全国民からの要望なので、可能な限り予算に反映させてほしい」「国民の思いはその通りだ」

 はぁ?????

・ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

 小沢の頭の中では、暫定税率の廃止を望み民主党に投票した有権者は1人もいなかったというのか、あるいはそれを望んでいた有権者は今や全て民主党の政権公約やぶりを要望しているというのか?

 石油連盟の天坊会長は

「民主党はこれまでマニフェストの中でガソリン税などの暫定税率を廃止することを掲げていたので、石油業界としてもその点については評価していた。しかし、今回暫定税率を維持すると突然政策を変えた理由がわからない」

と述べ、また日本自動車工業会の青木哲会長は記者会見で、民主党が来年度予算案の重点要望でガソリン税などの暫定税率を現在の水準で維持するよう求めていることについて、

「暫定税率は道路整備の名目で上積みされたもので、一般財源化に伴って課税の根拠は失われている。税に対する国民の信頼を得るためにも、暫定税率は即刻廃止すべきだ」

と述べ、来年度から暫定税率をすべて廃止すべきだという考えを示しており、「党というより全国民からの要望」という小沢の発言は真赤なウソである。

 それとも小沢のいう「国民」とは日本国民ではないのか?民主党の政権公約違反を批判する者は「非国民」なのか?
 政権公約を破り有権者を裏切る小沢民主党の決定を「全国民からの要望」と勝手に断定する小沢一郎は、すでに狂気を発している。

 小沢のやっていることは人民あるいは労働者の名において人民と労働者を弾圧した東西の共産党と変わらなく、天皇陛下の御意思に続いて全国民の要望を勝手に忖度して、それを理由に自己の背信行為を正当化する小沢発言は、以下の尾崎秀実の評論と同類である。

「我々は静かに『聖戦』の意味について三思する必要がある。今日一部に於て、もしも日本がその大陸に対する要求を具体的に明瞭に形の上に現わすのでなければ尊い血を流した勇士たちは瞑することが出来ない、又艱難辛苦しつつある出征兵士たちがおさまらないであろうとの説をなすものがある。絶対に正しからざる説である。恐らくは心事高潔ならざる輩が自己の心事をもって推しはかったものであるに違いない。

 一身を抛って国家の犠牲となった人々は絶対に何等かの代償を要求して尊い血を流したのではないと我々は確信するのである。東亜に終局的な平和を齎すべき『東亜における新秩序』の人柱となることは、この人々の望むところであるに違いないのである―。」
(中央公論昭和十四年一月号「東亜協同体の理念とその成立の客観的基礎」尾崎秀実著作集第2巻)

 いったい小沢一郎の中で何が起きているのか、小沢に回りに何が蠢いているのか不明だが、小沢一郎が極めて傲慢で危険で凶悪な存在になっていることに間違いない。
 小沢の発想はまさに民主党への「全権委任法」か、国民主権のデモクラシーである。国民に主権(無制限の絶対権力)があるなら、国民の代表であり国民の一員である民主党の支配者小沢一郎は、憲法に拘束されない無制限の絶対権力者になってしまう。

 だから人民主権を標榜し人民の代表もしくは前衛を詐称した古今東西の共産党は、無制限の一党独裁体制を敷き、国民の自由と権利と生命を蹂躙したのである。
 まさに忘れられた賢哲ベルジャーエフの以下の言葉は金言であり、自由のない「民主党」を選んでしまった国民主権のデモクラシーの危険性を日本人に警告している。

 「国民主権のなかでは、国民は滅亡する。国民主権は、人間主権である。人間主権はその限度を知らない。そして人間の自由と権利を侵犯する。」

・キリスト教会に浸透する闇の勢力


・石化の恐怖-日本人を苦しめる闇の巫女
エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~
「小沢の心も闇の勢力に侵蝕されている」

ドラゴンクエスト モンスターズギャラリー
ドラゴンクエスト モンスターズギャラリーHD2 BOX
「小沢と鳩山は我々の仲間だ!」

爆安の萌える美少女フィギュア・カタログから税込みネット特価50%オフ!山本 五十六
戦国ランス 山本 五十六 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
「乱心朝敵小沢一郎を断固討ち滅ぼすべし!」

 「党というより全国民からの要望」という小沢の発言はあまりに傲慢だと憤る方と、日本国を甦らせる感謝道-くにからのみちを歩む方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


posted by 森羅万象の歴史家 at 21:56
"小沢一郎の乱心-全権委任法か国民主権のデモクラシーか"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。