2006年03月12日

カーデザイナー児玉英雄の壁紙ギャラリー

 フェラーリ、シボレー、BMW……。憧れの名車たちがあなたのデスクトップを飾る!車のデザイナーとして人気を誇る児玉英雄。その長年の経験と抜群のセンスを生かして描かれた、カーファンの心を掴んで離さない傑作イラストの数々が壁紙になりました。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ナルト写輪眼

 写輪眼を持つ忍者の肖像画です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

モネの印象・日の出 モネの作品カタログ

 1874年、モネ、ルノア-ル、ピサロ、ドガ達は、官展に嫌われた若い仲間を集めて グル-プ展を開きます。出品されたこの絵を引用して批評家がこのグル-プを「印象派」と名付けました。この絵がなければ印象派という言葉が生まれなかったという一枚です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

マネの台の上のしゃくやくの花瓶 マネの作品カタログ

 <草上の食事>や<オランピア>を発表して、マネは前衛的な若い画家達 のリ-ダ-になり、彼らが後に印象派を結成します。ロココ時代のシャルダン を思わせる優雅な花です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ルノアールのピアノに寄る娘達 ルノアールの作品カタログ  

 ピアノに寄ると題したこの作品は同じモチーフで数点描かれています。メトロポリタン美術館にも同じ構図の作品が収められています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ミレーのヴォージュの山中の牧場風景 ミレーの作品カタログ

 晩年のミレーはたくさんのパステル画を制作しました。この作品は1868年9月、友人でありミレーの伝記作家のアルフレッド・サンシエとドイツ国境近くのヴォージュ山中を旅行した際にスケッチをもとに描かれたものです。 その時のスケッチには中央の青い山は存在していなく、ミレーの創作であると言われています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ゴッホの糸杉と星のみえる道 ゴッホの作品カタログ

 オーヴェールはゴッホが自殺を図った地です。ゴッホの作品の細部は非常 に正確に表現されていますが、全体の構成と激しい筆触は画家の心象風景を表しているようです。 オーヴェールの教会:1890年5月21日にゴッホはオーヴェールにつきます。ゴッホはオーヴェール は実に美しいと絶賛します、ゴッホは到着してすぐこの絵を書いたとされています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

セザンヌのエスタックの岩 セザンヌの作品カタログ

 南仏のエクス=アン=プロヴァンスの銀行家の家に生まれたセザンヌは、1880年前後、地中海近くのエスタックにパリ以来の愛人と息子と共に頻繁に滞在しています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

シスレーのグランド・ジャット島 シスレーの作品カタログ

 シスレーは終始一貫、印象主義の画法をとり、800点の作品中、静物・人物は数点で風景に専念します。その中でも代表的な一点です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ピサロのポン・ロワイヤルとルーブル宮 ピサロの作品カタログ

 セ-ヌ河岸のホテルからル-ブル美術館の「花神の館」とロワイヤル橋を描いた絵。 彼がパリ連作で使った俯瞰的遠近法は日本美術の影響といわれています。

続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ユトリロのラ・フェール風景 ユトリロの作品カタログ

 ユトリロはアトリエの傍に小さな礼拝堂を作り毎日制作が終ると守護聖女のように考えていたジャンヌ・ダルクの彫像の前で祈り、夢想し、思い出にふけっていました。この絵も記憶によるか絵はがきをもとにアトリエで描かれたようです。簡潔で清澄な表現が魅力です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

フェルメールのデフルトの眺望  フェルメールの作品カタログ

 現存するフェルメールの風景画は2枚しかありませんが、その「大きい方」が本作品です。1682年に行われた競売では200ギルダーという高値がつき、それはフェルメール作品の最高額でした。一見すると写実的に描かれた見事な風景画ですが、その細部には様々な修正が施されていて、計算され尽くした構図が高い視覚効果を醸し出しています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

フェルメールの青いターバンの少女

 現在、フェルメールの作品中、最も人気のあるこの作品は、1882年の競売ではあまりに傷みが激しかったため、フェルメールの作品と認知されることもなく、安値で取引されました。この少女のまなざしは多くの人を魅了し、フェルメールの名は知らなくとも、この絵を知ってる人は多いと言えるでしょう。直訳では真珠の耳飾の少女となります。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐

 「貴方たちの中に裏切りものがいる」というキリストの言葉。 それに動揺する弟子たち。「最後の晩餐」では背後に十分な 空間を感じさせ、弟子たちをバランスの取れた配置で描かれています。 また弟子たちの表情は内面の動揺が現れており ダ・ヴィンチの観察力が生かされた名作です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

レオナルド・ダ・ヴィンチの若い女の頭部

 解剖学や飛ぶ鳥、水の流れや植物を研究し、多数の デッサンを残しました。その中の一枚です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザ

 ルーブル美術館の中でも不朽の名作です。 1974年に日本で展示された際には東京国立博物館に長蛇の列が出来ました。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ボッティチェリのヴィーナスと三美神

 1490年ごろの作品です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ボッティチェリのヴィーナス誕生

 地中海の海の泡から誕生したヴィーナスが妖精達に守られて、 衣を拡げて待つ岸辺についた所です。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

ボッティチェリのプリマベーラ

 ボッティチェリの作品を代表する最高傑作で、イタリア・ルネサンスにおける古典の再生を象徴する名画です。<ヴィーナスの誕生>と共に、メディチ家のカステルロにある別荘に置かれていた大作でキューピットを連れたヴィーナスを中 心に、左側には杖で霧を追い払うマーキュリーと三美神、右側には春の女神 プリマベーラと陰険な風の神から逃れようとする花の女神フローラが描かれています。イタリアを代表する画家でありながら永年忘れられ、今世紀に再評価されました。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする

デュフィの帆船のある港

 この絵は「クロード・ロランへの凱歌」と副題がつけられ、同じテーマで多くのバリエーションが存在します。ロランの作品の図柄のうち、帆船だけが元の形をとどめており、「ひかりとの風景画家」への賛歌がこめられています。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の名画 | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか