2012年10月15日

GHQ検閲官-GHQの違法な占領作戦を暴露した甲斐弦

 甲斐弦(かいゆずる、1910年熊本県に生まれる)は、東京帝大文学部イギリス文学科を卒業後、佐渡中学校の教諭、蒙古政府の日系官吏を経て、1945年6月18日に応召、1946年4月下旬まで山西省で中共軍と交戦した後、同年5月13日に佐世保港に帰還した。

 甲斐弦は家族を養うために1946年10月28日から同年12月27日まで(日本国憲法の公布は1946年11月3日)まで福岡のアメリカ軍第三民間検閲局(CCD)に勤務した経験を持つ元GHQ検閲官である。

 甲斐弦著「GHQ検閲官」は、GHQの検閲に協力した日本人自身がアメリカ軍の検閲の実態を戦後生まれの日本国民に伝える貴重かつ稀有の回想録である

 この回想録を広めるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

呪われた産経新聞論説委員!丸山真男の虚報の詐術を暴露する「文明の裁き」をこえて―対日戦犯裁判読解の試み 

 所長は、2012年9月1日の産経新聞コラム【土・日曜日に書く、快感原則による暴走…いじめという病理の背景】を読み、思わず呻いてしまった。「産経新聞論説委員の福島敏雄よ、お前も騙されているのか」と。

 丸山真男の虚報の詐術に騙される戦後民主主義狂育の被害者を増やさないために、はじめに一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

絶頂美術館-トルコ風呂の秘密

 西岡文彦氏は絶頂美術館-名画に描かれた愛と情熱のクライマックスの冒頭に「本書を読まれることで、以後の美術鑑賞における裸体や恋愛の表現が、多少とも興味深いものとなれば、著者としては望外の幸せである」と書いている。「絶頂美術館」を要約すれば、洋の東西を問わず男はエロが好きだ。ただそれだけである。

 西洋のヌード名画と日本のアダルトゲームへの見方を少し変えたい方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

政治論略第五回-エドマンド・バークの勝利

 我が国の唯一無二の正統憲法たる大日本帝國憲法の起草に多大な影響を与えた外来の思想は、伊藤博文の座右の書であったアメリカ合衆国憲法の解釈書「ザ・フェデラリスト」(1787年)と、金子堅太郎によって邦訳されたエドマンド・バークの「フランス革命の省察」(1790年)であった。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

政治論略第四回-バークの護国演説

 我が国の唯一無二の正統憲法たる大日本帝國憲法の起草に多大な影響を与えた外来の思想は、伊藤博文の座右の書であったアメリカ合衆国憲法の解釈書「ザ・フェデラリスト」(1787年)と、金子堅太郎によって邦訳されたエドマンド・バークの「フランス革命の省察」(1790年)であった。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

政治論略第三回-バークの忠告

 我が国の唯一無二の正統憲法たる大日本帝國憲法の起草に多大な影響を与えた外来の思想は、伊藤博文の座右の書であったアメリカ合衆国憲法の解釈書「ザ・フェデラリスト」(1787年)と、金子堅太郎によって邦訳されたエドマンド・バークの「フランス革命の省察」(1790年)であった。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

政治論略第二回-ルソーの民約論

 我が国の唯一無二の正統憲法たる大日本帝國憲法の起草に多大な影響を与えた外来の思想は、伊藤博文の座右の書であったアメリカ合衆国憲法の解釈書「ザ・フェデラリスト」(1787年)と、金子堅太郎によって邦訳されたエドマンド・バークの「フランス革命の省察」(1790年)であった。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

政治論略第一回-金子堅太郎によって邦訳されたフランス革命の省察

 我が国の唯一無二の正統憲法たる大日本帝國憲法の起草に多大な影響を与えた外来の思想は、伊藤博文の座右の書であったアメリカ合衆国憲法の解釈書「ザ・フェデラリスト」(1787年)と、金子堅太郎によって邦訳されたエドマンド・バークの「フランス革命の省察」(1790年)であった。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

ここが日中の分かれ道!人口から読む日本の歴史

 人口から読む日本の歴史は、改めて気候の変動と人口の増減が国家の歩みに多大な影響を及ぼすことを読者に教えてくれる。しかし残念ながら著者の鬼頭宏氏は「騎馬民族征服説」を今だに信用している。これが本書の瑕である。

 はじめにGDP900兆円の日本経済を生み出す「列島強靱化政策」を広めるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

伊藤博文著『憲法義解』の現代語訳-国民啓蒙時代が開幕する大東亜戦争終結60周年

 所長の憲法の棋譜作りは遅々として進まないが、その骨格は出来つつある。肉付けのイメージも固まりつつある。しかし骨格に豊満な肉を付けて體(体)を成すには所長自身が少なくともあと500冊以上の文献を読破しなければならないがもうやだ〜(悲しい顔)

 所長の蔵書には新旧無効論の解説書がある。そこには日本国憲法無効・大日本帝國憲法復原増補(改正)論に対する批判が既に掲載されている。だから所長は、今日の有効界改憲派がそれらと同じ批判を繰り返しているのを目撃すると、本当にうんざりする。彼らは新旧無効論の解説書を読んでいないだろう。

 日本国民は「国民が受け入れない、納得しない」ことを口にして法と伝統を踏みにじる曲学阿世の政治屋や学者を信用してはならないと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

大晦日の挨拶-いい国つくろう何度でも

 今年(2011年)の我が日本は、下の特集本が示すように、激動の1年でありました。そんな中で、弊ブログを読んでくださった皆様、ならびにコメントを下さった皆様、本当に有難うございました。皆様、良いお年をお送り下さい。

いい国つくろう、何度でも (別冊宝島) (別冊宝島 1832 スタディー)

・今年の終わりに、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

橋下徹および大阪維新の会の勝利は同和利権の終焉

 週刊文春と週刊新潮は、橋下徹が被差別部落民の子孫であることを暴露した。週刊誌に橋下の実父の情報を告げた者は、平松陣営に属し部落差別の歴史に詳しい者たちであり、彼等は今日においても依然として部落民とその子孫は有権者から差別され嫌悪されると信じていたのであろう。

 しかし橋下徹は正々堂々と大阪市長選挙を戦い当選した。大阪市民は部落差別と決別した。もはや大阪府には、同和行政も同和利権も同和教育も部落解放同盟も要らない。

 大阪府知事と大阪市長が、テレビ番組、記者会見、地方議会で、「教育再生の一環として、日の丸君が代条例に続いて、偉大な教育家である森信三先生が遺した大阪天王寺師範学校時代の『修身教授録』に基く道徳の授業を公立学校に導入したい」と発言し、日教組と民主党と共産党の反発を誘い、大阪の公教育の有り方を巡る政治騒動を起こせば、さらに面白いことになる。

 反革命歌である「君が代」の伴奏を強いられた大阪のある音楽教師は、ストレスのあまり胃から出血し緊急入院し、動脈の8カ所で止血を施すほどの重症を患ったそうだわーい(嬉しい顔)

 大阪府民が森信三を思い出し、現代に甦る人間学の要諦-修身教授録を読めば、日教組と全教組の余りに酷い反日的な洗脳狂育に怒り、知事と市長に戦前の道徳教育の復活を求める輿論が盛り上がる。

 大阪府の左翼教職員たちは、口から血の泡を吹いて倒れ、戦後民主主義の洗脳狂育は終焉するに違いないわーい(嬉しい顔)

修身教授録一日一言

 とどめに、遂に復刻した皇紀二千六百年奉祝楽曲集/玉音放送を入院中の左翼教職員に聞かせてあげましょうるんるん彼等の聴覚と脳髄が崩壊しますわーい(嬉しい顔)

・大阪府民をはじめ日本国民に、忘れられた偉人の森信三を知らせるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


厳選スクールが進路や再就職先にお悩みの方に資料を無料でお届けします!(続きを読む



posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

TPPの本質はヤンキー帝国主義の再来(笑)地政学入門―外交戦略の政治学

 田母神歴史エッセイ騒動の際、ソ連陰謀説を嘲笑した所謂「ミリオタ」の連中は、有名な地政学入門(曽村保信)すら読んだことがなかった。

 地政学入門を読みたくなった方は、ヤンキー帝国主義わーい(嬉しい顔)とTPP加盟推進派から我が国の独立主権と「日本国民の日本国民による日本国民のための自由デモクラシー」を防衛するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

TPPの本質はアメリカ政官業の癒着利権構造体に奉仕する不自由反民主条約

 国家は国民を内包する。国家の独立主権すなわち国家の自由が外国政府によって制限されれば、当然のことながら国民の自由も制限される。国家の自由を守ることは国民の自由を守るための必要条件である(もちろん十分条件ではない)。

 日本のTPP加盟は末代までの恥と思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

フランス革命の本質を看破し小林よしのりの運命を暗示する徳川家康の名言

 山本七平氏の遺書となった徳川家康の第六章は法学徒の必読論文である。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

フジテレビに抗議する日本人のための不老長寿の秘訣

 2011年10月に100歳を迎え、今も現役医師として活躍中の聖路加国際病院長の日野原重明先生の朝ごはんは、果物ジュースやレシチン(ボケや動脈硬化予防に効果がある脂質の一種)をプラスしたミルクなど、飲み物中心のメニューである。

 日系アメリカ人1873人を対象にアメリカ・シアトルで行われた調査によると、週3回以上野菜ジュースか果物ジュースを飲んでいる人は、週1回未満しか飲んでいない人に比べて、アルツハイマー病の発症リスクが76%も低いことが判明したという。さらに週1~2回程度しか飲まない人でも、週1回未満しか飲まない人に比べて、発症リスクは16%も低くなっていたという。

 そこで順天堂大学の白澤卓二医学博士が、朝に飲む一杯の野菜と果物のジュースが、ボケ、ガン、肌荒れ、骨粗しょう症、ストレスを予防する理由を学術的に解説し、長寿遺伝子をオンにする食材の効能とそれらを使う不老長寿のジュース&スープのレシピを紹介しています

 はじめに、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

日本民族の命運を示す日本の昆虫国宝

 どこか日本民族に似ている日本ミツバチの飼育に必要なあらゆる知識を惜しみなく読者に教えてくれる【ゼロから始める日本ミツバチ養蜂家への道】の著者の久志冨士男さんの経験によると、日本ミツバチの蜂蜜は胃潰瘍・切傷・火傷を治癒する薬効を持ち、またこの蜂蜜は洗浄力が強く、これで顔を洗うと毛穴の中まで汚れが取れて肌に艶が出て、毎日これを食べると顔の肌が若返るという。

 日本ミツバチの蜂蜜は、蜜の味と栄養分と薬効において、日本国、オーストラリア、ニュージーランドなど世界各国の西洋ミツバチの蜂蜜を凌駕する我が国の素晴らしく美味しい特産品である。

 アメリカでは果樹園におけるミツバチの経済的貢献度は蜂蜜生産の50倍ないし100倍と計算されている。ミツバチは貴重な花粉交配者である。

 日本ミツバチの花粉媒介能力は西洋ミツバチを上回っている。日本ミツバチは益虫の中の益虫、まさに益虫の王様であり、我が日本国の昆虫国宝である。

ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道を読み、日本ミツバチの女王に奉仕したくなったわーい(嬉しい顔)方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

テレビ局が隠蔽する一九四五年夏最後の日ソ戦

 一九四五年夏最後の日ソ戦の表紙には次のように書かれている。

 一九四五年八月十五日、ポツダム宣言を受諾し終戦を迎えたはずの日本の北辺において、ソ連軍の新たなる進攻が開始された!日ソ双方の戦争史料を徹底収集。最後の日ソ戦に至る経緯と、その戦闘の全貌を明らかにするとともに、今日にまで至る北方領土問題の根幹に迫る。

 この文章中にある可笑しな矛盾に気付き、人間の固定観念は本当に恐ろしいと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

永続スルートラップ-防衛庁防衛研修所戦史室戦史叢書大本営陸軍部<9>

 防衛庁防衛研修所戦史室戦史叢書大本営陸軍部<9>昭和二十年一月まで(執筆者は元陸軍中佐、陸軍省軍事課員の高崎正男)は大本営陸軍部<10>より狡猾な虚報の詐術(故意に重要な事実を隠蔽し、視聴者の思考を操作する所謂スルーのテクニック)を使っている。

・はじめに是非ともブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:日本近現代史
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

菅直人は指揮官失格―作戦要務令の企業的研究

 昭和13年9月23日、昭和天皇は板垣征四郎陸軍大臣の副署(同意のサイン)を得て作戦要務令を制定され、これが施行を命じられた。昭和51年に建帛社より作戦要務令-その企業的研究を公刊した大橋武夫氏(元陸軍中佐、東部軍参謀)はそれに次のような<まえがき>を記している。

 我が国の兵学は神武以来の伝統をもち、戦国の鍛錬を受けて成長し、日清日露の両戦役によって体系づけられたものであるが、その間に孫子、クラウゼヴィッツの戦争論、普仏戦争および第一次世界大戦の教訓から貴重な栄養を吸収し、昭和初期にいたって多くの軍事書に結晶した。作戦要務令はそのうちの世界的傑作で、日本陸軍の一般将校に対する「師団以下の部隊指揮」のための、いわば教令である。

 作戦要務令が世界的傑作がどうか不明だが、大橋氏によって「小牧・長久手合戦と作戦要務令」と「作戦要務令批判」を付加された建帛社の作戦要務令-その企業的研究は間違いなく傑作である。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか