左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2011年04月25日

菅直人が破壊した我が国の防災計画

 菅直人首相は4月22日、東日本大震災後に増えた首相官邸の対策本部や会議を整理するように枝野幸男官房長官に指示した。

 菅首相自身が無法な私的組織を濫造し指揮系統を混乱させたくせに、その整理統合を枝野官房長官に指示するというのは、卑劣漢の所業である。

 しかもこの防災組織の整理統合が本当に「防災に関する施策の総合調整で重要なもの」「内閣総理大臣が必要と認める防災に関する重要事項」であるならば、菅首相がこれを中央防災会議の諮問にかけることなく枝野官房長官に指示したことも、災害対策基本法第11条4項違反なのだが

 菅直人の首相在任期間が延びれば延びるほど、我が国の復旧・復興は遅れに遅れると理解した方は、菅内閣を退陣に追い込むために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

菅直人は豚の頭と馬の耳を持つ人非人−菅内閣が無視する防災基本計画違反

 我が国が昭和38年(1963年)から約50年の歳月をかけて練り上げてきた内閣府中央防災会議編防災基本計画(最終改定日平成20年2月18日PDF)第1編総則第1章「本計画の目的と構成」は、次のように述べている。

人面獣心の菅直人内閣を退陣に追い込むために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

1年前の鳩山由紀夫中央防災会議会長の発言−菅直人の災害対策は災害対策基本法第11条違反

 なぜか菅直人総理大臣が開催しようとしない内閣府の中央防災会議は、内閣の重要政策に関する会議の一つとして、内閣総理大臣をはじめとする全閣僚、指定公共機関の代表者及び学識経験者により構成され、防災基本計画の作成や、防災に関する重要事項の審議等を行う。

 菅内閣を退陣に追い込むために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

菅党大人災−脇雅史議員が指摘した菅直人内閣の原子力災害対策特別措置法違反行為

 明治憲法の緊急勅令と戒厳令を相続していない日本国憲法(マッカーサー占領軍憲法)の欠陥だけが東日本大震災の復旧とりわけ福島第一原発の事故対策を遅らせているのではなかった。むしろそれ以前の問題であった。

 参議院自民党の脇雅史議員が4月18日に指摘した恐るべき事実は、菅直人内閣は3月11日から今日に至るまで原子力災害対策特別措置法違反行為を犯しており、同法律および災害対策基本法に基づいて中央防災会議をはじめ数多くの防災関係者が構築してきた防災体制・防災計画を無視していること、そして菅直人が平成22年10月21日、総理大臣官邸で行われた原子炉給水系の故障により原子炉の冷却機能が喪失し、放射性物質が外部に放出される事態を想定した平成22年度原子力総合防災訓練−を完全に忘却していたということであった。

 菅直人内閣は本当にムチャクチャだと憤る方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

DASH村が被曝!?三瓶明雄さんら福島県民の悲惨・・・

 文部科学省は23日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村の土壌から、高濃度のセシウム137が検出されたと発表した。

 同省によると、20日午後0時40分に飯舘村で採った土1キロあたりから、セシウムが16万3千ベクレル、ヨウ素が117万ベクレル検出された。19日午前11時40分に同じ場所から採った土と比べ、セシウムで約6倍、ヨウ素で約4倍高くなった。

 このほか、約45キロ離れた川俣町で19日に採った土からセシウム8690ベクレル、ヨウ素8万5400ベクレル、約25キロ離れた南相馬市でもセシウム4040ベクレル、ヨウ素3万5800ベクレルを検出した。

 ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウム137は約30年間にわたる。放射線管理区域の基準値は1平方メートルあたり4万ベクレルで、長期間、土壌が汚染されることにより、人体や農作物などに影響が出る可能性がある。

 原子力安全・保安院は23日未明の記者会見で、福島県内の高濃度に汚染された野菜が見つかったことに関連して、「セシウムは半減期が長く、場合によっては土壌を入れ替える作業も必要になるかもしれない」と発言した。

 放射性物質を撒き散らしている福島第一原発から山ひとつ隔てた25キロ離れた福島県浪江町南津島DASH村も被曝したかもしれない・・・。
 
 この現実を目撃してなおウラン・プルトニウム原子力発電の積極推進を主張する者は核廃棄物なみに危険だと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

今こそ自然エネルギー財団設立の推進を!

 2ちゃんねるに【自然エネルギー財団設立の推進を】という意見があった。

・被災者を優先採用する。

・昼間の電力料金を値上げし活動資金確保を行う。

・風力発電⇒被災地の特区化と設置、雇用促進

・太陽光発電⇒被災地の特区化と設置、雇用促進

・藻類オイル研究施設⇒被災地へ優先展開。 バイオマスガス化推進。バイオマスオイル化推進。バイオマスアルコール製造推進 。

・スーパーごみ発電⇒従来ごみ焼却場の転換支援推進 。

・地熱発電⇒国立公園、温泉地含め積極的に推進する規制緩和 。

・小水力発電⇒全国に展開推進、規制緩和 。

・水力発電⇒農業用水から発電利用への規制緩和、増設。


 小水力発電は水車発電のことだろう。これは、自然環境へ負荷をかけずに、日本国内のあらゆる水流を利用して発電をおこなうものである。

 水力発電設備の概要や水利権の申請手続き、取水の方法、水車の種類と特徴や構造、水車と発電機の連結・増速法、発電機の種類と特徴、電気の利用と保守・点検など、水力発電の方法を実体験を基に綴られた水の恵みを電気に変え手作り発電を楽しむ手引書が既に世に出回っている。

 じつは敗戦後の石原莞爾も、日本国民に小水力発電等の自然エネルギーの積極利用を訴えていた。

 我が国は、自然エネルギー財団に、あらゆる分野の科学研究技術者を動員し、兆単位の資金を投入し、原発の新設に頼らない電源の開発を行うべきだと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

鳩山イニシアティブという巨大なギロチンブーメラン

 CO2地球温暖化説を信奉する鳩山由紀夫が地球の救世主を気取り、拙速に鳩山イニシアティブ−CO2の25%削減−を打ち出したものだから、民主党政権は、国防を否定し危機管理に疎い反日左翼人を抱えながら、原子力発電を推進せざるを得なくなった

 理系のルーピー鳩山と原子力の専門家を自称するスッカラ菅を懲らしめたい方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

福島原発への緊急提案2−高放射線量下の作業の安全を確保するための坑道敷設工法「キャリア・キャスク工法」

 うえはらゆうぞうさんが、「カルバート・オーニングブラスポンプアッブ工法」に続いて「キャリア・キャスク工法」を提案されている。原子力の専門家を自称する菅直人首相とは雲泥の差である

 我が国は今こそ「専守防衛+原発推進」という「一億玉砕」国策を改めるべきであると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

福島原発を冷却するための緊急提案あり!カルバート・オーニングブラスポンプアッブ工法

 兵庫県神戸市の「うえはらゆうぞう」という方が、福島原発の緊急冷却方法を提案されています。この方は原発設計36年のブラント技術者OBだそうで、福島原発はリカバリーできるそうです。

 この方が提案されている福島原発の冷却方法「カルバート・オーニングブラスポンプアッブ工法」で対応すれば、マンパワー1個大隊規模にて高い線量下での冷却・修繕作業に短期間で安全に収束できるそうです。

提案:長年やってきたOBの目からは、福島原発の状況は具体的に細部までありありとわかる。まだまだ有効なうつ手立て、リカバリーはいくらでもある。設計者を活用してほしい。対応に必要な機材・人・コスト・期間が瞬時に計算できる。現場と当事者は目先にうばわれ気の毒。ひろい視野で工法を考えられたし

提案:自衛隊の方たち、皆さん頑張っている。福島原発の高線量下の作業は安全迅速が大事。原発設計OBからみるとまだまだリカバリーできる。海水大量注水と放射線防護と爆発防護の短期簡単工法は具体的に実行できます。この分野にいる設計者ならば私の提案がわかります。私いつでも協力します。

提案:福島原発にはコンクリート・カルバート(トンネル)のユニットを建屋近くまで敷き放射線防護等の盾とし安全な寄り付き通路・作業場確保する。次に福島原発岸壁にクレーン船に発電機とポンプのせ原子炉や燃料プールに通水すればよい。日本の総力をあげるとはこのことだ。

提案:福島原発の護岸に1000トン海上クレーン船にディーゼル発電機、注水ポンプを搭載して護岸につけ、そこからコンクリート・カルバートを延長させて注水現場まで敷設したらどうか。カルバート内に配管設け、注水されたらよい

提案:今、福島原発の状況は原発設計者ならよくわかる。まだまだリカバリーできます。全国の電力、同業他社、建設会社の力を借りれば克服できる。私提案の短期簡単工法も含め福島原発関係者や政府に提案ください。何より発生源とめて国民の安全を確保しましょう。総力で知恵と機材を集中されよ(うえはらゆうぞう)。


・アーチ型コンクリート・カルバートの使用例−高速道路下の横断水路・管理用通路として(株式会社アマノ)


 所長は、うえはらゆうぞうさんの提案されている福島原発の緊急冷却方法「カルバート・オーニングブラスポンプアッブ工法」を批評できませんが、これが安全保障、原子力工学等の専門家の方から見て急速実現可能な工法であれば、各電力会社、衆参両議院の議員、マスコミ関係者、自衛隊、警察等々にお知らせ下さい。菅直人首相は冷静な判断力を完全に喪失しております

<追記>

 うえはらゆうぞうさんの献策がみんなの党の川田龍平議員を通じて原子力保安院長に届いたようです。さらに大型キャリア・キャスク工法など具体的な工法を提案されています。事態が良い方向に進展してほしい。

我が国の総力を結集するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


<いま人気沸騰中のサービス情報>

 
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(3) | TrackBack(5) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

菅直人の「天災」記事

 菅直人公式サイト2004年10月23日00:00は依然として次の記事を掲載している。

 天災

 昨日今日と愛媛、高知の台風被災地の視察。高知では堤防が波で破壊され、20トンを超えるコンクリートの塊が住宅に飛び込み、3名が亡くなった現場を見る。9月にお遍路で歩いたところだ。波というより鉄砲水のような力で堤防や家を破壊。

 それに加えて新潟で地震。あい続く天災をストップさせるには昔なら元号でも変えるところだが、今必要なのは政権交代ではないか


 菅直人は天災の被害現場を視察しながら、台風・津波・地震といった天災から国民を守る公共事業の増加を主張せずに、政権交代の必要性を訴えた。これが菅直人の政治思想である。

 元左翼過激派に非難されている反日亡国主義者の菅直人が鳩山由紀夫らと一緒になって「コンクリートから人へ」というスローガンを撒いて有権者をたぶらかし、政権を獲得したら、我が国は口蹄疫と東日本大震災に襲われた。

 菅直人の「天災」記事はギロチンブーメランとなり菅内閣を処刑するだろう。民主党は有権者に「油断大敵」「因果応報」「備えあれば憂いなし」が真理であることを教えてくれる。

 日本政府は首都圏および原発周辺の住民に携帯できる核シェルターシビリアンフードガスマスクを配布しておけ!

<関連記事>

・伊藤博文と菅直人の差異は最悪危機想像能力の有無、大日本帝国憲法とマッカーサー占領憲法の差異は、最悪危機対応能力の有無−ノミの曲芸にすぎない戦後日本マルクス占領憲法解釈学からの覚醒

武田信玄と日本の国防体制の理想と現実

核兵器より怖い日本政府の犯罪「日本の核シェルター普及率」

天皇陛下と皇位継承権を持つ皇族の方々が担う重大無比の御公務−30年前の予言書が指摘する日本の危機

民主党の大罪−菊と刀と狙撃銃が足りない日本国

次期総選挙では有権者は国防治安防災の徹底強化を訴える候補者および政党に投票すべきであると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


<いま人気沸騰中のサービス情報>


  
 
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

福島原発一号機が教える原子力発電のコスト・リスクと脱原発の政治的困難性

 福島原発一号機の建屋がアッサリと吹き飛んだが、逆にあれが水素爆発に耐えるほど堅牢であったなら、爆発のエネルギーが外に逃げずに内に向い、原子炉格納容器に損傷を与えていたかもしれない。

 原子力発電は建設、運転、補修、核燃料の採掘、精製、運搬、そして故障時および災害時のダメージ・コントロールに必要なエネルギーコストとして石油など膨大な資源を使う電力の迂回生産であり、海水を暖める温排水と処理しきれない核廃棄物というゴミを出し、災害時のハイリスクを抱えており、決して自然環境と人間生活に優しくない。今こそタブーなきエネルギー政策の抜本的再検討が必要である。

 有権者が、以上の事実を伏せる「原子力発電は発電時には二酸化炭素を排出しない」という虚報(故意に重要な事実を伏せること)とCO2地球温暖化説というデマとを振り払い、石油火力発電と石炭火力発電の再評価、藻人造石油(詳細は新しいエネルギー藻類バイオマス)の早期実用化への資金投入を政治家に求めれば良いのだが。

 しかし政府は産業界とのしがらみを断ち切れず、脱原発を決断できないだろう。ともかく福島原発の安全確保を願う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓



タグ:自然環境
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

東北地方太平洋沖地震−東方地方の復旧と復興に向けて

 東北地方太平洋地震の被災者の方々に御見舞い申し上げると同時に犠牲者の御冥福を衷心より祈念いたします。

 私は阪神淡路大震災の体験者なのですが、TVに映し出された仙台市の津波には戦慄しました。我が国は対外債権国、経常収支黒字国でありながら、約1000兆円ぐらいの円建て政府粗債務を抱えていますが、これは我が国が国内に膨大な金融資産を抱えていること、それが市場で上手く循環せずに我が国が深刻なデフレ不況に陥っていることを示しており、我が国は国内に膨大な金融資産とデフレギャップ、そして政府日銀の通貨発行権という巨大な財源を持っています。

 だから我々有権者は財政破綻の危機というデマに惑わされることなく、政府と政治家に資産デフレの元凶になっている建物固定資産税の撤廃と大規模な公共投資の実施−東方地方の復旧と復興−とを求めていきましょう。それが被災者を救済する輿論の力となります。

<関連ページ>

辛坊治郎の狂態 無税国家の先例は仁徳天皇の政

 被災者の救済と東北地方の復興のために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓



posted by 森羅万象の歴史家 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

土肥隆一のトンデモナイ日韓共同宣言−朝日新聞が漏らした在日パチンコ献金の闇

 朝日新聞社説(2011年3月8日)は次のように在日パチンコ献金の実態を漏らしてしまった。

 どうにも、もやもやが残る。

 焼き肉店を経営する在日韓国人の女性は、中学2年で父親をなくして近所に越してきた前原誠司氏を、息子のように思って付き合ってきたという。彼女からの年5万円、計25万円の政治献金が「国益が損なわれる」ほどのことだったのか。

 政治資金規正法は外国人や、外国資本が過半数を占める企業からの政治献金を原則禁じている。日本の政治への外国の関与や影響を防ぐためだ。

 パチンコ店を営む在日韓国人の男性は以前、こんな話をしていた。

 出店をめぐる問題などで商売柄、国会議員から市議会議員まで、どうしても政治家とはつきあわざるを得ない。金の支援は外国人からと分からぬように、献金者の記載義務がない範囲で、たとえばパーティー券なら20万円までにしておく。秘書とのあうんの呼吸だという


 朝日新聞記者は在日パチンコ業界の違法な政治献金を看過するのか。朝日新聞よ、まさに語るに落ちたり。

 政治資金献上者と政治資金受領者との間に、あうんの呼吸とあろうとも、また如何に巧妙な隠蔽工作があろうとも、このパチンコ店を営む在日韓国人自身は、この議員秘書および現役議員が外国人から故意に違法献金を受け取っていることを熟知しているのだから、議員を公民権停止に追いやることになる事実の暴露をチラつかせて自分の思うままに国会議員や市議会議員を操ることができるではないか。

 慢性的な資金不足に苦しむ国会議員が、ほんの出来心から、あるいは背に腹は替えられずに、たった一回でも故意に外国人から年5万円の違法献金を受け取ってしまえば、外国人は国会議員の政治生命を握ることが出来るのだ。在日外国人からの年5万円、計25万円程度の政治献金でも国益を損うのである。
 
 仮に焼き肉店を経営する在日韓国人の女性には悪気が無かったとしても、彼女の口から前原と彼女の長年にわたる違法な金銭関係が在日大韓国民国民団に伝われば、どうなるか。

 民団は前原誠司が犯した違法献金の受領という不正行為の暴露をチラつかせながら前原に在日永住外国人地方参政権付与の実現への協力を要求することができ、前原は政治生命を賭けて民団の強請りに応えざるを得なくなるのだ(政治資金規正法の盲点−西田昌司議員が暴露した前原誠司外務大臣および民主党の闇)。

 統一地方選挙と衆議院選挙では、民主党の候補を蹴落したい方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

菅直人のグルメ道楽こそ最高の景気回復策!−なぜ麻生太郎は叩かれたのか?

 日本経済のデフレ不況を克服する方法は積極財政の他に、もう一つある。それは日本国民の贅沢である

 日本政府が消費税率を引き上げることと、日本国民が貯金を崩して贅沢すること−贅沢という言葉に語弊があるならば、自分に対する褒美といってもいいし投資といってもいい−は、いずれも国民の税負担になるのだが、前者には百害あって一利なく、後者には百利あって一害がないものの、政府は日本国民に贅沢を強制できない。

 だから日本政府に代わりに巨大な大衆煽動力を持つテレビ・マスコミが煩悩すなわち菩薩の理を説けば良いのに、実際には国家の財政を私人の家計をたとえて財政破綻の危機を誇張し、政府と議会に緊縮財政の実施を求めるばかりである。

 マスコミは政治家に対して、消費税率を引き上げる前に歳出の無駄遣いを減らして議員給料を削るべきだと主張するが、それは政府歳出および議員給料の削減後に消費税率を引き上げるべきだというに等しく、さらに日本経済を痛めつけ、マスコミ自身の首を絞めるのみである。

 それにもかかわらず何故テレビ・マスコミは政府と議会と政治家に緊縮財政の実施を求めるのか、正直なところ所長はよく理解できなかったが、最近のテレビ・マスコミが継続する薄ら寒い韓流ブームの捏造と韓国口蹄疫の隠蔽を目撃して、改めて日本のテレビ・マスコミの正体を悟った。

 あれは日本人を使う韓国のテレビ・マスコミなのである。だからテレビのワイドショーや報道番組は、財政破綻の危機を誇張し、日本経済を痛めつける緊縮財政の必要を宣伝して政治家と有権者を惑わし、韓国人記者を「キムチ野朗!」と面罵した朝青龍と、創始改名のウソを暴露した麻生太郎首相を執拗に陰湿に批判したのだろう。

 我が国に必要なマスコミは薄ら寒い韓流を捏造するテレビ局ではなく、恐るべき韓国口蹄疫の実態を日本国民に伝えるテレビ局だと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

菅直人は日本車から飛び降りろ!日本経済不振の根本原因

 橋本内閣が財政破綻の危機と幻想に脅えて1997年に消費税率を3%から5%に引き上げた結果、景気と税収は落ち込み、赤字国債の発行額と年間自殺者数は跳ね上がり、日本経済は不調(スランプ)に陥った。

 日本政府はこれを真摯に反省し、消費税率を5%から3%に戻せばいいのに、消費税率を戻さないままデフレ不況の克服には全く足りない景気対策を小出しに行うから、我が国の名目GDPは上がらないのである。

 仮免の菅直人を総理大臣の地位から引きずり降ろすために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

政治資金規正法の盲点−西田昌司議員が暴露した前原誠司外務大臣および民主党の闇

 前原誠司外相は4日の参院予算委員会で、自民党の西田昌司氏の質問に対し、政治資金規正法が禁止している外国人からの献金受領を認めた。前原氏は陳謝し「返金して政治資金収支報告書を訂正したい」と述べた。

 参院予算委後の記者会見で前原氏は「すべて私の責任だ。全体をしっかり調べた上で、どのように判断するか決めたい」と強調。「判断には進退も含まれるのか」との記者団の問いには「しっかり調べることが大事だ」と述べるにとどめた。

 政治資金収支報告書などによると、献金したのは京都市山科区で焼き肉店を経営する在日韓国人の女性(72)。西田氏は、この女性から前原氏は少なくとも4年間で20万円の寄付を受けていると指摘し、前原氏は5万円の受領を認めた。

 政治資金規正法は政治が外国の勢力から影響を受けることを防止するため外国人や外国企業からの寄付を禁じている。

 西田昌司議員の国民に対する檄文保守誕生―日本を陥没から救え!に共感する方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

菅直人の焦土作戦コードネームはTPP

 中野剛志さんが「TPPで日本が滅ぶ」で警鐘を鳴らしている通りに、菅直人首相が推進するTPP加盟が我が国の経済と財政を破壊し尽くしても、菅直人は橋本龍太郎と違い、決して後悔しないだろう。それは菅直人の本望だからである。

我が国はTPPバスに乗り遅れて世界情勢を眺めつつ、必要ならば日本市場に参入したい国々と個別にあくまで我が国に利益をもたらす自由貿易協定を結べばよいと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

小沢一郎のえげつなさは中国人と同じ脱法行為にある

 人智には限界がある。当然ながら人間が制定する法律には必ず盲点がある。伊藤博文の大日本帝国憲法議会第九條解説は次のように法律の性格を説明している。

 法律は普通準縄の為にその大則を定むるの能力ありて、而して万殊(ばんしゅ、多くの異なる)事物の活動に対し逐一に其の権宜(けんぎ、臨機応変の適切なる処置)を指示すること能わざるは、あたかも一個人の予定せる心志は以て行動の方向を指導すべしといえども、変化きわまりなくの事緒に順応して其の機宜(きぎ、ちょうど良い機会)をあやまらざるは、又必ず臨時の思慮を要するが如し。

 もし行政にして法律を執行するの限閾(げんよく、限はしきり、閾はしきい、範囲)に止まらしめば、国家は法律の嚝闕(こうけつ、嚝は空、闕は欠、盲点)なる地においては其の当然の職を尽くすに由なからむとす


 だから法律の盲点が判明すれば、政府は応急処置として行政命令をもって盲点を覆い、議会は法律の抜本的改正をもって盲点を埋め、日本国の法律の盲点を突いてくる人殺しの大好きな中国人ら外資の悪だくみ日本の森および水源の乗っ取りを打ち砕かなければならない。

 小沢と藤井の証人喚問に応じられないのであれば、宰相の資格を欠く菅直人内閣と、真っ黒で真っ赤な民主党は国会から消えるべきである方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:政治 憲法
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

藤井裕久の醜い答弁が浮き彫りにした小沢一郎の醜すぎる政党助成金着服疑惑−改革フォーラム21の闇

 ひと昔前に悪質な建築業者が、認知能力を欠く痴呆症の老人に、住宅のリフォーム契約書に署名と捺印を行わせ、ボッタクリのリフォーム代として老人の貯金を収奪した。これは吐き気を催す醜悪な遣り口であった。

 住宅のリフォームの契約書に老人の本物のサインと捺印があっても、痴呆症の老人には、建築業者に住宅のリフォームを依頼し代金を支払うことを約束するために、自ら契約書に署名しハンコを押したという明確な認識はなかった。

 野党は菅内閣に老醜の藤井裕久と余りに醜悪すぎる小沢一郎の証人喚問を要求せよ!と思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

なぞかけ−民主党政権とドリフターズのコント

 民主党の中堅議員は、

「もう民主党は終わりだ。政権交代は何だったのか。こんなにレベルの低い政党だったのか。16人にも党執行部にもがっかりだ」

と嘆いたとか。

 そこで民主党政権とかけて、ドリフターズのコントとときます。そのこころは?

・ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする