2011年10月30日

TPPは合成の誤謬を進めるデフレ地獄条約

 産経新聞は「政府は25日、経済効果は10年間で2.7兆円だとする統一見解を公表した。これによりTPPの経済効果をアピールする狙いだったが、実際には効果の小ささばかりが際立ち、交渉参加への批判をさらに強める“逆効果”を生んでいる」というが、未だに虚報を止めない。産経幹部は、10年2.7兆円が「実質GDPの伸び幅」であることを隠している。

[世] 日本の名目GDPの推移(1980~2011年)

[世] 日本の実質GDPの推移(1980~2011年)

[世] 日本のGDPデフレーターの推移(1980~2011年)

 日本の名目GDPは、1997年は515兆6442億円、2010年は479兆1725億円で、13年間で約36兆円のマイナス成長。

 日本の実質GDPは、1997年は500兆664億円、2010年は539兆8807億円で、13年間で約39兆円のプラス成長。

 1997年から2010年まで我が国の経済は慢性的なデフレである。つまり供給が過剰で需要が不足し物価が持続的に下落すると、名目GDPが減っても、実質GDPは増えるのである。

 従って我が国のTPP加盟の効果を示す本当の経済指標は我が国の名目GDPの増減値であるのに、内閣府はTPP加盟の場合の実質GDPの伸び幅(1年2700億円、GDPの0.054パーセント)のみを示して肝心の名目GDPの伸び幅を示さない。示さないのは、示せないのだろう。おそらく名目GDPの伸び幅は1年2700億円もない、ゼロ以下だからだろう。日本のTPP加盟は確実にデフレ・スパイラルを加速させる。

日本のTPP加盟はデフレ脱却に失敗した構造改革路線の悲劇的な延長であり、この10年の失敗を繰り返すのみと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

韓国面に堕ちたNHK-平清盛と華夷秩序思想

 明治の皇室典範は第三十二條を次のように解説する。

 第三十二條 天皇支系より入て大統を承くるときは皇兄弟姉妹の王女王たる者に特に親王内親王の号を宣賜す

 恭て按ずるに、大宝令に「凡皇兄弟皇子。皆為親王」とあり。是れ皇兄弟は皇子と同じく親王と構うべきこと既に成典あるなり。天皇支系より入て大統を承くれば皇兄弟姉妹は皆親王・内親王の尊号を得るは、光仁天皇大統を継ぎ皇弟湯原王・榎井王を陞(のぼ)せて親王となしたまえるを以て始例とす。前條の注に引く所淳仁天皇兄弟姉妹の例亦同じ。本條に仍宣下の例を用いるは前條と其の義を異にすればなり(憲法義解159~160ページ)。


 称徳天皇の崩御後、天智天皇の孫にあたる白壁王が皇位を傍系継承し、光仁天皇(第49代、在位770~781年)となった。それに伴い皇弟の湯原王と榎井王が親王の尊号を与えられた。

 白壁王の皇位継承から357年後の1127年9月11日、鳥羽上皇(第74代天皇)に4番目の皇子が誕生し、同年11月14日に、親王宣下を受け、雅仁と名づけられた。雅仁親王は1155年に皇位を継承して後白河天皇(第77代)となり、3年後には天皇の第一皇子(守仁親王、二条天皇)に譲位して、上皇となり院政を開始し、出家して法皇となった。

 NHKは解体されるべきだと思う方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

いま話題のK-POOP-韓国国楽界の巨木パク・ドンジンを癒した腐敗糞水

 アメリカのCNNが「世界で韓流が大人気?笑わせるな」と報道し、それに対する以下の海外の反応からK-POPに対する強烈かつ適切な皮肉「K-POOP」が誕生し、ネット空間で爆発的に流行している。

Katelyn
いい記事だ。他のサイトが取り上げない事を報道したね。

CaliNative10
これが大半のアメリカ国民の意見だよ!記事にしてくれてありがとう。韓国人がアイドルたちをアメリカで大流行とか言うけど、実際は誰も気にしていないんだ。

Annie
K-POOP (poop = うんこ)


Genie Lee
KPOPは劣体化していると思う。流行なんて、全然思えない

quinqui
面白いね。確かに米国デビューした韓流スターたちは、失敗続きで大人気なんて言えない。ただすごい勢いで世界に売り込まれているのも事実だ。

Biiruman
アジアでは流行なんだろうけど、我々の所ではまだまだだ。

Joe
いい仕事するじゃないか。でもタイトルは「アメリカで韓流が大人気?笑わせるな」にするべき。

Drwah
ボアも日本国民のために日本語で歌ったんだよね。あとアメリカで失敗しても、
世界で失敗、にはならないから。

makkoli
在米韓国人は全員、白人女性と結婚したがるよ。
身分が在米韓国人女とは違うから。

Lily
アメリカで失敗しても、アジアで人気なら成功と言えるのでは?

Nicki
記事に激しく同意。知り合いが韓流の事を話すと笑えるの。誰も知らないスターの
コンサートに行ったとか、自慢されてもねw

hoothoothoot
アジアでしか人気ねーよ

Some asian guy
アジア人だけど、KPOPって何?誰も知らないけど。韓国だけでやって下さい。

Tyoony愛するべき意見の記事だ

THIS_GIRL
ゴリ押しされる度にスターたちが馬鹿に見えるよ

Sya
完全に記事に同意。私と、私の友人も韓国出身だけど、KPOPなんて聴いたこと
無いから。

Marvin Ryu
韓国メディアは「韓流が世界に大流行」と、偽りが記事が多いんだよな。
見ていて恥ずかしくならないか?

Imogen
KPOPって単語は、JPOPをパクっただけだよ。 彼らは人気になりたいのは、
優越感に浸りたいから。

TheBlockB
韓流ファンだけど、同意してしまった。アメリカの事務所で、アメリカ人作曲家に
作られた英語の曲を歌ったら、それはただの「POP」だ。

poop2
音節poop2 発音記号/púːp/

【名詞】【不可算名詞】
《米俗》 ばか,まぬけ.
[NINCOMPOOP の短縮形]

poop3
音節poop3 発音記号/púːp/ 《米俗》

【名詞】【可算名詞】
ふん,うんち.
【動詞】 【自動詞】
ふんをする; おならをする.


 以下が今巷で話題のK-POOPである。

・はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

大東亜戦争の真犯人と本当の終結日-戦史修正のお知らせ

 久しぶりに所長は、「戦争の天才」と「謀略の天才」の戦い-国民のための大東亜戦争正統抄史1928-56【汪兆銘工作の謀略的意義】22、永久抗争と【大東亜戦争の本質】94、大東亜戦争の本質を以下のように修正しました。

・はじめに是非とも、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

毎日新聞のマヌケ-ピータードラッカーの日本史観

 毎日新聞の余録が「国歌斉唱のマネジメント」と題して以下のように橋下知事を批判している。

 「もしドラ」こと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を 読んだら」ですっかり有名になった経営学の大御所P・ドラッカーの主著「マネジメント」だ。その一節である

▲「アメとムチによるマネジメントはもはや有効ではない。マネジメントの手に、もはやムチはない。アメさえ人を動かす誘因となりえなくなった」ドラッカーは現代社会の組織にあって人を強制によって動かすのはマネジメントの名に値しないというのである。

▲大阪府内の公立学校の教職員に行事の際に君が代を起立して斉唱するよう義務づける条例が先ごろ府議会で成立した。橋下徹知事が代表を務める首長政党が提案した条例で、知事は条例での義務化は「思想良心ではなく、組織マネジメントの問題だ」と説明している。

▲おりしも学校長の起立斉唱命令を合憲と認めつつ、強制には慎重さを求める補足意見も付した最高裁判決が先ごろあった。国歌や国旗にごく自然に敬意を表するマナーはすでに社会の奥深く浸透しているのに、組織管理を振りかざしての突然の力業はやぼではないか。

▲府議会では自民党も反対した条例化だった。こと組織マネジメントが問題ならば、条例による一律の強制はむしろその無能を示すものに違いない。ドラッカーがいうマネジメントの課題は「誰もが自らをマネジメントの一員と見なす組織を作り上げる」ことである。

▲知事は違反者への免職もふくむ処分条例案提出を検討中という。「人が最大の資産」も ドラッカーの言葉だ。高校野球の女子マネにマネジメントを学ばねばならぬ教育界にならないよう願う。


 はじめに「国歌や国旗にごく自然に敬意を表するマナーはすでに社会の奥深く浸透している」といいながらマナー違反を繰り返す左翼教職員を批判しない毎日新聞余禄は本当にマヌケであると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

公立学校で違法な自由を要求する真性のバカ-日本国に跳梁跋扈するネオ・ナチス

 ある左翼教職員がマルクス・レーニン主義を信奉し、共産革命が実現して我が国の公立学校に赤旗が掲揚される日を夢想しながらも、自ら職業選択の自由を行使して地方公務員になったのだから、地方公務員法を遵守して国旗掲揚時の起立と国歌君が代の斉唱という職務命令を履行するならば、彼は公私を区別して法律を遵守し職務を履行する相応に立派な大人である

 それにもかかわらず大阪府の橋下徹知事が、左翼教職員が赤い夢想を抱いていること自体を咎めて彼を懲戒免職にすれば、それは左翼教職員の思想良心の自由を侵害することになるかもしれない(日の丸君が代に反対する本心の自由を守ろう!)。

 しかし橋下知事は左翼教職員の地方公務員法違反という外形表示の違法行為を咎めているのみである。

<地方公務員法>

(服務の根本基準)
第30条 すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

(服務の宣誓)
第31条 職員は、条例の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第32条 職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。


 いま橋下知事を批判している日本共産党、自由法曹団、日弁連といった連中は外形表示の違法行為に対する処罰を内心における思想信条の自由の侵害に摩り替える卑怯者である。

外形表示の違法行為に対する処罰を内心における思想信条の自由の侵害に摩り替える卑怯な日本のネオ・ナチスを公職から合法的に追放するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

韓国の起源捏造-須須許理と日本酒

 ペ・ジュンホ(クッスン堂社長)が韓国経済で「私たちの酒と日本酒 」と題して次のように語った。

 歴史を見れば1700年前、日本に醸造する方法を伝授した人物は他でもない百済の人、仁番(インボン)だ。彼の他の名前は「お酒を醸す」という意味のススボリ(訳注:須々許理(すすこり)のこと)だったという。ワインのソムリエやサケの聞き酒と似た役割をする人を称する純韓国語だ。我が国が日本に醸造法を伝えたというのに、本来のススボリという言葉が日本で見つかるという歴史的事実がアイロニーだ。

 数千年の私たちの歴史の中で最近100年余りを除けば酒と酒文化に関する限り我が国は世界のどこにも遅れをとらない先進国だった。断絶した酒の歴史を継続するためには政府と学界、民間団体の努力に劣らず国民の私たちの酒に対する関心と愛が必要だ。


 日本酒に関する韓国人の歴史認識は以下のようなものらしい。

 「百済の仁番(インボン)という者が米酒を醸す方法を教えてくれて、彼を酒神として師事した」

 日本の古代歴史書である『古事記』に出る句節。酒が韓半島から伝来したという証拠である。だが他人の物を『私物化』する事に卓越な能力を持った日本人達は、清酒を日本の国酒として作った。世界の人々は清酒(rice wine)とは、すなわち『日本酒』であると認識する。


 起源捏造をほしいままにする韓国人は本当に盗人猛々しいと憤る方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

遂に御用!韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会が警察に摘発された

 戦後責任、戦後補償を課題にネットワークによって実現しようと活動するグループの「日本の戦後責任をハッキリさせる会」(ハッキリ会)は、韓国・社団法人 太平洋戦争犠牲者遺族会を次のように紹介している。

 植村隆、朝日新聞社、福島瑞穂、高木健一、臼杵敬子など、この太平洋戦争犠牲者遺族会に協力した反日的日本人は頗る多い。彼等を懲らしめるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

亀井静香天皇を容認しなければならない小林よしのり

 新田均教授は小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(19)で次のように小林よしのりを批判している。

4.話をすり替えて逃げたら降格!

 私は『正論』6月号で「神話からの連続性という悠久の観点からすれば、六百年などという有限の時間は問題にならない。まして、旧宮家が臣籍降下したのは、わずか六十三年前のことにすぎない」と書きました。

 すると、小林さんは「600年離れていいのなら、800年でも1000年でも2600年でもいい。誰でもいいということになってしまう国民のほとんどは神武天皇の血を継いでいる。君臣の分義は厳かに守らなければならない。ごちゃごちゃにしたら歯止めがかからない」(「核心を語る」5ロール目の2分40秒以降)と、ご~まんかまされましたが、まさに、話をゴチャゴチャにした逃げの言説です。

 まず、現在の議論において皇籍取得の対象とされている方々は、63年前に「不自然に」臣籍降下させられた(=皇位継承資格を奪われた)方々の子孫に限られているわけですから、「歯止めがかからない」などということはありません

 次に、「日本の『皇道』は万世一系、神話からの連続性によってのみ成り立つのだ!」(『天皇論』180頁)と言ったのは、小林さん自身です。この主張に従えば、神話からの皇統の連続性が確認できるならば、600年離れても、800年でも、1000年でも、2600年でもいい、ということになるのではありませんか。

 小林さんは、『サピオ』3月31日号で「昭和22年(1947)年に皇族を離れ、民間人となった11宮家は全て、600年以上前の南北朝時代に創設された『伏見宮』の系統である」(56頁)、「600年も遡っていいのなら、800年だっていいだろう。源氏の子孫だって、平氏、橘氏の子孫だっていいだろう」(57頁)と書いています。


 小林よしのりは「600年離れていいのなら、800年でも1000年でも2600年でもいい。誰でもいいということになってしまう。国民のほとんどは神武天皇の血を継いでいる」と主張し、昭和天皇の御子孫にあたる東久邇家の男系男子をはじめ旧宮家の方々が皇族に復帰し皇位継承権を回復されることに反対している。

 ならば小林よしのり自身は、旧宮家の皇族復帰後には、宇多源氏の流れを汲む国民新党の亀井静香さんが皇位継承権を取得し、天皇になっていいと思うのか?

 思わないなら「(皇位継承者は)誰でもいいということになってしまう」という小林よしのりの主張は主張者自身の心にもない真赤なウソであり、本当に本気でそう思うなら、小林は非常識な底なしのアホということになる。

ウソ吐きと底なしのアホは皇位継承問題に口出しすべきではないと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

小林よしのりの新天皇論に汚された田中卓の晩節-ウソだらけの女性女系天皇容認論

 日本書紀(正しくは日本紀であるが)の編纂は、天武天皇(第四十代)の御世(西暦681年)に始まり、元正天皇(第四十四代)の御世(西暦720年)に完成した。元正天皇は女性である。

 日本書紀の編纂期間には、持統天皇(第四十一代)、元明天皇(第四十三代)、元正天皇の三人の女性天皇が登場し、編纂総裁の舎人親王をはじめ日本書紀の編纂者たちは、推古天皇、皇極天皇、斉明天皇、持統天皇を女性天皇として記述したにもかかわらず、田中卓は「『日本書紀』の編纂の時は律令時代ですからね。男子優先で(神功皇后を)天皇から外したんです」と惚けた戯言を述べ、小林よしのりは元正天皇を女性・女系天皇と言い張りながら田中の戯言を漫画にしてしまった。

 小林よしのりは、大日本帝国憲法義解と皇室典範義解とを収録する憲法義解や神皇正統記を自分の目で確認せずに、田中卓という日本古代史新古典派の権威を悪用して読者を騙そうとするから、田中卓の晩節を汚し、田中の恥を天下に晒したのである。

 これは老人虐待であると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

邪馬台国卑弥呼の正体は大和(やまと)国の皇女(ひめみこ)?

 小林よしのりは「二千年以上の歴史に真面目に向き合うなら、やはり傍系継承は3世が限度、5世は例外中の例外、20世以上なんて論外と考えるしかない!」と喚き散らすのだが、小林よしのりの新天皇論よれば、明治天皇および天皇御臨席のもとで明治皇室典範を審議し可決した枢密院帝国憲法制定会議列席者のみならず、文武天皇(第42代)も論外の男系カルトになってしまう。

 小林よしのりは本当に朝敵と化していると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(4) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

朝日新聞社の狂気と小林よしのりの狂気はレーニンの亡霊

 ゾルゲ事件を調査した検察当局は、日本共産党員河上肇の愛弟子であった近衛文麿と朝日新聞出身のソ連スパイ尾崎秀実が密接不可分の関係にあることを察知したものの、国政に大混乱が生じることを恐れ、捜査の限界をゾルゲ機関の諜報活動に限定し、彼らの謀略活動を深く追及しなかった。

 しかし現在の我が国では、尾崎秀実著作集に収録された尾崎の戦時論文が読者にゾルゲ機関の謀略活動の全貌を教えてくれる。ところが尾崎秀実に情報を提供した朝日新聞の田中慎次郎は、尾崎秀実著作集第2巻月報に「開戦前の一夜」という手記を寄せ、「共産主義者としての尾崎君の実践は、周知のように、諜報活動に限られていた」と書いているのだ。

 この尾崎秀実著作集2巻には、支那事変の拡大長期化を煽動し汪兆銘政権樹立工作を推進するために尾崎秀実が中央公論や改造に寄稿した膨大な戦時論文と、ゾルゲと結びつき近衛内閣にブレーンとして食い込んだ尾崎の「世界革命の一環としての東亜新秩序構想」に言及する野村浩一の解説が収録されているというのに!

 グッバイ、レーニン!と叫んでマルクス・レーニン主義者を地獄へ叩き落したい方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

小林よしのりが隠蔽する神皇正統記の論理

 北畠親房には、皇位の傍流(支系)継承を否定できない理由があった。神皇正統記を読む者はそれを簡単に理解できる。

ウソと詐欺を連発する小林よしのりは漫画の読者をバカにしていると憤る方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

小林よしのりは漫画の読者をバカにしているのか-北畠親房著神皇正統記の藤原基経(昭宣公)賛美論

 小林よしのりは、「さらに田中先生は、決定的な指摘をされた、『親房の議論に“男系”という用語はありません!』」と言う。しかし北畠親房の神皇正統記には「一種姓のなかで」という用語がある。

 小林よしのり信者は今こそ自らの目で神皇正統記を読まなければならないと思う方は、小林のウソと詐欺を白日の下に晒すために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

赤備えの皇軍を率いた神功皇后-丹波と播磨が語る日本古代史

 釈日本紀の播磨国風土記逸文<明石郡>と播磨国風土記の<揖保郡>に、神功皇后の新羅征伐を補足説明する伝承がある。これは日本書紀の記述と合致している。

<明石郡の現代語訳>

 播磨国風土記に曰く。息長帯日女命(おきながたらしひめのみこと)が新羅国を平らげよう、と欲まれ、下りて坐しています時、衆の神(みなのかみ)に祷(ねぎまつ)りされました。その時、国を固められました大神の子爾保都比売命(にほつひめのみこと)が、国造(くにみやつこ)石坂比売命に著われて(つきあらわれて)、教えて曰れますに、

 「よろしく我を治め奉れば、我はそれほどに善き験を出だそう、しこうして比々良木八尋桙根底不附国(ひひらぎのやひろほこねのそこつかぬのくに)越売眉引国(をとめのまよひきのくに)玉匣賀々益国(たまくしげかがますくに)苫枕有宝国(こもまくらたからあるくに)白衾新羅国(しらぶすましらぎのくに)には、丹の波をもちいよ、しこうしてまさに平らげ伏せ賜わるであらむ」

と。このように教え賜いましたとおりに、ここに赤土(に)を出だし賜いました。

 (息長帯日女命は)その土を天の逆ほこに塗り、神の舟の艪と舳に建てました。また御船の裳および御軍の着る衣を染めました。また、海の水を撹まぜて濁し、渡り賜いました時には、底に潜む魚、および高く飛ぶ鳥などは行き来をしないで、前も遮らないでいました。かくのごとくで、そして、新羅を平らげ伏せました。まもなく訖(お)わらせて、還(ゆきかえ)りて上りなさいました。

 そのようにしてつつしみ、その神を紀伊国の管川の藤代の峯に、鎮めて奉りました。


 「丹」は朱砂(辰砂-朱色の硫化水銀)のことであり、その鉱脈のある所のことを「丹生」という。朱砂はそのまま朱色の顔料となり、精製すると水銀がとれる。
 爾保都比売命は和歌山県伊都郡かつらぎ町の丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ/にうつひめじんじゃ)が祭祀する丹生都比売大神の別名で、朱砂を採掘する一族が祀る神であると考えられている。

 丹には防腐作用があり、丹を軍船と軍衣とに塗った神功皇后の征西艦隊は日本初の赤備えであり、その重厚な威圧感に圧倒された新羅王は白旗を上げて降伏し、白い綬を首にかけて自ら捕われの身となったのではないだろうか。丹波という地名の由来は、神功皇后が新羅出兵の際に用いた丹の波-朱砂混じりの水の産出地であったことかもしれない。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

日本書紀以外に登場する聖徳太子-播磨国風土記の天皇と皇族

 大日本帝国憲法の参考文献の一つである播磨国風土記(はりまのくにふどき)は、奈良時代初期に編纂された播磨国の『風土記』である。平安時代末期に書写された写本が国宝に指定されている。

 『続日本紀』の和銅6年(713年)5月2日の条には令制国に下記の事項を記した報告書を提出せよと命じたことが記されている。

・好(よ)き字を用いて郡・郷の名を記す
・銀、銅、染料、草、木、鳥、獣、虫などの物産
・土地の肥沃さ
・山、川、原、野などの地名の由来
・古老に伝承されている旧聞・異事

 このような国情を記した報告書(解)が『風土記』と呼ばれた。播磨国風土記の成立年代に関する史料は残されていないが、霊亀元年(715年)あるいは霊亀3年(717年)に地方の行政組織が国・郡・里から国・郡・郷・里となったこと、播磨国風土記では国・郡・里が用いられていることから霊亀元年前後に成立したものと見られている。

 あえてかつての表記が使われたとも考えられるが、他の名称の表記には揺らぎがある中で、里・郷のみ例外なくかつての表記で統一された可能性は低いとされる。編纂が行われた期間は和銅6年(713年)から霊亀元年(715年)頃までとなり、その当時の国司であった巨瀬邑治・大石王・石川君子、大目であった楽浪河内などが携わったのではないかと考えられている。

・はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

 小林よしのりは「二千年以上の歴史に真面目に向き合うなら、やはり傍系継承は3世が限度、5世は例外中の例外、20世以上なんて論外と考えるしかない!」と喚き散らす。

 小林よしのりの新天皇論によれば、後桃園天皇(第118代、在位1770~1779年)の崩御後、次の皇位継承者として伏見宮貞敬親王(伏見宮第19代。伏見宮18代邦頼親王の王子。幼名は嘉禰宮<かねのみや>)を望まれた後桜町上皇(第117代の女性天皇)は論外の男系カルトであったことになる

 小林よしのりは、すでに朝敵、逆賊、叛臣民であると思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

小林よしのりが知らない世界各国の父系社会の特徴

 今は亡き小室直樹博士の遺書「韓国の悲劇―誰も書かなかった真実」141ページに世界の各国に存在する父系(男系)社会の特徴が紹介されている。それによると、中国、韓国、インド、古代ローマ、イスラエル、アラブ諸国は父系社会であり、ヨーロッパ社会は父系社会ではないが父系社会に近いという。

 中国、韓国、インド、古代ローマの父系社会には部外婚(イクソガミー、同一の父系集団に属する男女は結婚してはならないという掟)が有り、イスラエルとアラブの父系社会には部外婚がない。

 同一の父系血縁集団を示す記号が「姓」であるが、古代ユダヤの父系社会には姓がなかったという

 小林よしのり「ウソ・詐欺全集」(新天皇論)を信じると小林よりのりと同じ馬鹿になると知っている方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

小林よしのりの新天皇論に騙される読者が知らない重要事実

 武烈天皇(第25代)が崩御された後、大伴大連金村・物部大連麁鹿火・許勢大臣男人ら朝廷を構成していた有力豪族たちが手白香皇女に皇位を継承してもらい、第26代天皇になった手白香皇女が大伴あるいは物部の男子を婿に迎え、両者の間に生まれた子女に皇位継承権を与えていたなら、当時の朝廷は女系天皇を認めたことになるだろう

 しかし大伴・物部・許勢ら豪族たちは女系天皇を容認するどころか、手白香皇女を皇位に奉戴することなく、まず丹波にいた仲哀天皇五世孫の倭彦王の擁立を計画し、倭彦王の遁走後には、越前三国にいた応神天皇五世孫の男大迹王を奉戴し、男大迹王(継体天皇)に第26代皇位を継承してもらった。

 つまり明治の皇室典範義解第一条解説が詳述するように、明石で牛飼い馬飼いとして暮らしていた弘計王(第23代顕宗天皇)と億計王(第24代仁賢天皇)を皇位継承者に迎えた清寧天皇(第22代)の時代に、女系継承を否定する皇位の男系継承という不文の常典(慣習法)が成立していたのである。

 日本国民は小林よしのりの「ウソ・詐欺」に騙されてはいけないと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(5) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

1500年前の本土決戦-民主党と小林よしのりは現代の磐井

 小林よしのりは次のように述べている(小林よしのり「ウソ・詐欺全集」)。

「『日本書紀』には、継体天皇がなぜ即位してから20年も大和に入れなかったのかという理由は一切書かれていない。そこに記すほど大規模な反抗があったわけではないが、やはり大和には5世も離れた継体天皇を認めない勢力があって、それを融和するには20年の在位という期間を要したということなのだろう。」

 大伴大連金村・物部大連麁鹿火・許勢大臣男人らに奉戴された継体天皇が20年ものあいだ大和に入京できなかったほど、大和の反継体勢力が強大であったとしたら、この反継体勢力は、朝廷の根拠地であった大和において、当時の朝廷をしのぐ強大な力を持っていたことになる。朝廷の軍事を司っていた物部大連麁鹿火を上回る軍事指導者が反継体勢力を指揮し、20年ものあいだ継体天皇の大和入京を妨害していたことになる。あるいは継体天皇が大和の反継体勢力を20年ものあいだ討伐せずに放置していたことになる。

 それが有り得なかったことは、日本書紀継体天皇紀が記録する「磐井の反乱」を読めば判る。

・はじめに現代の磐井たちを討伐するためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
ラベル:皇室 戦争 軍事
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか