2019年03月18日

右翼流一億玉砕は教育勅語蹂躙

 昭和8年(1933年)6月8日に日本共産党最高幹部の佐野学と鍋山貞親によって発表された転向声明の影響力は甚大で、両名に追随して転向する共産党員が続出した。満洲共産党事件の首魁である松崎簡もまた公判中に自身の転向を明言した。

 終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

満洲共産党事件

 1920年代には、エロ・グロ・ナンセンスが大流行し、国民の道徳倫理は衰微し、これに乗じたマルクス・レーニン主義の宣教師たちが若い学生世代を虜にして、教育勅語の全徳目に反逆するマルクスボーイやマルクスガールを大量生産していた。この一端を示す出来事が、満洲事変勃発直後に発生した満洲共産党事件である。

 これは、事変の混乱に乗じて満洲の共産化を画策した満洲共産党(日本共産党満洲地方事務局)が警察に一斉検挙された事件である。当時の新聞記事が示す限り、満洲共産党員は明らかに次のコミンテルン28年テーゼ(帝国主義戦争に反対する闘争と共産主義者の任務に関するテーゼ、詳細は【近衛上奏文解説】参照)を信奉していた。

 「共産主義者の帝国主義戦争反対は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしている。我々はこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである。

 帝国主義戦争時に於ける共産主義者の政治綱領は、ボルシェビキ党がレーニンの指導下に、第一次帝国主義大戦に反対する英雄的闘争の中で作成し、適用したものと同じ綱領である。

(1)自国政府の敗北を助成すること。

(2)後方における大衆の革命的行動と前線における交歓とを手段として、帝国主義諸国家の戦争をブルジョアジーに反対し、プロレタリアートの独裁をめざし、社会主義をめざすプロレタリアートの内乱に転化すること。

(3)帝国主義戦争の条件の下では、民主的方法による正義の平和は、主要な交戦諸国のブルジョア打倒とプロレタリアートによる権力の奪取なしには、不可能なるが故に、中心スローガンは平和ではなく、プロレタリア革命でなければならない。共産主義者は、平和に関するあらゆる空文句に対して精力的に戦わなければならない。」

 教育勅語に濡れ衣を着せる無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

朝鮮のジャンヌダルクは何処へ?徴兵制施行に感激した朝鮮人

 韓国政府が三・一独立運動を美化し、我が国の反日左翼勢力がそれに追随すればするほど、慰安婦強制連行説の荒唐無稽さが際立つが、彼らはそれに気付かない。三・一独立運動の際に独立宣言を発表した所謂民族代表33人は、発表直後に朝鮮総督府に自首しており、また彼らの何人かは韓国の所謂親日派(売国奴)リストに名を連ねているので、韓国人は民族代表33人の代わりに柳寛順(当時17歳)を「朝鮮のジャンヌ・ダルク」として礼賛し、非常に尊敬している。

 確かに柳寛順は実在し、三・一独立運動に参加し、懲役2年6カ月の刑に服したが、それ以外の彼女の活動は全て韓国人によって創作されたフィクションである。それなのに韓国人は官憲の慰安婦強制連行に抵抗した「朝鮮のジャンヌ・ダルク」を創作しない。というより創作できないのであろう。

 もし朝鮮総督府の警察や朝鮮駐留の日本軍による慰安婦強制連行説が事実ならば、朝鮮半島において絶対に起きるはずの強制連行に対する抵抗や暴動が実在せず、当然ながらそれを先導した朝鮮人女性も実在せず、逆に絶対に起きないはずの徴兵制歓迎準備運動が実在したからである。

 慰安婦強制連行に抵抗した朝鮮のジャンヌ・ダルクを創作しないのかと韓国人に皮肉を言いたくなった方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

李氏朝鮮に酷似する北朝鮮-朝鮮人を飢饉より救済した大日本帝国

 北朝鮮では、金日成死去後・金正日体制に移行した1994年から1998年にかけて、朝鮮戦争休戦後最大規模となる飢饉が発生、1995年夏の大水害をきっかけとして深刻化し、大量の餓死者が発生した。

 韓国の経済史学者・ソウル大学経済学名誉教授の李栄薫さんは、産経新聞のインタビューに対し、「たとえば、金日成主席の死亡1994年から1997年までに金日成の墓のために使われた資金は9億ドル(約970億円)にのぼる。その金があれば、1995年から1998年にかけ300万人が死んだとされる大飢餓の人々を救えたはずだ」と述べた。

 今から20年前ぐらいの動向という薄い月刊誌に、1997年か98年頃に北朝鮮を訪問した金正日と同姓同名の在日朝鮮人の手記が載っていた。それによると、金正日さんがお土産として持てるだけの食料を持って彼の親戚のいる村を訪問した時、彼を出迎えた村の古老が涙を流しながら「日帝時代、人が飢えて死ぬことは無かった・・・」と呻いたという。

 韓国人の自称元慰安婦の強制連行証言には、証拠資料も状況証拠も無いが、金さんを出迎えた古老の証言には、これを補強する証拠資料がある。

 日本の児童生徒学生を邪悪な反日洗脳狂育から救い出すために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

朝日に非難された百年前の日韓首脳会談-呂運享の来日

 朝日新聞(2019年2月23日)が「朝鮮側の記録」として紹介した「約7500人の犠牲者」とは、事件発生当時上海に亡命していた独立運動家の朴殷植が「伝聞」と断ったうえで『韓国独立運動之血史』に記した数字であり、信憑性は全くない。

 それなのに日本統治に抵抗した「三・一運動」100周年を前に、大統領府の民情首席秘書官(政権の事実上のナンバー3)であるチョ・グク氏は「日帝の弾圧で約2万人が殺害され、約5万人が投獄された」とトンデモない数字を出してきたそうだ(【新・悪韓論】「三・一運動」犠牲者数が一挙3倍に!? 元の数字も“伝聞”なのに・・・事学主義という「病」)。  

 もし三・一独立運動が暴動化せずに合法的な表現に止まっていたら、朝鮮総督府は独立運動を弾圧しなかったのではないだろうか。朝鮮独立運動家にして大韓民国臨時政府外交次官の呂運享が1919年11月に上海から来日し、原敬内閣国務各大臣に朝鮮の独立を訴えたにもかかわらず、呂は逮捕されなかったばかりか、原内閣によって手厚くもてなされたからである。

 日本の児童生徒学生を邪悪な反日洗脳狂育から救い出すために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

おぞましき朝鮮半島の土地所有史-日本の歴史教科書を蝕む土地収奪神話の起源と原型

 日本国の歴史教科書を蝕む韓国の反日フィクション(作り話、虚構)の一つに、農地については日本統治時代朝鮮総督府が土地調査を口実に40%の農地を強奪し、日本からの移民に安くわけあたえ日本人地主を大量に誕生させたという土地収奪神話がある。

 この説は比較的新しく1950年代に生まれた。最初に主張したのは李在茂で農民が所有観念が希薄で申告という手続に不慣れなことにつけこみ、総督府は期限を設けることで大量の無届地が出るようにしむけ、その無届地を国有地にして日本人や東拓に廉価で払い下げたとするものだ。この説は1962年に一部の中学用国史教科書に採用されたが、1974年に教科書が検定から国定になった際すべての教科書に載るようになり40%収奪説が定説化してしまった。

 それに輪をかけたのが歴史小説である。1994年から刊行のはじまった趙廷来の『アリラン』シリーズは土地調査事業の時代を舞台にしており、朝鮮人買弁が日本人巡査と結託して愚かな農民から土地を奪い、抵抗する農民を日本人巡査が即決で銃殺するストーリーだった。

 教科書に載るほどの説なのに学術書が出たのは1982年の慎鏞廈『朝鮮土地調査事業研究』が最初だった。慎氏は「片手にピストルを、もう片手には測量器を抱えて」という扇情的な表現で土地調査事業を批判したが、とりあげられた事例は1918年出版の土地調査事業の報告書からとったもので、紛争当事者の主張を中立的に紹介した原本を、ことごとく国有地と判定されたかのようにねじまげて紹介していた。

 しかし同書の出版に前後して土地調査事業の文書が大量に発見され、実証的な研究がはじまった。李榮薫氏はこの研究を主導した人でその成果を『大韓民国の物語』 で次のように要約している(以上は書評空間:紀伊國屋書店から引用 )。

 結論的にいえば、総督府は国有地をめぐる紛争の審査においては公正であり、さらには、既存の国有地であっても民有である根拠がある程度証明されれば、これを民有地に転換するという判定を下すのに吝かではありませんでした。そのような紛争を経たのち、残った国有地は全国の四千八百四万町歩の土地の中で十二・七万町歩に過ぎませんでした。それすら大部分は一九二四年までは日本の移民に対してではなく、朝鮮人の古くからの小作農に有利な条件で払い下げられていました。

 李榮薫の実証研究は、朝鮮総督府が実施した土地調査事業の実務者と責任者の談話の正しさを証明した。福沢諭吉の朝鮮地獄論に続いて、明治の日本人によって語られた朝鮮半島土地調査事業の目的と成果および李氏朝鮮の虐政とが、21世紀に生きる韓国人によって追認されたのである

 韓国の反日フィクションが我が国の歴史教科書を蝕んでいることに憤る方は、日本の皇室を侮辱する朝鮮人の精神を記録した金仁謙の日東壮遊歌と対を為すおぞましき朝鮮半島の土地所有史を有権者に知らせるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

共産主義者はテロリズムを放棄しない!極左の闘士から極右のリーダーに転向した中村義明

 1928年の3・15事件から1936年の2・26事件まで日本国内で頻発したテロ事件は全て左右両翼の共産主義者によって起こされた。そのことは戦前の新聞社によって偽りなく報道されていた。共産主義者はレーニンを崇拝する限り決して暴力主義を放棄しないのである。

 戦前の毎日新聞記事を使って、今なお戦前暗黒史観をまき散らし押し紙詐欺を止めない毎日新聞の凋落に拍車をかけるために、終りにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

毎日新聞が報道した特高警察の愛情-戦史修正のお知らせ

 安倍晋三が自分は森羅万象担当大臣と豪語したので、森羅万象は安倍の傲慢を揶揄し嘲笑する言葉になってしまった。安倍総理大臣は弱小の弊ブログにまで迷惑をかけるのだから、筆者は憤懣やるかたない。

 筆者が弊ブログに名付けた「森羅万象の歴史家」の意味は、ブログタイトルの下にある説明文の通り、歴史学徒としてジャンルを問わず何でも日本国民に役立つ事物を論じたり揃えたりしますということであって、当然ながら筆者は森羅万象の歴史に精通している訳ではない。そうなりたいとは思うが、一生涯のうちに大東亜戦争の真実を描き切るという単一の目的を達成することさえ至難である。

 最近の筆者は図書館を使えないので専らネットを使い戦前の新聞記事と帝国議会の議事録を読んでいるが、読めば読むほど自分の無知を思い知り、そこで国民のための大東亜戦争史1928-56の8、日本共産党に毎日新聞が報道した「特高警察の愛情」を追加しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 戦前の毎日新聞記事を使って今なお押し紙詐欺を止めない毎日新聞の凋落に拍車をかけるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

滅びゆくアイヌ民族の唯一の希望を叶えた大日本帝国

 大日本帝国の政府は、帝国議会の承認を経た以下の北海道旧土人保護法により、アイヌ人の保護に努めた。

北海道旧土人保護法(明治32年法律第27号)

第一条 北海道旧土人ニシテ農業ニ従事スル者又ハ従事セムト欲スル者ニハ一戸ニ付土地一万五千坪以内ヲ限リ無償下付スルコトヲ得

第二条 前条ニ依リ下付シタル土地ノ所有権ハ左ノ制限ニ従フヘキモノトス
 一 相続ニ依ルノ外譲渡スコトヲ得ス
 二 質権抵当地上権又ハ永小作権ヲ設定スルコトヲ得ス
 三 北海道庁長官ノ許可ヲ得ルニ非サレハ地役権ヲ設定スルコトヲ得ス
 四 留置権先取特権ノ目的トナルコトナシ
2 前条ニ依リ下付シタル土地ハ下付ノ年ヨリ起算シテ三十箇年ノ後ニ非サレハ地租及地方税ヲ課セス又登録税ヲ徴収セス
3 旧土人ニ於テ従前ヨリ所有シタル土地ハ北海道庁長官ノ許可ヲ得ルニ非サレハ相続ニ因ルノ外之ヲ譲渡シ又ハ第一項第二及第三ニ掲ケタル物権ヲ設定スルコトヲ得ス

第三条 第一条ニ依リ下付シタル土地ニシテ其ノ下付ノ年ヨリ起算シテ十五箇年ヲ経ルモ尚開墾セサル部分ハ之ヲ没収ス

第四条 北海道旧土人ニシテ貧困ナル者ニハ農具及種子ヲ給スルコトヲ得

第五条 北海道旧土人ニシテ疾病ニ罹リ自費治療スルコト能ハサル者ニハ薬価ヲ給スルコトヲ得

第六条 北海道旧土人ニシテ疾病、不具、老衰又ハ幼少ノ為自活スルコト能ハサル者ハ従来ノ成規ニ依リ救助スルノ外仍之ヲ救助シ救助中死亡シタルトキハ埋葬料ヲ給スルコトヲ得

第七条 北海道旧土人ノ貧困ナル者ノ子弟ニシテ就学スル者ニハ授業料ヲ給スルコトヲ得

第八条 第四条乃至第七条ニ要スル費用ハ北海道旧土人共有財産ノ収益ヲ以テ之ニ充ツ若シ不足アルトキハ国庫ヨリ之ヲ支出ス

第九条 北海道旧土人ノ部落ヲ為シタル場所ニハ国庫ノ費用ヲ以テ小学校ヲ設クルコトヲ得

第十条 北海道庁長官ハ北海道旧土人共有財産ヲ管理スルコトヲ得
2 北海道庁長官ハ内務大臣ノ認可ヲ経テ共有者ノ利益ノ為ニ共有財産ノ処分ヲ為シ又必要ト認ムルトキハ其ノ分割ヲ拒ムコトヲ得
3 北海道庁長官ノ管理スル共有財産ハ北海道庁長官之ヲ指定ス

第十一条 北海道庁長官ハ北海道旧土人保護ニ関シテ警察令ヲ発シ之ニ二円以上二十五円以下ノ罰金若ハ十一日以上二十五日以下ノ禁錮ノ罰則ヲ附スルコトヲ得

  附 則

第十二条 此ノ法律ハ明治三十二年四月一日ヨリ施行ス

第十三条 此ノ法律ノ施行ニ関スル細則ハ内務大臣之ヲ定ム


 しかし政府の努力はなかなか実を結ばず、明治32年(1899年)から20年後の大正8年(1919年)にはアイヌ人に迫る滅亡の危機が新聞によって報道された。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

障碍者の使用は戦前回帰-豊田徳治郎の間違いをそのまま垂れ流すMBS

 MBSは、朝日毎日が喧伝する戦前暗黒史観を補強したいのか、「全国初「障害者」⇒「障碍者」表記へ 宝塚市が4月から」というニュースに真っ赤な虚偽を混ぜ込んでいる。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

新年の朝日新聞主催新満蒙建設座談会-戦史修正のお知らせ

 新年あけましておめでとうございます。今年もあまり記事を上げられませんが(笑)、弊ブログを何卒よろしくお願いします。

 朝日新聞社は相変わらず「日本は過去の誤ちを直視し反省せよ」といった趣旨の偽善報道を繰り返しているばかりか、北朝鮮化しつつある韓国と一体化して、ますます我が国に有害な新聞となってきています。
 そこで所長はさらに朝日新聞の発行部数を減らし朝日の報道公害を止めるために、朝日こそ石原莞爾と関東軍と満洲国建国を熱烈に応援していた証拠史料(笑)を国民のための大東亜戦争史1928―56の35、満洲国協和会と大政翼賛会に追加しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

阿片専売制度-日満両帝国が実施したアヘン断禁主義に基く中毒患者漸減方策(アヘン漸禁政策)

 東京裁判の冒頭陳述において清瀬一郎弁護人は次のように弁明した(東京裁判 日本の弁明109ページ)。
 
 「検察官は、被告は経済侵略について責を負うべきものといたしております。弁護団は中国において何ら経済侵略はなかったことを証明するものでありましょう。さらにまたいずれにするもの、経済的の侵略はそれ自体犯罪ではありませぬと主張いたします。

 麻薬に関する検事の主張につき上申いたします。検事の主張は、日本は一方において麻薬を中国に販売することによって中国人の戦意を挫き、他方においては、これによって戦費を得たというのであります。
 裁判所の注意を願いたきことは、わが国はかつて台湾においてアヘン吸飲者を漸減した特殊の経験を持っていることであります。

 台湾においてーその日本の統治下にあった時代には、アヘン専売及び統制を布きまして、これによってアヘンの取り引きを禁じ、漸次アヘン患者の数を減少させました。
 中国では主としてその西洋との交通の結果、アヘンの吸飲は古くかつ広く行われた慣習でありますが、日本はできうる限り今申し上げた経験を中国に利用したのであります。」


 以上の清瀬の弁明は決して虚偽ではない。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

関東軍第23師団とハルノートに対する評価-戦史修正のお知らせ

 所長は国民のための大東亜戦争正統抄史 の30、桐工作と70、正体を現した陸軍統制派を次のように修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 朝日NHK日教組の邪悪な洗脳から日本国民を救うために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

司馬遼太郎がノモンハン事件の小説化を断念した理由

 NHKは2018年8月15日7時30分からノモンハン事件を報道する。NHKの番組表には次のように紹介されている。

「79年前、モンゴルの大草原で日本とソ連が戦ったノモンハン事件。ソ連の近代兵器を前に、日本は2万人の死傷者を出し敗北した。司馬遼太郎が『日本人であることが嫌になった』と作品化を断念したこの戦いで、何があったのか。新たに発掘した150時間の陸軍幹部の肉声テープには、曖昧な意思決定で紛争が拡大し、責任を現場へ押しつけ自決を強要していった実態が証言されていた。AIでカラー化した、鮮明な戦場の映像で伝える。」

 NHKは、性懲りもなくノモンハン事件日本軍敗北史観を流布している。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

第二次世界大戦を画策したレーニンの演説-戦史修正のお知らせ

 10年以上前、近所の古本屋でレーニン全集が1冊100円で売られていた。しばらくするとそれは1冊50円に値下がりした。所長は1冊20円になったらレーニン全集全巻を購入しようと思っていたら(笑)、その古本屋が潰れてしまった。それから所長からレーニン全集を読む機会と意思が消え失せてしまったが、最近所長が読んだ衝撃的な本に、朝日新聞出身のソ連スパイ尾崎秀実ら戦時下の共産主義者によって信奉され実践されたレーニンの世界戦略がレーニン全集第31巻から紹介されていた。

 そこで所長は早速これを購入し、国民のための大東亜戦争正統抄史60~67東條内閣の和平努力の「67、レーニンと明石元二郎」を以下のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

尾崎秀実の自白動機-戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史-東條内閣の和平努力に「61、大戦を最後まで戦い抜くために」を追加し、ここに【帝国陸軍南進論者の正体】から尾崎秀実の「東亜新秩序構想」と改造昭和十六年十一月号「大戦を最後まで戦い抜くために」を移し、以下のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

日本軍人の精神は「東洋民族の誇り」戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史70~72陸軍統制派の陰謀に以下のような修正を加えました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめに虚偽の巨塔である朝日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

杉山元陸軍大臣が説明した北支事件勃発の経緯-戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史57~59石原莞爾と尾崎秀実に以下のように修正を加えました(強調部分が加筆修正箇所)。

 中華民国軍が起こした郎坊・広安門・通州事件に言及していない日中戦史書や歴史教科書は虚偽であることを有権者に伝える為に、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

クリスマスに乗っ取られた12月25日の太陽復活祭

 かつてローマ帝国には、ナタリス・インウィクティと呼ばれる祭典があった。この祭典は、12月25日にソル・インウィクトゥス(不敗の太陽神)の誕生を祭るものである。このソル・インウィクトゥスとはミトラ教の太陽神ミトラスである。短くなり続けていた昼の時間(日出から日没までの時間)が冬至を境に長くなっていくことから、2世紀から4世紀ごろのローマ人は、太陽神ミトラスが冬至に「再び生まれる」という信仰をもち、12月25日に太陽神ミトラスの誕生を祝う祭りを催し、盛大な宴会を開き、飲んで食べて遊んで楽しんでいたのである。

 農産物は太陽の恩恵であり、人々はみな太陽の恩恵を受けて生きているのだから、人々が冬至後に昼が再び長くなり始めることを「太陽の復活」として喜び、12月25日に太陽神を祭る祝宴を開くことは、実に自然で道理に適う営みである。

 ところが4世紀ごろローマ帝国内で勢力を拡大していたキリスト教の西方教会が、遅くとも西暦345年にイエス・キリストの降誕を12月25日に祝うクリスマスを開始し、ナタリス・インウィクティをクリスマスにすり替えてしまった。

 我が国の神道勢力、仏教勢力、そして筆者をはじめキリスト教の一神教的独善を忌み嫌う日本国民は、断固としてクリスマスを拒絶し(笑)、進んで卑劣なキリスト教に乗っ取られた12月25日の太陽復活祭を再興すべきである。この太陽復活祭は太陽の女神とその御子孫を戴く我が日ノ本の国に相応しい祭りだからである。

 12月25日の歴史を理解した方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

北朝鮮禁油暴発論と東條英機首相の施政方針演説-戦史修正のお知らせ

 アメリカのルーズベルト政権が石油禁輸強化を発令、日本を対象として発動機燃料、航空機用潤滑油の輸出禁止を発令し、これ等の経済制裁によって我が国は完全に石油の供給を絶たれることになったのは1941年8月1日、アメリカ政府の対日最後通牒ハル・ノートに接した我が国の政府軍部首脳が「もはや開戦やむなし」と判断し対米英蘭開戦を決定したのは1941年12月1日である。この4ヵ月の間に東條内閣は9月6日の御前会議の決定を白紙還元した上で、甲乙から成る対米譲歩妥協案を策定して対米交渉に臨み、戦争回避に努めたのである。

 したがって今日の国際社会が北朝鮮へ全面禁輸制裁措置を発動する場合、本当に北朝鮮がABCD包囲網によって石油の供給を完全に絶たれた1941年8月1日以降の大日本帝国と同じ行動をとるならば、北朝鮮は必ずアメリカに対して何らかの譲歩妥協案を示すに違いなく、北朝鮮に対する禁油制裁措置は北朝鮮の核ミサイル開発を中断させるための極めて有効な手段となるはずである。

 1941年12月8日の日米開戦を「日本の暴発」と言ってこれを根拠に北朝鮮禁油暴発論を唱えているマスゴミ関係者が、東條内閣の和平努力を知る人々から以上の史実を指摘されたら、舌の根の乾かぬ内に「今日の北朝鮮と戦前の日本は違う!金正恩が東條内閣と同じくアメリカに譲歩妥協するとは限らない!!楽観視は危険だ!!!」と喚いて、飽くまで北朝鮮に対する全面禁油制裁措置に反対するかもしれない(笑)。

 今日の北朝鮮は日米開戦前の大日本帝国とは全く違うことを証明するために、所長は国民のための大東亜戦争正統抄史60~66東條内閣の和平努力を以下のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法