左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2008年12月04日

零式と百式の共通点

 日本海軍の零式艦上戦闘機とエウーゴのMS百式の共通点は、パイロットを選ぶということである。「当たらなければ、どうということはない!」と豪語する熟練パイロットのみが両機体の性能を最大限に引き出せるのである。

 旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック揺れるハート続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

必敗の文民統制と反民主主義の暴力を誘発する朝日新聞社

 ゾルゲ事件を調査した検察は、日本共産党員河上肇の愛弟子である近衛文麿と朝日新聞出身のソ連のスパイ尾崎秀実が密接不可分の関係にあることを察知したものの、国政に大混乱が生じることを恐れ、捜査の限界をゾルゲ機関の諜報活動に限定し、彼らの謀略活動を深く追及しなかったが、尾崎秀実著作集に収録された尾崎の戦時論文は、読者に、尾崎秀実らゾルゲ機関の謀略活動ひいてはスターリンの世界戦略、さらにはマルクス・レーニン主義者の唱える平和が一般人の考える平和とは違うニュースピークであることを教えてくれる。

 議会制デモクラシーを否定するテロリズムを誘発する者は、公共の電波を独占しながら報道の自由の存在意義を忘れ国民の知る権利を侵害し続けているテレビ・マスゴミと思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

愛国運動宣言と免疫拒絶症候群−瀕死の重病人の日本

 我々が祖国を救うためと思ってやっていても、敵の工作に幻惑されるならば、迷ってしまって、我々らしくないことをするといった危険がある。

 瀬戸弘幸さんは近藤昭一に対して痛快なゲリラ戦を仕掛けることができるだけの広い人脈と素晴らしい才覚の持ち主だけに、まことに残念至極であると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

日本の潜主防衛とアメリカの原発革命―海自の腐敗を暴露する中村秀樹

 国防軍事関連の記事内容は必ずしも真実とは限らないが、以下の報道が真実ならば、次期防衛大臣に最も相応しい人物は、日本で最も潜水艦を熟知している中村秀樹氏であろう。

豊後水道領海侵犯 国籍不明潜水艦(産経新聞)

 14日午前6時前、九州と四国の間の豊後水道周辺海域の日本領海内を航行中の海上自衛隊イージス艦「あたご」が、潜水艦の潜望鏡らしきものを発見、追尾を開始した。自衛艦隊司令部などで確認したところ、海自や米海軍の潜水艦でないことから、国籍不明の潜水艦による領海侵犯事案として、林芳正防衛大臣や首相官邸に連絡を入れ、態勢を整えたが、同日午前8時40分ごろ、国籍不明潜水艦を見失った。
 防衛省によると、現在、豊後水道南方の九州東沖合の太平洋の広い範囲で、あたごとP3C哨戒機1機、対潜哨戒ヘリ2機による捜索を継続中、呉地方総監部から護衛艦3隻が現場海域に向かっているという。
 外国の潜水艦は領海内では浮上航行が国際海洋法で決められているが、今回は領海内を潜没航行中で、意図的な領海侵犯の可能性が高いと防衛省ではみており、当該潜水艦の再発見とともに、収集した情報から潜水艦の種類、国籍の特定を急いでいる。

 中国潜水艦の可能性=海自の能力見直しを−「官邸への連絡遅い」識者指摘(時事ドットコム)

 高知県沖の領海内を航行した国籍不明の潜水艦について、専門家は中国軍の可能性を指摘。事前に察知できなかった海上自衛隊の能力に疑問を投げ掛けた。
 
 軍事アナリストの小川和久氏は「こういうことをするのは中国海軍」と指摘。狙いに関し「中国共産党指導部への何らかの主張が考えられる。福田政権が脳死状態かどうか、三連休の真ん中にぶつけてチェックした可能性もある」と話す。
 
 領海内に入られるまで察知できなかった海自には「潜水艦を探知、追尾する能力は米国に次ぐとされ、日本列島周辺に対潜水艦網を築いているが、突破されたのは深刻。能力を回復する必要がある」とした。
 
 潜望鏡の確認から官邸への連絡まで約1時間半かかった点も問題とし、「発見と同時に情報共有すべきだ。戦争ならとっくに攻撃されている。(首相への連絡の遅れが問題となったイージス艦)あたごの事故の反省が生かされていない」と述べた。

 防衛省防衛研究所の元研究室長平松茂雄氏も「領海内に入られたのは、お粗末。事前に察知できず、追尾もできなかったとすれば問題。たるんでいるとしかいいようがない」と批判する。
 「日本の周辺海域は中国の潜水艦がどこにいてもおかしくない」とした上で、「中国の潜水艦は音が大きく探知しやすいといわれてきたが、能力が上がってきている。海自の探知能力を試したのかもしれない」と話した。


・我が国は国防費を増やすべきだと理解している方は、はじめに一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:軍事
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

河野洋平を叩き落とす方法、ゲリラの本領は兵站の破壊

 瀬戸さんのブログに次のようなコメントがあった。

 「のんきな日本人」さんの気持ちはわかるのですが、あれもやります、これもやりますと守備範囲をどんどん広げていくと独自性が薄まり、何を目指している政治団体なのかわからなくなると思います。既成政党の劣化コピーになってはあまり意味がありません。

 あと、それぞれの分野で専門のスペシャリストを養成しなければなりませんが現実的にそれが可能なのかという問題もあります。

 たとえば経済問題に関しては、このブログをさんざんコケにしている2ちゃんねるのウォッチ板の連中のほうが見識が深かったりします。ですから、なまじ付け焼刃的な知識で政策を語ってみても彼らに笑いのネタを提供するだけになるかと思います。

 他の政治団体では代替が利かない新風系政治運動のセールスポイントは「行動力」だと思います。

 悪の本丸に直接押しかけ抗議する、野次と怒号を浴びせる。批判が多く、何かと物議をかもすこのやり方ですが、国民に対する「周知」と「問題提起」が目的であって、「支持」を集めるためにやっているのではないと見抜いているので自分は好意的に見ています。外国人参政権にしても人権擁護法案にしても移民受け入れ1,000万人計画にしても言えることですが、為政者にとって一番恐ろしいことは、国民が関心を持ってしまうことです。なぜなら、反対されるからです。

 新風系政治運動は、騒ぐことによって「火付け」の役割を果たしています。この意義はとても大きいと思います。


新訳孫子−ポスト冷戦時代を勝ち抜く13篇の古典兵法を広めてくれる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

日本経済復活の切り札−恐るべきグローバル水企業(ウオーター・バロン)の野望を打ち砕くフネモノ公共事業

 また四国が渇水に見舞われている。

 高知・早明浦ダムの貯水率が0%に 水力発電用の水の緊急放水始まる08/31 13:57 FNN岡山放送

 四国の水がめ、高知県の早明浦ダムの貯水率は、31日午前10時に0%となり、水力発電用の水を生活用水として使用するための緊急放水が始まった。

 四国地方整備局は、早明浦ダムの貯水率が0%になった午前10時から、貯水率の計算には含まれていない水力発電用の水2,600万トンのうち、1日あたりおよそ33万2,000トンの放流を開始した。

 すべて放流すると、香川県内と徳島県内の78日分の生活用水が確保できる。水力発電用の水が緊急放流されるのは、1994年と2005年に次いで3度目となる。


 日本国の希望は海洋にあるのに、公共事業=地上の箱もの=無駄な利権=財政悪化の原因と短絡思考して、積極財政に反対する日本人は、日本の景気と財政を悪化させ、自分の首を絞めていると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:経済
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

無防備マンが死んだ…伊藤和也さんを死に追いやった9条教

 伊藤和也さんが死んだ。なぜだ!?それは中村哲が岩波書店からカラー版 アフガニスタンで考える―国際貢献と憲法九条という本を出しているほど、占領憲法第9条に魂を奪われた人間だからだ。

 情報操作が再び占領憲法第9条教の犠牲者を増やすと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:戦争
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

強硬な発言?台湾首相の劉兆玄さん

 最近の産経新聞社は本当に罪深い。

 尖閣諸島・魚釣島近海の日本領海内で10日、日本の巡視船と台湾の遊漁船が接触した事故で、台湾の劉兆玄行政院長(首相)は13日の立法院(国会)答弁で、日本との領有権をめぐる争いでは、問題解決の最終手段として「開戦の可能性を排除しない」という強硬姿勢を示した。

 中央通信によると、日台の主権が絡む尖閣をめぐる問題で、開戦は最終手段になると発言した劉院長に対し、中国国民党選出の立法委員(国会議員)が開戦の可能性があるかと確認したところ、院長はこれを肯定した。真意は対話による平和解決を前提としたものとみられるが、台湾では事故をきっかけに反日的な報道が過熱している。

 一方、欧鴻錬外交部長(外相)もこの日、日本側に拘留された遊漁船の船長が同日中に釈放されない場合、許世楷駐日代表(日本大使に相当)を台湾に召還すると言明した。

 船長は発言直後に釈放されて帰台したため、結果的に駐日代表の召還は見送られるとみられるが、5月に政権復帰した国民党は、「一つの中国は中華民国」という虚構を抱え、沖縄県は「琉球」と表記して「自国領土」とみなし、尖閣への領有権を主張している。台湾では12日に総統府が「釣魚台(尖閣の中国語名)は中華民国の領土だ」とする声明を発表したが、台湾海軍の艦船が18日、立法委員らを乗せて尖閣海域に展開し、台湾側の主張を訴える計画もある(産経新聞)。

王鵬捷/綜合報導

 聯合號海釣船在釣魚台海域遭日艦撞沉,牽動釣魚台主權敏感議題,國民黨籍立委陳根コ13日在立法院質詢時表示,若要開戰,準備好開戰沒有?行政院長劉兆玄答詢時指出,對於兩國之間的這種爭議,開戰是最後階段的手段。陳根コ追問是否不排除開戰?劉兆玄説,「是」。

 中央社13日報導,台灣的聯合號海釣船十日凌晨在釣魚台南方海域六浬處,遭日本保安廳巡邏船撞沉。目前海釣船船長何鴻義仍被留置日本待釐清相關責任,外交部要求日本政府盡速將何鴻義送返台灣。

 陳根コ上午在立法院總質詢時表示,總統馬英九是第一代保釣青年,他曾説過為了保釣不惜開戰。對於馬總統曾説過的話,行政院態度為何?若總統一聲令下,如過去所言開戰,準備好開戰了沒有?

 劉兆玄答詢時指出,兩國之間的這種爭議,要用開戰,這是到最後、最後、最後階段的時候的手段。馬總統過去提到不惜一戰,也是指到最後的階段。

 陳根コ追問,是否不排除開戰?劉兆玄説,「是」。

台湾の大手新聞、6/14要訳:

 尖閣諸島をめぐる領有権争いについて、行政院長(首相)劉兆玄は議会答弁で、「日本との開戦も排除しない」と言ったが、(6/13の)午後は「こう言ったことはない」と修正した。

 そして彼は、「平和的かつ理性的な行動は最優先です」、「國防部(國防省)は領有権を守ることを固く決意したが、言動は慎重にすべき」などと述べた。國防部長も、「戦力には自信があるが、(この問題に巡って)平和的な手段で解決すべき」と議会答弁で述べた。


 我が国では国際紛争の平和的解決には、それを担保する強制力として軍事制裁が必要であるという国際常識が摩滅していると嘆く方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:戦争
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

日本の核武装を妨害する中共スパイ

 我が国の独立主権を脅かす日本周辺諸国がクラスター弾を廃棄しないのだから、日本有事の際、敵軍は我が国に対して容赦なくクラスター弾を使用し、不発の子爆弾が民間人を殺傷する危険性が生じる。

 従って日本政府が自衛隊から対人地雷に続いてクラスター弾を没収しても、人道の尊重に結実するとは言い難い。ただ確実に自衛隊の火力と日本国の抑止力が著しく低下するのみである。むしろそれは、敵軍がクラスター弾を使用する日本有事の勃発可能性を高めるのだから、福田康夫の決断は人道に反する。

・日本政府はクラスター弾禁止条約の署名を拒否するか、条約に日本有事の際は日本はクラスター弾を使用するという留保条件を付けるべきだと思う方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:戦争
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:09| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

福田康夫というクラスター爆弾が日本防衛戦略を破壊する 

【クラスター爆弾】 日本、全面禁止条約案に同意…福田首相の意向を受け、人道的観点から受け入れ

1 :やっぱアホーガンよφ ★:2008/05/30(金) 05:46:54 ID:???0
政府は29日、軍縮交渉「オスロ・プロセス」のダブリン会議が合意したクラスター爆弾を事実上即時全面禁止する条約案について、同意する方針を決めた。条約案は30日に採択される。
 
 政府は条約案への具体的な賛否を明らかにしていなかったが、福田康夫首相の意向を受け、人道問題の観点から受け入れに傾いた。

 政府筋は29日夜、「オスロ・プロセスに参加していない米国との調整もついた」と語り、ダブリン会議に出席している日本首席代表の中根猛・外務省軍縮不拡散・科学部長(大使)にも受け入れ表明を指示したことを明らかにした。

 町村信孝官房長官は同日午後の記者会見で「条約案が合意されたとは理解していないが、政府としても態度を決めなければいけない」と表明。政府は条約案への対応を巡り、大詰めの協議を進めていた。

 クラスター爆弾の禁止について、政府は「人道問題と日本の安全保障のバランスを勘案し態度を決める」と説明。条約案に反対し、オスロ・プロセスに参加していない米国との同盟関係に配慮し、条約加盟への意思表示を12月の署名時まで先送りすることも検討していた。

 しかし、首相は23日、首相官邸を訪れた公明党の浜四津敏子代表代行が全面禁止を求めたのに対し、「もう一歩踏み込んだ対応が必要。お任せいただきたい」と述べ、条約賛成への政治決断の可能性を示唆。関係各省庁に前向きの対応を指示した。

 首相が同意を決断したのは、英仏独などの主要国が相次いで首脳の政治決断で条約案受け入れを表明したことが大きい。日本の国際的孤立を回避し、7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)議長国として、指導力をアピールする狙いもあるとみられる。 毎日jp(毎日新聞)


 日本国民に襲い掛かる反日クラスター爆弾に等しい福田康夫こそ真先に廃棄されるべきだと思う方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。以下は2chの珠玉レス 後学のメモ独断御免
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(5) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

自衛隊の惨状

 いま自衛隊は悲惨な状況にあるそうです。

2chで見つけた自衛隊の現状分析

○陸自

・基本的に本州以南の陸自の装備は小銃など除いて70年代以前が主。中国軍と同水準

・野戦重砲の3分の1を削減

・重対戦車ミサイルの9割を削減

・戦車300輌(1〜2個戦車師団相当)を削減

・03式中距離地対空誘導弾の調達は順調にいって平成40年までかかる

・本州以南の陸自普通科連隊は隷下の中隊のうち一個中隊にのみ装甲兵員輸送車と軽装甲機動車が配備

・96式装甲兵員輸送車はおよそ300輌。73式とあわせてもたった600輌

・89式装甲戦闘車は調達打ち切り。総数70輌弱

・AH-1S後継はAH-64Dがポシャった時点で純減路線へ。予算が出てくる余地が無い

・12旅団は空中機動化のために虎の子の戦車大隊を解隊したがヘリ増強予算が出ず空中機動化頓挫→装甲車も無い軽歩兵旅団に変貌

・戦車無し実数歩兵5個中隊で石油備蓄基地と港湾と橋梁と変電所と
主要道路と工業地帯と原発と複数の市街地を防衛する事を要求されている旅団がある

・地対艦ミサイル連隊の数を半数にするとの話有り

○航空自衛隊

・F-15Jの改修が予算不足で半数に減少

・F-Xの調達延期。現在の航空機調達予算ではマトモな数を調達する事は不可能。最悪2個飛行隊純減を覚悟

・XASM-3対艦ミサイルの開発予算が認められず開発が停滞

○海上自衛隊

・艦艇の建造予算が不足。退役ペースに新造が間に合わず自然に規模縮小するのは確実

・19DDは予算不足で能力を下げた廉価版の建造にスライド

・16DDHも予算不足でソナーなど一部の機能を低下させた

○総合

・5年連続で防衛費削減。現在防衛費はGDP比0.9%

・今後数年で0.8%台への突入確実

・最近5年で5000億円削減が決定した

陸上自衛隊
兵力16万人
90式戦車320両
74式戦車550両
99式自走榴弾砲60両
75式自走榴弾砲100両
96式自走迫撃砲24両
MLRS50両
89式装甲戦闘車69両
73式装甲車338両
96式装輪装甲車289両
87式偵察警戒車104両
軽装甲機動車1308両

・戦後民主主義狂育の洗脳効果を瞬殺する民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもるを後世に伝えたい方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:41| Comment(1) | TrackBack(3) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

提言・防衛省改革を読む

 自由民主党政務調査会、安全保障調査会、防衛省改革小委員会がまとめた「提言・防衛省改革」案は、さすがに筋がいい。 

・お願いしますブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

昭和のラスト軍人 小野田寛郎さんのブラジル日本会議創立記念講演 雪風精神!!

 日本会議、衆院の政党として正式発足してくれれば、所長は新風と共に応援するのだが。

 
日本会議創立記念講演=小野田寛郎さん、日伯を語る=妻町枝さん「日本女性の会発足を」

 ブラジル日本会議(小森廣理事長、上野アントニオ会長)はこのたび、団体として正式登録・発足するにあたり、南マット・グロッソ州に牧場を持つ小野田寛郎、町枝夫妻を招き、記念講演を行なった。約二百人が会場となった文協小講堂を埋めた。

 小野田寛郎さんは、陸軍少尉としてフィリピン・ルパング島に着任、戦争終了後も二十九年間、山中でゲリラとして潜伏し続け、七十五年に帰国、国内外で大きな話題を呼んだ。

 その後、町枝さんと結婚、次兄のいたブラジルに移住、マット・グロッソ・ド・スール州で牧場経営のかたわら、二十年ほど前から、「健全な日本人を育成する」ことを目的に『小野田自然塾』を主宰、現在日伯間を往復する多忙な日々を送っている。

 〇四年に、ブラジル空軍から、日本人初の「サントス・ドゥモン勲章」、翌年には日本政府から藍綬褒章を受章している。

 上野会長の紹介で壇上に立った小野田さんは現在八十五歳。よく日に焼けた精悍な表情と真っ直ぐに伸びた背筋は、年齢を感じさせない。

 三十三年前に移住した当時の話や、キャンプなどを通じて、青少年を育成する『小野田自然塾』の活動を披露。

 北朝鮮による拉致問題などを引き合いに出し、「昔ならば、戦争になっているところ。人権問題としてマスコミは報じているが、〃国権〃の問題。最近の日本人は、『国』という意識が低く、情けない」と厳しく日本の外交政策なども批判した。

 「権利や自由を優先し、自分の自由のために親や子を殺す状況となった今、国とは何かを考える日本会議の主旨は大事」と同会議の発足を祝った。

 昨年就任した斉藤準一空軍総司令官について、「個人を守る医者や弁護士ではなく、国防のトップに日系人が選ばれたことは日本人・日系人がブラジルで尊敬、信頼されている証」と軍人ならではの視点で語り、今年四月に神戸で行なわれる百周年式典に斉藤総司令官を招待する働きかけを行なっていることも明らかにした。

 ブラジルに移住するきっかけについて、帰国後に送られた見舞金や義援金の使い途を聞かれたことや、それを靖国神社に寄付したことで、「戦争を美化する行為」などとマスコミに書き立てられたことを挙げ、「三十年間、国にために戦ってきたが、もう日本には住めないと思った」としたうえで、「移民、二、三世のためにも本国である日本がしっかりして欲しい」と強く語った。

 「戦争で人間の強さ、弱さを見てきた。子供たちには『夢を持て』と言っている」と約二十分にわたって語った。
     
 「ブラジルに来て、日本人が優秀な民族だと知った」と話す町枝さんは現在、「日本女性の会」の会長を務める。
 日本全国で行なう講演会などで、「教育や家庭の荒廃した日本で有識のある女性たちに『ブラジルの日系人も祖国のために祈っています』と話している」という。
 
 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんの母早紀江さんや、四五年に靖国神社に祀られた小野田さんの生存を信じ、陰膳を供え続けた母タマエさんを「無償の愛を持つ母の強さ」と称え、「女性の力がこれからは大切。来年には、日本女性の会ブラジル支部を発足させたい」と会場に協力を求めた。
 
 講演後、小野田夫妻は子供たちから花束を贈呈され、来場者からの質問に答えていた。
 
 来場者の一人、二十代の日本人男性は、「(小野田さんのことは)本などで読んで知っていた。直接体験談を聞けるなんて」と講演後に興奮した面持ちで話していた(ニッケイ新聞ブラジル国サンパウロ州サンパウロ市)。


・小野田寛郎少尉と雪風の精神を後世に伝えたい方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

外貨準備の使い方レアメタル貯金

 資金は世のため人のために使われてこそ価値がある。ただひたすら資金を死蔵する者は守銭奴である。

 
財務省が7日発表した2月末の外貨準備高は、前月末に比べ119億3700万ドル増の1兆79億8100万ドルと過去最高を更新、初めて1兆ドルの大台を突破した。

 サブプライム住宅ローン問題をきっかけとする米景気減速を背景に、保有資産の大部分を占める米国債や金のドル建て評価額が膨らんだ。

 外貨準備高が1兆ドルを超えるのは中国に次いで2カ国目。中国は政府系投資ファンドをつくり巨額資金を積極的に運用しており、大台突破を機に、日本でも同様のファンド設立を検討する動きが勢いづく可能性もある(産経新聞)。

 財務省“外 貨 準 備 等 の 状 況(平成20年2月末現在)


 我が国の機密保全能力の再生強化に動かない政治家と政党は日本に不要だと思う方は、最近病気がちのブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

お笑い福島瑞穂の迷言集 発掘!なるほど2chの珠玉レス

☆ばぐた☆◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2008/02/22(金) 03:51:34 ID:???0◇イージス艦と漁船の衝突について 2月20日(水)

 昨日。イージス艦と漁船が衝突をした。
 
 漁船は、まっぷたつになり、乗っていた2人の方が行方不明となっている。

 イージス艦は、一隻が1200億円から1500億円する極めて高額なものである。

 日本は、5隻持っている。
 
 世界で持っている国は、アメリカ、日本、スペイン、ノルウェー、韓国だけである。

 日本が、そもそも持つ必要があるのだろうか。日本が、持つ始めたのはつい最近である。
 
 しかも最新鋭のものなのに、漁船一隻避けることができないなんて。

 「そこのけ、そこのけ、イージス艦が通る」となっているのではないか。
 
 漁船がゆきかう海に、イージス艦は似合わない。
 
 敵を攻撃することには、長けていても普通の漁船や人々に配慮するようにはできていないのではないか。
 
 そして、防衛大臣に連絡がいくのに1時間半かかり、首相のところに2時間かかっているなんて、あいた口がふさがらない。
 
 大したことないと思っていたのか、情報操作をしようとしたのかどちらかとしか思えない。

 未だもって納得いく説明がついていないのも問題である。

 防衛大臣の体をなしていない。

 なだしおのケースの場合は、当時の防衛庁長官は引責辞任をした。

 今回も防衛大臣はやめるべきである。
 
 ※ソース:福島みずほのどきどき日記

以下は2chの珠玉レス 独断御免
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

イージス艦の弱点と民主党の苦手

 イージス護衛艦「あたご」は神乃盾(イージス)級電子防空巡洋艦であり、防空能力に秀でた軍艦である。だから漁船の船長が「イージス艦は漁船よりレーダーの性能がいいので、きちんと見ていれば20〜30分前には清徳丸を確認できたはず」と断定するのは拙速ではないだろうか。

素晴らしい武士道のこころを後世に伝えたい方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

中国は薬品食品環境テロ国家 黄色い有毒ガス中国発の黄砂

 中国は薬品食品環境テロ国家です。

これから一戸建て家屋やマンションに必要不可欠になるであろう、日本の誇る対BC兵器用光触媒コーティングを後世に伝えたい方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ゴキブリみたい…陸自の新型戦車TK-Xの試作車両


▲防衛省が公開した新型戦車の試作車両=神奈川県相模原市の防衛省技術研究本部陸上装備研究所

 
 防衛省は13日、平成22年度からの装備化を目指し国産開発中の陸上自衛隊の新型戦車(試作車両)を、神奈川県相模原市にある同省の研究施設で報道陣に公開した。

 ハイテクを駆使し味方の戦車同士で瞬時に情報を交換、共有するシステムを搭載しており、敵の戦車だけでなく、ゲリラや特殊部隊による攻撃など新たな脅威にも対処できるのが特徴。開発費用は約484億円で、一両の値段は約7億円と世界最高レベルだ。

 夜間や悪天候でも正確な射撃ができる機器を備えた120ミリ砲を装備。短時間で装甲を着脱できる「モジュール型装甲」を導入、重量は現在の主力戦車である90式戦車より約6トン軽い約44トンに抑えた。

 冷戦終結で日本本土への大規模な着上陸侵攻の可能性が低くなったため、16年に策定された「防衛計画の大綱」は戦車の装備数を大幅に削減。新型戦車開発の必要性を疑問視する見方もあるが、防衛省は「攻撃や防御、機動力のバランスの取れた戦車の有効性は変わっていない」と意義を強調している(産経新聞)。


素晴らしい武士道のこころを後世に伝えたい方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

水中戦用モビルアーマー母艦−新型潜水艦「そうりゅう」の軍事的意義

 21世紀の「蒼龍」は、天を翔けるのではなく、無人潜水艇(UUV)母艦として海に潜り日本国を守ります!

・ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
タグ:戦争
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

防衛省改革

 我が国の防衛省自衛隊の実態はひどい。日本の軍事力が韓国より強いなど豪語する者は夜郎自大である。

・疲労困憊しているブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする