2006年07月26日

戦術転換 左翼から右翼に化ける朝日新聞の狙い

 朝日新聞社を筆頭とする反日左翼勢力が繰り広げてきた従来の反日謀略活動は、ネット言論によって粉砕された。そこで連中は戦前の左翼のように右翼に化け始めた。実に忌々しいちっ(怒った顔)

 朝日の思うようにはさせないと憤る方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 06:25| Comment(3) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

日記や日誌というもの

 拙者は富田メモをホンモノともニセモノとも断定していない。というか断定できない。ただ現段階では未だに富田メモの信憑性は担保されていないと言っているだけである。

 じっくりと富田メモを検証すべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:40| Comment(3) | TrackBack(4) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

朝日新聞よりも酷いゲンダイネット

 北朝鮮のミサイル発射後、我が国では、アメリカの先制攻撃戦略と日本の先制的自衛権を混同する議論が横行している。

 秋篠宮妃紀子さまと紀子様の御腹にいる御子様が御無事でありますようにと願う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

亡国のゆとり教育 

 ルソーと悪平等を崇拝し、ゆとり教育を推進した寺脇研ら反日主義者どもは、切腹して子供たちにあやまれ!!

 ODA、国連分担金、遺棄化学兵器処理費を日本の教育再建にまわすべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

反米反日から親米反日へ 転向した朝日新聞社の「専守防衛」論

 朝日新聞社は、特亜を日本の敵地攻撃能力から守らなければならないという使命感に駆られる余り、つい筆をすべらせたのか、朝日信者が腰を抜かすような大転向を敢行した。

 朝日新聞社は外患誘致による国内革新を目論む日本の反米左翼勢力にも見捨てられる日が来たと心躍る方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

日本の経済と財政を救う政治家は麻生太郎

 拙者も次期総理候補として麻生太郎氏を応援することにした。

 麻生太郎氏を応援する方は、一日一押人気ブログランキングをクリック揺れるハート
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

橋本龍太郎元首相が亡くなりました

 橋本元首相の御冥福を祈ります。彼もまた皇室を守ろうとしたから…。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

靖国神社への参拝とアーリントン国立墓地への献花

 セミが鳴き始めました。我が国の反日左翼勢力もセミに負けずに喚け!今こそ小泉首相にアジアへの配慮を要求せよ!!
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

東条英機と佐々弘雄

 東条英機が総理大臣に就任した時期は、日米和平交渉の最終段階であった。
 佐々淳行は東条英機ではなく父親の弘雄を糾弾するべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

沖縄戦の悲劇は行政の怠慢である 対NBC防御を構築すべき秋

 過去の失敗を繰り返さないためには失敗の原因を把握することが重要である。だから拙者は沖縄戦の真実を報道しない朝日新聞ら日本の反日マスゴミを特に憎悪する。
 
 日本政府はせめて携帯性に優れたコンパクトサイズのNBC保護用のガスマスクを全国民に配布すべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(3) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

嗚呼日本代表、求むFW

 今終わった日本対クロアチア戦では、大事な試合で必ず大失態を犯す宮本、守備力ゼロの三都主、決定力ゼロの柳沢という日本代表の弱点が存分に持ち味を発揮したにもかかわらずふらふら、日本代表がクロアチアと引き分けたことは評価されるべきだろうが…。

 求む、FWもうやだ〜(悲しい顔)

▼ACミランのシェフチェンコのような…





<関連記事>

 サッカー日本代表が世界を制覇するための教育改革



posted by 森羅万象の歴史家 at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

民主党末松義規の詭弁

 別に我々は民主党のみを糾弾している訳ではない。しかし民主党議員は高学歴の持ち主なのに、なぜ一般国民の神経を逆なですような詭弁を弄するのか。
 民主党は社会党の正統後継者であると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ラダ・ビノード・パール博士の日本に対するメッセージ

 東京裁判において「本官は各被告はすべて起訴状中の各起訴事実全部につき無罪と決定されなければならず、またこれらの起訴事実の全部から免除されるべきである」と強く主張したラダ・ビノート・パール博士は、日本の奮起を期待する親日家でありました

 日本人は、ラダ・ビノード・パール博士の日本に対するメッセージを読み直すべきであると思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

維新政党新風を応援する以外に日本の生きる道は無しか

 衆参両議院が審議なしに北朝鮮人権法案を可決したということは、我々に何を教示したか。

 国民の必死の嘆願を無視し、審議を行うことなく北朝鮮人権法案を可決した衆参両院に絶望した方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(4) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

国益の増進と人道の尊重 北朝鮮人権法の成立

 恥ずかしながら拙者は随分前に朝日新聞を購読していました。

 北朝鮮に対する制裁はパチンコに対する高率の特別課税で十分と思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

次期サッカー日本代表に期待すること

 日本の対オーストラリア戦は悲惨だった。

 古武術とサッカーの融合を見てみたいと思う甲野善紀ファンの方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

脱北者の売買ビジネス

 北朝鮮人権法が施行された後、日本政府に支援される日本国内外の民間団体が中朝国境付近で脱北者を保護し日本へ移住させる活動を開始しようとした時、中国当局が日本の民間団体の活動を容認し保護する代償として日本政府に金銭をたかってきたらどうするのだろうか?

 日本滅亡のカウントダウンが始まったような気がする人は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

日本の議会制デモクラシーは死んだ

 今日、日本の議会制デモクラシーは売国政治家によって息の根を止められた。少なくとも衆議院は議会ではなくなった。

 もはや既存の政党は日本に有害で不要な存在だと確信した方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

続報 北朝鮮人権法案は人権擁護法案と同じく危険な「定義のあいまいさ」を持つ

 いま長島昭久のブログが、削除されたのか、抗議のアクセスに殺到されているからなのか、わからないが、閲覧不可能です(長島フォーラム21の方は、閲覧可能です)。追加情報を公開しておきます。各自分析と抗議をお願いします。

 自民党も民主党も卑劣卑怯きわまりないと憤る方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(4) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

緊急要請 皆様の協力を求む!!

 ★緊急事態発生!!日本に朝鮮人が押し寄せる法案が可決間近!?★

朝鮮人に日本を占領させてたまるものかと思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 闇夜を照らす月の光の日記2006以降 | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法