2008年04月04日

日本国の総理大臣候補かもしれないペマ・ギャルポさんの「悪の戦争論」

 日本国が強固な防共戦略を構築しなければならない時に、亡命チベット人のペマ・ギャルポさんが我が国に帰化して政治家を目指していることは、もしかすると天の配剤かもしれない。

悪の戦争論を広めてくれる方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

悪の戦争論/ペマ・ギャルポ著/あ・うん

第1章『悪の枢軸』発言に読む新・戦争論 武力闘争にシフトしたアメリカ

米中枢同時テロはアメリカの謀略か!?
謀略説を裏づける七つの謎/テロにいいテロも悪いテロもない/「この際だから」テロ支援国を叩け!/戦争は最大の景気浮揚策/「超限戦争」を封じ込めよ―非対称戦への対応

アメリカ原理主義VSイスラム原理主義
テロの原因は「文明(宗教)の衝突」「貧富の対立」「政治の腐敗」/イスラム原理主義(的なるもの)の正体/共産主義に代わるゴーマン主義/「グローバルスタンダード」の大虚構/富める者大集合、貧しき者は去れ!

第2章米露蜜月が示す大謀略 地政学に回帰した米露の新・覇権戦略

着々進行する新・縄張り協定
米露による新々・世界秩序の確立/利害が一致するテロ撲滅作戦/じわじわ浸透するロシアン・ムスリムの脅威/背に腹は代えられない金銭的実益/米露双方にとって大きい軍事的背景/カスピ海原油の利権を確保せよ!

復活する「地政学」(ゲオ・ポリティクス)理論
「地政学とは何ぞや?」マッキンダーの「ランドパワー」/「シーパワー」こそ本命二十世紀アメリカの戦略/海流地政学と日本 日米開戦の裏事情/海の地政学 南シナ海の重要性/農産物・人権と、中国のしたたかな外交/地政学から見たパレスチナ問題/「中露を分断せよ!」アメリカの地政学的戦略/米中開戦、一触即発の危機も

このままでは飲みこまれる!日本の暗雲
「北方領土は一島たりとも返還しない」ロシアの本音/「海への出口がほしい」ロシアの悲願/仰天密約「北海道をロシアに」/アメリカの経済植民地と化す日本/規制緩和は経済強者を太らせるだけ/使えない軍隊は張子の虎アメリカのイラ立ち/有事法制制定は日本の生きる道か/対米交渉能力をつけることが大事/日本の政治は民意を反映していない/トリックスターはもう要らない/首相公選制論にひと言/日本の政治について思う、いくつかのこと

第3章新・地政学で解く世界紛争地図 水争いが呼ぶ戦争の世紀

情報戦争がすごいけれどその裏側
アポロ11号「月面着陸」は世紀のヤラセか/マスコミも手玉、ここまでやるアメリカの情報操作/世紀の偽書?プロトコルと、米「国土安保省」の相関/世界の目と耳、極秘衛星と宇宙基地「エシュロン」/「情報低国ニッポン」を建て直せ/そろそろ日本独自の情報機関を

「水」こそ最終サバイバル兵器だ
生命の源「真水がなくなる!」/旧約聖書の時代からあった「水争い」/蛇口をひねっても水が出ないネパール/黄砂で北京が干上がる/日本だって例外ではありえない

経済・エネルギー・情報戦争の次は「水戦争」だ
第二次朝鮮動乱は漢江の水掛け論争から始まる/カシミール紛争は実は水争いだった/ヒマラヤの水をめぐる米中最終戦争/パレスチナ問題はヨルダン川問題/水戦争これだけある紛争の火種

第4章「おかげ様イズム」は二一世紀の処方箋 国際平和への唯一のキーワード

地球大転換へカウントダウンが始まった
「地球滅亡へあと七分」終末時計とアルマゲドン/神は中東に石油を与え給うたが/すべての資源は人類全体のもの/「マネー・イズ・オール」で本当に幸せなのか/地に堕ちた正義 企業会計の厚化粧/アメリカ帰りが陥るワナ ハーバードビジネスって何

地球再生のカギは日本にあった!
「八百万の神々」信仰は自然の恵みから生まれた/森のこころは平和のこころ/「覇道」から「和道」へ、キーワードは「共生」「共存」と「協力」/「おかげ様」イズムは仏陀の慈悲に同じ「八正道」の神髄/みそぎと信頼の国ジャパン/日本式「武人の時代」へ、サーカー師の社会循環論/アインシュタインの「予言」と文明の交代八〇〇年周期説

愛する日本へ、ホンの少しの提言
「おかげ様」経営の源流は武士道にあった/労働者に優しいプラウト主義/成果主義よさらば/日本式経営への回帰が始まった/日本の誇る職人芸はどこへいったか/意外!?日産ゴーン社長の日本式経営/「KJ法」は「おかげ様」経営のモデル/家庭こそすべての教育の根源 大家族主義のすすめ/らしさの復活こそ、日本人の決め手/個人主義と甘やかし はき違えられた平等/究極の教育とは善悪の区別ができること/弱者への配慮と固有文化の保護/「おかげ様」イズムの国際関係論


 ぺマさんは幼少のころ、チベットを侵略した中国を倒すために「中国の水源であるチベットの川に毒を流してはどうか」と考えたという。この作戦は効果的であるものの、しかし川の魚は全滅し、多くの罪のない人が死んでしまうので、水源テロを実行しなかったという。ぺマさん地政学の資質をもって生まれて来たのだろう。まさに中共がチベットを征服して手放そうとしない目的のひとつが水源の確保である。

 ぺマさんのように、日本の素晴らしい文化、伝統、慣習、歴史、地理が好きになって日本国に帰化した外国人は、我々土着の日本国民よりも強烈な愛国心を持つ日本国民になってくれる。これは愛国心を涵養する教育の有り方を示唆している。

 日本の子供が「第3章新・地政学で解く世界紛争地図 水争いが呼ぶ戦争の世紀」を読み、河川が複数の国をまたがる地域では水資源をめぐる国際紛争が絶えないことを知り、日本国が水資源に恵まれた島国であることの素晴らしさと有難さを理解すれば、強烈な愛国者になります。
 自己犠牲の精神をもたない私利私欲を肥大化させた平和ボケの現代日本人といえども周辺諸国に対する警戒感を高め、売国奴の政治家とマスゴミ関係者に対する健全な怒りに包まれます。

 ペマ・ギャルポさんは悪の論理―地政学とは何かの著者である倉前盛通氏の弟子である。ここの「悪」とは「河内に楠木という悪党ありて」の悪である。

 ぺマさんは戦争を絶対悪として否定する反戦反軍の平和主義者ではない。日本の危機を乗り切るには自衛隊を使える国防軍に格上げすべきであること、自衛隊の問題は憲法の事案であり非常事態法を持たないのは法治国家として不自然であること、緊急交戦規定が必要であること、日本独自の情報機関とスパイ防止法を作らなければならないことを日本国民に訴えている。

 しかしペマさんの語り口はどこまでも穏健で、説得力に富む。それはひとえにぺマさんが「日本が私の故国であるチベットのようにはなってほしくない」という切実な願いを込めて文章を綴っているからだろう。

 またぺマさんは、アメリカが抱いている日本に対する潜在的な敵意を理解し、バブル崩壊以降の日本経済の低迷は、バブル期にアメリカを圧倒した日本国に対するアメリカの報復であることや、グローバルスタンダードとはアメリカスタンダードに過ぎないこと、アメリカ帰りの日本人経済学者は日本国の国富をアメリカ企業に貢ぐスパイに成り下がること等を指摘し、外資族を糾弾し小泉竹中構造改革を否定している。

 そして慰安婦問題に対しては日本の責任を完全否定する立場にあり、2007年7月13日に米大使館に手渡された日本文化チャンネル桜主導の慰安婦問題に関する米下院決議案の全面撤回を求める要望書にも賛同者として名を連ねた。

 ぺマさんは今の日本の総理大臣に必要な資質をすべて備えているばかりか、我々戦後生まれの日本人にはない経験を持っている。それは修羅場をくぐってきたということである。

 ぺマさんの家族は中共に殺害され、ぺマさん自身、銃撃を浴びながら何とか中共人民解放軍の追撃を振り切ってヒマラヤを越えインドに逃げ延びた。そのペマさんが日本に第二のチベットの将来を予感しているのだから事態は深刻である。

 チベットには日本の神道とよく似たボン教という民族宗教があり、チベット人は神仏混交の生活を送っていたという。しかし、

 「その一方で一般国民といえば、不正に対して団結して立ち上がるということはありませんでした。抵抗心のかけらもなかったのです。虫一匹殺せぬ信仰心と、ただ自分たちが祈っていれば安穏に暮らせるという一国平和主義のなか、まさに戦いを忘れた平和ボケ状態だったのです。

 チベットは井の中の蛙だったのです。

 イギリスと清朝の侵略を安易に受け入れる結果となりました。時の十三世ダライ・ラマ法王はそのたびにインドへ、モンゴルへと亡命を余儀なくされ、国民の団結と危機管理、そして軍備の近代化を訴えた法王の遺言でさえ、無視されてしまったのでした」

 中共に征服される前のチベットに似てきた日本国の危機を克服するために、ぺマさんには日本国の総理大臣になってもらいたい。所長は真剣にそれを希望する。

 もし日本国の総理大臣が経綸の才を持ち合わせているならば、外務大臣に博識の地政学戦略家であるペマ・ギャルポさんを起用すると、日本外交は面白くなろう。日本の国益に適うはずだが、福田自民党にそれを期待するのは馬鹿げている。

 ぺマさんは先の参院選では国民新党から出馬して落選したが、次の選挙では、どこの政党から出馬しようとも、我々有権者はぺマ・ギャルポさんを政界に送りこむべきである。

 日本の子供に愛国心を持たせ平和ボケした日本人を覚醒させる名著悪の戦争論です。


悪の戦争論を広めてくれる方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

フリー・チベット~チベタン・フリーダム・コンサート1996


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 少子化に歯止めをかけ日本政府による中国人移民の受け入れを阻止するための⇒不妊対策グッズの詳細・購入はこちら!あなたの彼女を美しくする無料のエッチなセクシャル情報マガジンプレゼント!実施中です。チベットと日本を救う者はあなた御自身です

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(3) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 数年前、チベットデモに参加しました。寒い日でした。デモの後、お疲れ様と言う事で、皆で居酒屋へ行きました。急にアルコールが入った為か、トイレに立った時、途中で倒れてしまって、意識が無くなった様です。
 通り掛かったペマさんが、介抱してくれた様です。とても優しい人でした。
Posted by 八目山人 at 2008年04月04日 23:26
八目山人さん、それは素晴らしい経験ですね。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年04月07日 19:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

再開五回目 格差はいやでも発生する
Excerpt:  今回も、本題の格差を問題視する馬鹿について述べる前に少々。  「ぼやきくっくり」さんのところで北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんのアニメの情報があった。  なのでそちらに拝見しにいった。 ↓↓「..
Weblog: ネトウヨの呟き ~気ままにつれづれ~
Tracked: 2008-04-05 13:54

「十年後の総理」一考
Excerpt: 「十年後」のジャーナリズムを問う 十年後の「総理」は誰か  このたび小誌では、現役記者・ジャーナリストに「十年後の政治リーダーは...
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2008-06-07 00:16

第4回 国思うアンケート
Excerpt: 国思うアンケート実施のお知らせ  みなさまには日々新たなご訪問をいただき有難うございます。 ------- 第4回 国思うアンケート(期...
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2008-06-07 11:25
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。