2008年03月28日

空気を読む沖縄集団自決訴訟の深見敏正裁判長

 沖縄集団自決訴訟で大阪地裁の深見敏正裁判長が28日、言い渡した判決は次の通り。

 「沖縄ノート」は座間味島と渡嘉敷島の元守備隊長を原告梅沢及び赤松大尉だと明示していないが、引用された文献、新聞報道などで同定は可能。書籍の記載は、2人が残忍な集団自決を命じた者だとしているから社会的評価を低下させる。

 座間味島と渡嘉敷島では集団自決に手りゅう弾が使われたが、多くの体験者が、日本軍の兵士から米軍に捕まりそうになった際の自決用に交付されたと語っていること、第1、第3戦隊の装備から手りゅう弾は極めて貴重な武器で、慶良間列島が沖縄本島などと連絡が遮断され、食糧や武器の補給が困難だったこと、沖縄で集団自決が発生したすべての場所に日本軍が駐屯していたことなどを踏まえると、集団自決に日本軍が深くかかわったと認められ、島で原告梅沢らを頂点とする上意下達の組織だったことから、集団自決に原告が関与したことは十分に推認できるが自決命令の伝達経路などが判然としないため、書籍に記載された通りの自決命令自体まで認定するのはためらいを禁じ得ない

 原告梅沢らが集団自決に関与したと推認でき、2005年度までの教科書検定の対応、集団自決に関する学説の状況、判示した諸文献の存在とそれらに対する信用性についての認定及び判断、家永三郎及び被告大江の取材状況などを踏まえると、原告梅沢らが書籍記載の内容の自決命令を発したことを真実だと断定できないとしても、その事実は合理的資料もしくは根拠があると評価できるから、書籍発行時に、家永三郎及び被告らが記述が真実と信じる理由があったと認めるのが相当。被告らによる原告梅沢及び赤松大尉への名誉棄損は成立せず、損害賠償や書籍の出版などの差し止め請求は理由がない。

 沖縄ノートは赤松大尉へのかなり強い表現が用いられているが、意見ないし論評の域を逸脱したとは認められない。



・マスゴミの作り出す空気に付和雷同しない人間を「KY」とマスゴミ自身が揶揄する最近の風潮に何ともやりきれない思いを抱いている方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 所長は歴史学徒として「またか」と溜息をつかざるを得ない。反日左翼的日本人の卑怯な歴史偽造運動が裁判官に感染している。

 慰安婦問題では、反日左翼的日本人は軍命令の慰安婦強制連行の実在を主張し声高に日本軍及び日本国を非難していたのに、強制連行が無かったことが明らかにされると、論点を強制連行の有無から軍の関与の有無にすり替え、軍の関与は当然あったことを根拠にして、日本政府に特亜への謝罪と賠償と隷従を要求する。

 そして沖縄集団自決訴訟では、裁判官が守備隊長の自決命令の実在を認めないのに、曖昧模糊とした軍人の関与があったことを指摘して原告の請求を棄却してしまう。

 裁判官自身が論点を守備隊長の自決命令の有無から集団自決への軍の関与の有無にすり替えたのである。

 軍の関与には、守備隊長が集団自決を望む住民を叱責したという善意の関与もあれば、守備隊長が住民に集団自決を唆したという悪意の関与もあり、守備隊長が知らないうちに戦闘用の手りゅう弾が住民の集団自決に流用されたという不本意の関与もあるのに、裁判官は関与の具体的内容を明らかにしないまま、ただ関与があったことを根拠にして、原告である元軍人の訴えを斥けたのである。

 「書籍発行時に、家永三郎及び被告らが記述が真実と信じる理由があったと認めるのが相当」であったとしても、真相の解明が進んだ現在は裁判長自身が「書籍に記載された通りの自決命令自体まで認定するのはためらいを禁じ得ない」ほどなのだから、せめて書籍の出版の差し止めを命じるぐらいのことはすべきだろうに。

 しかも判決理由には誤認と矛盾がある。「第1、第3戦隊の装備から手りゅう弾は極めて貴重な武器で、慶良間列島が沖縄本島などと連絡が遮断され、食糧や武器の補給が困難だった」のだから日本軍将兵が手りゅう弾を自決用に住民に交付するはずがなく、現地召集の防衛隊員が戦闘用の手りゅう弾を勝手に住民に交付し、恐怖に駆られた住民が手りゅう弾を使って自決を行ってしまい、死に切れなかった住民が守備隊長の叱責を受けたのである。

 だから守備隊長から自決を行った住民に至るまでの自決命令の伝達経路などが判然としないのである。

 沖縄県には戒厳令が布告されておらず、日本軍の貴重な戦闘用の武器である手りゅう弾が防衛隊員から自決を望む住民に流用されたのに、「島で原告梅沢らを頂点とする上意下達の組織だった」というこの裁判官は、反日左翼的日本人が醸成する空気に付和雷同している。

 司法、立法、行政、統帥の公権力を担う者が「反日左翼的日本人が醸成する空気に引きずられること」こそ、尾崎秀実ら昭和研究会と朝日新聞の共産主義者に国政を壟断された戦時中の我が国が、道を誤った根本原因だろうに…。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 本当に我が国が過去を反省するならば、児童生徒学生に「空気」の研究海上護衛戦を読ませて、空気に合理的な水を差し、理不尽な空気に付和雷同する者に怒りを沸騰させる人物を育てるべきだろうに、例えば大和特攻に激怒した大井篤参謀のごとき…。


・マスゴミの作り出す空気に付和雷同しない人間を「KY」とマスゴミ自身が揶揄する最近の風潮に何ともやりきれない思いを抱いている方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

・憲法第9条は陽動?諸悪の根源は占領憲法第76条 帝国憲法第14条解説 戒厳令の存在意義


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:28| Comment(4) | TrackBack(1) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空気を読む人たちが、あの悲惨な大戦に日本を引き釣り込んだのだと私も思います。

それにしても、今回の大阪地裁判決は、とんでもない悪判決だと思います。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2008年03月28日 22:06
引かれ者の小唄wwww
Posted by みみみ at 2008年03月28日 22:43
 屋根の上のミケさん、被告側がどんなに屁理屈を並べても、裁判長がどんなに珍妙な迷言を並べても、ついに軍の自決命令の存在は認められず、いずれも軍の関与に逃げています。高裁に期待しましょう。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年03月29日 21:46
世間での取り上げ方が地味ですが、大井篤こそ、日本海軍の至宝の一人です。
彼が将官であるなら、何人もの彼が日本海軍にいたらと思うと、残念過ぎます。
Posted by Suica割 at 2009年08月12日 19:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

縄戦の集団自決判決は度し難い悪判決だ!
Excerpt: <html> <font size="5">沖縄戦の集団自決判決は度し難い悪判決だ!</b></font> <font s..
Weblog: 屋根の上のミケ
Tracked: 2008-03-28 22:03
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法