2008年03月19日

萌える「みずほ」先生と萎える「みずほ」先生 近衛声明と占領憲法の類似性

 おねがい☆ティーチャー 風見みずほ税込みネット特価5,439円(定価6,800円から20%オフ!)で入手可能です。




 
 今も多くのファンが存在する「おねがいティーチャー」より説明不要の名ヒロイン「風見みずほ」が登場!

 プライベートの一時を切り取ったかのようなゆったりとしたポージングと、大人びた表情の中に見せるあどけなさが印象的。クリアパーツをベビードールの素材に採用し、清楚で可憐なテイストを更にアップ!彩色もアニメ版と異なり、モチーフ・イラストのカラーリングを忠実に再現。既存のみずほ先生フィギュアとは一線を画したまさに決定版といえる仕上がりとなっている! さらに萌える画像ほか詳細はこちらひらめき

おねがいティーチャー 風見みずほ ( 1/7 PVC塗装済み完成品 )
↑↑この風見みずほ先生にひきかえ、福島みずほ先生には本当に萎えます。福島みずほのどきどき日記と社民党のHPは依然としてチベット問題を無視しているのだから、福島社民党の中共に対する忠誠度には恐れ入ります。ミャンマー政府には抗議したくせに。

2007年9月28日

駐日ミャンマー連邦全権大使 フラ・ミン様

武力弾圧に関する申し入れ

 一昨日より、貴政府の治安部隊が市民に対して激しい弾圧を加えています。

 非暴力の僧侶をはじめとする多数の死傷者が出ており、500名以上が拘束されたとも言います。また昨日には、日本人ジャーナリスト長井健司さんが撃たれ死亡しました。 社民党は、平和的なデモに対し、貴政府が発砲を含む強圧的な弾圧をなされた事に対し、強く抗議をします。

  また、1990年に実施された選挙の結果にもかかわらず、NLD国民民主連盟のアウン・サン・スー・チー氏を拘禁し続けていることに関しても強く抗議します。今こそ、アウン・サン・スー・チー氏をはじめとする劣悪な状況におかれた良心的政治囚を速やかに釈放し、民主化に向けた国民的対話を開始すべきです。

 現在、日本はいわゆる先進国間ではミャンマーに対するODAの最大の援助国ですが、ODA大綱の4原則には、ODA実施に際し「民主化の促進、市場経済導入の努力ならびに基本的人権及び自由の保障状況に十分注意を払った上で、供出するとあります。現況は、明らかにこのODA大綱に合致しておらず、本来であれば、貴国への経済的支援措置は残念ながら中止せざるを得ない状況だと考えます。

 社民党は、貴国が市民の意思を尊重すること、また、強圧的な暴力を使わず、市民の平和的な表現の自由を保証すること、そして、国際連合や近隣諸国の声に耳を傾け、平和的かつ友好的な関係を築かれることを切に求めます。

以上

社民党党首  福島みずほ


 もし西村真悟ほかタカ派あるいは右翼といわれている政治家が次のような議会演説を行えば、福島みずほをはじめ社民党、共産党、朝日新聞社からあらゆる罵詈雑言を浴びるでしょうな、かつて齋藤隆夫が社会大衆党と朝日新聞社から非難されたように…

 「占領憲法の理想は高遠であります、併しながら斯の如き高遠なる理想が、過去現在及び将来国家競争の実際と一致するものであるか否やと云うことに付ては、退いて考えねばならぬのであります、苟も国家の運命を担うて立つ所の実際政治家たる者は唯徒に理想に囚わるることなく、国家競争の現実に即して国策を立つるにあらざれば国家の将来を誤ることがあるのであります、現実に即せざる所の国策は真の国策にあらずして一種の空想であります。

 先ず第一に東洋永遠の平和、世界永遠の平和是は望ましきことではありまするが、実際是が実現するものであるか否やと云うことに付てはお互に考えねばならぬことである、古来何れの時代に於きましても平和論や平和運動の止むことはない、宗教家は申すに及ばず、各国の政治家等も口を開けば世界の平和を唱える、又平和論の前には何人と雖も真正面からして反対は出来ないのであります、併しながら世界の平和などが実際えられるものであるか、是は中々難しいことであります、私共は断じて得られないと思って居る、十年や二十年の平和は得られるか知れませぬが、五十年百年の平和すら得られない。

 歴史家の記述する所に依りますると過去三十五世紀、三千四百幾十年の間に於て世界平和の時代は僅かに二百幾十年、残りの三千二百幾十年は戦争の時代であると言うて居る、斯の如く過去の歴史は戦争を以て覆われて居る、将来の歴史は平和を以て満さるべしと何人が断言することが出来るか、のみならず、御承知の通りに近世文明科学の発達に依りまして、空間的に世界の縮小したること実に驚くべきものである、之を千年前の世界に比較するまでもなく、百年前の世界に比較しましても実に別世界の感が起こらざるを得ないのである。

 此の縮小せられたる世界に於て数多の民族、数多の国家が対立して居る、其の上人口は増加する、生存競争は愈々激しくなって来る、民族と民族との間、国家と国家との間に競争が起こらざるを得ない、而して国家間の争いの最後のものが戦争でありまする以上は此の世界に於て国家が対立致して居りまする以上は戦争の絶ゆる時はない、平和運動が何時しか雲散霧消するのは是は已むを得ない次第であります。

 若し之を疑われるのでありますならば、最近百年間に於ける東洋の歴史を見ましょう、先程申上げました通りに、我国は曾つて支那と戦った、其の時に於ても東洋永遠の平和が唱えられたのである、次に露西亜と戦った、其時にも東洋永遠の平和が唱えられたのである、又平和の目的として戦後の条約も締結せられたのでありまするが平和は得られましたか、得られないのではないか、平和が得られないからして一九三七年の日支事変も起って来たのである。

 又眼を転じて欧羅巴の状況を見ようではありませぬか、又御承知の通りに九十幾年前に欧羅巴はあの通りの大戦争をやった五箇年の間国を挙げて戦った、戦争の結果はどうなったか、敗けた国は言うに及ばず、勝った国と雖も徹頭徹尾損得相償わない、其の苦き経験に顧みて、戦争などはやるものでない、凡そ世の中に於て戦争ほど馬鹿らしいものはない、それ故に未来永劫、此の地球上からして戦争を絶滅する、其の目的、その理想を以て国際連盟を作った、我が日本も五大強国の一として之に調印して居るのであります、平和は得られましたか、国際連盟の殿堂はどうなって居るか、民族の発展慾、国家の発展慾は、紙上の条約などを以て抑制することができるものでない、十年経ち二十年経つ間に於て又もや戦争熱が勃興して来る、欧羅巴の戦史は活きた教訓を吾々の前に示して居るのであります。

 或る者は言うて居る、第二次欧州大戦は「ベルサイユ」条約が因である、「ベルサイユ」条約に於て独逸に向って過酷なる所の条件を課したから、其の反動として、今回の戦争が起こったのである斯う言うて居る、一応理屈であるに相違ない、併しながら「ベルサイユ」条約がなかったならば、戦争は起らなかったと誰が断言することが出来るか、第一次欧州大戦の前に於きましては「ベルサイユ」条約はなかったのでありますけれども戦争は起ったのである。

 即ち人間の慾望には限りがない、民族の慾望にも限りがない、国家の慾望にも限りがない、屈したるものは伸びんとする、伸びたものは更に伸びんとする、茲に国家競争が激化するのであります、尚之を疑う者があるならば、更に遡って過去数千年の歴史を見ませう、世界の歴史は全く戦争の歴史である、現在世界の歴史から戦争を取除いたならば、残る何物があるか、そうして一たび戦争が起こりましたならば、最早問題は正邪曲直の争いではない、是非善悪の争いではない、徹頭徹尾力の争いであります、強弱の争いである、強者が弱者を征服する、是が戦争である、正義が不正義を膺懲する、是が戦争と云う意味ではない、先程申しました第一次欧州大戦に当りましても、随分正義争いが起こったのであります、独逸を中心とする所の同盟側、英吉利を中心とする所の連合側、何れも正義は我にありと叫んだのでありますが、戦争の結果はどうなったか、正義が勝って不正義が負けたのでありますか、そうではないでありましょう、正義や不正義は何処かへ飛んで行って詰まり同盟側の力が尽き果てたからして投げ出したに過ぎないのであります。

 今日の日朝の拉致問題、日韓の竹島問題、日中のガス田問題、あるいはチベット問題に当たりましても相変わらず正義論を闘わして居りますが、此の正義論の価値は知るべきのみであります、詰り力の伴わざる所の正義は弾なき大砲と同じことである、争の正義論は狼の前には三文の値打もない、欧州の現状は幾多の実例を吾々の前に示して居るのであります、斯の如き事態でありますから、国家競争は道理の競争ではない、正邪曲直の競争でもない、徹頭徹尾力の競争である世にそうでないと言う者があるならばそれは偽りであります、偽善であります、吾々は偽善を排斥する、飽くまでも偽善を排斥して、以て国家競争の真髄を掴まねばならぬ、国家競争の真髄は何であるか、曰く生存競争である、優勝劣敗である、適者生存である、適者即ち強者の生存であります、強者が興って弱者が亡びる、過去数千年の歴史はそれである、未来永遠の歴史も亦それでなくてはならないのであります。

 此の歴史上の事実を基礎として、吾々が国家競争に向うに当りましては、徹頭徹尾自国本位であらねばならぬ、自国の力を養成し自国の力を強化する、是より外に国家の向うべき途はないのであります。

 彼の欧米のキリスト教国、之を見ようではありませぬか、彼等は内にあっては十字架の前に頭を下げて居りますけれども、一度国際問題に直面致しますと、基督の慈善博愛は蹴散らされてしまって、弱肉強食の修羅道に向って猛進する、是が即ち人類の歴史であり、奪うことの出来ない現実であるのであります。

 此の現実を無視して唯徒に占領憲法に隠れて、国民的犠牲を閑却し、曰く国際正義、曰く道義外交、曰く共存共栄、曰く世界の平和、斯の如き雲を掴むような文字を並べ立てて、そうして千載一遇の機会を逸し、国家百年の大計を誤るようなことがありましたならば、現在の政治家は死しても其の罪を滅ぼすことは出来ない、私は此の考を以て占領憲法を静に検討して居るのであります。」

1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中
1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺開始
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘

 チベットの惨状は、まさに1940年2月2日の齋藤隆夫の演説中にある言葉「国家競争の真髄は何であるか、曰く生存競争である、優勝劣敗である、適者生存である、適者即ち強者の生存であります、強者が興って弱者が亡びる、過去数千年の歴史はそれである、未来永遠の歴史も亦それでなくてはならないのであります」が真理であることを教えている、残念ながら…。

 今日の日本の政治は、戦時中の日本の政治と180度違うように見えて本質的に同じである。
 
 我が国では、齋藤隆夫議員のように富国強兵の必要を訴える国家主義(国益至上主義)の政治家が嫌悪されて、近衛文麿のように中共の勢力拡大に奉仕する政治家が跳梁跋扈し政治の実権を掌握しているのだから。

・福島みずほに矯正教育を施しておねがい☆ティーチャー
おねがい☆ティーチャー MEMORIAL BOX


<関連記事>

・政治家を目指す日本人のバイブル回顧七十年

齋藤隆夫かく戦えり

・辻元清美と日教組を突き動かすもの一九二〇年八月六日コミンテルン第二回大会 資本主義世界とコミンテルン プロレタリア革命とコミンテルン 

・歴史教科書に齋藤隆夫の議会演説が掲載されれば、日本人は平和ボケから覚醒すると思う方は、今年の目標を達成したいブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌えるフィギュア鑑賞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法