2005年11月01日

鈴木宗男がんばれ

 宗男実名暴露、外務官僚“驚癖”赤ちゃんプレーに不倫 (夕刊フジ2005年11月1日18時0分)
 

 先の総選挙で国政復帰を果たした鈴木宗男衆院議員(57)が1日までに夕刊フジのインタビューに応じ、外務官僚の裏金問題や不倫、“性癖”など、驚くべき実態を実名告発した。

 --政府に説明を求める『質問主意書』を連発し、外務省の裏金問題を追及しているが?

 「外務省に良かれと思い、スキャンダルのもみ消しに手を貸したこともあったが、厳しく対処しておけば機密費問題みたいなことはなかった。情報を開示して透明性を確保すれば、外務省は(国民の)信頼を得る。外交は国民の声、世論を背にしてやるものだ。私の質問は外務省のためにもなっている」

 --在モスクワ日本大使館に『ルーブル委員会』という裏組織があると指摘しているが

 「旧ソ連時代の1989年ごろまで、大使館に存在した。大使館員が外交官の免税特権で安く車を買い、買値よりも高値で売却した。旧ソ連では中古でも高く売れていた。しかも、売却して得たルーブルをスウェーデンの通貨クローネに闇レートで両替していた」

 --具体的には?

 「大使館員が得たルーブルは、大使館ナンバー3の総括担当参事官が執務室内の金庫かカギのかかるキャビネットに保管。大使館員の必要に応じて売却し、ストックホルムの銀行にクローネ建てで振り込ませていた。このメカニズムをルーブル委員会と呼んでいた」

 --なぜクローネ

 「大使館員はクローネで給料をもらっていた。クーリエ(外交伝書使)でスウェーデンに行くので、クローネの方が都合が良かったのだろう。ルーブルをクローネに両替する手続き用に『館内トランスファー用紙』というA5版の特別な用紙も作り、使用していた」

 --違法行為では

 「闇レートでのルーブル売却は現地の法令違反になるため、同委員会について厳重な箝口(かんこう)令が敷かれていた。私はその存在を問いただしたが、政府の答弁書は『ルーブル委員会なる組織が在モスクワ日本大使館内において設けられていたことは確認されていない』と逃げていた。『ない』と否定すればウソをついたことになるから否定しなかった」

 --外務省幹部の名前も挙げている

 「関与したのは何人もいる。審議官、局長、課長の3人だけ名前を挙げたのは、今、北方領土交渉の直接の担当幹部だから。こうした事実をロシア側は知っている。ロシアに弱みを握られた人に、果たしていい外交ができるのか?」

 --外務官僚のだらしない素顔も指摘している

 「平成7年の秋、赤坂の料亭で来日したロシア人を接待したが、現在、対ロ外交を担う松田邦紀ロシア課長(当時、首席事務官)は酔っ払って芸者にしなだれかかり、『僕ちゃん、寂しいでちゅ』と幼児言葉になったり、仰向けで両足を掲げてオシメを替えてもらう赤ちゃんポーズを取ったことには驚いた。女性問題も抱えていたようで、米国へ異動したとき、不倫相手の女性職員も一緒だった。このようなケースはたくさんある。こんな人物が対ロ外交の最前線にいるという事実を、国民に分かってもらった方がいい」

《夕刊フジは松田氏に事実確認を求めたが、回答はなかった》

 --『ムネオバッシング』当時、省内から共産党にも情報リークされた

 「こうした人たちの中に流した人がいる。共産党関係者からも情報が入っている」

 --田中真紀子外相の更迭の際、小泉首相に協力して衆院議運委員長を辞めた。その後、小泉首相は掌を返し、鈴木さんは逮捕された

 「1つの歴史の節目だったのだろう。私の政策は公平配分だが、強い者は強い、弱い者は弱いと格差をつけたほうが良いというのが今の政権の発想で、鈴木宗男は抵抗勢力とされた。また、権力闘争の側面もあった。当時の官房長官が『鈴木宗男が逮捕されても、政権には影響ない』『捜査はがんがんやった方がいい』とか記者に言った。検察の耳に入れば検察も動きやすくなる。また、私がロシアと近くなることに嫌がる国もあり、そこによる情報戦もある。政治家の宿命だ」

 --小泉政権へのわだかまりは

 「わだかまりは一切ない。真実についてはいずれ歴史が証明するだろう」


 鈴木宗男氏の告発などは氷山の一角であり、巷間の噂どおり、中国、南北朝鮮、ロシア、アメリカなどに、無法な蓄財や下半身接待に代表される醜悪な弱みを握られた政治家、高級官僚、マスゴミ人などはゴマンといるだろう。

 政治家や官僚になる人がすべて聖人君主である必要はないけれども、日本の政治家、官僚そして一般国民が肝に銘じなければならないことは、外国の諜報機関は、鵜の目鷹の目をもって、鈴木氏が告発するがごときスキャンダルを探し、それらを悪用して日本の政治家と官僚を操り、日本の国富を奪っているということだ

 文科省に期待することは無駄だから、我々大人が、日本の将来を担う子供達に、横山光輝のマンガ三国志とスイス政府の民間防衛とを熟読させ、外国に弱みを握られず、逆に外国要人の弱みを握り外交に悪用するぐらいの機略ある政治家と狡猾な外交官僚を育てねばなるまい。日本民族にも優れた諜報謀略能力があることは、日本の戦国時代によって証明されているのだから…。

 
 上の文をを読んで「ナルホド」と感じた方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 

<現在の日本政府は頼りにならない。我々一般国民が南北朝鮮人から日本の女性と子供を守るしかない!>

 最近、少子化が問題化する中で、子供が狂人に殺される痛ましい事件が相次いでいます。警察の救済力が及ばない急迫不正の侵害から子供を守るためには、親と教師が武装するだけでなく、あるていど子供にも防犯装備を身に付けさせる必要があります。そこで子供に相応しい防犯装備を紹介します。

「うちの子は大丈夫」という親の油断が、子供を殺すのです。血の涙を後悔しても死んだ子供は、よみがえりません。

 もはや自公民社共の政治家は国民の悲痛な声を聞く耳を持っていませんもうやだ〜(悲しい顔)。 

百式のビームサーベルが人間の携帯用防犯装備として量産されていますわーい(嬉しい顔)



EXTENDED MS In Action 百式税込み837円(60%オフ!) がく〜(落胆した顔)

 ラフ&ロード/ ハードプロテクションエアメッシュジャケット は、転倒から身体の損傷を防ぐための救命胴衣としてまた軽度の防刃ジャケットとしてあなたを守ります。

▼装甲騎兵ボトムズ スコープドッグ&ラウンドムーバー 宇宙戦仕様




 これを身に着けるとキリコ・キュービーのようにあなたは子供を守る装甲騎兵になれますわーい(嬉しい顔)


<関連記事>

世界最悪の民族韓国人窃盗団と政教分離

日本の朝鮮化を防ぎ日本を発展させた聖帝は第45代聖武天皇

警職法第7条の改正こそテロ対策と国防国策である

文明と野蛮の観念に見る日韓の差異


▼躍動感あふれる素晴らしい14世紀の日本の騎馬武者「朝敵の反日マスコミを討つ!





現代の修身教科書発見!ドイツ哲学者が日本の弓聖「阿波研造」から日本の神秘日本の弓術を極めた不思議物語

▲この本はスゴイ名著みたい。アマゾンの評価は★★★★★「真性の奥義への道を言葉で表現した稀有な書」拙者は知らなかった…。

 石井勲先生が発見した「子供を天才にする方法」

 幼児は漢字で天才になる!家庭で実践しよう、石井勲先生が発明した超国語能力強化教育!

 注意警報ただいま恐怖の美少女フィギュア半額セール実施中!18禁フィギュアに萌えた…萌え尽きたよ…人は萌え過ぎて真っ白な灰塵になるわーい(嬉しい顔)
 
 子供に見せちゃダメ!丸秘!裏モノのDVD、PC、MP3、カメラがいっぱい!

 子供に食べさせてはいけない食料と飲料のカタログです。





ラベル:政治
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(3) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

サプライズな人々【新内閣】【宗男先生】
Excerpt: 第三次小泉内閣のメンバーが出揃った。 各大臣(読売新聞へのリンク) 副大臣・政務官(同上) サプライズ人事と報道されることの多い小泉首相の人事だが、 今回はマスコミ的に、あまりサプライズではなかっ..
Weblog: 時事珍宝(じじちんほう)
Tracked: 2005-11-03 20:11

xzfist leeds transvestite xzolder bizarre fucking
Excerpt: Hi
Weblog: sister and brother rape stories 01/12
Tracked: 2005-12-01 10:20

orthodox
Excerpt: Hi
Weblog: monoxide 20/12
Tracked: 2005-12-21 08:14
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法