2008年02月22日

ああっ中国様に貢ぎたい!サッカー東アジア選手権

 サッカー東アジア選手権における日本代表選手は、朝日新聞社が中国様に捧げる生贄(いけにえ)です。

 
岡田、悪質中国に激怒…東アジア選手権ってなんなんだ 東アジア選手権【重慶=久保武司】(ZAKZAK)

 何のための大会なのか-。

 サッカー東アジア選手権で中国に1-0で完勝した岡田ジャパンだが、中国からは90分間、ラフプレーの集中砲火を浴び、北朝鮮の主審は明らかに中国寄りの不可解な判定を連発。試合後はペットボトルが投げ込まれ、日の丸が焼き払われるという相変わらずの光景が繰り広げられた。

 ただでさえ日本は中国の毒入りギョーザで我慢の限界。中国や北朝鮮の低レベルに付き合わされるのは、もうこりごりだ。

 GK楢崎(名古屋)は試合後、左目の下に大きな絆創膏を張った姿が痛々しかった。「相手FWは避けようともせずに、あえて顔を蹴り込んできた」という。後半9分にはMF安田(G大阪)が1対1になった相手GKのスパイクの裏を見せての飛び蹴りを食らって担架で退場。40分にはFW田代(鹿島)がバックチャージを受けながら、北朝鮮の主審は「ノーファウル」。

 普段は冷静な岡田武史監督も『北の笛』に退席すれすれの猛抗議を繰り返し、「岡田さんが熱く燃えてくれたおかげで、ピッチの中は全員冷静だった」(楢崎)というほど。岡田監督も試合後は「私一人が興奮してしまった」とバツが悪そうではあったが、あれだけのひどい判定を受けながら、日本協会からは抗議や意見書も出ない。

 観客も最低だった。引きあげる日本選手にめがけてペットボトルの嵐。スタンドでは日の丸が燃やされ、日本代表を乗せたバスは群衆に囲まれて公安部隊とにらみ合いになった。

 大会組織委の中国人スタッフが「早くバスを出さないと大変なことになる」と全員の乗車を待たずに出発させようとし、「何やってんだ。止めろ!!」とチームスタッフが制止する一幕もあった。

 勝ったとはいえ、ケガ人続出で罵声を浴び、何一ついいことはない。おまけにこの大会のスポンサーは、ピッチの看板をみれば一目瞭然(りょうぜん)。

 すべて日本企業の支援で運営されている。中国や韓国代表のスポンサーは「広告代理店が競合会社なので、一銭も出してくれない」(日本協会関係者)という。盗人に追い銭とはこのことだろう。

 出場選手をみても日本は海外組はゼロで1軍半。韓国代表も「今回は2軍のメンバーしか連れてきていません」と協会幹部が明言するほどだ。優勝賞金50万ドル(約5500万円)に血眼になっているのは地元中国と、ほぼベストメンバーで招集された北朝鮮代表だけ、といっていい。

 東アジア選手権は今回が3回目。「東アジアのサッカー向上」を目的に2年に1度開催されるが、これだけの審判や観客のレベルの低さを目の当たりにすれば、その大義名分も疑わしく思えてくる。

 Jリーグ開幕、W杯アジア3次予選も控える大事な時期に、「代表に出してけが人で返されてはたまらない」と、各クラブから岡田ジャパンへのブーイングが噴出する可能性も出てきた。

 会場の雰囲気に気押されたか、右サイドで再三のピンチを招いた19歳の内田(鹿島)は、敵将ペトロビッチに22番が素晴らしかったと激賞されたDF中沢に試合後、「おまえよかったな。こんなブーイングの中でサッカーができて」と声を掛けられ、「うれしかった」と話した。

 貴重ではあるが、アウエーの経験だけが収穫ではリスクが大きすぎるのではないか。

 この調子でいけば、8月の北京五輪でも同じ騒動が繰り広げられることになる。日本も黙っている場合ではない。




 東アジア選手権は何のための大会なのか?

 危ない、危ない、我が国は可能な限り中国とは関わるべきではないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 答えは簡単である。朝日新聞社をはじめスポンサーの日本企業が日本代表の有望な若手選手を潰し、中国代表に賞金をプレゼントし、中国サッカーの発展に貢献するための大会、これが東アジア選手権の開催意義である。

 何とおぞましい日本企業の愛中魂と憎日心か!

 
 DF安田理大(20=G大阪)への飛び蹴り、バックチャージやカニばさみでのタックル、更にはMF鈴木啓太(26=浦和)への"ノド輪"など、20日の東アジア選手権、日本戦で中国イレブンが見せたラフプレーは明らかにサッカーの域を超えていた。日本協会が抗議する意向を示したのは当然だが、中国国内でも実況を担当した中国中央電視台のアナウンサーが「プレーが、技術が、意識があまりにも雑すぎる」と嘆くなど、中国代表に対する批判は国内からも噴出している。

 そんな中、中国のラフプレー問題が何と欧州のフランスにまで飛び火し、フランスサッカー関係者の間でも話題になっている。フランスサッカーに詳しい関係者は「中国が酷いラフプレーをしていることを知り、多くの関係者から『もう中国とは関わりたくない』といった声が出ている

 「フランス代表チームが中国と試合をすることは今後ないでしょう」と話し、フランス国内での中国に対する怒りが充満していることを指摘した。

 フランスがここまで中国のラフプレーに敏感になり、しかも嫌悪感をむき出しにしているのには訳がある。ドイツW杯直前の2006年6月7日、中国と親善試合を行った。その試合でエースFWジブリル・シセ(26=マルセイユ)が中国選手の悪質なタックルを受けて右足脛骨を骨折。

 フランス代表は本大会で得点力不足に陥り、決勝でイタリアに敗れてV逸。「シセがいたら優勝できた」という関係者の声もあったほどで中国に対する恨みは根深いものがある。

 ドイツW杯後に引退したフランスの英雄ジネディーヌ・ジダン氏(35)も露骨に「反中国」を口にする一人だ。レアル・マドリード時代の中国遠征で激しいブーイングを浴びたことに嫌気が差
し、引退後の2007年6月に四川省成都でのチャリティー試合出場を要請されたがこれを拒否。

 そればかりか、あの口数の少ないジダン氏が「中国人選手は乱暴で、一緒にプレーするのが怖い。中国ではもう二度と試合をしない」と嫌悪感をあらわにしている

 以前から中国代表のプレースタイルや選手、関係者の傍若無人な態度は、フランスだけでなく欧州でひんしゅくを買ってきた。

 UEFAの会長はフランス人のミッシェル・プラティニ氏(52)と
いうこともあり、その傾向は欧州の各国、各クラブ、更には世界に及ぶ可能性もある。今後も「カンフー」紛いのサッカーを続ければ中国は世界のサッカーから孤立することになる(東スポ瀬谷宏)。


 日本代表はフランス代表を見習うべきだ。敢えて北京オリンピック出場を辞退する方がいい。そうしないと大変なことになる。

 北京市、五輪食品安全を保障できる 食材・薬持参禁止(日中経済通信)

 北京市食品安全弁公室の唐雲華スポークスマンは21日の記者会見で、北京・夏の五輪期間中の食品の安全性について、「五輪大会に向けて構築してきた食品安全保障システムの導入によって、選手に提供する食品の安全を確保できる」と強調。

 また、五輪の際、米国代表チーム用の全ての食材・飲料水を中国の外から持ち込む計画があったとの報道について、「北京五輪大会用の食材の安全基準は国際基準より厳しいものとなっているばかりでなく、食材の種類では各国選手の食習慣の違いを配慮している。選手らの食安全需要に対し完全に満足でき、海外から食材の持参は認めない」と述べ、当計画を反対する見解を示した。

 唐スポークスマンによると、五輪の食品安全を確保するために、政府当局は食品安全性の監視と追跡のシステムを構築してきたという。

 食品安全性監視システムについては、生産基地から食卓まで生産(養殖)、加工、輸送、販売、調理など10分野において、原材料登録制度、企業自己検査制度、抜き取り検査制度、サンプル保存制度など監視測定を行い、ネット上に各日報が公表されることとなる。同システムの導入によって、30分以内で6万5000社の食品加工企業に不良品の回収指令を全て通達できるという。

 追跡システムについては、端末にバーコードを読み取るだけで、果実野菜や家禽及び肉製品など生産(養殖)、入荷、加工、輸送、販売など全てプロセスにおいて、原材料に関する状況を把握することができるという。

 記者会見に同席した北京五輪組織委員会競技サービス食品部の抗易チーフによると、コカ・コーラ、マクトナルドのIOCスポンサー2社と伊利乳業、青島ビールをはじめとする北京五輪のスポンサー10社、および国内の食品加工企業24社、計36社が北京五輪大会への食品サプライヤーとして指定された。

 物流では、合弁企業を含め、7社が五輪食品物流業者として選定された。ただ、五輪スポンサーを除き、関連企業の名前は公表できないとしている。

 食材の入荷について、五輪スポンサー12社、政府指定の生産加工企業、物流業者の自社ルートという順位から順次入荷となっており、いずれのルートから入荷した食材はすべて五輪食品安全基準を満たさなければならない。

 また、家禽肉製品食用と興奮剤の関連について、北京市食品安全監視測定中心の路勇主任は「2つの異なる概念だ。肉製品の食用による興奮剤検出される事例はいまだに聞いたことない」と述べて、五輪に提供する食材に興奮剤の成分が含まれる可能性を否定した。

 米ニューヨークタイムズ紙の9日(現地時間)の報道によると、米五輪委員会(USOC)は、米大手食品企業ケロッグやタイソンなどの支援を受けて、同国の代表チームに牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類11トン3000キロ(2万5000ポンド)を北京に空輸する計画があったという。

 記者会見に同席した北京五輪組織委員会競技サービス部の向兵萍副部長は、「国際五輪委員会の規則に基づいて、大会期間中、選手村に食材や薬の持ち込みは禁止となっている。

 選手服用中の薬については、所在国代表チームの医療スタッフが税関の指定申請書類を記入し、許可を得なければ持ち込みできない」と明らかにした。


 現在の中国共産党幹部に不満を持つ中国内の諸々の政治勢力には、北京オリンピックを狙い、食品テロなど何らかの行動を起す危険性がある。北京オリンピックが失敗すれば、中国共産党の面子は失墜し、一党独裁体制に大きな亀裂が生じるからだ。

選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! [別冊宝島1508] (別冊宝島 1508 ノンフィクション)

<関連記事>

・醜い中国共産党の行動様式を生み出した元凶は秦の始皇帝 国際法の支配を妨げる中華思想

 危ない、危ない、我が国は可能な限り中国とは関わるべきではないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

【寒い日が続いています暖を取り体調にお気を付け下さい】

・子供に与えてはいけない18禁エッチな食べ物カタログひらめきから

・心も体も下半身もポカポカ!女性用催淫剤として活用できるわーい(嬉しい顔)エッチなチョコ・コーヒーひらめき



↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方、

・もしくは国内外の恐ろしい毒菜から日本人の健康を守り、日本国の食糧自給率を上げる誰でも作れる新しい“ニッポン食” モチ+ワッフル=モッフル誕生!わーい(嬉しい顔)を広めてくれる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法