2008年02月22日

イージス艦の弱点と民主党の苦手

 イージス護衛艦「あたご」は神乃盾(イージス)級電子防空巡洋艦であり、防空能力に秀でた軍艦である。だから漁船の船長が「イージス艦は漁船よりレーダーの性能がいいので、きちんと見ていれば20~30分前には清徳丸を確認できたはず」と断定するのは拙速ではないだろうか。

素晴らしい武士道のこころを後世に伝えたい方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 
 イージス艦と衝突した清徳丸と事故当時に現場海域にいた幸運丸、金平丸、康栄丸の3船長らが21日、記者会見。事故30分前にイージス艦を確認した幸運丸の堀川宣明船長(51)は「イージス艦は漁船よりレーダーの性能がいいので、きちんと見ていれば20~30分前には清徳丸を確認できたはず」と、海自が衝突12分前に清徳丸の灯火を初めて確認したとの発表に反論した。

 イージス艦の乗組員が清徳丸の緑灯を見たと話していることについても、金平丸の市原義次船長(54)は当時の漁船の位置から考え、イージス艦から緑灯が見えるのは舵を左に切った「金平丸の可能性も否定できない」と話した(産経新聞)。

 深川幸運丸船長

 「イージス艦を確認したのは息子と舵を交代した午前3時半。衝突の恐れがあったので舵を右に切って回避した5分後、イージス艦が灯りを点滅させ、停船した」

--イージス艦は衝突12分前に清徳丸を確認したと言っている

 「自分はレーダーで3時半くらいにイージス艦を確認した。イージス艦のレーダーは漁船のレーダーより性能がいい。レーダーをきちんと見ていれば(清徳丸との衝突の)少なくとも20~30分前には確認できたはず」

--幸運丸がイージス艦を避けた後、仲間に無線連絡したか
 
「しなかった。今となっては後悔している」

中ノ谷義敬・康栄丸船長

 「イージス艦が康栄丸のレーダーに映ったのは午前3時57分。イージス艦の緑灯が見えたのでそのまま進み、イージス艦の後部を通ったのが4時9分。イージス艦をかわした後、イージス艦は作業灯をつけた。この間に両者は衝突したのではないか」


 
 今の漁船はFRPで出来ているから、レーダーには映りにくい。つまり、海の「ステルス」なのである。ある漁船船長が「『私のレーダーにイージス艦が映っているのだから、イージス艦のレーダーに我々の船影が映らないわけがない。見張りが不十分だ』と自衛隊側に落ち度があると指摘した」と記事にあるのがその例である。

 友人の船舶関係者から「漁船の清徳丸は船体が硝子繊維強化プラスチック(FRP)で造られています。これが、ステルス爆撃機並みにレーダーには映りません。20年ほど前に、余りにも本船のレーダーに映らないので、レーダーリフレクターを掲げるか、いっそのこと、船体を積層するポリエステル樹脂にレーダーを反射する素材でも混ぜたらどうだと考えたことがあります」とメールが入っていた(佐藤守のブログ日記)。
 

 海上衝突予防法

第7条 船舶は、他の船舶と衝突するおそれがあるかどうかを判断するため、その時の状況に適したすべての手段を用いなければならない。

2 レーダーを使用している船舶は、他の船舶と衝突するおそれがあることを早期に知るための長距離レーダーレンジによる走査、探知した物件のレーダープロッティングその他の系統的な観察等を行うことにより、当該レーダーを適切に用いなければならない。

3 船舶は、不十分なレーダー情報その他の不十分な情報に基づいて他の船舶と衝突するおそれがあるかどうかを判断してはならない。

4 船舶は、接近してくる他の船舶のコンパス方位に明確な変化が認められない場合は、これと衝突するおそれがあると判断しなければならず、また、接近してくる他の船舶のコンパス方位に明確な変化が認められる場合においても、大型船舶若しくはえい航作業に従事している船舶に接近し、又は近距離で他の船舶に接近するときは、これと衝突するおそれがあり得ることを考慮しなければならない。

5 船舶は、他の船舶と範突するおそれがあるかどうかを確かめることができない場合は、これと衝突するおそれがあると判断しなければならない。

(衝突を避けるための動作)第8条 船舶は、他の船舶との衝突を避けるための動作をとる場合は、できる限り、十分に余裕のある時期に、船舶の運用上の適切な慣行に従つてためらわずにその動作をとらなければならない。

2 船舶は、他の船舶との衝突を避けるための針路又は速力の変更を行う場合は、できる限り、その変更を他の船舶が容易に認めることができるように大幅に行わなければならない。

3 船舶は、広い水域において針路の変更を行う場合においては、それにより新たに他の船舶に著しく接近することとならず、かつ、それが適切な時期に大幅に行われる限り、針路のみの変更が他の船舶に著しく接近することを避けるための最も有効な動作となる場合があることを考慮しなければならない。

4 船舶は、他の船舶との衝突を避けるための動作をとる場合は、他の船舶との間に安全な距離を保つて通過することができるようにその動作をとらなければならない。この場合において、船舶は、その動作の効果を当該他の船舶が通過して十分に遠ざかるまで慎重に確かめなければならない。

5 船舶は、周囲の状況を判断するため、又は他の船舶との衝突を避けるために必要な場合は、速力を減じ、又は機関の運転を止め、若しくは機関を後進にかけることにより停止しなければならない。
 
第10条 この条の規定は、1972年の海上における衝突の予防のための国際規則に関する条約(以下「条約」という」に添付されている1972年の海上における衝突の予防のための国際規則(以下「国際規則」という。)第1条(d)の規定により国際海事機関が採択した分離通航方式について適用する。

7 航行中の船舶は、通航路において漁ろうに従事している船舶の進路を避けなければならない。ただし、この規定は、漁ろうに従事している船舶が通航路をこれに沿つて航行している他の船舶の通航を妨げることができることとするものではない。

8 長さ20メートル未満の動力船は、通航路をこれに沿つて航行している他の動力船の安全な通航を妨げてはならない。


 漁船群が衝突事故の30分前に「あたご」をレーダー探知していたなら、漁船の方が小回りが利くのだから、全長15メートル程度の清徳丸は「あたご」を回避できたはずだが…。

 今回の衝突事件は「あたご」と清徳丸ら漁船群の双方にミスがあったのかもしれない。

 ただ海上自衛隊の隊紀が著しく弛緩していることは間違いないから、自民党は、自衛隊員および公務員の綱紀粛正を図るために帝国陸海軍の軍事刑法に比べて異様に甘い自衛隊法全般の罰則規定と公務員法情報保全条項の罰則規定を徹底強化すべきであろう。

 「あたご」を捜査している海保と警察から周辺諸国に海自の軍事機密が漏洩したら、日本国の安全保障が脅かされてしまう。

 自治労に支援される民主党が公務員法の罰則規定の強化に反対したら、菅らがいう官僚支配政治の打破が嘘八百であることがばれてしまい、民主党は有権者の支持を失う。事件は自民党にとって災いを転じて福と為す好機だ。

 しかし、まぁ自民党は自衛隊および公務員の綱紀粛正など行わないだろう。もはや自民党首脳は自民党を利する政策すら採用できないほど判断力を喪失しているのだから。北朝鮮系の人権フォーラム21や部落解放同盟が推進している人権擁護法案は、自民党の政治家を監獄へブチ込むものでしかないのに、自民党幹部の中には人権擁護法案を可決させたがっているアホが少なからずいるだろう。



<関連記事>

不正役人天国だからスパイ天国になるのだ 公務員法の問題点

警職法第7条の改正こそテロ対策と国防国策である

危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖

ぜいたくは素敵だ!自民党に起死回生の策はあるか「煩悩即菩薩」

実戦能力ゼロ海上自衛隊の悲惨な実態を暴く「本当の潜水艦の戦い方」

【書籍の人気ランキングから】

「愛宕」奮戦記―旗艦乗組員の見たソロモン海戦
「愛宕」奮戦記―旗艦乗組員の見たソロモン海戦 (光人社NF文庫 (こN-560))

・乗組員の生存という奇跡を念願します

機密の漏洩という二次被害を防ぐために全面的に情報を公開できない海自の止むを得ざる事情につけこんで海自をひたすら罵るテレビマスゴミのコメンテーターに憤る方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法