2007年12月05日

水中戦用モビルアーマー母艦-新型潜水艦「そうりゅう」の軍事的意義

 21世紀の「蒼龍」は、天を翔けるのではなく、無人潜水艇(UUV)母艦として海に潜り日本国を守ります!

・ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 海上自衛隊の新型潜水艦「そうりゅう」(排水量2900トン)の進水式が5日、神戸市中央区の三菱重工業神戸造船所で行われた。従来の「おやしお型」(同2750トン)を上回る新型艦の1番艦で、平成21年3月に自衛隊に引き渡され、配備される予定。



 艦名は第二次世界大戦時の空母「蒼龍」に由来。全長84メートル、幅9.1メートルで魚雷発射管6門を装備。日本の潜水艦では初めて「スターリング機関」を搭載し、従来型より隠密行動がとれるという。
 式典では関係者ら約200人が見守るなか、吉川榮治・海上幕僚長が支鋼を切断すると、船台から黒い艦体が海面に向かってゆっくりと降りていった(産経新聞)。

 新型潜水艦「そうりゅう」の特徴は、第一に、AIPとしてスウェーデン製のスターリングエンジンを搭載し、低速ながら水中での持続力を数日から2週間以上に伸ばすことに成功したという。

▼手のひらの温もりで駆動するスターリングエンジン―その生い立ちと原理


 第二に、従来の鉛電池システムと比べ数倍の蓄電容量を持つリチウムイオン電池を採用し、巡航速度を改善し高速航行可能時間を増やしたという。

 それらの画期的な改善点に加えて中規模な改善として、水中運動性が高く舵損傷の危険の少ないX舵の採用や、非貫通型潜望鏡を初めて採用した他、射撃管制装置の新型化や吸音タイルの使用範囲が拡大した。超高張力鋼の使用範囲が更に拡大されており、全体的に、以前より深く速く静かに長く任務を遂行できる艦になったという。

 所長が思うに、従来型に比べて大型化している点は気に入らないが、おそらく「そうりゅう」は2013年以降に実戦配備される海自の水中戦用モビルアーマーの潜水母艦になるのだろう。

 無人の潜水艇・水上艇を開発へ…特殊部隊対策で防衛省(2007年5月14日3時4分 読売新聞)

 防衛省は、海中から侵入しようとする特殊部隊や艦艇への自爆テロによる攻撃を阻止するため、無人潜水艇(UUV)と無人水上艇(USV)の開発に向け技術研究に着手する。

 2008年度予算の概算要求に約26億円を計上する予定だ。研究期間は6年、研究経費は総額60億円規模となる見通しだ。

 防衛省の構想では、無人水上艇と無人潜水艇をネットワーク化し、武装工作船の追跡、機雷の捜索・除去、海底調査のほか、島しょ部侵略や港湾・沿岸でのゲリラや特殊部隊の侵入監視などに活用したい考えだ。無人化によって危険を回避し、より効果的な任務遂行が期待されている。

 研究対象は、水中通信技術や自立航走制御技術などで、13年度までに運用実証実験を終える予定。その後、海上自衛隊への配備を目指している。

 無人潜水艇に関しては、遠隔操作する機雷処分具「S―7」が海上自衛隊に配備されている。今回の研究では、能力を大きく向上させ、水中で自立航行し、各種センサーにより、目的の識別、判断、攻撃ができる「ロボット」的な能力を備えた開発を目指している。


 要するに海自はアメリカ海軍のミサイル戦略原潜を生み出した潜水空母伊-400特殊潜航艇を現代化して日本列島の周辺海域に十面埋伏の必殺陣を構築しようというのだろう。

 海自が保有する潜水艦数は16隻。稼働率は知らないが、任務遂行には予備が必要だから、海自潜水艦の実戦稼働数は5隻(+6隻)程度だろう。僅少に過ぎるのは明らかで、少なくとも48隻ぐらいは必要だろう。

 しかし保有数が多くなると艦種更新に時間と費用がかかるので、海自が潜水艦の保有数を絞る代わりにモデルチェンジを頻繁に繰り返し、最先端技術を磨いていくことは有意義だろう。

 本当の潜水艦の戦い方の著者中村秀樹氏によると、海自の潜水艦部隊は対空ミサイルを装備する潜水艦を欲しがっているそうだが、上層部に却下されているらしい。

 潜水艦の艦長が、自艦に隠密性が必要な時に対空ミサイルを使用するはずはなく、隠密性を必要としない時とそれを破られた時に、対潜哨戒機など敵軍の航空機に対する反撃もしくは奇襲手段として対空ミサイルを使うということだろうが、海自上層部には理解されないという。

 海に囲まれた我が国にとって、隠密性に優れた潜水艦は最も重要な兵種なのだから、防衛省には、最大水上速度35ノット最大水中速度25ノット、長魚雷と短魚雷のほかVLS(垂直発射装置)に対地対空対艦ミサイルを装備する万能潜水艦を開発してほしい。

 水上艦艇の究極のステルス化は潜水艦が水上艦艇の機能を持つことだわーい(嬉しい顔)と思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

十面埋伏の絶対防衛圏とトリウム原子力潜水艦の開発

警職法第7条の改正こそテロ対策と国防国策である

政戦両略の一致を忘れた亡国の民 警職法7条に続いて海上保安庁法25条を改正しよう

マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


 少子化に歯止めをかけ日本政府による中国人移民の受け入れを阻止するための⇒不妊対策グッズの詳細・購入はこちら

 あなたの彼女を美しくする無料のエッチなセクシャル情報マガジンプレゼント!実施中です。
ラベル:戦争
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>最大水上速度35ノット最大水中速度25ノット

浮上時は造波抵抗が有る為、現代の潜水艦の艦型では水中の方が速いです。
水上速度重視&水中速度軽視というコンセプトで建造すれば話は別ですが、今となっては最早時代錯誤でしょう。
Posted by LEAN at 2009年05月25日 01:31
 LEANさん、御助言ありがとうございます。そうですね、仰る通りです。

 この記事を書いていたとき、水上艦艇を不細工なステルス艦にするぐらいなら、潜水もできる水上艦にでもすればいいのになぁと思いながら書いていたもので、万能潜水艦とは水上艦艇が主で潜水艦が従という船のイメージを浮かべていました。
Posted by 森羅万象の歴史家をめざす所長 at 2009年05月25日 12:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法