2007年11月27日

不愉快!くさいアカの憲法学-欺瞞の憲法三原則

 渡部昇一先生が中国・韓国に二度と謝らないための近現代史―「敗戦利得者史観」を排す!のなかで簡明に日本国憲法無効論を述べています。

・考えれば考えるほど左翼似非リベラル護憲派の憲法学はくさいと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

まず現行憲法に「無効」を宣言せよ

 安倍内閣は「憲法改正」を打ち出しました。安倍さんは「五年以内に」と発言していましたが、日本が集団的自衛権を確立するためにも、また核武装を考えるうえでも、憲法改正は必要です。私は、改正へ向け果敢に進んで欲しいと思っております。

 ただし憲法改正には、忘れてはならないポイントがあります。それは、現行の憲法を改正するのでなく、あくまでも「明治憲法」を改正するのだということです。

 安倍さんも、「明治憲法を改正するのだ」と声明しなければいけません。そのためには現行憲法に本質的無効宣言をする。そして現行憲法のいいところは取り入れながら、明治憲法を改正する。そうでなければ筋が通りません。

 これについてはいくつかの理屈があります。第一は、現行憲法がつくられた時期、日本は占領下にあって「主権」がなかったことです。主権がないとき、どうして主権の発動たる憲法を制定できるのか。

 第二次世界大戦でナチスの占領を経験し、ヴィシー政府というナチスの傀儡政権を経験したフランスの一九四六年憲法には「国土の一部ないし全部が外国の軍隊に占領されているときの憲法改正は無効である」という規定がありました。これはまことに真っ当な発想ですから、現行の一九五八年憲法にも次のようなかたちで引き継がれています。

 《領土が侵されている場合、改正手続きに着手しまたはこれを追及することはできない。共和政体はこれを改正の対象とすることはできない》第八九条

 戦時国際法である「ハーグ陸戦規則」(一九一〇年発効)第四三条に次のような規定があります。

 占領地の法律を尊重せよという、当然の規定です。ましてその国の基本となるべき憲法を変えてしまうなど暴挙以外の何ものでもありません。それにもかかわらず占領軍は現行憲法を押しつけてきた。これが無効であることは、フランス憲法やハーグ憲法に則して明らかです。

 ところが、そう考えない人々がいる。たとえば現行憲法が公布された当時(昭和二十一年)、東大法学部教授であった宮沢俊義氏。この人は「八月革命説」という珍説を唱えました。

 「八月革命説」というのは簡単にいえば昭和二十年八月のポツダム宣言によって日本国の主権は革命的に天皇から国民に移り、新憲法は新たに主権者となった国民が制定したものであるからGHQの強制とはいえない、という学説です。

 宮沢氏は東大法学部を牛耳ってきた人ですから、各大学の法学部や法曹界には彼の弟子が大勢いる。そのため、いまでも八月革命説の流れが幅を利かせているのです。

 しかしそんな馬鹿な話はない。どう考えても主権がないときに押しつけられた憲法は無効に決まっています。ポツダム宣言を受諾したことによって日本の主権は革命的に国民に移行したというのは、公職追放令の恐怖に怯えていた宮沢氏の、苦し紛れの屁理屈にすぎません。(中略)

 日本に主権がなかったことのいちばんわかりやすい例は、東京裁判によって東条被告以下の死刑が執行されたということです。死刑のような司法行為が、日本の領土内で日本人に対して日本の法律に拠らず(所長註、さらに国際法にすら拠らずに)なされたということ。これは憲法の上に憲法以上の権力があったということです。逆にいえば、日本には主権など無かったということです。そんなときに占領軍から押しつけられた憲法を認めるわけにはいきません。

 それにもかかわらず、宮沢氏の「八月革命説」を後生大事に抱え込んで、「現行憲法」は有効だといっている憲法学者を私は軽侮します。

 では聞きたい。主権がなかった時期に発布された憲法を有効と認めるというなら、日本は外国人がつくった憲法でも「憲法」として認めるのか、と。

 もし今後、日本が中国に占領された場合、中国が押しつけてくる憲法も有効だというのか。そんなアホな話があるはずがありません(中国・韓国に二度と謝らないための近現代史―「敗戦利得者史観」を排す!169~186ページ)。


 渡部昇一先生は甘い!国際法学および憲法学上の「そんなアホな話」を心待ちにしている者どもが我が国の左翼似非リベラル護憲派勢力です。

 連合国安保理常任理事国のアメリカの軍隊(GHQ)が日本国を占領して国際法と帝国憲法を蹂躙しマッカーサー占領憲法を強制した結果として、それが日本国の最高法規として有効になるならば、アメリカと同じく連合国安保理常任理事国の共産中国の軍隊が日本国を占領し国際法と日本国憲法を蹂躙して、天皇制を廃止する人民革命憲法を強制した結果として、それは日本人民共和国の最高法規として有効になるでしょう。

 それを有効とするための前例をつくるために左翼似非リベラル護憲派勢力はポツダム宣言違反、1907年ハーグ陸戦法規違反、そして帝国憲法違反の日本国憲法の制定を有効であると一生懸命に強弁し続けるのです。

 左翼似非リベラル護憲派は、昔はソ連、今は中国の軍事力を借りて日本国を天皇制から解放することを目指しています。

 論より証拠。

 左翼似非リベラル護憲派の憲法論は、絶対に変更できない日本国憲法の基本原則(改正限界)を何故か主権在民、戦争放棄、基本的人権の尊重の3つに勝手に限定し、憲法の基本原則から国体法に相当するはずの日本国憲法第1~8条が定める「象徴天皇制」を既に外しているでしょう。彼らの護憲論はアカに塗れて腐臭を漂わせています。

 しかも滑稽な事に、彼らの護憲論によると、フランス暴力革命の思想であるルソーの主権在民を日本国憲法から廃除することは憲法の改正限界を超える革命となりますが、象徴天皇制を日本国憲法から排除することは改正限界を超えないので革命ではないということになります。

 革命原理の廃止が革命で(本当なら保守反動でしょうに)、君主制の廃止は革命ではないなんて(象徴天皇制を廃止して日本国を現存する世界最古の王朝から中国の自治共和国に転落させることこそ左翼似非リベラル護憲派の狙う革命だろうに)、渡部昇一先生の仰るとおり、屁理屈かそれ以下です。

 左翼似非リベラル護憲派の憲法学者は法匪ですらなく傍迷惑な放屁でしょうなぁ。

 憲法義解第37条解説いわく「法律は国家主権より出る軌範にして、而して必ず議会の協賛を経るを要するは之を立憲の大原則とす。故に議会の議を経ざる者は之を法律とすることを得ざるなり。」

 憲法典の制定と改変は国家主権の発動であり国家の独立単独行為であるから、日本国が国家主権を喪失していた1945年9月2日から1952年4月28日までの間に、日本国が国の最高法規たる憲法典の制定と改変を行えるはずはなく、日本国憲法とは対日懲罰条約の性格を色濃く帯びたGHQの占領管理法でしかない。

 考えれば考えるほど左翼似非リベラル護憲派の憲法学はくさいと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:43| Comment(1) | TrackBack(2) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

突然ですが貴サイト様のアクセス数及びランキング順位に御満足していますでしょうか?

○日産アクセス 10000とか
○ランキングベスト「1」とか

弊社は貴サイト様のSEO対策(PC版・携帯版)のお役に立ち、更にアクセス数UPの御手伝いが出来ると確信した上でご連絡申し上げましたアトムシステム販売と申します。

是非、弊社のサービスを御体験下さい。

≪アトムシステム販売 業務支援商品≫

●ランキングサイト上昇サービス

御希望のランキングサイトを自然に近い状態で、短期間に上昇させるシステムの確立が出来上がりました。

参考サイト(実績済)
 ★ヤフー
 ★ライブドア
 ★グーグル
 ★MSN
 ★人気ブログランキング
 ★FC2ブログランキング
 ★J-RANK(サイト・ブログ)
 ★人気サイトランキング
 ★ベストランキング
 ★Airランキング
 ★その他(ギャンブル・投資などなど)


@@ おためし キャンペーン@@
「7日間」 ¥19,800-


まずは、おためし下さい。驚きが実感出来るはずです。


その他、ネット上の広告宣伝(掲示板書込等)・コンサルティング・HP作成(SEO対策サイトの作成等)を行っております。

 どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

アトムシステム販売 担当:岩瀬
050-7505-5647
090-5323-0009
atomhanbai@yahoo.co.jp
Posted by 岩瀬 at 2007年11月28日 15:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

占領憲法は大日本帝国憲法75条違反で無効です!(1)
Excerpt: = 結論!帝国憲法から日本国憲法への改正は帝国憲法違反だから無効です! = == ◆帝國憲法75条◆ == == 憲法及皇室典範は攝政を置くの間之を變更することを得ず == これに関する伊藤博文..
Weblog: ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>
Tracked: 2007-11-27 23:41

占領憲法改正案に異常変局時改正禁止規定を盛り込める?
Excerpt: = 「日本国憲法」の改正案に、<国家の異常な変局時にはこの憲法を改正してはならない、しても無効である。>との条項を盛り込むことは可能ですか? = こんなことを提案すれば我が国の憲法学の崩壊になる? ..
Weblog: ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>
Tracked: 2007-11-27 23:42
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法