2005年09月14日

ブラックジャックを発見しました!!

 日本の経済と財政を治療してくれるブラックジャックのごとき名医は、国民新党に居ました。
 

 郵政民営化反対論者も、賛成論者も、ノンポリも、虚心坦懐に国民新党の公約を御一読ください。これほど見事な日本のための診断書と処方箋を、拙者は見たことがありません。

 執筆者は国民新党の頭脳である紺谷典子さんでしょう。公約の一部を紹介します。

 
 国民新党の公約の抜粋

 財政再建のために必要なのは、増税や緊縮財政ではありません。国民生活を再建するための景気対策です。増税ではなく、景気を回復させ国民の所得を増やすことで税収増を図るのが、財政改善の唯一最良の道です。そもそも国民生活の再建より財政再建を優先するのが間違っているのです

 財政赤字を解消するためには、赤字が巨額になった原因をまず明らかにせねばならない。その手続きを踏まずに、ひたすら財政支出を削減し、国民負担を増加してきたことが、逆に財政赤字を拡大する皮肉な結果を生んできた。財政支出の大幅削減をめざした小泉政権が過去最大の150兆円もの国債増発を余儀なくされ、一方、思い切った景気対策を行った小渕政権が財政改善を果たしたのはなぜか。

 公共事業や景気対策のせいで財政が悪化したというのは誤りである。公共事業は98年以降の6年間に4割削減されたにもかかわらず、財政赤字は激増している。90年以降370兆円の国債が増発されたが、そのうち景気対策に使われたのは60兆円足らずでしかない。巨額国債のほとんどが、実は税収不足を補うために発行されたのである。

 90年に60兆円を超えていた税収は、3分の2の40兆円近くにまで落ちこんでいる。うち10兆円は森政権までの11年間で、減税分も含めての減収だが、小泉政権は減税もせずにたった2年で10兆円の税収減を招いた。赤字企業が増え、国民の所得が減り、モノが売れなくなったので、法人税も所得税も消費税も激減したからである。
 
 昨年、税収が増加したのは、米国や中国の経済が好調で輸出が増加し、企業業績が改善した結果である。米中の経済好調は、もちろん日本の“改革”の成果ではない。この事実は、景気の改善が税収を増やすという証明であり、景気対策がいかに必要であるかを示すものである。
 
 不況を乗り越えようと民間が節約リストラの努力をすればするほど、経済は縮小し、税収も減少する。財政赤字を減らすために必要なのは、経済縮小に歯止めをかける財政支出なのである。不況の最中に財政再建を図り、緊縮財政や増税を行うことは、経済を縮小させ、さらに税収を減らすだけなのだ。国民が病んでいて、どうして財政だけ健全化できよう。財政資金は、国民生活を守るために国民自身が拠出した資金であることを忘れてはならない
 
 「小さな政府」を自己目的化するのはおかしい。小さな政府は、国民が必要とする政策を行わず、行政サービスを縮小する口実になっている。しかし、求めるべきは小さな政府ではない。「効率的な政府」なのである。



 国民生活の再建より財政再建を優先するのが間違っているのです…不況の最中に財政再建を図り、緊縮財政や増税を行うことは、経済を縮小させ、さらに税収を減らすだけなのだ…国民が病んでいて、どうして財政だけ健全化できよう…財政資金は、国民生活を守るために国民自身が拠出した資金であることを忘れてはならない…

 本当に素晴らしい、珠玉の名文ではないか!拙者はこれを一読した後、思わず目頭に熱いものを感じた。

 ニュースの研究所によれば、この国民新党の公約は9月4日に公表されたものの、総務省が公示後のウェブサイトの更新を公職選挙法に違反する行為と解釈している為に、国民新党は公約をウェブサイトに掲載することができず、またマスゴミはこれを報道しなかった。

 これほど悪質な情報操作が行われたのに、小泉内閣によって郵政民営化法案の是非を問う国民投票と位置づけられた衆院選挙の結果は、自公連立は3350万票、非連立は3456万だったのである。

 昨日の拙者は、自民党の大勝利に狼狽して正気を失っており、大衆世論を馬鹿にしすぎていたようだ。多くの国民は、小泉竹中の構造改革のインチキに気づいている。 

 国民新党の公約が広く有権者に知られていたならば、小泉郵政民営化法案反対派の総得票数は、賛成派のそれをもっと大きく上回っただろうに。

 しかし今からでも決して遅くない。愚劣極まりない大増税の実施を隠そうとしなくなった小泉一派に乗っ取られサヨク化した自民党に鉄槌を下し、小泉竹中に靡いた自民党議員を正気に戻すためにも、特に今回の衆院選で岡田民主党を嫌悪する余り自民党に投票した保守派の人々には、紺谷国民新党の公約をじっくり読んでいただきたい。

 安倍氏が顧問を務め、竹島切手発行などに取り組んできた議連「国家基本政策協議会」会長の森岡正宏氏も郵政法案に反対し落選した事態を前に、「自民党は保守政党ではなくなっていくんじゃないか」(閣僚経験者)との観測も出ているのだから


 上の文をを読んで「ナルホド」と感じた方は、人気ブログのランキング ranQ(ランキュー)をクリック揺れるハート
  

【頭脳啓発は身近なところから照明術が頭をよくします


 筑紫哲也のような醜い老人になりたくない人は、入浴剤として利用できる万能健康茶若ボケを防止する薩摩の元気茶を飲み元気湯に浸かり元気を出していきましょう!


【戦後民主主義狂育の洗脳から日本人を覚醒させる書】


2万円の投資で数十万円以上の資金を確実にゲットする方法があります。原油価格が高騰する中、楽して書籍購入費をゲットしたい人におススメ!


 マルクス史観に汚染された高校歴史教科書を信用する者は、実証史学を採用する公務員試験には合格しない!戦後日本マルクス占領憲法解釈学からの覚醒

占領憲法無効論とは帝国憲法及占領憲法有効論

再録 なぜマルクス・レーニン主義は地獄の門を開くのか

男女平等バカ年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話
「ジェンダーフリー」はモテない女のヒガミである! 過激性教育、DV&セクハラ冤罪、男女共同参画センターと同和利権、少子化対策のウソなど、家庭・学校・会社・自治体・中央官庁に蠢く恐ろしいジェンダーフリー運動をマスゴミに代わり告発する。


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

▲これを読むと、われわれ日本人が毎日見聞している、朝日新聞ら日本の反日左翼勢力の反戦平和主義運動が、反日諜報謀略活動そのものであることが簡単にわかりますわーい(嬉しい顔)


世界がさばく東京裁判

▲外国人識者による東京裁判の批判の決定版。これを読むと、毎年マスゴミが虚偽報道を繰り返し視聴者を騙していることがわかり、戦慄する…。


憲法義解

▲わずかでも憲法に興味を持つ日本国民は、すべからく帝国憲法義解を熟読すべし。さすれば、日本国体(国柄)の深遠と、歴史の中から国体を把握しこれを成文化する正統憲法学の真髄に触れることができ、さらに法と自由の相互関係について理解を深めることができよう。国体の把握が占領憲法改正議論に参加する最低条件と知るべし。 

憲法無効論とは何か


古代天皇はなぜ殺されたのか

▲古代日本には一年二歳という慣習があり、神武肇国は西暦181年であることを究明した。これを読むと古事記日本書紀への眼差しが一変するわーい(嬉しい顔)


正統憲法復元改正への道標

▲法曹関係者の間では有名な東大憲法学の芦部信喜、小林直樹両教授は、昭和三十八年に、帝国憲法擁護派の小森義峯教授によって彼等の憲法論の誤謬を厳しく指摘され公開論争を挑まれたが、一言半句の反論もできず、沈黙を余儀なくされたことを付言しておきます。
 
 宮沢俊義によって捏造され、樋口陽一に継承されている東大法学部マルクス憲法学は、すでに論破され大敗北を喫した真赤なウソ学問なのであるちっ(怒った顔)

歪められた日本神話

 大東亜戦争を惹き起こした思想は国家神道ではない!目覚めよ日本人「現人神」「国家神道」という幻想―近代日本を歪めた俗説を糺す。

私の中の日本軍



我々日本国民は断じて我が日本をアメリカの植民地にはしない!

国富消尽

売られ続ける日本、買い漁るアメリカ

増税が日本を破壊する


<関連記事>

 石井勲先生が発見した「子供を天才にする方法」

 幼児は漢字で天才になる!家庭で実践しよう、石井勲先生が発明した超国語能力強化教育!

 注意警報!ただいま恐怖の美少女フィギュア半額セール実施中!18禁フィギュアに萌えた…萌え尽きたよ…人は萌え過ぎて真っ白な灰塵になるわーい(嬉しい顔)


ラベル:政治
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法