2007年11月19日

捕虜の運命 ユーゴ償いの行進とバターン生の行進 連合軍は捕虜に死の行進を行わせた

 札幌市民による「無防備平和条例」の直接請求運動で、市選挙管理委員会は16日、市民の署名を4万1619人と確定。市議会への条例提案に必要な法定数を1万427人上回り、直接請求が成立した。

 運動主体の「無防備地域宣言をめざす札幌市民の会」は19日に市選管から署名簿を返され、22日に上田文雄市長に条例制定の請求書や条例案などを提出する。

 請求代表者の森啓・北海学園大教授(自治体学)は「市民から権限を負託された市長と市議は重く受け止めてくれるだろう」と話した。

 無防備平和条例という名称自体が善良な札幌市民を欺く最悪のデマである。無防備都市宣言は、戦時中に軍隊の指揮権を持つ味方国の戦争指導者が味方国の或る都市を敵軍に無血占領させるためのものであるから、無防備都市の住民は戦争にもろに巻き込まれるのである。

 外国とくに日本周辺の諸国は残酷で狡猾である。彼らは平然と他国の人間を虐殺し、それを隠蔽するためにデマを撒き、被害国に濡れ衣を着せる。

 しかし我が国では、以下のような事実がほとんど報道されず、また教育されないから、日本の軍事力の配備を否定しながら他国の軍事力の支配(占領)を甘受する無防備宣言都市運動なる左翼勢力の反日運動が無知な大衆の支持を得てしまうのである。

・反日教育は反日的日本人を拡大再生産し日本国を滅ぼすと思う方はブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 
 西ドイツ政府捕虜委員会はドイツ人捕虜の物品強奪に関して、ハーグ陸戦規則を引用している。陸戦規則第四条にこうある、「捕虜個人の物品は、引き続き捕虜のものとする。但し例外は武器馬、軍事文書とする。」

 だが大勢いる兵士に対して、勝者チトーは別に特別処置を考案していた、敵ドイツに対するパルチザンの勝利を全国民に宣伝しようとしていたのである。降伏後数日にして既にユーゴスラビアのほこりっぽい道を長い長い惨めな列が続いた。何万という捕虜が軍服を奪われ将校は大抵パンツだけで裸のまま田舎道を苦しみながら歩いた。丈夫な者も病人も、無傷の者も負傷者の者も、村や町の中を駆り立てられ、歩いた。

 監視兵は疲労困憊の人間を長い棒で殴っては前進させ遅れる者は射殺された。こうして二〇〇キロ以上行進した例もいくつかあるし、中には八〇〇キロを超えた場合もあった。

 「道端には、てぐすね引いて待ち構えている十代の若者やパルチザンがいました。武器を持った一人ないし二人が駆け寄って、あちこちのドイツ兵を捕まえ、略奪するのです。時計、指輪、眼鏡、靴、軍服、背嚢。一隊に腐臭が付きまとっていました。」

 監視兵は捕虜に水を与えなかった。列を離れて水を乞うドイツ兵は射殺された。捕虜の中に大勢の女性がいた、国防軍補助員や赤十字の看護婦が捕虜同様に歩かされ、兵士や女性補助員が噴水から水を汲んでこようとするとドナウ川に放り込まれ、監視兵によって休憩中女性は強姦された。

 倒れようとした者は医師や衛星兵、兵士も大勢が射殺され、死の恐怖から解放され、四日ごと四〇名につき僅かパン一個しか与えず、脱落者を射殺。
 
 償いの行進の中には、クルシュコからナーツシェまで九〇〇キロを超した例もあった。行進期間は十二日間。略奪に遭い、飢えに苦しむ捕虜の日課は、一日に八十キロ以上の歩行で十四時間日出から日没までだった。

 西ドイツ政府捕虜史委員会の判断では、ユーゴスラビアは国際法に対する重大な侵害を犯した。

 「償いの行進で新たな犠牲者がうまれた。捕虜管理国ユーゴスラビアは、行進させた理由をジュネーブ条約第七条に求める事はできない。第七条とは『捕虜とは捕らえてから出来るだけ短期間に、危険を避ける意味で、戦場から十分離れた集合場所に連れて行く事。』危険などもうなかった。戦争は終わっていた。また連日の行進は同じ第七条の次の規約とも相容れない。

 『徒歩行進は一日につき、原則として二十キロを超えないものとする。但し水ないし食料調達の必要で急ぐ場合は例外とする。』

 何人かの元行進参加者の報告は、水ないしは食料調達の場所にたどり着けなかったばかりか、逆にたどり着かせようとしなかった、とする点で一致を見ている。従って調達必要で急ぐ場合は国際法上許される、とする主張は成り立たない。ある捕虜が言っているような、捕虜は『作業投入』のために内陸に連れられた行ったとする論は、それ自体まったく正しいが、こういう行進の言い訳にはならない。

 償いの行進という言葉からして、捕虜管理国ユーゴスラビアは宣伝効果を狙っていたと推測出来よう。それはちょうどソ連で一九四四年夏、中央軍集団敗北後、モスクワとキエフで捕虜がさせられた有名な行進と事情は同じである。」

捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 「力は正義より強し、ユーゴ償いの行進」


 アメリカは、フィリピン・バターン半島において日本軍が約七万六千人の米比軍の捕虜と一緒に二本足と汽車を使い約百二十キロを移動したことを、組織的に計画された「バターン死の行進」と非難し、これをナチスの捕虜虐殺に匹敵する残虐行為と宣伝し、今日に至る。  

 しかし日本軍がバターン封鎖作戦を継続していれば、米比軍七万六千人は間違いなく全滅しており、日本軍は、十分な物資を持っていなかったにもかかわらず、敵軍将兵の投降を拒絶する緊急避難権を行使することなく彼らを捕虜にして、飢餓とマラリアに苦しむ捕虜を基地に収容し、捕虜のうち五万四千人を無事に戦場から離脱させた。

 脱落した捕虜のうちアメリカ軍将兵の死者は二千三百人であるという。これは遺憾なことかもしれないが、彼らは戦病死者であって、日本軍は一九二九年ジュネーブ条約を無視して捕虜を虐殺するために百二十キロを移動したのではない。

 むしろバターンの行進の実態は生の行進であり、捕虜に死の行進を行わせた者は、実は連合軍であった。

 だから本間裁判はマッカーサーの復讐裁判として悪名高いのである。

 ライシャワーいわく、「アメリカが敗戦国日本に対して戦犯裁判を行ってから、早くも一世代が過ぎた。それらの裁判について、勝者の正義がまかり通ったといわれることがあるが、とくに山下奉文および本間雅晴両将軍に対する裁きに関して、この言葉がよく当てはまる。

 軍事法廷で裁かれた山下および本間と並んで、本書ではマッカーサー将軍も裁かれている二人の日本人将軍が、いずれも率直で、正直で、高貴でさえあったことが明らかにされている。そしてマッカーサーについては、その二重人格の陰の部分が浮き彫りにされ、彼がいかに狭量で、もったいぶった、そして復讐心にとらわれた人間であったかが示されている。

 本書ではまた、アメリカの正義も裁かれているのである。そして最終的に敗れ去ったのは、アメリカの正義だったことを証明している。軍事法廷はかく裁いた。だが歴史は、それとは異なる裁きを下すだろうことは明らかである。」(将軍の裁判マッカーサーの復讐裁判)

 東京裁判をはじめ連合軍の対日軍事裁判はどれもこれも酷い…。

<関連記事>

・トリビアの泉 無防備地域宣言という法理

 連合軍のバタビア臨時軍事法廷が裁いたスマラン事件を考える上で参考になる将軍はなぜ殺されたか―豪州戦犯裁判・西村琢磨中将の悲劇
将軍はなぜ殺されたか―豪州戦犯裁判・西村琢磨中将の悲劇

・反日教育は反日的日本人を拡大再生産し日本国を滅ぼすと思う方はブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。少子化に歯止めをかけ日本政府による中国人移民の受け入れを阻止するための⇒不妊対策グッズの詳細・購入はこちら

 あなたの彼女を美しくする無料のエッチなセクシャル情報マガジンプレゼント!実施中です。チベットと日本を救う者はあなた御自身です 
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろんな右翼団体のサイトの掲示板にここのサイトのアドレス書き込まれてますよ。「お前ら俺のサイトで勉強しろ」って書き込んでありますよ。僕が確認しただけで4つの団体の掲示板にかいてあります
Posted by 11 at 2007年11月21日 13:36
 11さん、お知らせ有難うございます。この前右翼関係者になりすまして私の個人情報の開示を要求した奴が、嫌がらせで書いているのかな。

 困ったことですが、防止方法がありませんので、ちょっと記事を上げておきます。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年11月21日 19:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法