2005年08月29日

南京攻防戦「百人斬り報道」の真実が語る毎日新聞及びテレビ・マスゴミの醜悪

 毎日新聞社は、平成元年に発行した昭和史年鑑『昭和史全記録』の中で、「百人斬りは事実無根だった」と記述し、自社の戦時報道の信憑性を否定している。



昭和史全記録P178毎日新聞社1989年3月5日発行


 「この記事は当時、前線勇士の武勇伝として華々しく報道され、戦後は南京大虐殺を象徴するものとして非難された。ところがこの記事の百人斬りは事実無根だった。向井少尉はこのとき手足に重傷を負っていた。
 当日、記者に会ったのは南京の手前で、冗談に『花嫁を世話してくれ』と言うと『天晴れ勇士として報道されれば花嫁候補はいくらでも集まる』とこの記事になったという。」


 ところが平成2月23日、東京地裁で開かれた口頭弁論では、被告側は終始押され気味で、毎日新聞社は真実を報道し続けたとの主張を繰り返し述べた。
 しかし原告側代理人の稲田朋美弁護士が、証拠として提出した『昭和史全記録』(毎日新聞社刊)に事実無根だったとの記載がある、と指摘した。それでも毎日側代理人は、新聞記事は真実であると答えた。
 更に『昭和史全記録』は、「執筆者の個人的見解で出版社毎日新聞社の見解ではない」と言い訳して傍聴人から失笑を買った。

  常識のある人間が毎日新聞社の稚拙な主張を聞けば、誰しも呆れて嘲笑するだろうよ。

 もし法廷における毎日新聞社の主張が正しければ、昭和史全記録P178の記述は真赤な虚偽であり、毎日新聞社は虚偽の歴史書を平然と公刊する「歴史に対する犯罪社」になるのだから。

 何という愚かなことよ。

 毎日新聞社は、昭和12年の荒唐無稽なウソをごまかそうとして平成16年にまたぞろ醜悪なウソをつき、訴訟に勝っても負けても、最悪のウソツキ新聞社と非難される道を選んでしまい、後世に汚名と恥辱を残したのだ。だから毎日新聞社系テレビの毎日放送もTBSも、国民の非難を恐れて、百人斬り訴訟の法廷模様を全く報道せず、朝日・毎日の報道犯罪によって塗炭の苦しみを味合わされている野田・向井両少尉の御遺族に同情することもない。

 戦後民主主義を裁く百人斬り訴訟を報道しないテレビ・マスゴミも、朝日・毎日新聞と同じく醜悪な「歴史に対する犯罪社」である。

 そのくせ毎日放送は以下の告発番組を継続して社会正義の守護者を気取っているのだから、呆れ果てて言葉を発する気力を失うわ。

 毎日放送ボイスの告発シリーズ「憤懣本舗」

 「頭に来ていることはありますか?その怒りは、社会問題とつながっているかもしれません。月曜日放送「憤懣本舗」は様々な怒りにお応えし、反響をいただいています。入学しないのに入学金を支払わされる慣習に怒りを込めた『私立大学の入学金・授業料返還問題』は、政府や大学をも動かす社会現象になりました。あなたの『憤懣』を、送ってください!
 → voice@mbs.jp または06-6359-3622(FAX)」

 
 憤懣に我々が告発書を送っても、マスゴミの報道犯罪の実態や日本軍将兵の名誉と尊厳を回復させる真実は絶対に取り上げないくせに、よく言うよ。
 
 日本を蝕む深刻な社会問題の最たるものが、マスゴミの報道犯罪である。日本国民が為すべきことは唯一つ、徹底的な不買運動を実施し、朝日新聞と創価学会の下請機関である毎日新聞を倒産させることであろう。

 上の文章を読んで「ナルホド」と感じた方は、人気blogランキングをクリックして下さい。


弥勒菩薩半跏思惟像(木目調、茶色)特別仕様の御言葉】

弥勒菩薩半跏思惟像(木目調、茶色)特別仕様

 「家庭で命を育てましょう」

 もし人間に存在意義があるとすれば、それは、動植物の命を育み、この地球を生命あふれる奇跡の星、無限の宇宙における奇跡として永遠に守ることでしょう。そのようにして初めて人間は自然から動植物の命を恵んでいただくことができるのでしょう。

 日本人は、ほんらい自然とともに共生し、自然を大切にする民族です。

 すでに、ガソリン価格の急騰に悩む多くの日本人が、愛車を燃料電池車なみの低燃費車に変貌させる魔法のサービスを利用して、資源を節約し、大気を清め、年間数十万円程度の利益を得られております。

 クリスマスシナとコリアに汚染されている自然環境を清浄化するために御協力ください





電磁波吸収サボテン「セレウス ペルヴィアヌス モンストローサ」(朝日らブサヨクが飛ばす毒電波を浴びている人に必要不可欠わーい(嬉しい顔)

簡単缶詰栽培セット(ドラえもんのアイテムみたい販売店ブルーミングいま大感謝!プレゼントも開催中♪


【日本国民を賢くする本】


 石原によれば、日本の敗戦は、狭小なる国土に圧縮された日本に、「民族の総力を傾注して内容一変せる新国土を建設し、土地資源の侵略を必要としない国家を実現し、世界に先駆けて、戦争を必要とせざる文化を創造する」という聖業を課す「神意」であり、石原莞爾は、

 「かかる新日本の建設のみが、よく日本当面の諸問題を解決するのみならず、人類文化の最大転換期に際し、最も輝かしき貢献を為す所以である。」

と述べ、都市解体、農工一体、そして「自然を征服し人類を衰亡へ導く近代の文化生活を改め、大自然に抱かれつつ最高の科学文明を駆使して自然と人為を完全に調和し、真に人類の生命を永遠ならしめる」簡素生活を三本柱とする日本再建策を著した。

 敗戦後に石原が提唱した日本再建策石原莞爾戦後著作集「人類後史への出発」は、現代日本の抱える諸問題の処方箋となり得る、また人類次世代文明の模範となり得る、先見の明に満ち溢れた日本文明論であり、戦後半世紀以上の歳月を経ても色褪せるどころか、暗中の模索を繰り返す二十一世紀の日本の国民に救いの手を差し伸べるかのように、増々美しく慈悲深く光り輝き、我が国の進むべき路を照らし示してくれている。

 石原をして戦争の天才たらしめた彼の偉大な軍事的才能は、我が国の敗戦によって戦争から解き放たれ、神武天皇が橿原奠都に当たり勅せられた「上は則ち乾霊の国を授けたまう徳に答え、下は則ち皇孫の正を養いたまうの心を弘めむ。然して後に六合を兼ねて以て都を開き八紘を掩いて宇と為むこと亦可ならずや」という我が国肇国の理想たる八紘一宇―道義に基づく世界一家恒久平和―を実現する新文明の創造に傾注されて、敗残日本を照らす希望の燈明となった(国民必読の書、大東亜戦争の電子書籍 「戦争の天才と謀略の天才の戦い」国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56)より。


 我々日本国民は断じて我が日本をアメリカの植民地にはしない!


増税が日本を破壊する

国富消尽

売られ続ける日本、買い漁るアメリカ


【緊急要請】


 女性女系天皇に反対の声を上げてください。これが認められると、日本は日本でなくなります。政府と政治家に準皇族である旧宮家の皇籍復帰を要請しよう。

 旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック揺れるハート

BLOOD+ 音無小夜税込みネット特価3,774円(25%オフ!)



「朝敵を斬る!!」

バカバカしい舛添要一の女性女系天皇容認論

皇室典範改正問題まとめサイト


【戦後民主主義狂育の洗脳から日本人を覚醒させる書】

2万円の投資で数十万円以上の資金を確実にゲットする方法があります。原油価格が高騰する中、貧乏人の拙者は大いに助かっていますわーい(嬉しい顔)。楽して書籍購入費をゲットしたい人におススメ!


 マルクス史観に汚染された高校歴史教科書を信用する者は、実証史学を採用する公務員試験には合格しない!戦後日本マルクス占領憲法解釈学からの覚醒

占領憲法無効論とは帝国憲法及占領憲法有効論


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

▲これを読むと、われわれ日本人が毎日見聞している、朝日新聞ら日本の反日左翼勢力の反戦平和主義運動が、反日諜報謀略活動そのものであることが簡単にわかりますわーい(嬉しい顔)


世界がさばく東京裁判

▲外国人識者による東京裁判の批判の決定版。これを読むと、毎年マスゴミが虚偽報道を繰り返し視聴者を騙していることがわかり、戦慄する…。


憲法義解

▲わずかでも憲法に興味を持つ日本国民は、すべからく帝国憲法義解を熟読すべし。さすれば、日本国体(国柄)の深遠と、歴史の中から国体を把握しこれを成文化する正統憲法学の真髄に触れることができ、さらに法と自由の相互関係について理解を深めることができよう。国体の把握が占領憲法改正議論に参加する最低条件と知るべし。 

憲法無効論とは何か


古代天皇はなぜ殺されたのか

▲古代日本には一年二歳という慣習があり、神武肇国は西暦181年であることを究明した。これを読むと古事記日本書紀への眼差しが一変するわーい(嬉しい顔)


正統憲法復元改正への道標

▲法曹関係者の間では有名な東大憲法学の芦部信喜、小林直樹両教授は、昭和三十八年に、帝国憲法擁護派の小森義峯教授によって彼等の憲法論の誤謬を厳しく指摘され公開論争を挑まれたが、一言半句の反論もできず、沈黙を余儀なくされたことを付言しておきます。
 
 宮沢俊義によって捏造され、樋口陽一に継承されている東大法学部マルクス憲法学は、すでに論破され大敗北を喫した真赤なウソ学問なのであるちっ(怒った顔)

歪められた日本神話

「現人神」「国家神道」という幻想―近代日本を歪めた俗説を糺す。

私の中の日本軍


【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法