2020年05月27日

東京都の財政と説得不可能なセンメルヴェイス反射老人

 松岡久蔵なるジャーナリストが、現代ビジネスで「小池百合子のコロナ対策『1兆円の大盤ぶるまい』ツケは誰が払うのか」と題して、次のように書いた。

「大不況」「第2波」に耐えられるか
 
 秋田氏は、自由に使える財源である「財政調整基金」をすでにほぼ使い切ってしまったことについても、長期化が予想されるコロナ禍の影響に対応する上で致命的だと指摘する。

 「世界的に経済の減速が進む中、深刻な影響が出てくるのは今秋以降だとされています。その時、家計で言えば虎の子の『万が一のための貯金』にあたる財政調整基金が底をついた状態で、来るべき世界不況にどう立ち向かうのでしょうか? また、コロナの『第2波』が来た際、どうするのでしょうか? 

 短期的に大規模な財政出動をするのは簡単ですし、都民も一時的には喜ぶでしょう。しかし、米国ではコロナの影響で、東京の人口を上回る1600万人がわずか3週間で失業しており、今後も経済失速は明らかです。経済環境を考えれば、中長期的な戦略を前提とした財政出動をすることが、結果的には本当に都民のためになったのではないでしょうか。政治家は耳障りの良いことばかり言ってはならない」

 冒頭のベテラン都議も憤ったように、7月の都知事選が迫る中、コロナ対策費を最大限バラまくことが小池氏にとって事実上の「選挙キャンペーン」になったことは疑い得ない。方針決定まで迷走を続けた国とは違い、素早くカネを出す「剛腕知事」のイメージを日本中にアピールすることもできた。

 しかも、都知事は再選してしまえば4年間は当人から辞めない限り、地位が保証される。先のホテル代のような補償の検証など、小池都政はむしろ2期目に試練を迎えることになるだろうが、「都民を救うための大義名分のある出費だった」と強弁することも可能だ。

 しかし事実として、小池氏にとって「バラマキ得」だったコロナ対策費は、東京都に今後莫大な財政負担を強いることになる。財源確保が喫緊の課題となるが、具体的にはどのような方策があるのだろうか。

増税か、資産売却か

 まず、候補に上がるのは増税である。だが、不況の中での都税の引き上げは本格的な経済破綻へつながりかねない上、支持率を気にする小池氏としては実際的な選択肢ではない。

 次に、教育など使い道の決まった基金を活用することが考えられる。ただ、これらの基金は財政調整基金ほど厚みがなく、自由度も低いため、頼り切るわけにはいかない。

 当面の現実的な解決策として挙がってくるのが、資産の売却だろう。東京都が売却を考えている資産といえば、豊洲への移転の際に大騒動を巻き起こした築地市場が筆頭だ。

 築地市場跡地は、本来民間に売却される予定だったが、小池氏が「築地も豊洲も」と主張し、結局売却されないまま現在に至っている。移転問題が取りざたされた時点では、跡地の価値は約5000億円ともいわれたが、コロナの影響で不動産価格が下落している上、企業の側も新規事業に及び腰となる中、仮に買い手が現れたにしても数千億円単位で売値が下がる可能性もある。

 そのほか、渋谷区青山の旧「こどもの城」(現在「都民の城」としてリニューアルが予定されている)も候補に挙がる。しかしこちらも、超一等地ではあるが面積自体は狭いため、価格は500億円程度といわれる。急場しのぎにはなっても、十分な財源を確保できる資産とまでは言えない。

 コロナの影響がどれだけ長期化するかは誰にもわからない。グローバル経済そのものが危機にさらされる中で、国際的にコロナ禍が長引く限り、日本ひいては東京の財政も極めて厳しい状況が続くと考える必要がある(以下省略)。


 雨に遭遇し午後の仕事を中止した筆者は、ヤフーのコメント欄において、この記事を批判したところ、老人に噛みつかれた。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

筆者:政府と日銀が通貨発行権を行使して通貨を発行し、東京都に1兆円を交付すればいいだけ。有権者も納税者も誰もツケを払う必要などない。


pjqさん:本気ですか?やっぱり釣りですか?


筆者:本気ですが。

 日本経済復活の会の小野盛司教授が日経のNEEDS日本経済モデルを使い、財政経済シミュレーションを繰り返しておられる。それによると、政府が国民一人当たり80万円合計100兆円の給付を行っても、インフレ率の押し上げは1%にもなりません。

 だから政府と日銀が通貨発行権を行使し、「大不況」「コロナ第2波」に備える為に、人口に応じて都道府県に交付金を供給し、東京都に対して1兆円を交付しても、何も問題ないです。

 通貨発行権の具体的行使方法は、政府が10年債(現在金利0.002%)を発行し日銀がそれを買い込むか、政府が通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第5条2項に依り政府紙幣を発行するか、どちらでもいいです。

 硬貨と紙幣は政府と日銀が発行している貨幣であって、管理通貨制度の下で、財源は増税と資産売却である必要は無いです。

 500円硬貨だって、政府発行貨幣ですよ。



pjqさん:いえ、その財源の話ですよ!

国家は国民のものでしょう?
国の財布は国民の財布、国の財産は国民全員の物です。使ったらなくなるし、今の時代の人間が好き放題したら次世代にその借金が残る。家計だってそうでしょう?お金持ちに生まれたとしても、自分の代で好き勝手したら財産使い尽くして後の代が困る。

打出の小槌じゃないってことです。
紙に1万とかただ書くだけで誰がそれをお金として使えますか?日本の紙幣や貨幣がその価値を持つのは、国にその富があるからです。学校で習ったでしょう?

って説明お互いにしても、きっと分かり合えないんでしょうね。だってこんなこと説明する必要ない位当たり前だから。
コメ主もきっと持論をそう思ってるでしょうしね。

私は老い先短いから結果は見れないかもですが、コメ主が30代位ならどちらが正解か分かりますよ。


筆者:管理通貨制度の下では、政府が財源を確保する方法は、増税、資産売却、通貨発行権行使であり、政府は500円硬貨の他、記念硬貨を発行し、税外収入として通貨発行益を得ています。

 政府は打ち出の小槌を持っているのです。だから政府が適切なインフレ率(2~4%)の範囲内で、日銀と協力しながら上手に通貨発行権を活用し、地方交付金として都道府県知事に資金を供給すれば、今の世代を苛税に苦しめることなく、後の世代に借金を残すことなく、新型コロナの再来襲に備えつつ、大不況を克服できます。

 だから通貨発行権を有する政府日銀の財政と、それを有さない私人の家計とを混同したらダメなのです。

 年寄りが若い世代を誤導しないでください。



pjqさん:やっぱり何を言ってるか全く分からない。

政府は国民の負託ですよ。

ただ1つ言えることに反論します。
私は年寄りかもしれませんが、誘導もコメ主非難もしていません。
コメ主の意見、私の意見でしょうが。
だからコメ主は最後の一文は削除しなさい。
誤導って、あなた…


筆者:私の主張を理解できないなら、コメ主にコメントの削除を要求する前に、ネットで検索して以下の論文をお読みください。

 「MTT提唱者ランダル・レイは自著で『政府の財政は家計や企業のそれとは全くの別物だ』と主張している。

『主権を有する政府が、自らの通貨について支払い不能となることはあり得ない。自らの通貨による支払い期限が到来したら、政府は常にすべての支払いを行うことができるのである』

 なぜだろうか。彼によれば、主権を有する政府は、自分たちでお金が作ることができるのだから、この点において支出に制約はないということだ。同書の解説で経済学者の松尾匡が述べているように『通貨発行権のある政府にデフォルトリスクはまったくない。通貨が作れる以上、政府支出に財源の制約はない。インフレが悪化しすぎないようにすることだけが制約である』」(財源は税金ではない?コロナ危機で崩れる「財政赤字」の神話)。



pjqさん:コメ主さん、論理じゃないんですよ。

第一、その方の考えを正しいと私に薦める論拠は何ですか?
論を支えるために誰それが言ってたからと言っても、そうそう間違ってると認められるものでもないでしょう。
だから後50年も経ったらと曖昧に私は言ったのです。主義主張は簡単に曲がりません。根本でその考えを拒否していて端から変える気がないのに、論文を読めと言われても読みますか?
だから分かり合えないと言ったのです。

コメ主さんの根気強い真摯な性格に失礼ですから返信しましたが、正直不毛なやり取りなのでお読みになった頃を見計らって削除します。

余計な口出しをしたことを申し訳なく後悔しています。


筆者:私に「学校で習ったでしょう?」と問いかけたpjqさんは、学校で習ったことを信用する方の様だから、理解を促す参考資料として、大学生に教えている、今を時めく経済学者の見解を紹介したのです。

 そしてpjqさんがそれを読み納得できれば、素直に自分の非を認め、納得できなければ、彼ら経済学者と主張を同じくする私に反論してくだされば、実りある議論になったのに、いきなり「論理じゃないんですよ」とは、参りました。

>論を支えるために誰それが言ってたからと言っても、そうそう間違ってると認められるものでもないでしょう。
>主義主張は簡単に曲がりません。根本でその考えを拒否していて端から変える気がないのに、論文を読めと言われても読みますか?

 私は読みますよ。そして自分が根本的に拒否していた考え方に納得できれば、潔く自分の間違いを認め、主義主張を変えます。今までも、これからもそうです。


 最後まで議論が噛み合わなかった(笑)

 ヤフコメで主義主張を曲げても何ら実害を被らないであろう無名の老人ですらかくも頑迷固陋で強烈なセンメルヴェイス反射を示すのだから、三橋貴明さんがブログで「財源は税金ではない? コロナ危機で崩れる「財政赤字」の神話」を紹介し緊縮財政の間違いを論証し尽しても、上の老人の様な人は絶対にMMTを読まないだろうし、緊縮派の経済学者や財務省の高級官僚が今さら主義主張を曲げて積極財政派に転向する可能性は、ほぼゼロであろう。

 財務省が日本経済を破壊し続ける背景の一端を悟った方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

・筆者がMMTに先駆けていた証拠(笑)小泉竹中構造改革が自民党を破壊している 政府支出の削減は公務員懲罰特別課税

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

経済学者はなぜ嘘をつくのか



日本人がウソだらけの学校教育やマスコミ報道にだまされたままで人生を終えていいのでしょうか?それはたいへんな不幸です。この無料の第一次史料集をコピーして、あなたの家族親戚友人にプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている反日新聞の定期購読を止め、新聞書籍購入代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)日本人に不幸をもたらし続けている反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法