2020年05月15日

種苗法改正案は小規模農家を衰退させない

 東京新聞が2020年5月14日 朝刊「『種苗法改正案』農家に打撃懸念 地域農業守る『在来種保全法案』」という記事を掲載したが、懸念は杞憂である。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 JAが種苗法改正案を以下の様に解説している

◆一般品種が8割から9割
 わが国の農産物の品種には一般品種と登録品種がある。一般品種は▽在来種、▽品種登録されたことがない品種、▽品種登録期間が切れた品種に区分される。
 農林水産省によれば一般品種の割合は、米84%、みかん98%、りんご96%ぶどう91%、馬鈴しょ90%、野菜91%とほとんどが一般品種となっている

 
 種苗法の改正は、登録品種についての海外流出を防止する措置を設ける。背景となったのは、出願期限が切れたシャインマスカットやサクランボ品種「紅秀峰」など優良品種の海外流出だ。これらの事例は現行法では違法ではない。しかし、農水省はわが国の農産物輸出に影響するとして法改正を行う。
 現在は登録品種が販売された後、海外に持ち出されることは違法ではない。また、登録品種が自家増殖された後に海外に持ち出されることは違法だが、農水省によれば増殖の実態が把握できないため抑止できないという。登録品種の果樹などを接木で自家増殖したものの一部が採取されて海外に流出してしまうケースがあったとしても把握できない。
 
 そこで法改正によって品種の育成者権者(農研機構や都道府県の試験場など)が輸出先国や栽培地域など条件を指定できるようにするというもの。その条件に反して海外へ持ち出したり、指定地域外で栽培した場合は育成者権の侵害となる。侵害罪は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金とすることが改正法案に盛り込まれている。
 農水省は輸出や栽培地域に関わる内容を農水省HPで公示し、登録品種であることと利用に制限があることの表示も義務づけるとしている。
 あわせて農業者の自家増殖についても育成者権者の許諾を必要とするよう改正される。

 
◆現場の負担軽減を
 これについて自家増殖は一律禁止との受け止めも出たが、自家増殖に許諾が必要になるのは都道府県の試験場などが時間とコストをかけて開発した登録品種のみである。それ以外の一般品種についてはこれまでと同様に自由に自家増殖できる

 ただ、登録品種の自家増殖も禁止ではないが、品種を開発した育成権者から了解を得ることが必要になる。そのため一部の登録品種では許諾料が発生することも想定される。農水省によるとある登録品種の稲の例では10aあたり3円、ブドウの苗木1本で60円という例があるという。また、野菜の種子はF1がほとんどのため種子による自家増殖はそもそもできない。
 
 一方で各県で相次ぐ登録品種によるブランド米の開発と産地づくりでは一定の栽培条件を満たす生産者のみが栽培してブランドを守ることを戦略にしている地域も多い。逆にこうした産地の登録品種が海外流出することにでもなれば、生産者の意欲をそぐことになり、知的財産を守って農業振興を図ることに理解も必要になっている。

 許諾料について公的機関が開発した品種であれば高額になることは想定されないとしているほか、許諾料自体が優良品種の開発に投じられるものとしている。

 ただし、生産者コスト増の懸念や、JAなどで事務負担も考えられることから負担軽減を図る仕組みも必要で、農水省は団体などまとめて許諾を得ることができるよう検討していくとする。
 登録品種は新たなに品種開発されたものであり、在来種や1年以上流通している品種は品種登録できない。これまで栽培している一般品種が登録されて許諾料が発生するようなことはない。


 登録品種の野菜の種はF1(一代交配種)なので、今後これを継続栽培する農家は、種苗法改正の可否にかかわらず、毎年タネを買い続けなければならない。

 それを嫌っている筆者のように、在来種(固定種)を好んで栽培している農家は、種苗法改正の可否にかかわらず、毎年タネを買う必要がない。固定種愛好家は今年自家採種して来年それを播いて育てるからである。

 長野県果樹試験場によって開発された登録品種のブドウ「ナガノパープル」の苗が2018年から長野県外に流通し始めている。ナガノパープルは皮ごと食べられる黒ブドウで、ポリフェノールを豊富に含む黒皮の渋みを消した画期的な品種である。



 これがシャインマスカットに続いて中韓に流出すると、我が国の果樹農業は再び大損害を被るので、一日でも早く国会は種苗法改正案を可決し、政府はこれを執行して「ナガノパープル」をはじめ我が国の登録品種の海外流出を阻止しなければならない。

 中韓両国に大和魂を売り渡した反日左翼勢力が種苗法改正に反対する背景を悟った方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

経済学者はなぜ嘘をつくのか



日本人がウソだらけの学校教育やマスコミ報道にだまされたままで人生を終えていいのでしょうか?それはたいへんな不幸です。この無料の第一次史料集をコピーして、あなたの家族親戚友人にプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている反日新聞の定期購読を止め、新聞書籍購入代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)日本人に不幸をもたらし続けている反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

 
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:19| Comment(2) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柴咲コウさんという、農業にはあまり縁のなさそうな俳優さんが、すべての農作物の種を採ったり増殖したりできなくなるかのようなことを言ったのでしょうか?

誰がたきつけているのでしょうか。
Posted by 八目山人 at 2020年05月16日 07:04
 八目山人さん、単なる誤解か、中韓にナガノパープルを流出させたがっている勢力に煽動されたのか、私もよくわからないです。
Posted by 所長 at 2020年05月16日 21:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法