2020年03月24日

朝日新聞社が報道した日本軍占領下南京民衆の略奪行為-世界戦史に比なし!皇軍の文化擁護

 南京安全地帯の記録第六十八号救済問題に関する覚書(1938年2月10日付、執筆者は安全地帯国際委員会書記のルイス・スマイス博士)に次の記述がある。

日本当局はまた、粥炊き出し所運営のための石炭を充分に安全地帯に搬入することを認めてきた。そして二月八日当局は二千ガロンのガソリンを自治委員会に与え、食料と石炭の継続搬入を大いに楽にした。

 当時支那戦線の日本軍にとってガソリンは貴重品であったろうに、なぜ我が軍は二千ガロンものガソリンを南京住民の自治委員会に与えたのか。筆者をはじめ南京安全地帯の記録を読んだ戦史学徒が抱くこの疑問に対する解答は、日米開戦前の朝日新聞社によって報道されていた。

 戦前の朝日新聞社は凄い(笑)と思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

1941.3.28大阪朝日新聞 記事「世界戦史に比なし!皇軍の文化擁護 文化施設の返還 故新城博士ら血の滲む労苦

【南京特電二十七日発】国家間の争闘裏に一国の貴重な文化資料が烏有に帰した例は古来枚挙に遑がないが、今次事変で抗日首都南京の陥落直後からわが方により保存されたものは南京市内の図書文献だけで実に八十数万冊、そのほか紫金山の天文台の復興や学術標本類の蒐集、整理などは世界戦史にも類例のない成果を収め文化擁護に対する日本側の崇高な精神と、これにあたった人たちの血のにじむ労苦の結実はいよいよ国民政府の手に移って日支協力による文化面の建設に大きな役割を果そうとしている

 江南の各地を掩う激戦の巷からいち早く文化資料の散逸を防止すべく軍特務部主班のもとに民間側満鉄上海事務所、上海自然科学研究所および東亜同文書院の協同による占領地区図書文献接収委員会の組織されたのは昭和十二年十二月であった(中略)。

 これよりさき首都南京はすでに十二月十三日皇軍の手に帰しこの方面の調査が急がれていた。上海が片づくとただちに梅田潔氏(現中支建設資料整備事務所図書部員)西村捨也氏(現上海自然科学研究所員)ら九名の接収委員は決死的覚悟で三台の自動車に分乗し数日間の食糧、毛布ガソリンを積込んで一月十九日上海を出発、途中車輪を没する泥濘や破壊された道路、橋梁に難行をつづけながら残敵彷徨する戦場を突破、二十三日吹雪の南京についた。

 翌日から軍の指示にもとづいて調査に着手、大学図書館など七十箇所の文化機関の残存状況を点検し応急保存処置として目星しいものに封印したうえ約一週間で上海に引揚げた。ついで二月二十二日には杭州に赴き三日間にわたって文化諸機関二十六箇所を探訪、かつては二十数万冊を蔵した浙江省立図書館には一物も存しない有様(後に附近の民家から数万冊を発見)だったが約二万冊だけ応急処置を施した。

 ところが南京からは封印された残存図書は日に日に掠奪されているとの情報がひんぴんと伝えられた。陥落後の南京は一時燃料の補給が停止したため酷寒下に薪をもとめる民衆はあれほど苦心して蒐集した図書類まで争って焼くという惨状であった。接収員三名はふたたび三月六日南京に急行、特務機関、憲兵隊、千田兵站と協議の結果接収図書は全部城内珠江路の旧実業部地質調査所に収容することに決し、兵員トラックの掩護によって同月十四日から蒐集運搬を開始、約一ヶ月間にわたり接収員、兵員、苦力の総延員一千五百余名、トラック延台数三百余台を要して同調査所内への搬入を終った。

 書類の山を計算した結果は総数八十数万冊、戦前の共公蔵書数百四十二万冊に比して約六割を戦禍散逸のうちから救出し得たわけで書架の蒐集にも苦心を払ったのち整理員二十五名で七月から本格的整理に移ったが数十年来の酷暑に病人は続出し仕事は困難を極めた。


 梅田潔氏と西村捨也氏ら九名の接収委員が日本軍の指示に基づき1938年1月24日から約1週間かけて南京の文化機関所蔵の膨大な図書類を封印したものの、南京の民衆がそれらを略奪し燃料として焼いてしまい、日本軍は2月8日に食料と石炭の継続搬入のためのガソリンを自治委員会に提供したのである。

 1941.3.28大阪朝日新聞記事「世界戦史に比なし!皇軍の文化擁護 文化施設の返還 故新城博士ら血の滲む労苦」は南京安全地帯の記録と符合しており、これもまた南京虐殺が虚構である貴重な証拠史料の一つである。しかしそれらが地上波テレビや中学高校歴史教科書によって広く日本国民に紹介されることは、もはや有り得ないであろう。

 センメルヴェイス反射と強結合した反日左翼イデオロギーが日教組、全教組、教科書出版会社、文科省、テレビ局を覆いつくしており、誰もそれを突き崩せないからである。

<関連記事>

朝日新聞定期購読者に「朝日死ね!」と言わせる方法

戦後日本の歴史教育および歴史報道の虚偽を立証する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

・朝日新聞社の報道犯罪を告発する脱 ・ 洗脳史講座 

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

明治天皇と昭和天皇の御子孫にあたる旧宮家

・身近にいる新聞定期購読者にこの無料の第一次史料集をプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

 
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:21| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法