左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2007年06月27日

がんばれ天木直人さん、9条ネットの主張は甘いよ!日本国の国連脱退

 天木直人さん及び天木さんを応援する左翼リベラル護憲派ブロガーは以下のことをすでに御存知であろう。

 
 国連憲章は、各加盟国の権利と義務、そして、加盟国が自ら設定した目標を達成するために何をすべきかを説明する、一連の指針となっています。ある国が国連に加盟するということは、憲章の目的と原則を受け入れるということです(国際連合広報センター)。


・天木直人さんには、もっと頑張って欲しいと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 

 以前から所長が繰り返し指摘してきたことだが、我が国は国連に加盟している以上、

国連憲章第45条

 「国際連合が緊急の軍事措置をとることができるようにするために、加盟国は、合同の国際的強制行動のため、国内空軍割当部隊を直ちに利用に供することができるように保持しなければならない(註、immediately available national air-force contingents 直ちに利用できる空軍の派遣団を保持しなければならない、が適訳であろう)。

 これらの割当部隊の数量及び出動準備程度並びにその合同行動の計画は、第43条に掲げる1又は2以上の特別協定の定める範囲内で、軍事参謀委員会の援助を得て安全保障理事会が決定する。」


を履行しなければならない。具体的な数量や出動準備程度はともかく、immediately available national air-force contingentsの保持は、国際法上の日本国の義務であると同時に占領憲法第98条上の日本国の義務でもある。

 だから占領憲法第9条を根拠に日本国の再軍備に猛反対することは、日本国に国連憲章を無視せよ、占領憲法に違反せよと主張するに等しい。

 実は国連憲章と占領憲法は氷炭相容れない関係にある(連合国と国際司法裁判所現代日本における徴兵制度の意義)。だから天木直人さんと彼を応援する左翼リベラル護憲派ブロガーが、国際法および占領憲法に背くことなく、占領憲法第9条を平和の神と崇拝し、日本の再軍備と戦争権回復に猛反対するためには、小室直樹氏が指摘するように(自ら国を潰すのか―「平成の改革」その盲点を衝く)「日本国の国連脱退」を主張しなければならないはずである。

 それを主張すれば、国民世論から「天木直人は日本国に過去の過ちを繰り返せというのか!」という轟々たる非難を浴びせられるだろうが、あらゆる非難に耐えてこそ、占領憲法第9条を平和の神と崇拝する本物の敬虔な平和教信者であろう。

 
 自衛隊が戦争にかり出される。日本が再び戦争に巻き込まれ、国民が戦地に生かされることになる。そんな日本にしてはならない。未来の子供たちに誇れる日本を、今を生きる私たちすべてが力を合わせて、守っていかなければならないのだ。

 私は毎日どんどん、どんどんと純化されつつある。「平和の神」に近づきつつある。すべてを捧げて憲法9条の神を動かしてみせるという気持ちになりつつある。

 「どうか眠りから覚めてください。動き出してください。立ち上がって我々国民を目覚めさせてください」。

 これは私の魂の叫びである。そしてそれはあなたの叫びでもある。「平和が一番」と考えるあなた。あなたは私だ。

 私はあなたと共にどんどん、どんどん大きく、強く、純粋になって、今度の参議院選挙で他の候補者を圧倒する。夢を実現させる。

 誰がなんと言おうと、どんな批判を受けようとも、もはや私はひるまない。たじろがない。私にはあなたがついている。平和を願う世界の人々が生まれ変わる日本を待っている。
(天木直人のブログ魂の叫びーそれでも私は憲法9条の素晴らしさを訴え続ける


 「どうか眠りから覚めてください。動き出してください。立ち上がって我々国民を目覚めさせてください」って…憲法9条の神が実は大魔神だったら、どうする?あれは自衛隊より怖いぞわーい(嬉しい顔)

 冗談はさておき、国連の正体は、第二次世界大戦における連合国の戦後形態であり、無実の国に対して侵略行為を犯した国という濡れ衣を着せて軍事制裁を仕掛け得る、恐ろしく不公正な国際軍事機構であり(連合国憲章第三十九条「侵略行為」の暴力性)、今なお旧枢軸国を狙い撃ちにする日本国の敵である。

 米英ソ仏中の所謂戦勝5大国は、戦争に倦み飽きて平和の回復を求める善良な諸国民を欺いて国連に奉仕させ、5大国が第2次世界大戦後においても戦勝の果実すなわち国際社会の覇権(ヘゲモニー)を半永久的に貪り続ける為に、国連憲章に以下の前文と第1条を挿入し、国連に平和の衣を着せたのである(田岡良一著国際法上の自衛権/1964年)。

国際連合憲章

 われら連合国の人民は、われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、正義と条約その他の国際法の源泉から生ずる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること並びに、このために、寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。

 よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機構を設ける。

第1条

 国際連合の目的は、次のとおりである。

 国際の平和及び安全を維持すること。そのために、平和に対する脅威の防止及び除去と侵略行為その他の平和の破壊の鎮圧とのため有効な集団的措置をとること並びに平和を破壊するに至る虞のある国際的の紛争又は事態の調整または解決を平和的手段によって且つ正義及び国際法の原則に従って実現すること。

 人民の同権及び自決の原則の尊重に基礎をおく諸国間の友好関係を発展させること並びに世界平和を強化するために他の適当な措置をとること。

 経済的、社会的、文化的または人道的性質を有する国際問題を解決することについて、並びに人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を尊重するように助長奨励することについて、国際協力を達成すること

 これらの共通の目的の達成に当たって諸国の行動を調和するための中心となること。


 上に掲げられた国際連合の目的が虚偽である少なくとも形骸化している証拠は、共産中国が安保理常任理事国になっていることだろう。

 そして狡猾な戦勝5大国と羊頭狗肉の国連憲章に騙されていることに気づかぬまま、国連に奉仕している愚直で悲惨な国が、我が日本国なのである。

 「日本の安保理常任理事国入りは満天の下で国連加盟国によって否定された。せめて非常任理事国の席は独占しようというわけである。すでに十分非常任理事国を努めてきたではないか。それでどういう実績を挙げたというのか。

 他の国連加盟国に役立つ事をしたというのか。非常任理事国を狙うような国の中では、日本は断トツに強大だ。だからその席を独占して当然である、そういわんばかりの外務省の態度が卑しいというのだ。利己主義だというのだ。

 国連の精神を否定するような国が安保理常任理事国になりたがる。壮大な自己矛盾だ。世界の尊敬を得られるとは到底思えない。」(天木直人のブログあまりにも姑息な今の外務省


 占領憲法第9条を平和の神と崇拝する天木直人さんが、加盟国に空軍の保持を義務づける国際軍事機構である国連の存在を非難することなく、「黙々と国連の面倒も見、世界の尊敬を勝ち取る方が国益にかなうのに、高い志を次々に放棄していく今の政治、外交の堕落は、情けない、の一語に尽きる」とブログの中で仰る

 これは「国連の精神を否定するような日本国が安保理常任理事国になりたがる」ことと同等以上の壮大な自己矛盾だ。

 「天木直人は仏教を信じながらチベット仏教を弾圧する中国共産党に媚び諂う公明党創価学会と同じ穴のムジナだ!」という批判は、彼には耐え難い屈辱だろう。

 だから、がんばれ天木直人さん!がんばれ9条ネット応援ブロガー!!断固として不公正な国際軍事機構である国連を非難し、日本国民を国連幻想から目覚めさせ、日本国の国連脱退を主張していただきたい!!

 天木直人さんの応援歌にふさわしい魂のルフラン
魂のルフラン


・天木直人さんには、もっと頑張って欲しいと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。簡単な仕事がいっぱい!楽天仕事市場が人を求めています。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(4) | つまらない国際法の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
国連幻想が蔓延る日本ですが、ここまで正しい認識をもたれている方は保守派の中でもそれほど多くはないように思えます。
ご指摘の通り、憲法9条と国連憲章は相容れないはずですが、護憲派はこのことには気付かないようです。おそらくはマトモに国連憲章を読んだことなどないのでしょう。
Posted by saratoma at 2007年06月28日 04:02
 あるいは知らないふりをしているのでしょう。だからブログのコメントを禁止もしくは検閲して自分に都合の良いコメントしか公開しないのでしょう。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年06月28日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46065712

この記事へのトラックバック

みなさまのNHK
Excerpt: ランキング(政治)に参加中 みなさまのアンケート 「2007年8月15日 考えてみませんか? 憲法9条」  今年、日本国憲法は施行から60年を迎えました。また、5月には憲法改正の手続き法にあたる国民..
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2007-07-15 08:25

天木直人氏を支持しています。
Excerpt: no_action_letter総務省の迅速な対応 公職選挙法第146条は以下のように定めている。  「何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず..
Weblog: 氷河期世代からの反撃 
Tracked: 2007-07-16 12:05

小池氏「社保庁の労組、年金の仕事せずに某“野党”の選挙応援やってた」
Excerpt:  小池ゆり子防衛大臣が、とある野党を痛烈に批判していました。  共同通信より転電です。 http://www.47news.jp/CN/200707/CN2007072301000713.html ..
Weblog: ネトウヨのブログ
Tracked: 2007-07-24 01:12

たかじん出演の天木直人が酷い負け惜しみ
Excerpt: 5月3日放映予定の「やしきたかじんのそこまで言って委員会 /日本国憲法スペシャル」の収録(4月24日)を済ませた元外交官の九条護憲派、天木直...
Weblog: 憲法改正社
Tracked: 2009-04-30 21:41