2017年09月29日

左翼は右翼に化ける-戦史修正のお知らせ

 所長は国民のための大東亜戦争正統抄史79~87近衛上奏文解説を以下のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


84、石原莞爾の悲劇

 満洲事変がソ連の対日諜報謀略戦を発動させ、満洲国の民族協和という理念から発展した東亜連盟という政治構想が軍人間の政見の対立―東亜連盟論者と東亜協同体論者の対立―を生み陸軍内の統一を破壊し、尾崎秀実ら東亜赤化の野心を秘めた共産主義者の陸軍内部に対する浸透攪乱工作を助長し、満洲国協和会による一国一党の実験および政治行政機構改造案が、戦争を利用する国内革新すなわち近衛新体制運動を引き起こす一因となり、そして石原莞爾が対ソ持久戦争を想定し陸軍の俊英を集め参謀本部内に創設した戦争指導課(昭和十一年六月五日~)は、作戦課第一班(昭和十二年十月二十六日~)、次長直轄第二十班(昭和十五年十月十日~)、第十五課(昭和十七年一月二十二日~)、次長直轄第二十班(昭和十八年十月十五日~)、第十二課(昭和二十年四月二十三日、陸軍省軍務課と合併)と変遷する間に(6)、ソ連の勢力拡大に奉仕し、「一億玉砕」を唱え、東亜全域のソビエト化を画策する革新将校の巣窟に変貌してしまったのである。

(6)【大本営陸軍部戦争指導班機密戦争日誌下】七七一頁「付表2戦争指導班変遷表」参照。

85、思想侵略

 フランス暴力革命の嫡流たるロシア暴力革命の勃発前後から国境を越えて日本国内へ本格的に流入し始めたマルクス主義は、昭和時代の幕開け(一九二六年十二月二十五日)と共に、華族官僚軍人知識人学生を中心として、若い世代の精神を征服する勢いを示し、国家中枢を深く汚染していたのである。
 
 小川平吉は日記昭和十三年九月十七日欄に、

 「宇垣外相曰く、各種の事件に関連し近来真に不可解なる事少なからず、共産主義者が意外の方面に喰い込み仮面を被りて撹乱するに非る乎、本件失言問題の捏造も亦戦局収拾を阻止する者に非る乎と疑えり。予は共産党が一昨年来右翼に入りて撹乱を図るの方針なる事より其の実例の少なからざるを述べ、互に警戒を約す」

と記し、田村秀吉代議士は昭和十六年二月十二日の衆議院治安維持法改正法律案委員会において、

 「我が国に左翼思想、共産主義を以て国体変革を企図するというようなことを考えて運動する者に対しては私共は惧れを抱いて居ない、そう云うことで日本国民に対して国体の変革を表面から謳って来た場合に、これに感染する者は凡そ日本国民の中には殆どないと私は確信している。そこで国体変革を企図する所の表面に現われて来る運動よりも、その仮面を被って裏面に国体変革の思想を蔵してやって来る運動が一番怖いのであります」

と危惧し、この点に対する内務大臣の観測と方針を尋ねたところ、平沼騏一郎内務大臣は次のように答弁した(4)。

 「ただ今御質問の趣意は所謂国体擁護もしくは皇道主義の仮面を被って共産主義の運動をする、こう云う傾向が今日ある。これは非常に危険なものであろうと云うことを御述べになった。私もその通りであると考えます。元来これまで、先年検挙を致しました所謂共産主義運動、『コミンテルン』の運動は表面やはり国体破壊等を標榜いたして居ったのであります。

 今日は御話の通り運動が非常に巧みになって参りまして、全部そうでもありませぬが、共産主義を標榜いたしまして、その標榜する所は所謂共産主義に止まって居りまして、その実は革命、その極端に参りまするのは国体破壊の思想、これは最も怪しからぬ運動でありますから、これに対しましては厳重なる取締をしなければならぬことであります。したがって今回の治安維持法の改正に付きましても二つに分けましたから、一方の共産主義運動いわゆる私有財産否認と云う条項にしか表面は当らぬことになりますが、しかしこれはよく取調を進行致しますれば、自らこれは一つの『カモフラージュ』であるか、あるいはその考えて居る所は国体の変革までに至らぬのであるか、そこはよく調べますればこれは明瞭になってまいるであろう、その取調の方法は自ら当局におきまして、これは多年研究も致しております。その真相は必ずこれを明らかにすることが出来るのであろうと考えております。

 御話の通り今回条文を二つに分けました結果、その標榜する所は私有財産否認に止まると云う理由で或いはなる場合もございましょう。しかし本当の思想、これをよく探求いたしますれば、たとい表面は私有財産の否定に止まっておりましても、本当に、国体変革までの考えを持って運動を起こしているということを、明確にすべき手段はあろうと思います。もしその方に属しまするものでありますれば、やはり国体の変革の条文に依ってこれを処断することが出来るに至るであろうと思います。そこはこれを取調べる官憲の働きにあることであろうと考えます。
 しかしながら本当に私有財産の否定だけでありますれば、国体の変更を腹に持っている者に比すれば軽いのでありますが、今条文を別けましたことは理由のあることと思います。実際の取調の結果どちらに参りますか、これは実際を見ないと分らないのであります。」

 しかしこの内務大臣の取締方針は右翼勢力の跳梁跋扈を全く防止できず、平沼の答弁から半年後には、平沼自身が神兵隊事件の首謀者である天野辰夫らによって結成された右翼団体「勤皇まことむすび」の銃撃を受け重傷を負った。岩村通世司法大臣は昭和十七年七月八日に我が国の右翼運動について、

 「組織右翼は国内的には国家社会主義を、対外的には南方武力進出と英米打倒とを主張し来れり。直接実力行使に傾く。平沼男爵を襲いたる『まことむすび』の会は之に属す。今や対外的に其の主張実現したるを以て鎮静なるが如きも、南方経営に資本主義を以てするには反対なりと称し居りて、情勢進展の模様によりては決起せんとす」

と枢密院に報告した。岩村司法大臣の報告に対して原嘉道枢密院議長は、右翼運動に対する取締の寛に過ぎること又は見当違いであることを力説して、右翼と赤とは必ずしも区別すべきではないことを強調した(5)。


(4)衆議院治安維持法改正法律案委員会議録第二回昭和十六年二月十二日。
(5)深井英五【枢密院重要議事覚書】二二八頁。


 だが反乱軍に対する昭和天皇の断固たる御意志(朕自らが近衛師団を率いて鎮定に当たらん)によって失敗に終わった二・二六事件は、昭和天皇が帝国憲法で定められた立憲議会制デモクラシーを尊重される自由主義者であり、国内革新にとって最大の障壁であることを証明した為に、大川周明によって作成された支那事変対策(昭和十三年一月十一日近衛文書)が、

一、国民政府否認。
一、封鎖の完成と駐兵の合理化―広東、漢口の占領。
一、蒋政権を打倒し新政権を援助す。
一、第三国の容喙を一切排除―ドイツ講和斡旋打ち切り。
一、日独伊防共の強化。
一、将来英国をして支那より全く退却の余儀なからしむ。
一、臨時政府を充実、強化し中央政府に迄発展せしむ―南京政府系のものの参加を認む。

等を掲げたように(15)、天皇を戴く一君万民の社会主義国家を夢想していた右翼と多数の革新将校の中から、社会主義放棄ではなく皇室廃絶に傾斜する者が続出し、それに伴いソ連の勢力拡大に奉仕するようになり、尾崎秀実の東亜新秩序構想に同調したのである。


 私有財産制の保障とこれによって基礎づけられている自由主義的市場経済(資本主義)を否定する共産主義者が表向き国体の変革を主張せずに「尊皇」を装う場合、「尊皇」は偽装で本心では私有財産制の否定のみならず国体の変革まで画策しているか、それとも「尊皇」は真正で本心でも私有財産制の否定のみを画策しているのか、それは共産主義者本人のみが知ることで、外部の人間がその本心を判別することは極めて困難である。

 それなのに2・26事件から5年が経過しても、なお内務省は判別可能と過信して私有財産制の否定を軽視し、内務省官僚の目には真正に見えた「尊皇」や「国体護持」を標榜しつつ資本主義を排撃する共産主義者を転向者として放免していた。原議長がこの内務省の甘く拙い取り締まり方針を叱責したが、時すでに遅く、近衛上奏文の所謂右翼(国体の衣を着けたる共産主義者)は政府軍部とくに陸軍内部深くに浸透していたのである

 もし内務省が国体の変革と同等に私有財産制の否定を重視し、「尊皇」や「国体護持」を標榜しながら私有財産制度と資本主義を排撃する共産主義者(戦時右翼)をも厳重に取り締まっていたら、彼らの中に紛れ込んでいた多数の天皇尊重偽装左翼を一網打尽にできたのに、残念ながら内務省は私有財産制の否定が国体の変革と同等に国家に大惨劇をもたらすことに気付かなかったのである。

 今も昔も有権者は右翼に化ける左翼に警戒しなければならないと気付いた方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

・身近にいる日教組の洗脳狂育の被害者にプレゼントすると「真実を知りWGIPを引き継いで日本人を狂わせている某反日新聞の定期購読を止め新聞代を節約できた」と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)虚偽の巨塔である反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(7) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。右翼に化けた左翼は脅威です。現在も皇室を敬うように見えて破壊工作を行う高森などの輩が国内に大量におり、国外では支那、北朝鮮、ロシアも我が国を狙っている状況です。なのに、保守は安倍首相のように頼りにならない。大日本帝国憲法を復活させれば活路の一端になるのに、やろうとしない。八方塞がりで、我が国の未来が心配です。
Posted by 日の本の民 at 2017年09月29日 22:45
 日の本の民さん、コメントありがとうございます。

「シラス(知らす)とは統治の義に外ならず」という憲法義解帝國憲法第一条解説を信奉し、1カ月に1千万枚のビラを頒布するぐらいの広報力を持つ広報専門の政治団体があれば、朝日新聞社を倒産に追い込めるでしょう。団体に所属ないし賛同する国民1千人が1人当たり1カ月間に1万枚の広告ビラ、たとえば完結「南京事件」--日米中歴史戦に終止符を打つ(水間政憲著/2017年8月25日発行)の広告ビラを作り、そこに陥落直後の南京市内を取材した朝日記者の虐殺否定証言とそれを裏付ける証拠写真を掲載して、ビラを土日の朝夕に各家庭のポストに投函すれば、朝日新聞社が最悪の反日左翼報道犯罪集団であることが国民に知れ渡り、朝日首脳はビラの内容を否定も肯定もできず、紙面で水間政憲氏の著書と広報政治団体を非難することもできず、朝日の発行部数は壊滅し、テレビ朝日経由の世論に対する朝日の影響力は激減するでしょう。

 この「シラス」を繰り返していけば、朝日ら反日左翼マスゴミによって妨害される様々な興国政策の実施、たとえば積極財政への転換、国防力の強化、天皇陛下の崩御を伴う首都壊滅といった非常時に皇位の男系継承と憲法秩序を維持しながら無政府状態の発生を防ぐために必要不可欠な旧宮家の皇室復帰等々が今よりは容易になるはずです。その先に日本国憲法無効・帝國憲法復原の可能性が見えてくるのですが。

 ネットと書籍と街宣は、テレビと新聞の情報の鵜呑みにしてしまうような中高年齢者を啓蒙できないのです。
Posted by 所長 at 2017年09月29日 23:44
御返信ありがとうございます。
仰る通り、一人一人の国民の活動が必要だと思います。我が国では、憲法、歴史関連で悪書ばかりが散見され、国民を愛国に目覚めさせられても、左翼思想から目を覚まさせることには苦労します(僕は昔、人権と帝国憲法について話したことありますが、中々理解が得られませんでした)。
旧宮家の方々の復帰と建武の中興を真似して所長様が昔提案されたように復帰された宮様を地域に派遣して地方復興・防衛を強化するべきですが、安部首相はそういったことをせず、譲位に関する法を制定し、徴工に関してもまた歴史的にも敗北しそうです。財政出動も核シェルター創設に回せば良いのにやろうとしない、頭が痛くなることばかりが続きます。このような情けない政治家を見ると、明治の元勲の偉大さにつくづく頭が下がります。
Posted by 日の本の民 at 2017年10月02日 22:11
高森明勅の名前が出ていたので調べてみましたが、野田は女性宮家や生前退位に尽力したから当選してほしいとかむちゃくちゃ言ってますね。
これぐらいわかりやすい偽装右翼はまだマシかもしれません。もっとわかりにくい形で偽装している人もきっといるんでしょうね
Posted by ただたし at 2017年10月04日 07:30
 ただたしさん、高森明勅こそ虚偽まみれの女性女系天皇容認論を小林よしのりに吹き込んで、小林を狂わせた元凶で、まさに尊皇を偽装した伝統破壊主義者です。
Posted by 所長 at 2017年10月05日 20:12
保守を自称しつつ女性宮家に賛成してる小池百合子や、自民党でも二階などが賛成していますし、保守を語る左翼や自分を保守と思ってる左翼は多いです。
Posted by 日の本の民 at 2017年10月07日 22:00
色々と無効論のことを検索してみたところ、上念司が新無効論は完全に論破されていると言いその論拠として谷田川氏のブログ(http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/ketteibankenpoumukouronnohatan.html)を紹介していました。しかし、自分には意味が良く分からないんですよ。例としてロシア革命を出していますがそもそもロシアってまともな国じゃないでしょう?またこの記事(http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/migihidari8gatukakumei.htm)も良く分からないです。追認してるから瑕疵は回復してるというのも良く言われますが一体何年たてば回復したとみなすのでしょうか?1年?10年?
Posted by ただたし at 2017年10月14日 23:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか