左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2016年03月29日

アベノミクスが金融緩和に偏重した原因の考察−竹中平蔵を批判した岩田規久男

 現日銀副総裁の岩田規久男は、2001年にデフレの経済学を出版し、この中で「デフレとは貨幣現象である」と断定し金融緩和を主張しつつも、総需要喚起政策の重要性をも訴え、竹中平蔵ら構造改革派を厳しく批判していた。以下は弊ブログ2008年06月09日記事「思いやりのデフレの経済学/岩田規久男」からの要点抜粋である。

 日本経済を衰退させる構造改革派を公職から追放するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 著者の岩田規久男氏が昭和恐慌やアメリカの大不況に関する歴史的な考察から得た教訓は、次の通りである。

歴史の教訓1 デフレ下で(需要創出型以外の)構造改革を進めれば、デフレ・スパイラルに陥るリスクが大きい。それでもなお、構造改革を進めて、二〜三年後にデフレ・スパイラルから脱出できたという歴史的な事例はない。そうであれば、需要創出型以外の構造改革を進める前にデフレから脱出する政策を優先すべきである。

歴史の教訓2 デフレから脱出して経済を正常な状況に戻すためには、デフレ政策からリフレ政策へと政策レジーム転換をはっきりと宣言し、人々にその政策レジーム転換を確信させ、それによってデフレ期待を完全に払拭することが重要である。

歴史の教訓3 人々のデフレ期待の払拭を確固たるものにするには、貨幣供給量の大幅な増加と為替レートの切り下げが有効である。

 竹中平蔵の経済観を象徴する彼の有名な発言は以下のものである。

「GDPギャップ(デフレ・ギャップ)の議論はまったく意味がない。資本と労働力、技術からなる潜在成長力と実際のGDPの差(デフレ・ギャップ)があるから、需要不足を補うべきである、という議論は間違っている。なぜなら算出のもとになっている資本には役に立たないユースレス資本が組み入れられているからだ。よくエクセス・キャパシティ(超過供給力)というが、これはユースレス・キャパシティにすぎない。
 いまのような状態では、潜在成長力の議論は放棄して、水ぶくれしたユースレスな供給能力を削っていかないといけない」


 これに対して岩田規久男氏は次のように批判する。

「構造改革によって、<役に立つ供給能力>を増やしたからといって、デフレ下で需要が不足していれば、<役に立つ供給能力>が利用される保証もない。利用されなければ、結果的には<役に立たない資本>になってしまう。

 不良債権の処理によって<役に立たない工場>が閉鎖され、<役に立たない人>は失業者として放り出されるであろう。

 しかし需要がなければ、閉鎖された工場跡地に新たな工場や建物が建設されることはない。需要がなければ、役に立たないと烙印を押された人の再就職先もない。」


 竹中平蔵はスターリンと同じ「塩水で渇きを癒す人」である。小泉竹中一派が構造改革を進めて規制を緩和し企業に合理化を促し、企業の供給力を増やしても、それらは必然的に有効需要を伴わない過剰な供給力になってしまい、竹中の目(節穴)には役に立たない資本に映るから、竹中は、いくら構造改革を重ねても決して改革の成果に満足することはなく、ひたすら構造改革継続の必要性を説き、役に立つ供給力の増加(サプライサイドの改革)を訴え続けるのである。

 そして日本の為政者が竹中平蔵の経済観に染まっているからこそ、我が国はひたすら供給力を強めながら内需をすり減らし、大量の失業者と自殺者と貧乏人を出しながらデフレ地獄へ転げ落ち、日本国民1人あたりのGDP値は、世界第2位から世界第35位にまで急降下したのである。

 岩田規久男氏は次のように構造改革派を斬っている。

「構造改革派は、『需要不足ではなく、能力がないから、職がないのである。職を見つけたければ、能力を磨くしかない。そのための財政支援は多少するが、最後は自己責任である』という。

 このような構造改革派の失業に対する見方は、『現在の失業の多くは構造的なものであって、需要が拡大しても、構造的失業は解消できない』というものである。構造的失業とは、労働者に、企業が要求する能力がないために発生する失業である。その説明として『建設機械の操作に熟練した労働者が建設業で不況で失業したからといって求人募集の多いゲームソフトのプログラマーにすぐ転職できるだろうか。当然要求される技能が異なるので、すぐには転職できない』といった例がよく持ち出される。

 しかし、全体の需要が拡大している経済では、多少とも努力すればプログラマーになれる人は転職してプログラマーになり、その転職した後を他の人が埋め、その後をさらに他の人が埋めるというように、玉突きが起きる。その結果、建設業が不況で失業した人もどこかで職を見つけることができる。つまり、構造的失業だと思われていた失業も、総需要拡大政策によって減らすことができるのである

 ところが、デフレ・ギャップを放置すると、失業した建設労働者はプログラマーになれないかぎり、職に就けない。
 経済学がデフレ・ギャップが原因で失業した建設労働者に向かって、『あなたはプログラマーになる能力がないから、職に就けないのです』というしかないのならば、経済学など不要であろう。」


 竹中平蔵の頭を支配する経済理論によれば、すでに日本には役に立つ有用な余剰生産力はないのである。つまり日本国内で船舶、自動車、家電、玩具、食品等を生産している企業群が新規に人を雇い入れ、現在休止中の工場を再稼動させたり、生産工場の稼働時間を現行の1日8時間制から1日3交代24時間制に拡大したり、内部留保金を設備投資に回し新たに工場を建設したりして、政府の総需要喚起政策による需要増大に応え、貧乏な筆者が買いたくても買えないもうやだ〜(悲しい顔)マツダのロードスターとか、カワサキのニンジャとか、日本国民に購入愛用される製品の生産を増強することは、不可能なのである。

 だから竹中は、超過供給力を稼働させ完全雇用を達成するための総需要喚起政策(公共投資+減税)を否定し、デフレ下において、もっと安くて良いモノやサービスを生産する「役に立つ供給力」を増強するために、ひたすら規制緩和と人件費削減と外資導入を主張するのである。

 竹中の目(節穴)には、デフレ下の日本企業群および日本人経営者達はユースレス・キャパシティを積み上げている役に立たない無能集団に見えるのだろう。

 もちろん無能集団は竹中平蔵と安倍内閣であることは言うまでもない。日本経済を衰退させ続けている竹中の経済観は昭和大恐慌を引き起こした井上準之助と同じものであり、竹中は古くて間違った経済観と経済策を繰り返しているだけだからである

 竹中平蔵ら構造改革派の主張は、積極財政を忌み嫌う財務省とは実に親和的であり、両者は強力に結合して安倍晋三の周辺を固めている。構造改革派にとって金融緩和策と総需要喚起策の並行は、従来の自論を否定するばかりか財務省を敵に回して自己の地位を危うくするが故に、自己の保身を図る為に金融緩和のみを安倍晋三に勧めてきたのだろう。

 日本経済を衰退させる構造改革派を公職から追放するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

井上準之助の亡霊である竹中の経済政策は左翼全体主義への道であることを論証する最高に面白い経済学入門経済論戦は甦る

劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史

・敗戦後の日本の共産主義者は「われわれは断乎戦争に反対した」「軍閥戦争に反対したのは共産党だけだ」と言うが、共産主義者の主張が真赤な虚偽であり、彼らこそ世界資本主義体制に代わる共産主義的世界新秩序を構成する東亜新秩序−東亜共産主義社会を実現するために、戦争の拡大を煽動していた張本人であることを多数の第一次史料を挙げて完璧に証明する大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義

<消費税対策>

・日本が世界に誇る機能食品歯周病菌と虫歯菌を退治するハニワコレ8020

・朝日新聞定期購読者にプレゼントすると朝日に騙されている読者から「真実を知り朝日の定期購読を止め新聞代を節約できた」と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)虚偽の巨塔である某反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435872375

この記事へのトラックバック