2016年01月19日

斎藤隆夫代議士の議会演説「支那事変処理に関する質問演説(昭和15年2月2日)」の読み方

 筆者は、1995年に中村粲の「大東亜戦争への道」を購読したものの中村史観に全く納得できなかった。そこで小学3年生から歴オタの筆者は自分で戦史の調査を開始し、1997年末か98年初めに晩年の岸信介に大きな衝撃を与えた戦争と共産主義-昭和政治秘史(三田村武夫著/民主制普及会、1950年初版発行)の復刻版「大東亜戦争とスターリンの謀略」(自由選書)を入手して、ようやく中村史観に納得できなかった自分に納得でき、支那事変長期化の真因が第一次近衛声明に連動した汪兆銘政権樹立工作であったことを理解できた。

 筆者が中村粲の見解に覚えた違和感は、斎藤隆夫の「支那事変処理に関する質問演説(昭和15年2月2日)」の「官報速記録より削除せられたる部分」中の汪兆銘工作に対する批判とほぼ同じであった。

 斎藤隆夫代議士の質問演説より約7ヶ月前に参謀本部作戦課戦争指導班が斎藤演説と同趣旨の「事変解決秘策案」(昭和14年7月5日)を策定し、「汪兆銘政権樹立案は対立政権に堕し長期大持久戦に陥るの公算大」という警告を発していたにもかかわらず、斎藤演説に対して米内光政総理大臣は「新政府が出来上がりまして、差し当たり重慶政府と対立関係となるということは、やむを得ないものと考えておりまするが、重慶政府が翻意解体致しまして新政府の傘下に入ることを期待するものであります」と答弁した。

 そして戦争指導班長の堀場一雄中佐と斎藤代議士が蒋汪両政権の氷炭相容れざる対立抗争を警告したにもかかわらず、東條内閣の重光葵外相は阿部信行元首相と同じく「新政権樹立の趣旨が徹底したならば重慶政府も一緒になって和平救国の途に就く」と錯覚し、「大東亜戦争完遂のための対支処理根本方針」(昭和十七年十二月二十一日))において南京政府の強化してしまい、南京政府の解消には反対せざるを得なくなって繆斌工作を妨害し我が国を敗北へ導いてしまったのである。

 まさに重光は自説保全に走って大局観を見失い、汪兆銘工作を推進した朝日新聞出身のソ連スパイ尾崎秀実の謀略に踊らされてしまい、「日本には依然として支那問題を局部的にのみ取扱わんとする見解が存在している。これは世界戦争の最終的解決の日まで片付き得ない性質のものであると観念すべきものであろう」という呪いの言葉を遺して処刑された尾崎の思う壺に嵌ったのである。

 斎藤隆夫の「支那事変処理に関する質問演説(昭和15年2月2日)」と、「尾崎秀実、西園寺公一が雑誌等に論文を執筆して汪兆銘工作が日本の執るべき唯一の道であることを強調していた」という犬養健の証言(昭和十七年四月二十一日、現代史ゾルゲ事件4巻)を裏付ける公論昭和十四年十一月号「汪精衛政権の基礎」(尾崎秀実著作集2)と共産主義者以外でおそらく世界で最初に大東亜戦争の裏面の真実を見抜いた元代議士の三田村武夫の戦争と共産主義を併読する者は、朝日新聞社と社会大衆党と陸軍の一部がヒステリーを起こして斎藤代議士を排撃した本当の理由、ゾルゲ機関の謀略活動、近衛内閣の軍事外交内政の真の目的、近衛文麿の正体、そして大東亜戦争の真実を理解できる。

回顧七十年
回顧七十年 (中公文庫)

<関連記事>

恐ろしい虚報の詐術-NHKウォッチャー中村粲「大東亜戦争への道」

歴史書の合成の誤謬-宇垣一成・孔祥煕工作を省いた中村粲

・有志がネット上に絶賛拡散中!朝日新聞社の検閲体質と無恥無反省を証明する稲垣武著朝日新聞血風録第三部「塗りつぶされた戦争協力研究」

書籍購入費を騙し取るプロ詐欺師から貴方のポケットマネーを守るための大東亜戦争史書の選び方

・朝日新聞定期購読者にプレゼントすると朝日に騙されている読者から「真実を知り新聞代を節約できた」と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)朝日新聞社の呪縛と洗脳から日本国民を解放する大東亜戦争史を広めるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか