2007年05月24日

胎児殺しと赤ん坊殺し 日本国を殺す左翼リベラル護憲派

 福島瑞穂らキチガイじみた反日左翼フェミニストどもの主張どおり、性の自己決定権、出産・人工中絶(胎児殺し)の自己決定権が女性の人権として大っぴらに認められれば、小さな生命の尊厳への繊細な感性と、お腹の中の赤ちゃんに対する母親の愛情は消滅し、以下のような痛ましい事件が日常茶飯事となる。
・ブロガーに執筆意欲を与えるは一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 

<赤ちゃん遺体>20歳の元短大生を遺棄容疑で逮捕 仙台 (毎日新聞5月24日)

 出産した新生児の遺体を遺棄したとして、宮城県警仙台北署は24日未明、仙台市青葉区の元短大生(20)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 調べでは、元短大生は05年4月ごろ、同区に親族が所有する空き家に、遺体を発泡スチロールの箱に入れて遺棄した疑い。今月18日に所有者家族が発見。元短大生は23日夜、両親と同署に出頭した。「1人で出産してすぐに置いた」などと供述しているという。独身で、昨年秋ごろから大学を休学していた。

 司法解剖の結果では、新生児は妊娠9カ月半程度で性別は分からなかった。元短大生の家族は妊娠に気づいていなかったという。同署は新生児の死亡の経緯などを調べる。【鈴木一也】


 なぜ元短大生は、彼女を孕ませた男に責任を取らせずに1人で出産し赤ん坊を殺したのか?おそらく赤ん坊の父親を特定できなかったからだろう。つまり元短大生は避妊もせずに 不特定多数の男と乱交していたのだろうよ。

ソ連の「革新」的な実験がもたらした大惨事 文・小田村四郎 八木秀次・宮崎哲弥編「夫婦別姓大論破!」より引用。

夫婦別姓論者の真の狙いは何か

 その結果はどうなるか。かつて事実婚を公認した唯一の国家であった旧ソ連の実験を左に紹介したい。以下は、ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff)の「ロシアにおける家族廃止の試み」という論文(N.W.Bell"A Modern Instrucion to the Family"1960 N.Y.Free Prees所収)による。

旧ソ連の家族破壊はどう行われたか

 1917年、ロシアの共産革命によって政権を掌握した共産党及び革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇した。ソ連政府はその原因を家族、学校、教会にあると考え、革命を成功させるため、家族の絆を弱め、教会を破壊し、学校を革命の担い手に変えることとした。「旧秩序の要塞・伝統文化の砦」とされた家族に対する攻撃は次のように行われた。

 一、従来、法律婚の要件とされていた教会での結婚式を不要とし、役所での登録だけで婚姻の効力が生ずるものとした。

 二、離婚の要件を緩和し、当事者合意の場合はもちろん、一方の請求だけでも裁判所はこれを認めることとした。

 三、犯罪であった近親相姦、重婚、姦通を刑法から削除した。

 四、堕胎は国立病院で認定された医師の所へ行けば可能となり、医師は希望者には中絶手術に応じなければならないことになった。

 五、子供たちは、親の権威よりも共産主義のほうが重要であり、親が反動的態度に出たときは共産主義精神で弾劾せよ、と教えられた。

 六、最後に、1926年には、「非登録婚」も「登録婚」と法的に変わらないとする新法が制定された。

 この結果、一、同居、二、同一家計、三、第三者の前での結合宣言、四、相互扶助と子供の共同教育、のうちの一つでも充足すれば、国家はそれを結婚とみなさなければならないこととなった。

 これにより、「重婚」が合法化され、死亡した夫の財産を登録妻と非登録妻とで分け合うことになった。

 こうした反家族政策の狙いどおり、家族の結びつきは1930年頃には革命前よりは著しく弱まった。

 しかし、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。1934年頃になると、それが社会の安定と国家の防衛を脅かすものと認識され始めた。すなわち、

 一、堕胎と離婚の濫用(1934年の離婚率は37%)の結果、出生率が急減した。それは共産主義国家にとって労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。

 二、家族、親子関係が弱まった結果、少年非行が急増した。1935年にはソ連の新聞は愚連隊の増加に関する報道や非難で埋まった。彼らは勤労者の住居に侵入し、掠奪し、破壊し、抵抗者は殺戮した。汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。

 三、性の自由化と女性の解放という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、弱者と内気な者を痛めつけることになった。何百万の少女たちの生活がドン・ファンに破壊され、何百万の子供たちが両親の揃った家庭を知らないことになった。

破壊後のゆりもどしはこう行われた

 こうして、1934年には、国家はこのような混乱の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。それは戦争に直面している国の国力を破壊するものであった。これを是正するためには、社会の柱(pillar of society)である家族を再強化する以外に方法はなかった。かくして政府は次のような措置を取った。

 一、「結婚」の意義が再評価された。それは生涯の結合であって人生の「最も厳粛な行事」であると教えられるようになった。家庭の強化は共産主義の基本的モラルの一つとされた。「離婚は性的快楽のための権利ではない」として、1935年には、結婚した翌日に離婚した男が強姦罪で起訴された。

 1939年の公的雑誌に次のような記事が書かれている。

 「国家は家族なしには存立し得ない。結婚は生涯の伴侶を得てこそソビエト国家に価値がある。いわゆる自由恋愛はブルジョワの発明であって、ソビエト市民の行動原則とは何の関係もない。さらに結婚は、子を儲け、親としての喜びを経験することによって国家に対する最大の貢献となる」

 『イズベスチヤ』や『プラウダ』は結婚祝福の記事を載せ、1936年には教会で用いられる結婚指輪も店で売られるに至った。

 二、離婚の制限を強化した。1935年には離婚歴が戸籍に登録され、女性が男の三十人目の妻となるようなケースを防止できるようにした。離婚費用も3ルーブルだったのが、一回目50ルーブル、二回目100ルーブル、三回目150ルーブルに引き上げられた。この結果、たとえばウクライナの離婚件数は、1936年には前年の三分の一に減少した。

 三、この法律は、さらに1926年に導入された非登録婚の制度を廃止した。登録婚だけが合法となり、嫡出子と非嫡出子の「ブルジョワ的差別」も復活した。婚外子とその母とは扶助料も受けられなくなった。

 四、堕胎の自由もなくなった。1935年から反中絶キャンペーンが始まり、それがいかに母体に悪影響を及ぼすかを医学者たちがPRした。1936年には1920年の法律が改正され、母体の生命と健康に危険のある場合及び重大な遺伝上の問題がある場合を除いて人口中絶が禁止された。出産が奨励され、六人以上の多子家庭には特別手当が支給された。

 五、親に対する反抗の奨励も修正された。親の権威が強調され、1935年には、「親に対する尊敬と孝行は青年共産主義者同盟(コムソモール)の道徳の核心をなすものである」と新聞に報道された。スターリンも1935年10月、自らチフリスに住む老母を訪ね、母親に対する愛情と尊敬を示し、模範例として称揚された。

前車の轍を踏んでもいいのか

 以上が、結婚と家族を破壊しようと試みたソ連の壮大な実験の経緯と結末を紹介したティマシエフ論文の概要である。ところが、「家族」を敵視した共産主義者たちですら失敗と認めたソ連の悲惨な実験について、福島瑞穂氏は、「ロシア革命の後、様々な政策が根本から見直され、一時的であれ、事実婚主義がはっきり採用されていたとは素晴らしいことだと思う」(『結婚と家族』岩波新書)と手放しで絶讃している。

 別姓論者の意図が奈辺にあるかは、この一文によって察せられるであろう。


 福島瑞穂らキチガイじみたフェミニスト・ジェンダーフリー論者は、スターリンよりもレーニン主義に忠実な、恐るべき反日左翼なのである。

 心ある日本国民は、維新政党新風を大躍進させ、DQNを拡大再生産する福島瑞穂や日教組ら反日左翼勢力を日本国から吹き飛ばしましょう。


【日本を取り戻しましょう】

・年間10兆円の血税をたれ流す、“男女共同参画”の怖い話男女平等バカ

 「ジェンダーフリー」はモテない女のヒガミである! 過激性教育、DV&セクハラ冤罪、男女共同参画センターと同和利権、少子化対策のウソなど、家庭・学校・会社・自治体・中央官庁に蠢く恐ろしいジェンダーフリー運動をマスゴミに代わり告発する。

日本の性教育はこれで十分わーい(嬉しい顔)新しい性教育DVDとして中学生に見せたい法王庁の避妊法

・戦前の日本では、これほど素晴らしい教育が行われていたのかと感動させる!大日本帝国の評価を一変させ、読者の魂を揺さぶる修身教授録―現代に甦る人間学の要諦

・失われた百年を取り戻したい英国人写真家の見た明治日本―この世の楽園・日本


・ブロガーに執筆意欲を与えるは一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:18| Comment(7) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい本ですね。多くの人が読むべき内容です。
自民党にも野田聖子のような社民勢力のような
不気味な奴がウヨウヨしてなんとかしてほしい。
Posted by Greg at 2007年05月24日 22:21
所長のことだから既に読んでいると思うけれど、わしズムとSAPIOの最新号で、よしりんが所長が主張しているような価値観をまっこうから批判していますよ。
Posted by 野津裕史 at 2007年05月25日 18:50
 Gregさん、お久しぶりです。ソ連崩壊の直後にソ連を礼賛してきた反日左翼勢力が公職から追放されなかった。これが我が国の致命傷になっています。みんなで何とかしないといけません。

 野津裕史さん、すいません。私はわしズムもサピオも諸君も正論も購読していません。サピオは以前読んでいたけど余りにつまらないので、立ち読みも止めて久しいです。わしズムには「結婚は必要か!」とありますが、小林よしのりは福島瑞穂らマルクスレーニン主義者のジェンダーフリーや家族破壊思想に転向したのでしょうか?

 また所長の価値観とは何でしょうか。私は、小林よしのりの戦争論第20章「個と公」に概ね同意しているのですが…。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年05月25日 19:59
国家観のことではなくて、結婚とか貞操とか出産とかに関する価値観です。
よしりんは漫画で自分の浮気を公言しています。
Posted by 野津裕史 at 2007年05月25日 20:18
 あぁそうですか。しかし私は、既婚者は絶対に浮気すべきではない、浮気する者は生きる価値のない人非人、死ね!とか言いましたっけ?よくわかりません。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年05月25日 20:39
不倫だなんていって浮気を煽るような風潮はどうかと思います。
昔なら姦通罪です。規範意識は薄れ、道徳観念も廃れ、「自由」を錦の御旗にし、なにをやってもいいんだ、と錯覚しているのでは?
もう、百鬼夜行の世の中ですよ。
Posted by sesiria at 2007年05月26日 09:17
 sesiriaさん、そうですね、夫の浮気は妻への裏切りですからね。確か小林よしのりは奥さんの公認の下に好き勝手をやっているはずだから、浮気することに罪の意識がないのかもしれません。

 正直は美徳でしょうが、何もかも告白し暴露するというのは恥であり、みっともない。

 レズであることを売り文句にしている民主党候補の尾辻かな子なんてそうでしょう。なんで自分の性癖を公言するのか…。


Posted by 便利屋こと所長 at 2007年05月26日 21:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法