左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2015年07月12日

キールアーチ新国立競技場が末代まで残す安倍自民党の恥辱

 2015年9月にガンバ大阪のサッカー専用スタジアムが大阪府吹田市に完成する。吹田市立スタジアム建設事業は国土交通省平成25年度第1回住宅・建築物省CO2先導事業採択プロジェクトである。設計者は竹中工務店と安井建築設計事務所、建設者は竹中工務店である。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<ガンバ大阪の新サッカー専用スタジアム−吹田スタジアムの特長>

⾮常時のエネルギー⾃⽴にも対応した取り組み

吹⽥市の「第3の災害対策本部」「救援物資配送センター」として災害時に活⽤するための、⾃⽴したエネルギーを確保

⾮常時対応⽤の設備

防災⽤発電機による電⼒確保
・150kwの防災専⽤発電機を設置
・燃料(1950ℓ)は試合⽤⾮常⽤発電機のものを利⽤

災害⽤備蓄倉庫を設置
・1階スタンド下部に災害⽤備蓄倉庫を確保
・屋根のある駐⾞場(152台分)に救援物資配送センター機能を確保

スタジアム固有の設備
太陽光発電による昼間電⼒のバックアップ
・太陽光発電約500kwにて対応

⽣活⽤⽔の確保
・受⽔槽(100t)と⾬⽔利⽤槽(360㎥)を利⽤

⽣活排⽔槽の確保
・汚⽔槽(450㎥)にて対応

⇒「避難所」としても、⻑期で300⼈が1ヵ⽉間、短期で800⼈が10⽇間の滞在が可能


国内初採⽤−スタンド鉄⾻屋根の「3Dトラス構造」と免震化

構造・機能・意匠が融合した合理的で安全性の⾼い屋根架構。たて・よこ・ななめの、3つのディメンジョン(3D)に梁を設けた、世界初の超軽量・屋根架構システム

・屋根のメイン鉄⾻梁を斜めに設けることで⼤幅に柱間を縮⼩
・スタンド部分と屋根部分の間で免震装置を設置し、より鉄⾻屋根を軽量

⇒ 屋根部分の鉄⾻量を31%削減(970t相当)

国内初採⽤−スタンドの基礎部分を100%Pca化(⼯場⽣産化)

合板型枠使⽤量削減と⼯期短縮・省⼈化を図る。従来スタジアムと⽐べ、合板型枠使⽤量と、現地での労務量を⼤幅に削減
・今後懸念される労務者不⾜に対する、省⼈化と⼯期短縮を実現
・⽊材伐採量削減により地球環境保全へ貢献

⇒ 在来⼯法に⽐べて型枠量85,000u削減
⇒ 南洋材伐採量486本削減

国内初採⽤−スタジアムを防災拠点と兼⽤できる施設整備⼿法

スタジアム固有の機能と⾃然エネルギーを活かし防災拠点を整備する
・メディアスペース⇒ 吹⽥市災害対策本部
・スタンド下部⇒ 災害⽤備蓄倉庫
・3階・4階コンコース(6,700u)客⽤トイレ
4階VIPエリア(2,200u) 選⼿⽤シャワーなど
⇒ 避難者滞在スペース

・⾬に濡れないスタンド下部の駐⾞スペース
⇒ 救援物資の配送センター

・試合開催中のピッチ照明⽤バックアップ燃料
⇒ ⾮常時の発電機に利⽤

・受⽔槽(100t)と中⽔槽(360㎥)⇒ ⽣活⽤⽔
・汚⽔槽(450㎥) ⇒ WCの排⽔対応
・太陽光発電(500kw) ⇒ 昼間電⼒のバックアップ

国内初採⽤−ピッチ天然芝への適切な採光・通⾵環境整備⼿法

芝⽣への⼗分な⾵を運ぶ「⾵の道」と⽇射量を増やす低い屋根で光合成を活性化。

「⾵の道」をスタジアム全周に設置
・年間を通してあらゆる⽅向の⾵をピッチへ有効に導く
・試合時には通⾵経路をシャッターで閉鎖

低い屋根が⽇射を最⼤限確保
・屋根⾼さを極限まで下げるとともに、南側屋根をガラス
とすることでピッチへの⽇射を確保

⇒ 天然芝のメンテナンス性向上により張替周期延⻑を実現


 竹中工務店と安井建築設計事務所が吹田市立スタジアムの設計と施工に最先端の建築技術を投入した結果、建設費用140億円、建設期間1年10ヶ月で、以上の多機能を持つ素晴らしい4万人収容サッカー専用スタジアムを建設することに成功したのである。これこそ世界に誇るべき我が国の最先端の建築技術である。

 ところが安倍晋三、麻生太郎、下村博文、森喜郎らは、この吹田スタジアムを生み出した建築技術を無視して、コストの高騰と工期の長期化の要因となっている2本のキールアーチ(重さ2万トン!)に固執し、2520億円以上の建設費用がかかる新国立競技場の建設を強行しようとしている。
 キールアーチは、橋を支える構造として用いられる土木工法であって、スタジアムの屋根を支える建築工法ではない。つまり新スタジアムの建設には全く不向きなのである。

 もし競技開催中にキールアーチが崩落すれば大惨事であるから、新国立競技場完成以後も、政府は屋根を支える巨大なキールアーチの耐震強度を維持するために、絶え間なく膨大な費用と資材と人員を投入して補修を継続しなければならない。

 そうするとその分だけ他の建物や道路の防災強化が滞るのに、国土強靭化を標榜する安倍内閣が東京オリンピック開催時に発生するかもしれない首都直下型地震を想定して首都防災を強化しなければならない時に、キールアーチを用いる新国立競技場を建設するというのである。まさに支離滅裂、ルーピーの所業である

 吹田市立スタジアムが完成すれば、新国立競技場の醜さと愚かさがより一層際立つ。それは、安倍晋三、麻生太郎、下村博文、森喜郎、安藤忠雄らの醜さと愚かさでもあり、新国立競技場は完成後数十年以上にわたり彼らの醜さと愚かさとを象徴し教示し強調し続けるだろう

 それでもなお設計の変更を行うことなく建設を強行するならば、安倍晋三ら自民党首脳の厚顔無恥は朝日新聞社と同じ水準に達していると言わざるを得ない

 尾崎秀実著作集に収録された尾崎の戦時論文は、尾崎が所属したゾルゲ機関の謀略活動、近衛内閣の軍事外交内政の真の目的、さらに近衛の正体まで、余す処なく示唆しているばかりか、当時の支那戦線の戦況や、我が国軍部の戦略構想、国民感情をも克明に伝える貴重な第一次史料である。

 ところが尾崎秀実に情報を提供した朝日新聞社の田中慎次郎は、尾崎秀実著作集第2巻月報に「開戦前の一夜」という手記を寄せ、「共産主義者としての尾崎君の実践は、周知のように、諜報活動に限られていた」と書いているのだ。

 この尾崎秀実著作集2巻には、支那事変の拡大長期化を煽動し汪兆銘政権樹立工作を推進するために尾崎秀実が中央公論や改造に寄稿した膨大な戦時論文と、ゾルゲと結びつき近衛内閣にブレーンとして食い込んだ尾崎の「世界革命の一環としての東亜新秩序構想」に言及する野村浩一の解説が収録されているというのに!

 普通の人間は、ウソをつく時、ウソがばれないように配慮するものだが、田中慎次郎にしろ、約300万人のカンボジア民衆を大虐殺したポルポトらカンボジア共産党を「アジア的優しさに満ち溢れている」と礼賛した和田峻にしろ、朝日新聞社の左翼幹部は、誰も欺くことができない、見え透いたウソを平然と書いて公刊し、後世に汚名を残すのである。

 朝日新聞社の左翼幹部とおなじく、安倍晋三ら自民党首脳も、日本人の最低限度の道徳倫理感である「恥」意識を喪失しているのだろうか。「恥を知る者は強し」「恥ずかしい振る舞いを行わない」「後世に恥を残してはならない」という道徳倫理感が彼らの心中からも雲散霧消しているのであろうか。

 自民党が朝日新聞社と同じ穴のムジナになりたくなければ、竹中工務店と安井建築設計事務所に、スタンド鉄⾻屋根の「3Dトラス構造」と免震化を採用するための新国立競技場の再設計を依頼すべきであると思う方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

・筆者の大勝利(笑)国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56を補強する英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRA

・筆者の戦史を読み謀略史観を重視する歴史家に転向した平間洋一氏の最新著書イズムから見た日本の戦争 ―モンロー主義・共産主義・アジア主義


日本国民がマスゴミに騙されなくなる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422238151

この記事へのトラックバック