2007年04月27日

実戦能力ゼロ海上自衛隊の悲惨な実態を暴く「本当の潜水艦の戦い方」

 所長は書きたくなかったが、1人でも多くの日本国民を生かすために、あえてこの記事を書いた。中露韓朝米に包囲されている我が国の生命は風前の灯である。
 
・はじめにブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 所長は「本当の潜水艦の戦い方―優れた用兵者が操る特異な艦種」を読み終えて、「大東亜戦争とスターリンの謀略」を読み終えたとき以来の衝撃を受けた。

 「大東亜戦争とスターリンの謀略」から受けた衝撃は、感激であったが、「中村秀樹著本当の潜水艦の戦い方」から受けた衝撃は、肝を潰す恐怖であり底知れぬ絶望であった。

 名は体をあらわすというが、海上自衛隊は、海中に潜む「知り難きこと闇のごとき」隠密性に優れる潜水艦を徹底的に軽視しており、海上自衛隊首脳および幹部は潜水艦無用論を唱えた片山さつき並みの軍事音痴なのだ。

 そんなバカなことがあるか!と憤る方は、ぜひとも「本当の潜水艦の戦い方」を読んでいただきたい。

 思い込みや先入観を捨てて、お読みいただきたい。自衛官は、平素、実務でいわゆる作戦という名の活動をしているので、兵力を動かすことは経験している、と思われている。しかし、軍事とはなにかという理解はないので、部隊はエネルギーを消費して運動しているに過ぎない。それを兵術の不在という。この背景は、海上自衛隊に軍事専門家が実はいない、言い過ぎならきわめて少数だということである。

 本書を読まれるほどの読者は、個人の素養として軍事知識をお持ちのことと信じる。民間人であっても、本書で使用される程度の軍事用語は理解されるだろう。しかし、多くの自衛官はそうではない
(本当の潜水艦の戦い方252ページ)

 あちこちの掲示板やブログで、日韓が交戦すれば、日本海自は韓国海軍を瞬殺するという豪語を頻繁に見かけるが、実戦では恐らく逆の結果になるだろう。

 海上自衛隊は帝国海軍の欠点をすべて相続しているばかりか、戦後民主主義が海自をとことん腐敗させているのである。ギレン・ザビの言葉を借りれば、「海上自衛隊にいかほどの戦力があろうとも、それはすでに形骸である、あえて言おうカスであると!」

 そんなことが信じられるか!と憤る方は「本当の潜水艦の戦い方」を読んでいただきたい。

 「情勢と任務に合致しない(だから役に立たない)最新装備に、多額の予算を使って漫然と兵力整備を続け、実戦的とはいえない訓練で誤った経験を重ね、士気低下と法的不備にも気づかず、米海軍におだてられて妙な自信をつけた海上自衛隊が、日本海軍以上の誤りをおかすことを恐れるのは、杞憂だろうか」(本当の潜水艦の戦い方260ページ)

 「本当の潜水艦の戦い方」読み終えた方は、おそらく所長と同じく絶望のどん底に叩き落されるだろう。なぜなら現在の海自幹部に育てられる防大生には期待できないし、片山さつきを議員にしてしまった今の自民党に海自の再建を期待するのは馬鹿げているから。

 お金持ちの日本国民は真剣に海外への移住を検討されるべきでしょう。日本国内に残る我々は日米安保条約を頼りに米日併合をアメリカ政府に請願するしかない。日本国を緊急避難的にアメリカ合衆国の准州にしてもらい、その上で半世紀後の日本の独立を目指した方が、今の日本の政治が続くよりも早く、日本は独立国として再興するだろう。

 そう思わざるを得ないほど「本当の潜水艦の戦い方」が暴露する海上自衛隊の実態は悲惨である、醜悪であるといっても過言ではない。たぶんそれはシビリアンコントロールを行う政府と議会の本質そのものであろう。

 日本は世界で初めて巨大な潜水空母を建造し、これが第二次世界大戦後の戦略原潜を生み出したというのに…。尚武の民がここまで衰退するとは…もうやだ〜(悲しい顔)

【日本に尚武の精神を取り戻そう】

「白い原付で海に向う、青い水着の女の子」が妄想の中でしかありえない透け水着で登場!「妄想…原付と、女の子と、桃源郷」
Creators’Labo #005 Mine bluE#010「妄想…原付と、女の子と、桃源郷」

「日本の美少女フィギュアを愛する日本人は、世界が愛した日本を愛して日本を守ってください!」

・おわりに本当の潜水艦の戦い方―優れた用兵者が操る特異な艦種を読んでみたくなった方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

posted by 森羅万象の歴史家 at 06:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海上自衛隊は海軍では無いのだから士気をどうこう言っても無意味な話で、単なる兵器と言うテクノロジーを扱う技能者集団と見れば良い、それよりも自衛隊を解散して本来の自己完結機能を有した日本軍を創建すべきでしょう。
まずは一撮みでも存在する有為の人材を核として、陸軍中野学校創建方式で中核幹部を育成し法務将校と下士官の情操教育をやり直せば10年程度で精強な軍が創れるのでは無いでしょうか?
個々の兵器の使用に関しては、自衛隊と言う名前の操縦者が居るのだから。
Posted by 火天大有 at 2007年04月27日 19:21
 火天大有さん、コメント有難うございます。

 この本によると、海自は、単なる兵器と言うテクノロジーを扱う技能者集団と見れば良い、というレベルにまで到達しているかどうかも怪しいです。それくらい深刻な事態です。

 海上自衛隊の規律を弛緩させ、海自隊員の士気を低下退廃させている元凶は、特別裁判つまり軍法会議の開催を禁止する占領憲法第76条です。

 ですから「まずは一撮みでも存在する有為の人材を核として、陸軍中野学校創建方式で中核幹部を育成し法務将校と下士官の情操教育をやり直す」ことは必要でしょうが、占領憲法第76条を何とかしないと、すべてはその場しのぎの国防国策に止まってしまうのです。本来の自己完結機能を有した日本軍の創建は不可能なのです。

 何より精強な日本軍を創建しようという意志を持った政治家がいません。国防通といわれる石破茂だって海自の悲惨な状態を放置したままだったのだから論外だろうし、西村眞吾議員はすでに政治生命を絶たれているに等しいし…。

 本当に絶望的です。

Posted by 便利屋こと所長 at 2007年04月27日 19:41
ガンガレ!!

シナとチョンの暴挙をこれ以上許すな!!

弱体我が日本を立て直そう!!
Posted by 緊急事態発生!! at 2007年05月01日 14:43
 緊急事態発生!! さん、コメント有難うございます。励みになります。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年05月02日 17:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法