2007年04月18日

マスコミの編集権とは国民に知らせない権利か 占領憲法第12条について

 森羅万象は新聞の紙面やテレビの報道番組に収まらない。だから当然マスコミは報道内容を取捨選択し、視聴者はマスコミの取捨選択権すなわち編集権を許容せざるを得ない。マスコミはそれに付け込み、編集権を悪用し、日本人に知られると特亜の国益を損ねる事実や日本人に知られると日本の国益に貢献する事実を伏せ、或いは要人の発言を部分的に省略し発言の内容を恣意的に捻じ曲げて、国民世論を操作する。

 マスコミの虚報の詐術(スルー)は始末に終えないと憤る方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います揺れるハート

 東国原英夫知事は、マスコミが頻繁に行う編集権の悪用とくにネット界で一般国民に嫌悪され憎悪されているスルーの詐術を批判しているのに、県政記者クラブの報道陣には理解できないらしい。

詳報、そのまんま知事vs報道陣 激バトル「定例会見は必要?」(産経新聞)

 宮崎県の東国原英夫知事(49)は16日の定例記者会見で、会見開催の意義をめぐり、県政記者クラブの報道陣らと激しい舌戦を展開、会見場が不穏なムードに包まれるひと幕があった。知事が会見の冒頭で「定例記者会見は必要ですか」などと逆質問。対する報道陣が「稚拙な質問」と応戦し、“バトル”の第1Rのゴングが鳴った。会見は結局、予定通り行われたが、大きな遺恨を残す形となった。

 1月の知事就任以降、行ってきた定例会見。先制パンチをサク裂させたのは、“時の人”東国原知事だった。

知事「定例記者会見って必要ですかね。ことさら特筆すべき発表がないときはなくてもいいのでは。物事が起きたときにその都度やればいい」

報道陣「知事として発表することがないから、記者会見を開く必要があるのかなというのは、稚拙な質問だなという印象を持ちました」

知事「稚拙だとは思っていません。ファンダメンタル(根本的)な疑問だと思う。毎日のように聞かれてるんですよ、あなた方に」

報道陣「定期的な会見が必要かっていうのは…」

 会見場は一触即発のムードに包まれた。知事は続けて「あなたたち(記者)が聞きたいことが必ずしも県民が聞きたいこととは思わない」「会見内容を1時間分、全部明日載せてくれます?」とプンプン。

 報道陣が「何を選択するかはわれわれの編集権。侮蔑した質問ですよ」と応酬すると「そっちの方が侮蔑してる。県民軽視ですよ」とヒートアップした。結局会見は予定通り行われ、結論は持ち越された。

 都道府県知事は通常、定例の記者会見を開いており、東京都の石原慎太郎知事(74)の場合は毎週金曜日。今回の発言をめぐり波紋を呼ぶのは必至だ。

 東国原知事は1月の初登庁時、作業着を着て謙虚な姿勢をみせていた。しかし、今月2日の入庁式で「(自身が服用した)タミフルで異常行動に走るかも」と発言したことを、同日の記者会見で釈明しながらも「事細かに批判され、訂正を求められるのはいかがなものか」と批判。対立ムードが漂っていた。

 一方、この日の会見では就任直後から続くテレビ出演について「出過ぎ」という批判のメールが一部から届いていることを明らかに。知事は「公務をおろそかにしているつもりはない。テレビ、メディアに出続けて(宮崎の)PRはしなきゃいけない」と説明。週末には頻繁に上京しテレビに出演していることから、嫌いなのは県政記者クラブだけ?


 東国原英夫知事は「何を選択するかはわれわれの編集権。侮蔑した質問ですよ」という記者の傲慢な発言に対して「あなたがたマスコミの編集権行使は国民の知る権利を侵害する権利濫用であり、憲法12条違反じゃないか!」と逆襲すればよかったのに。

占領憲法第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」

 そうすればマスコミはブチ切れて「マッカーサー占領憲法は危険だから廃棄すべきだ!」と叫び出すかもよわーい(嬉しい顔)

 福島瑞穂ら左翼リベラル護憲派はよく「憲法は国家権力を縛るものであり国民を縛るものではない」とか喚き散らすが、これは占領憲法第12条の存在を無視する極めて幼稚な虚偽である。占領憲法第12条の存在が目立つと左翼リベラル護憲派は困るのである。なぜか。

 まず「占領憲法は帝国憲法より厳重に国民の自由や権利を保障している」という護憲学者の虚偽学説が国民に通用しなくなり、占領憲法を帝国憲法より優れた最高法規として崇める人工的な民意をもって、占領憲法が抱える制定上の瑕疵を糊塗できなくなる。護憲論が崩壊するのである。

 そして左翼勢力に対する一般国民の警戒感が強化される。左翼勢力が政権内に入り込むと占領憲法の第12条と第13条を使い、彼らが推進したい国内革新策の障害になる諸々の国民の自由と権利に「自由の濫用」「公共の福祉に反する権利行使」「憲法第12条違反」というレッテルを張り、反政府的な一般国民を弾圧するに違いないから。

 拙者が危惧するに、自民党左翼派、日蓮正宗の衣をまといたる中共工作機関である創価学会および公明党、そして人権フォーラム21などの北朝鮮系共産主義者は、日本の自由主義を根底から覆す人権擁護法案を擁護するために占領憲法第の12条と13条を悪用するのではないか。

 占領憲法の生みの親はGHQ民政局のニューディーラー(アメリカの共産主義者少なくとも容共主義者)である。だから占領憲法はアカにまみれ危険きわまりない。我々は何としても占領憲法の廃棄と帝国憲法の復活を実現し、アカから日本国を護り抜かねばなるまい。

<関連記事>

・日本を守る凛々しく美しいクイーンズブレイド 武者巫女トモエ



「トモエが八百万の神々の名において反日マスゴミを斬る」(税込みネット特価4,194円アマゾンでは5,250円)

・笑う門には福来たるは医学的に正しい。これが朝日新聞社の生きる道!わーい(嬉しい顔)18禁電波浴「朝日新聞のトンデモ読者投稿」

日の丸君が代に反対する本心の自由を守ろう!

大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います揺れるハート


【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東国原英夫知事と記者クラブのバトル、面白く読ませて頂きました。私は知事の方を応援したいと思います。

バトルがあったのは、ネットで知っていましたが、バトルの詳しい内容を知ったのは、貴ブログの産経記事を通じてです。

私の職場で産経は読めますが、この記事は気が付きませんでした。

自分に興味がある記事をピックアップしてくれるのも、インターネットもしくは、ブログの良い機能だと思います。

私は自分の好きなブログのみをRSSリーダーに登録して読んでいますので、貴ブログが、これはという記事をピックアップして下されば、私が、読むことができます。

これは、ブログの編集機能と編集権が、既存メディアの編集権に挑戦しているお話のように、私には思えます。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2007年06月11日 20:21
 屋根の上のミケさん、ほんのわずかな抵抗ですけれどね。

 いまの政治家にはマスコミに注目される自分の立場を利用してマスコミを攻撃する狡猾さが足りない。
Posted by 便利屋こと所長 at 2007年06月12日 20:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

憲法新無効論最新刊! 日本国憲法無効宣言 渡部昇一 南出喜久治
Excerpt: 新無効論は講和条約有効論です。つまり、新有効論です。...
Weblog: ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>
Tracked: 2007-04-22 22:18
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法