左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2014年02月01日

朴正煕評伝(英語名Park Chunghee)−日本軍に入隊するための血書提出

 韓国の中央日報が2012年04月04日に「朴正煕、血書まで書いて日本学校に入学したのは一種の流行」という記事を掲載した。その内容は、もはや我々日本国民には理解できない韓国マスコミ人の奇妙奇天烈な思考を示している。

頑迷固陋な数十年来の朝日新聞信者に朝日の定期購読を止めさせてしまう大東亜戦争史を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

朴正煕、血書まで書いて日本学校に入学したのは一種の流行」(中央日報/中央日報日本語版2012年04月04日15時23分)

 イ・ジョンシク米ペンシルベニア大名誉教授兼慶煕大教授(81)が米アマゾンドットコム(amazon.com)から『朴正煕(パク・ジョンヒ)評伝』(英語名Park Chunghee)を出した。 朴正煕元大統領(1917−79)が生まれた20世紀初めから1961年の5・16軍事クーデター発生までの現代史を「人間朴正煕」を中心に再照明した。

 イ教授は著書『韓国共産主義運動史』で、すでに70年代に世界の学界に名前が知られた。 周囲の勧めで4年前からこの本を準備したという。 韓国・中国・日本に残っている朴元大統領関連場所も踏査した。1週間後には電子ブックも出る予定だ。

−−総選挙・大統領選挙を控えた微妙な時期に本が出てきた。

「私はそういうことを全く考えていなかった。 数年間にわたる作業になり、ようやく編集が終わった。 私は朴元大統領の世話になったこともない。 1950年代から米国に居住し、むしろ維新に反対した。 朴大統領批判で有名な雑誌『思想界』の米国通信員も務めた。 維新が始まった72年から9年間は韓国を訪問したこともなかった」

−−どんな点に力を入れたのか。

「彼の父の朴成彬(パク・ソンビン)の時代から5・16クーデターまでの韓国と周辺国の歴史を振り返りながら、どんな状況またはイベントが人間・朴正煕にどんな影響を与えたのかという点に注目した」

−−著書の副題の「From Poverty to Power(貧困から権力に)」はどういう意味か。

「貧困が権力を追求させたということだが、朴正煕は貧困が自分の師だったと語った。 山頂にあった彼の生家に行ってみると、その言葉を直感できる。 父親の朴成彬は両班の家の長男で、科挙を準備している途中、東学に加入して死刑にあうところだった。 その件で家門から追い出され、妻の家の墓守に転落した。 貧しくなるしかなかった。 朴正煕は頭がよく、大邱(テグ)師範学校に入学するが、食事代を出せず、毎年40日ほど欠席した。 小学校でトップだった学生が、大邱師範学校では70人のうち69位で卒業することになった背景だ。 こうした貧困の記憶が彼の将来を左右した」

−−大邱師範学校を卒業した後、普通学校(小学校)の教師になり、比較的安定した生活を送ることができたが、なぜ満州軍軍官学校と日本陸軍士官学校に通ったのか

「幼い頃の夢が将校になることだった。 学生時代に読んだナポレオンと李舜臣(イ・スンシン)の伝記も影響を及ぼした。 また大邱師範学校の同窓生は次々と日本へ留学したが、自分は貧しかったためそうできなかった。 軍官学校に行けば将校になり、高等教育も受けられて、一石二鳥と考えたのかもしれない」

−−民族を裏切るという考えはなかったのか。

満州軍軍官学校に入学した年が1940年。 当時の日本軍は破竹の勢いで中国を攻めた。 日本の東洋制覇を疑う人がほとんどいない状況だった。 日本の秘密文書を見ると、日本に非協調的だった韓国人の大半が協調的に変わったと書かれている時期だ。 23歳の朴正煕もこうした雰囲気にのまれるしかなかった

−−入学願書とともに血書まで書いたが。

「1939年、40年当時、日本軍に入隊するための血書提出は一種の流行だった。 血書を書いた韓国の青年が39年の初年に45人、翌年40年には168人だった。 彼の軍官学校入学は血書のためではなかった。 彼は日本を敵対視しなかった。 考えてみてほしい。彼の父親が東学にかかわり、墓守として延命する状況で、朝鮮王朝が続いたとすれば、朴正煕はどんな教育を受けただろうか。 日本は彼に教育を受ける機会、将校になる機会を与えた」

−−朴元大統領をかなり擁護している。

「そう聞こえるかもしれない。 しかし当時の状況を考えて青年・朴正煕の心情と行動を理解してみようということだ。 それが正しいかどうかを判断するのは読者の役割だ。 私も日帝時代を生きてきた一人として、当時の人物に対する理解が先立つのは事実だ」

−−南朝鮮労働党(南労党)として活動した経歴は。

「南労党に加入したのは、彼が幼い頃から頼ってきた3歳上の兄が光復(解放)直後、米軍治下の警察の銃で死亡した後だった。 当時、韓国人の大半は米軍政に失望して反対した。 こうした状況で兄の友人だったイ・ジェボク牧師が南労党軍事責任者で朴正煕大尉を後押しした。 米軍政下で南労党は不法団体ではなく合法団体だった」

−−61年のクーデターはどう評価するか。

「私は当時、来るべきことが来たという心情だった。 李承晩(イ・スンマン)博士はあまりにも老衰し、周囲の人物に左右され、4・19革命後に政権を握った民主党の指導者は早くに死去したり、指導力を発揮することができなかった。 社会は非常に混乱した。 張俊河(チャン・ジュンハ)氏と金俊ヨプ(キム・ジュンヨプ)教授が主導した雑誌『思想界』が5・16クーデターを支持したのにも、こうした背景があった」

◇イ・ジョンシク=1931年平安南道安州(ピョンアンナムド・アンジュ)生まれ。 韓国独立運動史と共産主義運動史の研究の基礎を築いた。 33年に満州に移住して成長期を過ごし、48年に北朝鮮に帰還したが、1・4後退当時に南下した。 米軍将校の支援で米国に留学し、UCバークレー大学院で‘運命的恩師’スカラピーノ教授に会った。 『韓国の民族主義運動史』『韓国共産主義運動史』とともに、李承晩・徐載弼(ソ・ジェピル)・呂運亨(ヨ・ウンヒョン)ら主要現代史人物の評伝を出した。


 1939年から40年当時、朝鮮半島では、日本軍に入隊するための血書提出が一種の流行となり、朴正煕が日本を敵対視しなかったのであれば、韓国マスコミが喧伝する慰安婦強制連行説は事実無根である。それは絶対に有り得ない

 しかし韓国マスコミは慰安婦強制連行を既成事実化しようとこれを喧伝し続けるのである。彼らの脳内歴史認識では、日本軍が朝鮮の婦女子を拉致誘拐し性奴隷として戦場に連行するという凶悪犯罪を実行していた真最中に、朝鮮人の青年が日本軍に入隊するための血書を提出したり、朴正煕が日本を敵対視せずに日本の陸軍士官学校に入学したらしい。

 所長が思うに、我が日本国の政治家は、次のように朴槿惠を叱責し続け、国内外の反日勢力に内紛を起こすこと以外に、彼らを打ち破る戦術はないだろう。

このまま朝日新聞社が捏造した慰安婦強制連行説が既成事実となったら、貴女の父(朴正煕)は、第二次世界大戦中には、日本軍が朝鮮の少女を拉致し誘拐し性的奴隷として酷使していたことを黙過して日本陸軍士官学校に入り、韓国大統領として日韓基本条約締結時には、日本軍の蛮行を敢えて不問に付したことになる。

 それらこそ最悪の親日(売国)行為である。貴女の父は最悪の親日行為を犯したというのか!?貴女の父は、朝鮮の少女を拉致し誘拐し性的奴隷として酷使していた日本軍に対して、何の抵抗も示さず、何の叛乱も起こすことなく、ぬけぬけと日本陸軍の士官学校を卒業した臆病で惰弱で卑怯で卑屈な卑劣漢だったというのか!?貴女は自分の父親の名誉を汚すのか!?」

 そうすれば朴槿惠は、韓国の反日世論に対する「忠」と、自分の親に対する「孝」との間で苦悩煩悶し、ようやく慰安婦強制連行説の荒唐無稽さに気付いて、これを捏造した朝日新聞社に「恨」を抱くようになるかもしれない。

Park Chung-Hee: From Poverty to Power
Park Chung-Hee: From Poverty to Power
頑迷固陋な数十年来の朝日新聞信者に朝日の定期購読を止めさせてしまう大東亜戦争史を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。」
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我々日本人が南北朝鮮の人名等を朝鮮読みする必要は全然必要ありまへん。何が怖くて朝鮮読みしとんねん。「ぼく・きんけい」「きん・しょうおん」「ちょう・せいたく」「きん・けんじ」「ちょう・こうまん」でええねん。

ウクライナの件、ほれ、やっぱり、ロシアはソビエト時代と全然変っておまへんやろ。支那・朝鮮だけでなく、それ以上にロシアも警戒してな。
Posted by このバカモノ at 2014年03月08日 20:51
変わってないのは、アメリカ。封じ込めして、新冷戦という神話をつくりたいだけ。
箱庭に閉じ込められているのが、わからんのか。
狭いところで、WAおーん。
Posted by 白の犬の虱 at 2014年03月09日 11:01
結局革命に手を貸してしまったのが大日本帝国。明石大佐の工作はどう説明するの。長期的に見ないで視野狭窄だったから、自爆戦争突入して現在に至るのでしょ。はめられたのわからないの。
Posted by 白の犬の虱 at 2014年03月09日 21:54
日本読みは通名に通じる。
朝鮮名は朝鮮読みすべし!
Posted by 区別せよ at 2016年10月20日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386672752

この記事へのトラックバック

続 YUUAI、YUUAIせよ! YUUAI、YUUAIせよ!♪ 第一楽章”内閣府職員”
Excerpt:  わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。[北斗の拳 世紀末覇者ラオウ&黒王号 リペイントVer.]北斗の拳 世紀末覇者ラオウ&..
Weblog: 愛国学園 teacup分校
Tracked: 2014-02-01 22:34