2013年10月18日

現在の日本代表は三方ケ原の戦いの徳川勢

 現在のサッカー日本代表は三方ケ原の戦いにおける徳川勢に似ている。

 浜松城を無視して進軍する約二万二千人の武田勢を見た徳川家康は、約一万一千人の軍勢を率いて浜松城を出撃、武田勢を追撃したところ、三方ケ原台地において待ち構えていた武田勢は分厚い魚麟の陣形をもって徳川勢に逆襲した。
 徳川勢は薄い鶴翼の陣形をもってこれを迎撃したものの、武田勢に木端微塵に粉砕され、徳川家康は馬の鞍に脱糞しながら浜松城に逃げ帰ったのである。

 籠城は有効な戦術の一つであると思う方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 

 日本代表の「棄守遅攻」は、対戦相手に「堅守速攻(逆襲)」という弱者の戦術を献上してしまう。だから対戦相手が日本の格下の場合、日本代表は苦戦し、相手が日本の格上の場合、日本代表は三方ケ原の徳川勢のごとく惨敗を喫するのである。

 本田は中盤でボールを持ちすぎるうえ、縦突破力を欠く香川が左MFに入るから、日本代表の攻撃は著しく遅延し、その間に対戦相手は分厚い守備の壁を構築し、手薄になった日本の背後を突く逆襲の準備を整える。そして柿谷は間隙と速度を失い技術を活かせない。

 日本代表の布陣と戦術は、本田のキープ力を攻撃のブレーキに変え、香川の長所であるPA内の得点力と、柿谷の長所である佐藤寿人譲りの裏抜け、卓越したムービングトラップ、変幻自在の高速ドリブル突破を殺してしまっている。

 所長が思うに、この三人を同時起用しつつ各々の長所を活かす布陣は以下ではないだろうか。

香川(大久保) 本田(大迫)

柿谷(原口) 岡崎(清武)

遠藤(扇原) 長谷部(山口)

長友(酒井高)今野(森重)吉田 内田

 香川は、ポストFWの本田を周回し得点に専念する。ボランチが本田にパスを通し、本田がボールを保持して相手DFを吸引すれば、柿谷か岡崎のどちらかが二列目から相手DFラインの背後に飛び出す。FWの本田が前線でボールを保持しながら自ら得点を狙い、あるいは香川とパスを交換すれば、日本の得点機会は増えるだろう。

 そして対戦相手がブラジル級の強豪である場合は、清武がダブルボランチの位置に下がりボランチの一人がアンカーとなる。日本代表は臨機応変に4-2-2-2の布陣から堅守速攻に適する4-3-2-1の布陣に変形するのである

扇原(遠藤) 清武

 山口(長谷部)

 岡崎と清武より優秀な攻守兼務のMFがいれば、監督は彼を起用すべきであることは言うまでもない。複数の対戦相手が「堅守速攻」の有効性を証明しているのに、日本代表が独り「堅守速攻」を拒絶して「棄守遅攻」のワンパターンに陥るのは、滑稽である。

<関連ページ>

浜松の城と合戦―三方ケ原合戦の検証と遠江の城

我、六道を懼れず-真田昌幸連戦記

ワールドサッカー ウイニングイレブン2014
ワールドサッカー ウイニングイレブン2014

 戦術は対戦相手に応じて変化すべきであると思う方は、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


<消費税率の引き上げから国民の生活と生命を護るための情報>

 アイルランドが発明した偉大な湯沸かし器付き携帯用ロケットストーブは、これを永く愛用する人ために、落ち葉や枯れ枝を光熱費分のお金に換えてくれます

 これに日本の誇る珍発明発電鍋ワンダーポット7をかければ、家庭に小さなバイオマス火力発電所を建設し、料理にかかるガス代と電子機器を動かすための電気代を節約できます

 次に新聞の年間定期購読を止めれば、約48000円(約4000円×12か月)を捻出し、国華園の激安果樹一等苗100本と、リン酸肥料の発酵鶏糞15リットル(68円)100袋を購入し、小規模の果樹園を作ることができますわーい(嬉しい顔)

 反日亡国主義の新聞を存続させる新聞の定期購読は、自分個人と、過去と現在と未来の日本国民の集合体である日本国を殺してしまう、本当に愚劣な自殺行為です
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法