2013年10月15日

ATD-X心神のベンチマーキングを公言する韓国紙

 韓国企業の得意技「ベンチマーキング」とは朴李(パクリ)である。それは他国の最先端技術を盗み取ることである。韓国の文化日報は、2014年からテスト飛行を開始する我が日本国の先進技術実証機(Advanced Technological Demonstrator-X)心神の「ベンチマーキング」を公言して憚らない。

 ATD-X心神に満載される最先端軍事技術の漏洩を防ぐために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

FX、「張保皐事業」のようにせよ(韓国文化日報2013-10-01)

 有事の際に、世界で最も濃密な防空網を備えた休戦ライン北側の平壌上空のレーダー網を避けて数分以内に誰にも知られぬうちにひそかにミッションを遂行できる能力を持つのは、F-35AやF-22ラプターなど第5世代戦闘機だけだ。2010年の「天安」爆沈事件直後、米国の最強ステルス戦闘機F-22が韓半島に現れるやいなや、金正日はすぐに地下壕に隠れ、また今年の3~4月にB-2ステルス爆撃機とF-22が韓半島に展開すると、今度は金正恩が地下壕に入って作戦指揮をしたのは、第5世代戦闘機の恐るべき威力のためだ。

 同盟にも等級がある。米国政府が同盟国サウジアラビアのF-35A販売要請を拒否して、代わりに第4世代戦闘機F-15SA 84機を2011年から販売したのは、イスラエルのためだ。米国は2016年からイスラエルにF-35Aを渡して、中東の制空権を掌握できるよう配慮した。台湾もF-35A購入を要請したが、中国の反発を意識した米国政府は黙殺無返答だ。

 (韓国)政府は第3次次期戦闘機(FX)事業に関して、他機種との混合導入、分割導入など様々な事業方式を検討中だ。我が国は、北朝鮮の核兵器などに対抗する非対称戦略兵器であるステルス機なしでは、北東アジアで2流空軍に転落するほかない。歴代空軍参謀総長が大統領府にステルス機導入を求める声明書を送ったのは、こうした理由からだ。

 FX事業単独候補だった米国ボーイング社のF-15SEが、競合3社中で総合成績2位だったにもかかわらず最終否決されたのは、1位となった米国ロッキードマーティン社のF-35Aとの顕著な点数差が決定的だった。未来戦の「盾」に相当するステルス機能が今回の総合評価で戦闘機全体性能の70~80%という圧倒的比重を占めたことは、何を意味するか。

 ステルス機能は未来戦闘力の核心だ。第4世代戦闘機であるF-15SEを改良してステルス機能を補強しても、初めからステルス機能を念頭に置いて設計製作した第5世代戦闘機に追いつくのには力不足だ。ステルスは、未来の空中戦に先立って戦闘機市場の地図まで変える「ゲーム・チェンジャー(game changer)」として作用する。米国空軍の報告書は、F-35A空軍型は既存の第4世代戦闘機と比較して空中戦遂行能力は4倍、空対地能力は5倍以上、情報監視偵察任務は3倍以上の性能を発揮し、生存性は3~4倍高いという総合評価を下した。未来戦の「窓」となるステルス探知レーダー技術も、ステルス技術を習得して初めて可能となる

 2016年から42機、長期的には100機までF-35Aを導入することにした日本が、機体部品の40%を国産化するのに注目せねばならない。日本国内にF-35A最終組立・点検施設を設置し、三菱重工が自主開発中のステルス技術実証機「心神」に活用して、独自ステルス機F-3を開発するのための布石だ。ロシアのPAK FA、中国のJ-20・J-31ステルス戦闘機に追いつくための「東北アジア空中戦」は、今まさに進行中なのだ。

 韓国型戦闘機(K-FX)事業は、日本の独自ステルス機開発過程をベンチマーキングせねばならない。K-FX事業成功のカギは、やはり独自ステルス技術の確保にかかっている。1992年以降ドイツから潜水艦完成品を持ってきて核心技術を確保した「張保皐」事業を手本とすべきだ。2020~2030年に非対称戦略兵器である3000トン級潜水艦を我が国の独自技術で開発するチャンボゴIII設計作業が進行中だ。FX事業の最終的な国家戦略目標はステルス独自技術の確保でなければならない。


 韓国紙が「韓国型戦闘機(K-FX)事業は、日本の独自ステルス機開発過程をベンチマーキングせねばならない」と公言し、ソ連スパイ尾崎秀実を輩出した朝日新聞社をはじめ我が国の反日的日本人たちが国防治安外交に関する機密を保全するための特定秘密保護法案に反対する。我々日本国民がすっかり見慣れてしまった日韓反日勢力の見事な連携である。

 ATD-X心神に満載される最先端軍事技術の漏洩を防ぐために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<韓国に媚び諂う反日マスゴミを斬殺する名著>

 韓国から学ぶべきことなど一つとしてあるはずがない! 韓国メディア自身が図らずも報じていた民族に染み付いた悪弊、悪習の数々。そして外見は華やかでも内部は貧弱な《外華内貧》の国柄。

 悪韓論は朝日新聞をはじめ我が国の反日マスゴミが隠蔽する隣国の本当の姿を冷徹に日本国民に示す。

悪韓論(室谷 克実著/新潮新書)の目次。

序章 李王朝の昔から続く宿痾
第一章 韓国コンプレックスに陥ることなかれ
第二章 格差王国の身分制度
第三章 就職浪人大国の悲惨
第四章 短期退職者が溢れる国に匠はいない
第五章 長時間労働大国の怠慢
第六章 嘘吐き大国は≪外華内貧≫で老人自殺大国
第七章 詐欺大国のうえに訴訟大国
第八章 高級マンションはヤミ金大国の象徴
第九章 お笑い詐欺大国、だから原発が恐ろしい
第十章 恩赦大国に腐臭なき人はいるのか
第十一章 韓国型生活様式が内包する売買春天国
第十二章 「大国」「強国」だらけのウリナラ


 勤勉で高学歴な国民、急成長する経済力、世界に冠たる技術力-すべては、貧しき内実を華やかな外見で糊塗する隣国の悪しきまやかしだった。李王朝時代から続く凄まじい差別意識、異様なまでの学歴崇拝、熟練工も育たない歪んだ技術蔑視。それが韓国の真の姿である。

 売買春、ワイロ、讒言と虚偽に満ち溢れた生活様式を、海外に輸出(システムの輸出と人員派遣)し、海外で増殖しようとしている「悪なる国」こそ韓国である

 有志がネットを通じて一人でも多くの日本国民にマスゴミが隠蔽するベストセラー悪韓論を広めれば、日本国民の勧善懲悪の道徳倫理感が高まり、悪韓国に魂を奪われた反日マスゴミと売国政治家が死滅する。

 反日亡国主義の新聞を存続させる新聞の定期購読は、自分個人と、過去と現在と未来の日本国民の集合体である日本国を殺してしまう、本当に愚劣な自殺行為である

 経済失政はなぜ繰り返すのか-メディアが伝えた昭和恐慌は、財政危機を誇張し消費税率の引き上げに賛同し公共投資に反対する日本の新聞社の余りに邪悪な真意を暴露し、日本国民を救済している。

 続いて頑迷固陋な数十年来の朝日新聞信者に朝日の定期購読を止めさせる救命救国の大東亜戦争史を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377611433

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか