2013年05月17日

朝日新聞社グループ日刊スポーツ連載の買春レポ「世界の下半身」

 我が国の大手新聞社はスポーツ新聞を発行している。スポーツ新聞の特徴はアダルト記事(性風俗レポ、エロネタ)である。朝日新聞社グループに属する日刊スポーツ新聞社(東京本社)は、宅配版にはアダルト記事を載せないものの、駅売店・CVS販売版にはアダルト記事を載せているそうだ。

 所長は関西人なので実際に日刊スポーツを購入してその真偽を確認できないのだが、南雲海人オフィシャルホームページttp://www.ne.jp/asahi/nagumo/kaito/に「女たちFUCK&DRUG」というページがある。ここには次のように書かれている。

 女たちは日刊スポーツ(東京)に02年から連載中の「世界の下半身」(土曜掲載)を転載したものである。

 大手新聞社は風俗レポと称する買春レポを紙面に掲載し、白昼堂々と売春風俗産業を宣伝し支援しているくせに、過去の我が日本軍が合法的に戦場売春婦(慰安婦)の性的サービスを買ったことと、現在の在日アメリカ軍が合法的に風俗嬢の性的サービスを買うことは女性に対する人権侵害だとほざいているのだ。

 大手新聞社の醜悪な偽善と極度の厚顔無恥に憤る方は、反日マスゴミを殲滅するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

女たちFUCK&DRUG(ttp://www.ne.jp/asahi/nagumo/kaito/sex_top/sextop.htm)

vol.107 

釜山 蛸壷の女

 韓国に「売春取り締まり特別法」が施行された。これによって買春側は1年以下の懲役または300万ウォン(30万円)の罰金が科せられることになった。遊郭として有名な588(オーパルパル)などは摘発を恐れて客足が遠のいた。それに代わって安全なルートで紹介されるホテトルが息を吹き返した。ホテトルといっても時間制でなく1日愛人契約である。

 日本と真珠貿易をしている韓国人の知り合いがセッティングしてくれた金さんは36歳。彼女と一緒にソウルから釜山に移動した。金さんは艶ぽい。若い頃はキーセン(芸者)をしたこともあるし、日本の韓国クラブで働いていたこともある。1日3万円の契約だが2日だと5万円になった。日本語が話せるし接待もプロだ。そして主張もハッキリしている。

「取締法はよくないです。今時の女の子は強制されて働いてません。税金もちゃんと払ってます。職業として認めるべきです」

 金さんの選んだホテルは国際チャガルチ魚市場の近くにあるフェニックス。さっそく市場を探索した。ソウルが東京なら釜山は大阪のような町だ。市場のおばさんは大阪のおばちゃんのノリで楽しい。生タコを食べた。吸盤が舌に吸い付き痛い。おばさんが「ケンチャナヨ(大丈夫)」とゲラゲラ笑う。

「タコ好きですか」

 金さんが意味ありげに微笑んだ。スタミナたっぷりの韓国料理を食べてホテルに戻った。金さんは上着から靴下まで脱がしてくれる。冷蔵庫に目をやるだけで水を持ってくる。読心術を心得ているのだろうか。バスに浸かっているとエッチな気分になった。すると金さんが全裸で現れた。

「そんなに見ないで下さい。恥ずかしいです。もう、おばさんです」(以下省略)

 
vol.339 

I 黒ハート 女たち

 不況で「世界の下半身」も「安・近・短」になった。しかし、韓国は通貨下落したにもかかわらず風俗代金払いは円建で割安感はない。台湾は近いが高い。フィリピンは安全性に不安がある。

 そこで、なんたって中国

 広大な国土と膨大な人口。人海作戦のように女たちが地方から都市に押し寄せる。

 東ガンは香港や広州から1時間圏内。ここが注目されたのはその地理的利便性だ。世界中から投資が集まり空き地に工場が立ち、ホテルや商業施設が完成。香港、台湾、日本からのビジネスマンを接待するカラオケやソープなども急成長したのである。

 だが、金融危機後、投資は滞り、工場閉鎖も相次いだ。風俗産業も危機感を抱いた。これまでのような無愛想ホステスやソープ嬢は駆逐されたのである。

 いまではどこのカラオケやサウナもサービスは良くなり集客努力をするようになった。

 東ガン工場に投資している香港Joeと日本人顧客。管理会社の香港人メンバーたちと円卓で夕食。日本人社長の横には浜崎あゆみ似のカラオケギャル。広州で日本語教師をしているPunkも途中参加。中華のあとはカラオケルームへ移動。これが東ガンでの接待基本だ。

 席に着くとママが小姐たちを連れて入場。気に入った小姐は15分横に座らせることができる。これは無料だが、ホステスとして確認すると200元。いわいる指名料である。お持ち帰りオールナイトは800元。ショートタイムは600元。

 ママは小姐チームのキャプテンといったところで、自分のメンバー小姐が指名されるとそれに応じてキックバックが入る。だから、ママたちの小姐売り込みが激しい。
 
 Punkは安達祐実似、日本人顧客はグラビアタレント系を指名。こっちは美人ではないが元気一杯エロギャルをチョイス。ウイスキーボトルが2本。ワインが1本。飲んで唄って踊ってイチャつく。バブル期のノリで夜中まで騒いだあと小姐とホテルにしけ込んだ(中略)。

 さて、「女たち」(世界の下半身、日刊スポーツ駅売り土曜掲載)もいよいよ最後の時を迎えました。これまでお読み頂き、誠にありがとうございました。て、ゆうと、NHKの「その時、歴史が動いた」みたいじゃん。

 Punk五十嵐、香港Joe、出口君、上海サウナ倶楽部(解散済み)、Tomaさん、LAクリスティ、伊藤君、エロスH氏、塚原さん、澤君、難聴同志会。間違い箇所指摘や情報提供してくれた見ず知らずの読者たち。

 HP担当してくれたチームM.O.B、そして、写真掲載を快諾してくれた横山こうじさん。みなさんに心から感謝の握手を送ります。南雲海人(2009.4.25)


 上記のメンバーが風俗レポと称して世界各国の売春婦や風俗嬢の性的サービスを買い、朝日新聞社グループに属する日刊スポーツ新聞社がその買春報告記事を「世界の下半身」と題して紙面に掲載し、喜々として不特定多数の日本人に売りつけていたのだ。

 朝日新聞社グループは現代でも合法的な売買春を肯定しているくせに、過去の我が日本軍が合法的に戦場売春婦(慰安婦)の性的サービスを買ったことと、現在の在日アメリカ軍が合法的に風俗嬢の性的サービスを買うことは女性に対する人権侵害だとほざいているのだ。

 大手新聞社の醜悪な偽善と極度の厚顔無恥に憤る方は、反日マスゴミを殲滅するために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<韓国に媚び諂う反日マスゴミを斬殺する名著>

 韓国から学ぶべきことなど一つとしてあるはずがない! 韓国メディア自身が図らずも報じていた民族に染み付いた悪弊、悪習の数々。そして外見は華やかでも内部は貧弱な《外華内貧》の国柄。

 悪韓論は朝日新聞をはじめ我が国の反日マスゴミが隠蔽する隣国の本当の姿を冷徹に日本国民に示す。

悪韓論(室谷 克実著/新潮新書)の目次。

序章 李王朝の昔から続く宿痾
第一章 韓国コンプレックスに陥ることなかれ
第二章 格差王国の身分制度
第三章 就職浪人大国の悲惨
第四章 短期退職者が溢れる国に匠はいない
第五章 長時間労働大国の怠慢
第六章 嘘吐き大国は≪外華内貧≫で老人自殺大国
第七章 詐欺大国のうえに訴訟大国
第八章 高級マンションはヤミ金大国の象徴
第九章 お笑い詐欺大国、だから原発が恐ろしい
第十章 恩赦大国に腐臭なき人はいるのか
第十一章 韓国型生活様式が内包する売買春天国
第十二章 「大国」「強国」だらけのウリナラ

 勤勉で高学歴な国民、急成長する経済力、世界に冠たる技術力-すべては、貧しき内実を華やかな外見で糊塗する隣国の悪しきまやかしだった。李王朝時代から続く凄まじい差別意識、異様なまでの学歴崇拝、熟練工も育たない歪んだ技術蔑視。それが韓国の真の姿である。

 売買春、ワイロ、讒言と虚偽に満ち溢れた生活様式を、海外に輸出(システムの輸出と人員派遣)し、海外で増殖しようとしている「悪なる国」こそ韓国である

 有志がネットを通じて一人でも多くの日本国民にマスゴミが隠蔽するベストセラー悪韓論を広めれば、日本国民の勧善懲悪の道徳倫理感が高まり、悪韓国に魂を奪われた反日マスゴミと売国政治家が死滅する

るろうに剣心 完全版
るろうに剣心 完全版 6 (ジャンプ・コミックス)
悪・即・斬!大日本帝國憲法に対する偏見と誤解を助長するコミンテルンの残党にして尾崎秀実の後継者たちを死滅させる大東亜戦争史も広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います」
↓↓↓


<日本国を防衛する食いしん坊バンザイ>

 我が国のソバ好きが対馬ふれあい産直便を利用してソバ通を唸らせるソバの原種に近い貴重な対州ソバを食べれば、対馬の地元経済は潤い、迷惑な韓国人観光客を排除できる。対州ソバの愛好者が韓国から国境の島の対馬を防衛します

posted by 森羅万象の歴史家 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法