2007年01月26日

横浜事件とマスコミ 左翼全体主義者の細川嘉六

 戦時中の細川嘉六は、近衛文麿の近辺にあって、朝日新聞社出身のソ連のスパイ尾崎秀実と共に日本の対支米英戦争の遂行拡大を煽動正当化し、近衛新体制運動を推進して我が国の立憲自由主義議会制デモクラシーを衰退させた張本人の1人である。左翼の欺瞞にうんざりしている方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います揺れるハート 

 本来ならば細川はポツダム宣言第6条および第10条に基づき日本政府とGHQによって断罪されるべき共産主義者であった。

 
 細川嘉六が編集し昭和十七年五月に刊行した「新世界の構想と現実」は、尾崎秀実の論文「大戦を最後まで戦い抜くために」に酷似した第二次世界大戦史観を論じ、「日本は対米英戦争の最も果敢な遂行によって現に世界新秩序建設の原動力たるべき積極的使命を帯びた東亜新秩序の建設の達成に邁進しつつあるのである」と我が国の戦争遂行を正当化し、日本の新秩序は、「英米の金融帝国主義的支配を廃絶し、すでに歴史的使命を終わった古き国際主義、古き民主主義、古き自由主義に処刑の宣告を下すことである」と説明したのである。

 更にこの本は統制派のパンフレットと同様に「国防国家は国家の総力が国防目的に統一集中されている国家」という定義を述べ、「生産される富の大部分が必然に少数者の手に帰し、人民の大部分が必然に窮乏を強いられる社会構造の中で、自由主義はますます少数者にとっての自由、多数者にとっての不自由の原則となっている」と言い、彼等が推進する国防国家の建設に必要とされる革新の原理としてまず「自由主義の否定」を挙げ、「国防国家では、国民の政治経済行為、思想が厳重に統制され、国家目的に背反する私的目標の追求は許されない」と断言していた。(拙書国民のための大東亜戦争正統抄史


 国防国家の建設するために国内革新の遂行と自由主義の否定を主張していた細川嘉六が、国家権力によって自由を剥奪されたことは、まさに自業自得の典型例であり、一片の同情に値しない。むしろ嘲笑に値する。

 細川嘉六の真実を知る者にとっては、横浜事件は右翼すなわち国体の衣をまといたる共産主義者に対する警察と裁判所の的確かつ適切な取締と処分である。

 この程度の事件が戦時中の日本における最大の言論弾圧事件というならば、言論に対する日本政府の圧迫が手ぬるく、ある意味において寛容であり、日本の戦時体制が当時のソ連やドイツ、あるいは現在の北朝鮮や韓国とは全く異なる、いわば似非全体主義であったということである。

治安維持法による言論弾圧

 2003年4月15日、最大の言論弾圧事件といわれる横浜事件について再審開始決定が出されました。一連の事件のきっかけは、リベラリストの細川嘉六が出版記念に関係者・友人を招待したときの記念写真から、その出席者全員を共産党再建準備の謀議をしたものとして逮捕したことでした。私的な温泉旅行を共産党の秘密会議であるとデッチあげたのです。ここから芋づる式に出版人・ジャーナリストら60数名が検挙され、そのうち30余名が治安維持法違反で起訴されました。逮捕された人たちは激しい拷問を受け(5名が獄死)、次々と偽の自白を強要されていったのです。(2003年12月自由法曹団警察問題委員会)



 左翼全体主義者の細川嘉六がリベラリストだって!?笑わせるな!!

 しかし我が国のマスゴミは横浜事件を報道しながら、細川嘉六の真実を報道しない。

 だから日ソ共同宣言が発効し日ソ戦争が終結してから51年目にあたる今日においても、多くの国民は大東亜戦争の真実を知ることができず、共産党の御用団体である上の自由法曹団をはじめとして反日左翼勢力は、国民の無知に付け込み至る所で跳梁跋扈し、厚顔無恥にも戦時中の共産主義者および共産党に虚飾の美化を施し、左右両翼の国内革新運動を取り締まっていた特高警察と治安維持法を悪者に仕立て上げ、挙句の果てに尾崎秀実ら共産主義者が提唱していた東亜協同体論を「東アジア共同体論」に焼き直して共産中国を中心とする東亜新秩序を形成しようと蠢動しているのである。

新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ
和風堂玩具店 新世紀エヴァンゲリオン 綾波レイ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)


左翼を嘲笑するとき、どんな顔をしたらいいの?


【日本に尚武の精神を取り戻そう】

▼装甲騎兵ボトムズ スコープドッグ&ラウンドムーバー 宇宙戦仕様




方位測定ミリタリー腕時計アンチ反日マスゴミ諜報腕時計とを身に着けると(女性にはシチズン ウィッカ エコ・ドライブ!キリコ・キュービーのようにあなたは子供を守る装甲騎兵になれますわーい(嬉しい顔)


・国民がこれを読まないと日本が滅びる!民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

 これを読むと、われわれ日本人が毎日見聞している、朝日新聞ら日本の反日左翼勢力の反戦平和主義運動が、反日諜報謀略活動そのものであることが簡単にわかり戦慄しますがく〜(落胆した顔)




▲団塊の世代が生きる道がここにある! 家庭用炭焼き器を使い竹炭を生産販売し、陶芸の通信講座を受け家庭用ろくろを回して、陶磁器を製作販売(見本です)したら、まだまだ人生は楽しくなる!!


大東亜戦争の真実を広めてくれる方もしくは旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います揺れるハート

 今ならアニメーションを広告みると全員に商品プレゼント!見ると得する『CMサイト』

▲簡単にぼろ儲けわーい(嬉しい顔)数あるポイントサービスの中で一番楽です。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法