2012年11月13日

橋下徹は不要!日本国に適合する上院の構成

 帝國憲法草案第三十四條は、枢密院における第一審会議第三読会と第二審会議第二読会によって「貴族院は貴族院令の定むる所に依り皇族華族及勅任せられたる議員を以て組織す」と修正された。この修正案が明治天皇の御裁可を得て大日本帝國憲法第三十四條となった。

 橋下徹をはじめ、公選議院一院制の実現を主張する愚か者を政界から追放するために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 枢密院帝國憲法制定会議の審議では、貴族院議員の資格選任特権等が法律ではなく勅令によって定められることの是非が争点となった。

 山田顕義は、

「貴族院議員の資格、選任、特権は勅令を以て定むべきものに非ず。法律を以て定むべきものなり。故に資格選任特権は法律を以て之を定むと修正せんことを望む」
 
と主張し、勅令説に反対した。三條実美、河野敏鎌、東久世通禧、鳥尾小彌太が直ちに山田説に賛成したが、森有礼は法律説に反対し、原案の勅令説を支持した。そこで佐野常民が、

衆議院議員の選挙は法律に依り、貴族院の選任は勅令に依る。両院選挙方法の異なる理由を説明あらんことを望む

と起草者の井上毅に訊ねたところ、井上は次のように説明した。

「貴族院議員の資格選任特権は法律に依らず、勅令を以て定むる所以は、貴族院の組織は憲法に密接の関係を有するものなればなり。この憲法は欽定なるが故に、之に密接の関係を有する貴族院組織令は勅令を以て之を定め、なるべく欽定の性質のものに付属せしめんと欲す。

 然るにもし法律を以て之を定むるものとせば、一々民選議員の議決を経ざるを得ず。然らば即ち欽定の精神に背戻するものとす。

 法律を以て衆議院議員選挙法を定むる所以は、衆議院は人民の代議士より成立するものなれば、人民一般に関するが為、その選挙法は人民の集合体より成立する衆議院の議決に委ねざるを得ず。
 
 これに反して貴族院は皇室の藩屏にして、常に皇室に密接したるものなれば、下院をして貴族院の制度に容喙することを許さず

 彼の千八百五十年に制定せられたる孛國(プロイセン)憲法においても、上院の組織は法律を以て定むるものなりしが、その後國会において、上院の組織を法律を以て定むるの不可をなることを発見し、終に憲法の正條を改正して勅令を以て之を定むることとせり。」


 帝國憲法第三十四條が貴族院の組織構成を法律ではなく貴族院令(勅令)に委ねる目的は、貴族院の組織構成に対する衆議院の容喙を排除することであった

 貴族院(上院)の組織構成が、衆貴両院の同意を経なければならない法律に依れば、貴族院法の改正増補ごとに衆議院の容喙を招き、衆議院(下院)の意向に沿い変形し、やがて公選議院(衆議院)の欠陥を抑制する能力を喪失し、帝國議会は、マッカーサー占領軍憲法(日本国憲法)の規定する国会と同じく、議会二院制の形骸と化するからである。

 井上毅はそのことを例証するために孛國の憲政史を挙げたが、帝國憲法第三十四條の立法趣旨は、井上、金子堅太郎、伊東巳代治を統率して帝國憲法を起草した伊藤博文の座右の書「ザ・フェデラリスト」の法理論に合致している。

 政府各部門に、自衛のために同等の権力を与えるということは不可能である。共和政府にあっては、立法部の権能は必然的に優位に立つことになる。そこでこの不都合を修正するために、立法部を二つの議院に分割することが必要である。

 そして、異なった選挙方法や、異なった運営原理をもって、この両院をして、その立法機関としての共通の機能や、ともに社会に依存しているという性格の許す限り、できるだけ相互に関係のないようにしておく必要がある
(ザ・フェデラリスト第51篇 抑制均衡の理論)。


 なぜなら人民によって頻繁に選挙される定数の多い議院(下院)には、上院のような組織による制御を必要とする特有の欠陥がある。この欠陥を匡正(きょうせい)する上院は、それ自体がこの欠陥から免れていなければならないからである

 もちろん下院と異なる上院の選挙方法や運営原理は各国の慣習や歴史に依存せざるを得ないが、それらの具体的内容は、伊藤博文の座右の書「ザ・フェデラリスト」第62篇<上院の構成>第63篇<上院議員の任期>が詳述する以下の「人民によって頻繁に選挙される定数の多い議院に特有の欠陥」を抑制する能力を上院に付与するものでなければならない。

<公選議院特有の欠陥>

・党利党略に走り、度を越した有害な決議を行う。
・立法の目的や原理について、必要な理解と知識がない。
・不安定で、思いつきの政策を乱発し、自国の利益を他国の餌食にする。
・私欲に塗れ、国家の名誉を重んじない。
・重大な事態において責任が欠如する。
・議席を獲得するために有権者をだます。

 
 大日本帝國憲法下では、貴族院は貴族院令の定むる所に依り皇族華族及勅任せられたる議員を以て組織する(憲法第三十四條)。衆議院は選挙法の定むる所に依り公選せられたる議員を以て組織する(憲法第三十五條)。

 公選議院(衆議院)特有の欠陥を匡正する貴族院(上院)は、先ずその欠陥から免れるために、衆議院(下院)とは異なる組織構成と選挙方法を持つ

 そして貴族院令(明治22年勅令第11号)に依れば、成年に達したる皇族の男子、満三十歳に達したる公侯爵、國家に勲労あり又は学識ある満三十歳以上の男子にして勅任せられたる者が貴族院の終身議員となり、公選議院特有の欠陥を匡正(チェック)し、政治権力の平衡(バランス)を保つのである。

 貴族(皇族と華族)の優れた素質は、1皇室とその家父たる天皇と親密な関係を有し上流の地位に居る、2世襲の家門として祖孫相承け史伝の精神を有する、3社会永遠の発達とその命運を同じくし、國家の全局とその休威を倶にする、4固より独立の気象を有する、である。

 この貴族が皇室の藩屏として貴族院に加わり、國家元首である天皇が自ら拒否権を行使しなければならない異常事態(愚劣極まりない法案の可決等)の発生を未然に防ぎながら、その優れた素質を活かして公選議院特有の欠陥を匡正するのである。

 しかし貴族世冑(家柄の良い家の子孫)の人は往々にして世故(世の中の事柄、世の俗事)に疎く、活発進為の気象に乏しい。そこで國の勲労学識富豪の人が勅任の議員として貴族院に加わり、貴族世冑の弱点を補いながら、公選議院特有の欠陥を匡正するのである。

 今の日本の政治は、公選議院特有の欠陥に覆いつくされているのだから、我が国は伊藤博文に倣い、ザ・フェデラリストの法理論に従い、参議院を公選議院特有の欠陥を匡正する権能と構成を持つ上院として再生しなければならない。

 これを怠ったまま我が国が日本國防軍を創設すると、公選議院特有の欠陥に覆い尽くされた政府と議会が國防軍をシビリアンコントロールすることになる。これは正に狂人に刃物を与える事態であり、それこそ公選議院特有の欠陥から國防軍の作戦用兵計画を防衛するための現代版の「統帥権独立の原則」が必要になってしまう。

 現在の我が国に必要な政治家は、参議院の廃止を叫ぶ橋下徹ではなく、生活苦に追われることなく、選挙活動に煩わされることなく、マスコミが煽動する世論に惑わされることなく、万巻の書を読み、億兆先人の叡智と経験の宝庫である日本の歴史を深く広く研究し、得意分野の学識を蓄え、四六時中一年中、ひたすら皇室国民ひいては日本国の将来を憂い、公選議院特有の欠陥を匡正する男女の上院議員である

 経験則を無視し、国政をデタラメな思いつき政策の実験場に転落させる政治家は要らない。 

 橋下徹をはじめ、公選議院一院制の実現を主張する愚か者を政界から追放するために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連ページ>

小泉竹中構造改革と竹中を擁する日本維新の会の本性を暴く維新・改革の正体-日本をダメにした真犯人を捜せ!

・経験則に従いさっさと不況を終わらせろ!要求する有権者が不況を終わらせます

伊藤博文の座右の書ザ・フェデラリストと枢密院帝国憲法制定会議と金子堅太郎の回想録を見落としているところが玉に瑕だが二院制の意義を例証する貴族院

参議院の廃止と一院制の実現を主張する政党とマスコミにダマされないための鳩山ルーピー基準

橋下徹の率いる日本維新の会の国政進出は危険-余りに幼稚な参院廃止論

戦後レジームが上る死刑階段日本国憲法の無効13の理由

・電子機器の持続力を伸ばすデジタルコンドーム「超高速カクうす」に入れておきたいわーい(嬉しい顔)皇国の興廃この一戦にあり-日露戦争文庫版DL
日露戦争 文庫版DL [ダウンロード]
皇国を再興する大東亜戦争史を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います」
↓↓↓


<日本国を防衛する食いしん坊バンザイ>

 今ソバを愛する日本人が韓国に狙われている我が日本国の国境の島「対馬」の防衛に続々と馳せ参じています。なぜなら我が国のソバ好きが一周年を迎えた対馬ふれあい産直便を利用して日本のソバ通を唸らせるソバの原種に近い貴重な対州ソバを食べれば、対馬の地元経済は潤い、迷惑な韓国人観光客を排除できるからです。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知でしたか?

東京都は日本人の血税を、毎年12,000,000円以上も韓国学校に垂れ流しています。
http://www.tokos.ed.jp/

血税を垂れ流しているのに、教科書や教育内容等、全く調べてません!
竹島で日本人44人が殺傷されたのもお構いなし!

大統領が陛下を侮辱してもお構いなし!

平成22年度 12,979,200円
平成23年度 12,736,600円
平成24年度 支払う気満々
平成25年度 予算計上する気満々

お問い合わせ先

東京都生活文化局私学部私学振興課企画振興係
Tel 03-5388-3181
Fax 03-5388-1336
S0000035@section.metro.tokyo.jp
Posted by 韓国嫌い at 2012年11月12日 19:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法