2006年12月23日

中国の新植民地主義と戦争方法 

 共産中国は、すでに日本に対して戦争に至らざる平時の武力を行使している、と言えるかも知れない。

 我が国は、中国人留学生も中国人観光客も中国人労働者も受け入れれるべきではないと思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

中国の植民地化への懸念示す 南アフリカ大統領(産経新聞)

 南アフリカのムベキ大統領は13日、南部ケープタウンの学生会議の演説で、アフリカ諸国と中国の関係が今後、旧植民地時代の宗主国との関係の「複製」に陥る危険性があると懸念を示した。南ア通信などが伝えた。アフリカ諸国の首脳が中国との関係について公に懸念を表明するのは異例。(ナイロビ 共同)



 12月14日 中国政府外交部の定例会見で、秦剛報道官が質問に答え、次のように反論した。

――南アフリカのムベキ大統領が、「もしアフリカがずっと中国への原材料供給地、中国からの製品輸入地であるなら、中国とアフリカの関係は『植民地関係』になる危険がある」と話したとの報道があった。中国は、アフリカの生産能力の拡大をどう支援していくのか。


 南アフリカ人民はかつて長きにわたり、植民地主義の苦しみをいやというほど受け、何が植民地主義で、誰が植民地主義者かを最も理解している。中国人民は南アフリカ人民と似た境遇を持ち、かつて植民地主義による侵略と略奪を受けたことがある。中国と、南アフリカを含むアフリカ諸国は、かつて国家独立と民族解放の運動において互いに同情し、互いに支持してきた。グローバル化が急速に進む今日、中国と、南アフリカを含むアフリカの人民は、平和を守り、発展を実現するという共通の課題を抱えている。過去であれ、今日であれ、将来であれ、似通った歴史的境遇と共通の追求が、中国とアフリカの人民を密接に結びつけている(中略)。

わたしは、あなたが引用したムベキ大統領の発言の前後の文脈はわからないが、わたしが自分の耳で聞いたムベキ大統領の発言を紹介することはできる。ムベキ大統領は「南アフリカは中国との協議・協力を強化するとともに、中国とアフリカの協力は双方の利益にとっても、世界にとってもプラスであると、共に世界に表明することを希望している」と述べた。また「中国はアフリカの信頼できる友人だ」とも述べた。南アフリカは、植民地統治に反対し、民族解放を目指す南アフリカ人民の運動における、中国の支持を忘れることはない。南アフリカは中国を、平和を守り、発展を促進する戦略的パートナーと見ている。中国の対アフリカ関係の発展が、南アフリカとアフリカの利益を損なうとは考えていない。南アフリカは、中国の対アフリカ政策を支持し、アフリカ経済の発展促進と、アフリカの貧困の削減における中国の努力を称賛している。

先日開催された「中国・アフリカ協力フォーラム」北京サミットほど、中国と、南アフリカを含むアフリカ諸国の、互恵協力の発展への強い願望を体現したものはない。中国と南アフリカの戦略的パートナーシップの内容と、その深化に向けた協力綱要に目を通し、北京サミットで発表された宣言を再読してみるといい。アフリカの発展を支持し、アフリカとの協力を促進するために胡錦濤主席が発表した8項目の主張を注意深く研究してみるといい。

 そのどこから、中国がアフリカに対して植民地主義を実施していると読み取ることができるのか。

 現在の世界の一部の人々、一部の国々は、中国とアフリカの関係発展をなぜ心配するのか。

 わたしは彼らがどんな心理状態で、どんな動機があるのかわからない。ただわたしが彼らに対して言えるのは、時代は変わった、時代の潮流は変わった、いかなる勢力にも、中国とアフリカが団結と協力を強化することを阻止するすべはない――ということだ。中国とアフリカの関係を挑発する、いかなる言論も、アフリカの人民に歓迎されることはないだろう。


 それはスーダンに見い出すことができる。

 中国アフリカサミット会議開催、中国、対アフリカ経済援助を倍増(大紀元06/11/05)

 アムネスティ・インターナショナルなどの国際人権団体は、中国当局はスーダン政府に武器を密輸し、ダルフール住民への虐殺を激化させたと非難している。中国当局は、ダルフール住民虐殺で国際的非難を受けているスーダンや、政権の腐敗が極めて深刻な状況にあるジンバブエなどの国と深い関係を結んでいる。ザンビア政府は中国当局の長年の盟友、今年9月のザンビア総統選挙で、反対派の候補者は強く中国当局を反対し、中国当局との関係問題が選挙の重要議題となった。


中国の動き(中国:世界平和に対する今日の脅威The Fatima Crusader, Issue 65, Autumn 2000よりアンドルー・M.セザネク

 もう一つのNewsMax.comの論考(「中国は700,000人の軍隊をスーダンで警戒態勢に置く」)によれば、ロンドンのSunday Telegraph8月27日号が、「中国軍は700,000人もの多くの軍隊をスーダンに持っており、その国の市民戦争に入る準備をしている」と報じている。

 Telegraphは、中国が敵対勢力(大部分はキリスト教徒)を壊滅させ、そしてその国の17年にわたる市民戦争(便利屋註、1983年に当時のヌメイリ政権が国政にイスラム法を導入したことに南部の黒人キリスト教徒が反発し、勃発したスーダンの内戦)を終わらせるようにというスーダンのイスラム政権の要求に応えるために「700,000万人もの多くの警備兵が作戦のために利用できた」と指摘しているスーダン軍内部文書を引用している。注27)

 イギリスの新聞もまた「過去3年間に中国は」中国国家石油法人によって管理された油田および諸施設で警備として奉仕するという口実の下に、「ジェット貨物機および貨物船によって中国人をスーダンに連れ込んで来た」ということを明らかにしている。注28)

 NewsMax.com論考は、この活動は「他の諸国によって完全に発見されずに行った一つの軍隊の他の国への最大の移動を表しているであろう」と結論している。

 この論考はまた「中国『労働者たち』の一つの軍隊としての使用は中央アメリカおよびカリブ諸国において発見された中国のますます増大する数の非合法的なことについての重大な懸念を呼び起こすであろう」注29)と警告している。

 イタリアもまたその国境を越えて来る大きな数の中国人「労働者たち」(「おそらく何十万人もの不法中国移民と同じくらい多くの)について懸念を持っている。「イタリアへ流入する中国移民」と題された2000年8月12日のUPIの新聞報道はこう報じている:「イタリアの新聞によって出された警告は多数の中国人がセルビアに到着し、...そして仕事を求めてイタリアへ渡航しようと計画していた。

 普段は穏健なトリノの新聞La Stampaは「国境で押し合いをしている」中国人を100,000人の数字で挙げた。注30)

 それでは、合衆国についてはどうであろうか?合衆国はその国境を越えている多数の中国人「労働者たち」の問題を抱えているのか?

 NewsMax.comの2000年8月11日の論考(「中国人はバージン諸島を通じて合衆国に入る」)におけるステファン・アーチャーによれば、毎週十数人のペースで中国人が不法に合衆国バージン諸島に入国し、当局に自首して、そしてルイジアナへの自由通行を獲得する。最近1週間もしないうちに、75人の中国人が合衆国バージン諸島のセント・トマス島およびセント・ジョン島という小さな島に不法に入国した。注31)

 プエルトリコ、サン・フアンにある移民・帰化局事務局から出ている統計によれば、1997年には16人、1998年には71人、1999年には347人、そして2000年の最初の6ヶ月で180人の中国人が不法にサン・トマス島に入った。アーチャーはサン・フアン移民・帰化局事務局公務員イヴァン・オルティス(Ivan Ortiz)がこう言っているのを引用している:「中国人が最初に合衆国に来るとき--この場合はバージン諸島を通って--彼らは逮捕されることを望む。彼らは当局のところへ出頭してこう言う。『そうです。われわれは不法にここにいます。われわれは逮捕されたいのです』と。」注32)

 ステファン・アーチャーはこのことをわれわれのために適切な展望の中へ置いてくれる:


 「『これは重大な問題である』と共和党議員ダナ・ローラバッハー(共和党-カリフォルニア)の外交政策顧問アル・サントーリ(Al Santoli)は言った。『それは単に不法移民そしてわれわれの国境侵犯についてだけではなく、また中国を友好的ではないと見ている人々がわれわれの中に多くいるという点で国家安全保障問題でもある』と。」注33)

 アーチャーはまた、バージン諸島に不法に入国する中国人の多くが「20代および30代であると思われる若い人々であり、彼らは健康で強健であるように見える」注34)と確認されてきたと報じている。

 このように、スーダン、イタリア、そして合衆国バージン諸島の間に、われわれはそれによって中国が発見されることなく他の国々の中へ軍隊を移動させるであろう独特の方法を見るのである。

 中国がまったく多くの軍隊によってその敵を圧倒する能力に関して考察するための一つの最終的な注意:ウェッブ上でのCIA-The World Factbook 2000--Chinaによれば、中国は15歳から49歳までの軍役に利用可能な推定3億6300万人の男子を抱えており、それらのうちの推定1億9900万人は軍役に適していると考えられている。注35)これらの数字を合衆国の人口と比較してみなさい。


中国の戦争の方法

 中国軍の軍事的巧妙さの古典的な例はJ. R. NiquistによるWorldNetDaily報告「中国の戦争の方法」(2000年8月31日)において記述されている。

 この論考においてNyquistは朝鮮戦争開始直後に600,000人の中国軍が韓国国境に終結し、そして次に韓国内に潜入したと述べている。合衆国諜報機関は数十万の中国軍が韓国内に滑り込んだという報告を受け取っていなかった。なぜなら、彼らは大規模な中国軍が川や困難な地帯を見つかることなく越えるということを思いつくことができなかったからである。それがまさに中国人たちが注意深い軍隊の移動、夜の行軍、日中は隠れることそして恐るべき軍隊規律によってやったことである。加えるに、「彼らの軍隊の大きさと彼らの計画の攻撃性を偽るために恐ろしい苦痛が中国人によって引き受けられた。」注36)

 アメリカの将官たちはいくつかの中国軍がいたこと、そして中国政府が戦争に訴えると脅かしていたということを知っていた。にもかかわらず、彼らは中国軍の強さと意図とをひどく過小評価していた。結果として中国人たちはアメリカ人たちを奇襲することができたのである。1950年10月に中国軍は合衆国第1機甲部隊の大隊を包囲し激しい戦闘の間に白兵戦に引き込んだ。その戦闘の中で中国人は最終的に大隊の戦闘司令所を圧倒した。この戦闘でアメリカ軍は800人のうち600人を失った。残りの者はやっとのことで脱出した。この戦闘の激しさは韓国中で繰り返された。そして合衆国軍隊を撤退へと強いた。注37)

 Niquistはまた、どのように中国の指導者たちがしばしば平和について語り、脅威を与える意図のないことを告知しているかを説明している。しかし、われわれが見たように、ロシアの援助でもって彼らは戦争のために準備している。Niquistはわれわれに次のことを思い起こさせる:

 「中国の方法は彼らの軍人たちを戦略的な地域へと潜入させることである。中国の軍人たちは労働者として、警備員としてあるいは亡命者としてすら、いかなる国へも入るであろう。しかしもし彼らがライフルや弾丸そして食物を与えられるならば、これらの「労働者たち」は連隊や師団へと編成され得る。おそらく、朝鮮において非常に成功したこの方法はスーダンにおいて適用された。」注38)


 中国政府と共謀して、日本へ留学する中国人学生を増やし彼らに生活保護を与える政治家もしくは中国人労働者を日本国内に導入する政治家や企業人には、外患誘致罪すくなくとも外患誘致予備陰謀罪の適用が相応しいであろう。中国は日本を含む世界をメチャクチャにするのだ!ちっ(怒った顔)

第八十一条   【 外患誘致 】

外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

第八十八条   【 予備及び陰謀 】

第八十一条又は第八十二条の罪の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の懲役に処する。


 日本の法体系を見るに、我が国の国内法は、警察(行政)の救済力が及ばない急迫不正の侵害に対する国民の正当防衛権を容認するが、これを実践するに足る武力の保有を国民に義務づけてはいない。このことは、不法外国人による凶悪犯罪が蔓延する現代日本の治安状況においては政府と議会の怠慢であり、国民の生命自由幸福追求に対する権利について立法その他の国政の上で最大の尊重を必要とすると定める占領憲法十三条に違反しているのではないだろうか。 

 日本において、一般的に国民が任意かつ合法的に獲得できる武力は、残虐な殺戮を好む食人民族の支那人や兵役義務を終えた韓国人らが犯す強盗行為には到底太刀打ちできない。

 だから虚偽に満ちた反日教育に洗脳され、強烈かつ凶悪な憎日感情を扶植された彼ら反日外国人の武装匪賊団に夜襲された日本国民は、彼らに対して、正当防衛権を行使して返り討ちの憂き目に遭うか、抵抗せずに家族の財産をすべて差し出して命乞いをするかという最悪の二者択一を迫られる。その結果は悲惨である。翌日、警察官が犯行現場に駆けつけて来た時には、命乞いも空しく惨殺された家族全員の哀れな死体が転がっており、反日匪賊はすでに日本国外への脱出を図っている…。

 これが最近の福岡一家四人殺害事件によって明らかにされた、二十一世紀の日本が直面する悲惨な現実であろう。

 この現実を克服するためには、徴兵制度が復活するまで、我々は自分自身の武力を少しでも高めなければならない。


<現在の日本政府は頼りにならない。我々一般国民が南北朝鮮人から日本の女性と子供を守るしかない!>


我々日本人は、

百式のビームサーベルFSR8アンチ反日マスゴミ諜報腕時計を携帯し、

ファルコン・アームプロテクター特殊高強度FRPインナー装甲と、セーフティ ジャケット3を装備すれば、キリコ・キュービーのように装甲騎兵になれるのだ!

そして素朴な棒一本で剣を制すやさしさと激しさを秘めた現代の古武道、宮本武蔵を破った唯一の人と伝えられる夢想権之助が創始したとされる神道夢想流杖術を修得し、さすまたをもって暴漢を制圧する力を養い、

あらゆる危険から身をまもる民間防衛 新装版父と息子の教科書―男が男だけに伝える自然に生きる知恵をバイブルとして熟読玩味し、銃の使い方と戦争に対処する心得を学び、

アメリカ陸軍歩兵部隊の訓練用に開発されたシミュレーターを活用して戦闘感覚を養い、有事に備えよう!!


 我が国は、中国人留学生も中国人観光客も中国人労働者も受け入れれるべきではないと思う方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
タグ:政治 戦争
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

初の逆¥やったけど、こんなスケベ女おるんかい!
どっちに入れる?ってチ*○*コにお尻すりつけてきて
オレ、無我夢中で犯しまくってもうたわ!笑

しかも両穴にナカ出ししまくったのにめちゃ喜んでたでwww
http://jas.motoyuyu.net/as6dqdq/
Posted by パンダおやじ at 2010年01月16日 13:23
おちょんちょん坊や達が何をしたいのかはよく分からないけれども、書き込んだ日の所長様のコラム内容はタイムリーですね。戦慄ものですね。
Posted by 鳩山クンの日米安保改定50周年にあたっての談話は存外良かったです。 at 2010年01月24日 19:54

くっはぁぁぁ!!まーだテンション下がらねっ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ
あんなキャワイイお姉たまに馬乗りでガツガツ攻められるなんて・・・!!
しかも5万も頂いちゃって、マジ笑い止まんねぇwwwww
http://fm.midnightowl.net/d8l50k5/
Posted by 予想以上にスゴかったぜ! at 2010年05月11日 03:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30147437

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか