左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2012年11月01日

素晴らしい日本の伝統!小笠原流礼法で強くなる日本人の身体

 小笠原流礼法は、武家礼法を基盤としています。武家の礼法とは、武士が殿上に上がった際の礼法というこいとです。また当然、武士のことですから、いざ戦時となれば、主人、家族、領民を守るために命を賭して戦わなければならない存在です。

 したがって、小笠原流の礼法は、それだけで独立したものではありません。「弓馬術礼法小笠原教場」の名に表されるように、弓馬術と礼法は、固く結びついて切り離せないもので、礼法はその最も基本になるものとお考えください。

 武士として、日頃の何気ない「立つ、座る、歩く、廻る、お辞儀する、物を持つ」という動作のなかで、足腰を鍛え、自然の理法に従い、物に添うことを常に意識して、命運を分けるかもしれない殿上において、粗相のないよう、作法を学んだのです。

 小笠原流では「実用・省略・美」を基本的な考え方として、これを「時・所・相手」に対して臨機応変に対応させることを理想としています。そのために、飽くことなく「正しい姿勢」と「正しい動き」を繰り返し稽古することが、小笠原流礼法の全てといってよいでしょう。

 武家の礼法は実用的、効用的なものであって、人間の身体の機能、物の機能を理解した上で、なぜそうするのか、そうあるべきなのか理論に裏づけされたものでなければなりません。

 そこには無駄な動きの入る余地はなく、必要最低限の機能を用いることが大切なのです。そしてそれが何気なく自然にできるようになってこそ、その仕草が、見る人には美しく調和がとれていると感じられるのです(小笠原流礼法で強くなる日本人の身体184〜185ページ)。

 素晴らしい日本の伝統−小笠原流礼法を広めるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

小笠原流礼法で強くなる日本人の身体(小笠原清忠/青春出版社/2008年初版発行)の目次

序章 ホンモノの作法は疲れない

「間違った身体づかい」が疲れやすい体をつくる
無駄のない動きは美しい
反動をつけて立つみっともなさ
「呼吸を合わせる」動きが人を引きつける
「間」が敬意を表す

第一章 美しい「立ち居振る舞い」で強くなる

【立つ】

美しい姿勢とはどういうことか
左右の身体バランスを崩している日本人の姿勢
「かかとをつけて立て」の間違い

【歩く】

疲れない歩き方
武士はなぜ室内でゆっくり歩くのか?
「隙の無い歩き方」が身を守る
「歩き方」の身体作法

【座る】

プロの将棋の対局では必ず正座をする理由
すみやかな動作を可能にする「跪座」の秘密
なぜ、「ドスン座り」になってしまうのか
「足を半足出す」がバランスよく裾の乱れもなく座るコツ
「立つ⇒正座」の身体作法
正座の身体作法
「正座⇒立つ」の身体作法

【膝行・膝退】

両手で体を支えて膝を進めていませんか
膝行の身体作法
膝退の身体作法
座っての回り方

【椅子に座る】

背筋を伸ばすことで、集中力も高まる
椅子の座り方の身体作法
両足をそろえて動作するのが美しい所作のコツ
「聞き上手」が使う視線の技
コラム上座・下座を知る

第二章 心が伝わる身体づかいの極意

【お辞儀をする】

「お辞儀=ただ頭を下げること」ではない
品のないお辞儀は「腹筋・背筋のゆるみ」が原因だった。
お辞儀の相手と「息が合う」から「心が通う」
立ったお辞儀(立礼)の身体作法
「三つ指ついて」の間違い
手をついてから座礼してはいけない
座ったお辞儀(合手礼)の身体作法
コラム九品礼

【相手とすれ違う、通りすぎる】

道ですれ違ったとき、左右どちらによけるか
目上の人と行き逢いの礼の身体作法
人の前を通るときに使う礼

【訪問・来客応対の作法】

効率的・機能的に襖を開けるコツ
入室の身体作法
ドアを後ろ手で開けてはいけない
コートについた雨だれで室内を汚さない技
後ろ向きに靴を脱いではいけない
扉に近い手を使って開ける
座布団にも裏表がある
気持ちが伝わる手土産の渡し方
場を乱さないコートの着方、着せ方
しずくが垂れない茶碗のふたの取り方
お茶をいただくときの身体作法
菓子をいただくときの身体作法
客にお茶を出すときの身体作法

【ビジネスシーンの作法】

名刺は「屈体」で渡すといい
名刺交換の身体作法
一直線上に客の前を歩いてはいけない
杓子定規に上席を勧めない

第三章 正しい「食」作法は体にいい

【和食の作法】

正しい食事作法が「健康」をつくる
なぜ、汁を手前に置くのか
洋食は汁から、和食はご飯から
お漬物は食事が終わるまで食べてはいけない!?
「身体的に正しい」器のふたの開け方
ふたは「回しながら」取る理由
ふたとふたを重ねてはいけない
なぜ、「手皿」はマナー違反なのか
和食の席での身体作法

【箸の使い方】

食前に感謝を表す「箸構え」とは
割り箸は左右ではなく上下に割る
汁を飲むとき箸はどうするか
皿の上に箸を乗せて食べ終わる人
悪い箸の使い方を教える言葉

【酒席の作法】

高い位置でお酌を受けていませんか
ぜったい粗相をしないお酌のしかた
コラム和食の基本料理

第四章 「冠婚葬祭」に生きる礼法

仏拝における身体作法
焼香のとき、手のひらは返さない
焼香の身体作法
なぜ、神前では拍手するのか
玉串を捧げるときの身体作法
慶事と弔事では「包み方」が違う
コラムおせち料理と贈り物の起源は同じだった。

おわりに
 

 所長は、朝起きてから夜寝るまで、小笠原流礼法に従い、正座⇒跪座⇒起立と、起立⇒跪座⇒正座という運動を実践してみたところ、たった一日で足が筋肉痛になった。これはまさに身体を鍛える小笠原流スクワットである。

 しかも布団に入ると、足先から両足がジワジワと熱くなり、下半身が元気になるわーい(嬉しい顔)。おそらく小笠原流スクワットが両足の血行を著しく改善してくれたのだろう。

 所長は、「小笠原流礼法で強くなる日本人の身体」を読み終え、自分が日本の伝統的な礼儀作法をほとんど知らなかったことを痛感し、自分の無知と無礼を大いに恥じ入った

 800年続く日本の武家作法「小笠原流礼法」が日本人らしさの原点であり、日本の大人が「小笠原流礼法」を修得実践し活模範になることが日本の子供に対する伝統教育であり、日本国を日本らしい尚武の國として再興するのだろう。

 現代の強くて美しいサムライになりたい日本男児や、恥を知る日本の礼儀正しいビジネスマンが背広の内ポケットに入れておく名著が「小笠原流礼法で強くなる日本人の身体」です。

 素晴らしい日本の伝統−小笠原流礼法を広めるために、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います」
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299974364

この記事へのトラックバック