2012年06月14日

大河ドラマ「平清盛」が低視聴率に喘ぐ理由-朝鮮半島と支那大陸に魂を奪われたNHK

 NHKの大河ドラマ「平清盛」の主要登場人物は、執拗に皇室の血筋を「もののけの血」と蔑み、天皇(上皇)および朝廷のために働く者を「王家の犬」と蔑む。

 NHK(日本反日協会)は、大河ドラマを通じて歴代の天皇および過去現在の尊皇忠君の志士を罵倒しつつ、視聴者に皇室に対する侮蔑感を扶植しようとしたのだろう。しかしNHKの邪悪な意図は視聴者に看破されてしまい、「平清盛」はかつてない低視聴率に喘いでいる。これは当然の結果である。

 桓武平氏は、桓武天皇(第50代)の子孫、清和源氏は清和天皇(第56代)の子孫、宇多源氏は宇多天皇(第59代)の子孫である。NHKは今日の我が国に、桓武平氏、清和源氏、宇多源氏の血筋を汲む日本国民がどれ程いるか、考えなかったのだろうか。

 物語日本史上が小国民に教え諭しているように、すでに神武天皇の子孫になっている日本民族のいわば本家である皇室の血筋を「もののけの血」と蔑むことは、日本民族を蔑むことに他ならない
。それを敢えて行ったNHK大河ドラマの制作スタッフは、朝鮮半島と支那大陸に魂を奪われた人々なのだろう。

 朝鮮半島と支那大陸に魂を奪われた日本のマスコミに明るい未来はないと思う方は、某反日新聞を廃刊に追い込む戦史を国民に広めるために、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

 所長の手元には物語日本史上中下(平泉澄著)がある。この中巻39~53ページにある「保元の乱」や源鎮西八郎為朝伝記為朝二十八騎のほうが「平清盛」の保元の乱より格段に面白い。

 物語日本史の原題は「少年日本史」である。平泉澄は、GHQに洗脳された日本の少年たちに日本人の魂を甦らせるために、「少年日本史」を執筆した

 終戦の二三年後でありました。山奥の小さな村の秋祭りのために、私は下駄をはいて山道を登ってゆきました。日の光はさんさんとして山々を照らし、暑からず寒からず、楽しい眺めでありましたが、足が少々疲れてきて、学校帰りの児童三四人に追い付かれました。

 児童はいかにも楽しそうに歌を歌いながら登って来ました。いつしか気やすく友達になった私は、ふと尋ねてみました。

「君が代、知っているかい。」
「君が代?そんなもの、聞いたことない。」
「日本という国、知っているかい。」
「日本?そんなもの、聞いたことないなあ。」
「それではアメリカという国、知っているかい。」
「アメリカ?それは聞いたことあるなあ」


 私は慄然として恐れました。世界には、征服せられ絶滅せしめられて、その民族の運命も、その文明の様相も、明らかでないものが、いくつもあるが、それが今は他人事ではなくなったのだ、と痛歎しました。

 昭和二十七年四月、占領は解除せられ、日本は独立しました。長い間、口を封ぜられ、きびしく監視せられていた私も、ようやく追放解除になりました。一年たって昭和二十八年五月二日、先賢の八十年祭に福井へ参りましたところ、出て来たついでに成和中学校で講話を頼まれました。

 その中学校を私は知らず、中学生は私を知らず、知らぬ者と知らぬ者とが、予期せざる対面で、いわば遭遇戦でありました。講話は極めて短時間で、要旨は簡単明瞭でありました。

「皆さん!皆さんはお気の毒に、長くアメリカの占領下に在って、事実を事実として教えられることが許されていなかった。今や占領は終った。重要な史実は、正しくこれを知らねばならぬ。」

と説き起こして、二、三の重要な歴史事実を説きました。その時の生徒の顔、感動に輝く瞳、それを私は永久に忘れないでしょう。

 生徒一千、瞳は二千、その二千の瞳は、私が壇上に在れば、壇上の私に集中し、話し終わって壇を下りれば壇下の私に集中しました。見るというようなものではなく、射るという感じでした。

 帰ろうとして外に出た時、生徒は一斉に外へ出て私を取巻き、私がタクシーに乗れば、タクシーを取巻いて、タクシーの屋根の上へまで這い上がってきました。彼らは黙って何ひとつ言わず、何ひとついわず、何ひとつ乱暴はしない。ただ私を見つめ、私から離れまいとするようでした。

 ようやくにして別れて帰った私は、二三日後、その生徒たちから、真情流露する手紙を男の子からも、女の子からも、数通貰いました。私の一生を通じて、最も感動の深い講演でありました。

 成和中学の感動の忘れがたさに、それより十数年後の昭和四十五年、時事通信社より一貫せる日本歴史を書くように求められた時、純真なる少年に呼掛ける形を取りました。

 当時すでに七十六歳の私は、余命計り知るべからず、これを児孫への最後の贈物、つまり遺書として書こうとし、従って学者らしく事実を羅列して博学を誇るがごとき形式を好まず、ただ歴史の精粋を抜いて、誠実に父祖の辛苦と功業とを子孫に伝え、子孫もまたこの精神を継承して進むことを期待しつつ、しみじみと誠実に語ろうとして筆を執ったのでありました(物語日本史上3~6ページ)。


 NHKの大河ドラマやフジテレビが低視聴率から脱出する方法は、今まで反日的な偏向捏造虚偽歪曲報道を垂れ流してきたことを視聴者に謝罪し、局内の左翼労働組合や在日韓国人の圧力に屈することなく、平泉澄の講演のように、あるいは森信三の修身教授録のように、日本国民をGHQの後継者である日教組(あるいは全教組)の洗脳狂育から救い出す番組を報道することである。

 朝鮮半島と支那大陸に魂を奪われた日本のマスコミに明るい未来はないと思う方は、某反日新聞を廃刊に追い込む戦史を国民に広めるために、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法