2012年01月29日

尊皇を装う暴力団(GHQ)の手先に堕ちた違憲有効界の承詔必謹論者たち

 むかし世界の東の果てに、日本という約1800年の歴史を持つ会社がありました。日本は日の出の勢いで発展しましたが、あるとき日本の労働組合に潜り込んだソ連という会社の工作員が経営陣に仕掛けたワナにはまり、創業以来初めて会社の存続を危うくするほどの大損害を被り、アメリカという巨大会社との競争に敗れました。日本はアメリカとパートナーシップ協定を結びました。

 それから間もなくソ連とつるんでいたアメリカから、GHQという経営コンサルタントが「日本の民主的再建」と称して日本にやってきたのですが、GHQはパートナーシップ協定を逸脱して日本を不法に占拠しました。GHQはさっそく契約書を作成し、それを民主的再建方針として日本の経営陣に突きつけました。

 契約書には、「日本は社員の安全と会社の存続をGHQに委託しなければならない」とか「日本は社内に独自の防犯設備を配置してはいけない」とか「日本はアメリカの社員をガードマンとして雇用しなければならない」とか「日本は会社の売り上げの二割をアメリカに上納しなければならない」とか、日本の定款と伝統にもパートナーシップ協定にも反する無理難題が山のように盛り込まれていました。

 当然のことながら日本の経営陣は契約書の内容を見て仰天し、GHQに幾度も抗議し幾度も契約書の変更を懇願しました。しかしGHQはそれらをことごとく拒絶し、「経営陣がこの契約書にサインしないというなら、日本が創業以来代々大切に受け継いできた皇室もろとも会社を爆破する」と経営陣を脅しました。

 GHQは経営コンサルタントを装った暴力団であり、しかもGHQにもソ連の工作員が潜入していたのです

 日本の皇室は日本が世界の中で稀有の老舗である証で、エンペラーという日本のブランド価値を維持するためには絶対に欠かせない唯一無二の社宝でした。日本の経営陣は苦悩しましたが、社宝を護り社員を守り会社を維持するために、最後にはGHQの脅迫に屈服し、断腸の思いで暴力団の契約書にサインし、契約書を会社経営の最高方針にしました。

 しかしそれから間もなくソ連とアメリカが争い始め、またアメリカは日本にGHQを送り込んで会社の民主的再建を強制したことを反省したため、GHQは日本から去っていきました。それからしばらくして、日本の法務部に所属する南出喜久治という弁護士が会社の経営陣に次のような提言を行いました。

「GHQが日本を不法占拠していたときに、会社の経営陣に無理難題を突きつけたことは不可抗力であって、経営陣が暴力団の契約書にサインしたことは、暴力団から社宝を護り社員を守り会社を維持するための止むを得ない苦渋の決断であったから、非難には値しない、むしろ同情して余りある行為である。
 
 しかし一連の行為は明白に違法であるから、GHQの契約書は始源的に無効であり、会社の経営陣は速やかに契約書を破棄し、日本本来の定款と伝統に復帰して会社の再興を図るべきだ。暴力団の契約書が会社の経営を狂わせ、会社の存続自体を危うくしている。

 このままでは日本は社員の生活と安全を守れないばかりか、社宝の皇室を失いかねない。暴力団の契約書を会社経営の最高方針として有り難く押し戴き、これに従い続けるなどという愚行はもう止めるべきだ。」


 ところが日本の出版部に所属する谷田川惣という売り出し中のライターが南出喜久治弁護士の提言に対して次のような反論を行いました。

「日本の経営陣は暴力団のGHQから社宝を護り社員を守り会社を維持するために暴力団の契約書にサインし、それから今日まで日本は暴力団の契約書を会社経営の最高方針として甘受してきたのである。従って一連の行為が違法であっても日本はこの現実を受け入れて暴力団の契約書は無効というべきではない。暴力団の契約書に従う経営が会社の存続を危うくしているなら、日本は暴力団の契約書に従い、その契約書の内容を少しずつ改正すべきである。」

 この谷田川なるライターは甚だ遵法精神を欠いており、殆ど暴力団の手先です。また暴力団の契約書に従って契約書の内容を改正することに付きまとう弊害と危険に全く気づいていません。このような人物が読者に「法の支配を尊重せよ」とか言っても全く信用に値しません。

違憲有効界に堕ちた人物が小林よしのりに「法の支配を尊重せよ」と説教するのは、絶対的矛盾であると思う方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 そもそも幣原内閣がGHQ製の日本国憲法草案を受諾し、帝国議会が日本国憲法草案を可決し、昭和天皇が日本国憲法草案を裁可され、吉田内閣が日本国憲法公布の詔書に副署(同意のサイン)したのは、いったい何のためだったのか。

 それはひとえに三度目の原爆投下をチラつかせるGHQの暴力から皇室を護り国民の生命を守り日本国を存続させるためであった。「皇室を護り国民の生命を守り日本国を存続させること」、これが昭和天皇をはじめ彼等の目的であり、念願であり、当時の意志であった。だから日本国憲法無効・帝国憲法復原増補(改正)論は、彼等の遺志に適いこそすれ、彼等の遺志に全く反しない。ところが違憲有効界の承詔必謹論者は日本国憲法無効・帝国憲法復原増補(改正)論を昭和天皇の御遺志に反するものとして拒絶するのである

 意図的なのか或いは無意識的なのか判らないが、承詔必謹論者は「皇室を護り国民の生命を守り日本国を存続させる」という目的を達成するための止むを得ない苦渋の非常手段であった「GHQ製の日本国憲法を受諾すること」それ自体を、あたかも昭和天皇の御希望、御遺志に摩り替えて、日本国憲法無効・帝国憲法復原増補(改正)論に反対し、国際法違反にして帝国憲法違反であるGHQ製の日本国憲法を最高法規として有効というのである。

 GHQ民政局員フランク・リゾー大尉の回想によれば、ダグラス・マッカーサーは、自分が行った日本改造がより長続きすることを熱望していたという。 

 違憲有効界の承詔必謹論者は尊皇を装ったGHQ系暴力団の残党であると言わずして何というのか。まるで承詔必謹論者は菊の御門を掲げて騒音公害を撒き散らす街宣右翼ではないか。彼等はマッカーサーの念願に応え、マッカーサーの遺志を継承しているのである。

・遂に復活皇紀二千六百年奉祝楽曲集R.シュトラウス
皇紀二千六百年奉祝楽曲集 [R.シュトラウス/ピツェッティ/イベール/ヴェレシュ] 玉音放送 (Festmusik zur Feier des 2600 jahrigen Bestehens des Kaiserreiches Japan op.84 etc) (2CD)

 彼らが小林よしのりに「法の支配を尊重せよ」と説教したり旧宮家の皇室復帰を主張するのは、絶対的矛盾であると思う方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

日本国憲法無効宣言>改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ

GHQという経営コンサルタントが「日本の民主的再建」と称して日本にやってきて、日本を不法に占拠したことについて
↓↓↓
・占領憲法第9条の精神は日本人に対すると虐めと嬲り-連合国の犯したポツダム宣言違反

GHQにもソ連の工作員が潜入していたことについて
↓↓↓
・戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」-二段階革命理論と憲法

暴力団の契約書に従って契約書の内容を改正することに付きまとう弊害と危険について
↓↓↓
・日本国憲法有効論の弊害1次項有歴史を偽造する魑魅魍魎の跳梁跋扈

・日本国憲法有効論の弊害2次項有法戦不能に陥る日本の悲劇 

・日本国憲法有効論の弊害3次項有マスコミ煽動の餌食-欠陥国会議員が行う憲法改正の危険性

・日本国憲法無効・帝国憲法復原増補(改正)論は、昭和天皇の御遺志に適いこそすれ、全く反しないことについて
↓↓↓
・エセ民族派が行っている最悪の天皇利用-天皇の発言と憲法の効力、昭和天皇と憲法改正 

・なぜ占領憲法無効・正統憲法復原増補(改正)でなければならないのか
↓↓↓
・平和憲法の正体を暴く現憲法無効論-憲法恢弘の法理

暴力団GHQの術中にハマっている違憲有効界の承詔必謹論者は、日本の再興を訴える前に自分がGHQの術中から抜け出せ!それが日本の再興だわーい(嬉しい顔)と言いたい方は、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


<電子機器の記憶力アップ>

デジタルコンドームPHDカクうすはゲームの爽快感を高め男のプライバシーの漏洩を防ぎます。


【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

75条違反では?という答えられない難題を見てから逃避するタイミング(口実)を図る谷田川惣氏
Excerpt: yatagawaosamu kazz12211 inosisi650   yatagawaosamu @ kazz12211 私は75条の「類推適用」はおかしいと指摘..
Weblog: ザ・真正護憲論(新無効論)<大日本帝国憲法は現存しています!>
Tracked: 2012-02-18 23:48

谷田川惣氏の「憲法無効論は単なる仮説」について[参議院の存在・貴族院の停止]
Excerpt:       (引用開始) それでもその憲法を前提に戦後60年、様々な秩序が存在します。 ほとんどの日本人は、この憲法を憲法である..
Weblog: ザ・真正護憲論(新無効論)<大日本帝国憲法は現存しています!>
Tracked: 2012-02-18 23:49
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。