左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2011年10月28日

TPP推進派の俗論を排す−アメリカの食糧戦略の標的は日本

 「日本農業は閉鎖的」とか「日本政府は農業を過剰に保護している」とか「大規模化すれば日本がTPPに加盟しても日本農業は生き残れる」とか全て虚偽である。

 TPP加盟の是非を考えるためには、中野剛志京大准教授の熱い解説だけでなく、鈴木宣弘東大教授の「TPPをめぐる議論の間違い−推進派の俗論を排す」も大いに参考になる
 
 TPP推進論者は日本農業とくにコメ農業の多面的機能と食糧安保とアメリカの世界戦略を意図的に無視している。

 アメリカとアメリカの要求に従う日本人のTPP推進論者はえげつないと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 2008年の世界食料危機は、干ばつによる不作の影響よりも、むしろ人災だったということを忘れてはならない。特に米国の食料戦略の影響であったということを把握しておく必要がある。

 米国が自由貿易を推進し、関税を下げさせてきたことによって、穀物を輸入に頼る国が増えてきた。一方、米国には、トウモロコシなどの穀物農家の手取りを確保しつつ世界に安く輸出するための手厚い差額補てん制度があるが、その財政負担が苦しくなってきたので、何か穀物価格高騰につなげられるキッカケはないかと材料を探していた。そうした中、国際的なテロ事件や原油高騰を受けて、原油の中東依存軽減とエネルギー自給率向上が必要だというのを大義名分としてバイオ燃料推進政策を開始し、見事に穀物価格のつり上げにつなげた。
 
 トウモロコシの価格の高騰で、日本の畜産も非常に大変だったが、メキシコなどは主食がトウモロコシだから、暴動なども起こる非常事態となった。メキシコでは、NAFTA(北米自由貿易協定)によってトウモロコシ関税を撤廃したので国内生産が激減してしまったが、米国から買えばいいと思っていたところ、価格暴騰で買えなくなってしまった。

 また、ハイチでは、IMF(国際通貨基金)の融資条件として、1995年に、米国からコメ関税の3%までの引き下げを約束させられ、コメ生産が大幅に減少し、コメ輸入に頼る構造になっていたところに、2008年のコメ輸出規制で、死者まで出ることになった。TPPに日本が参加すれば、これは他人事ではなくなる。米国の勝手な都合で世界の人々の命が振り回されたと言っても過言ではないかもしれない。

 米国の食料戦略の一番の標的は、日本だとも言われてきた。ウィスコンシン大学のある教授は、農家の子弟への講義の中で、「食料は武器だ。日本が標的である。直接食べる食料だけでなく、畜産物のエサが重要だ。日本で畜産が行われているように見えても、エサ穀物をすべて米国から供給すれば、日本を完全にコントロールできる。これを世界に広げていくのが米国の戦略だ。そのために皆さんには頑張ってほしい」といった趣旨の話をしたという。

 実はそのとき教授は日本からの留学生がいたのを忘れてしゃべっていたとのことで「東の海の上に浮かんだ小さな国はよく動く。でも勝手に動かれては不都合だから、その行き先をエサで引っ張れ」と言ったと紹介されている(大江正章『農業という仕事』岩波ジュニア新書、2001)。これが米国の食料戦略であり、日本の位置づけである。


 鈴木宣弘東大教授は米国に2年ほど滞在していたとき、コーネル大学にいたが、コーネル大学の教授陣との食事会のときに二言目に出てくるのは、「日本がうらやましい、日本の公的医療制度は、適正な医療が安く受けられる、米国もそうなりたい」ということだったそうだ。

 歴史家を目指す所長の直感によれば、アメリカ政府は日本国をTPPに誘い込んで世界に誇る我が国の公的医療保険制度を破壊し、アメリカの製薬会社と保険会社に日本国の内需(日本の国民総医療費は約35兆円)をたらふく食べさせた後、アメリカ合衆国に日本式の公的医療保険制度−国民皆保険(健康保険)を導入するのではないだろうか。

 そのときアメリカの製薬会社と保険会社は日本国で既に満腹になっているので、アメリカ政府の国民皆保険制度の導入に異議を唱えない。つまりアメリカ政府は国民皆保険の導入によって発生するアメリカの製薬会社と保険会社の損失を、日本国民の生命と財産をもって補填しようとしているのではないか・・・がく〜(落胆した顔)

 先進技術実証機(Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X)心神に搭載する予定の最先端技術の開発は既に終了していて、あとは実機の製作とテスト飛行の実施を待つのみだそうだ。

 10年後、国産ステルス戦闘機の開発が成功し、藻類油の生産が軌道に乗ったとき、日本国民が以下のように後悔しなければよいが。

 「10年前、野田内閣がTPPに加盟せずに、日本のコメ農業を守っていれば、我が国に国家の安全保障を支える三本の柱(軍事力・エネルギー・食料)が揃い、対米依存を大いに減らすことが出来たのに・・・日本の億兆先人達が神代以来守ってきた豊葦原瑞穂国の水田と水源と森林がモンサントとカーギルに支配されることはなかったのに・・・

<関連ページ>

鈴木宣弘が震災復興とTPPを語る−再生のための対案

・TPPに反対する農業従事者は、ただひたすら「農業を守れ」とだけ叫んでいるのではない、絶え間なく試行錯誤を繰り返し創意工夫を重ねている。究極の田んぼを見よ!

 アメリカとアメリカの要求に従うTPP推進論者はえげつないと思う方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓



【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232508527

この記事へのトラックバック