2011年09月14日

日米安保を破壊する漏洩管制官-絶望的な日本の防諜体制

 羽田空港に勤務する50代の男性主任航空管制官が、米大統領専用機「エアフォースワン」のフライトプラン(飛行計画)や、アメリカ軍無人偵察機「グローバルホーク」の飛行記録を、複数回にわたり自身のブログに掲載していた。

 国交省によると、管制官は聴取に対し、持ち出した情報を自宅のパソコンなどに保管し、「ブログに掲載した(飛行計画などの)画像は定期的に更新していた」などと説明しているという。ブログは平成13年に、知人などに管制内部の情報などを見てもらう目的で開設したといい、情報流出が10年近くにわたっていた可能性がある。

 今回問題を起こした管制官は「通知に従い画像を削除したが、(エアフォースワンの飛行計画などは)消し忘れた」などと話しているが、国交省は、これらが希少価値の高い画像のため意図的に残していた可能性があるとみて調査し、一連の行為は国家公務員法の守秘義務違反に当たる可能性があることから、懲戒処分とする方針を固めるとともに、刑事告発も検討している。

<国家公務員法 最終改正:平成二三年六月二四日法律第七四号>

(秘密を守る義務)
第百条 職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。

〇2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表するには、所轄庁の長(退職者については、その退職した官職又はこれに相当する官職の所轄庁の長)の許可を要する。

第百九条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する
十二  第百条第一項若しくは第二項又は第百六条の十二第一項の規定に違反して秘密を漏らした者


 アメリカ政府は、日本国の国家公務員法の規定する守秘義務違反者に対する罰則が余りに甘いことに驚愕絶句し、今後一切重要な情報を日本政府に提供しないのではないか。

 憲法云々以前に、憲法の下位規範である公務員法と自衛隊法の欠陥が早急に是正されないと、我が国の防諜と国防は全く成り立たないと理解した方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 アメリカ政府の重要機密を漏洩した羽田空港の50代男性主任航空管制官の余りに軽率な行動に、ある管制官OBは「常識で考えても、管制官しか見られない非公開情報を流出させる意図が分からない」と首をひねり、「航空マニアの歓心を買うため安易な気持ちで流出させたのだろうが、管制官は『空の安全』を預かっているという重要な任務を忘れているのではないか」と指摘した。

 国交省によると、同省に所属する航空管制官は現在全国に約2千人。試験をへて航空保安大学校で研修を受けた後、各地の空港や航空交通管制部などで勤務する専門職だが、最近は重要な職責に相反する軽い不祥事が目立つ。

 不祥事の原因は、国家公務員法の守秘義務違反に対する罰則がバカバカしいぐらい軽いことに尽きる。だから『空の安全』を預かっているという重要な任務を忘れる管制官が出現し、アメリカ政府の対日不信をさらに高め、日米安保体制を破壊するのである。

 所長が「不正役人天国だからスパイ天国になるのだ」(2007年06月18日)で公務員法の問題点を指摘し、以下のように法改正の必要性を訴えた。

 地方公務員法および国家公務員法および自衛隊法にある秘密保全条項の罰則規定は次のように改正されなければならない。

 「業務上の秘密を漏洩した者は死刑又は無期懲役又は七年以上の懲役に処す。」

 本当に由々しき問題は、ウィニー事件の元凶である公務員法と自衛隊法の秘密保全条項の異様に甘い罰則規定が強化されないことである。

 今の政治家は、問題に気付いていないのか、気付きながら放置しているのか、判然としないが、いずれにしろ政治家失格である。


 警察官がウソまでついてウィニーを使用し私有パソコンで約1万件の捜査情報を漏洩してから4年が経過したのに、立法府は公務員法の罰則強化を行わない。今の公務員法は秘密の漏洩を抑止できない。

 おそらく現在でも、警察庁、国土交通省、外務省、経産省、防衛省、それらと予算折衝を行う財務省から、ありとあらゆる重要機密が国内の反日勢力と諸外国に漏洩しているに違いない。

 今の情けない防諜体制が抜本的に改善されない限り、我が国は19500トン型ヘリ空母22DDHと24DDHを建造しても、日本のF-X最有力候補として脚光を浴びている第5世代戦闘機F-35(詳細はこちら)もV-22オスプレイも購入できないだろう。

 憲法云々以前に、憲法の下位規範である公務員法と自衛隊法の欠陥が早急に是正されないと、我が国の防諜と国防は全く成り立たないと理解した方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<韓流反日マスコミは要らない>

・日本人が花王の入浴剤の代わりに記憶力を高めてくれる爽快感と清涼感の強い香りGAIA ローズマリーオイルを使うと、韓流反日思想に侵蝕されているフジテレビと花王が改心します。
GAIA ローズマリー 5ml

アロマストラップがあれば大麻吸引は不要になり、在日ヤクザが死に絶えますわーい(嬉しい顔)

・諸悪の根源朝日新聞社を倒産に追い込む大東亜戦争の真実を広めてくれる方は、おわりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓





【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225943342

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか