2006年06月30日

満州国出現の合理性-GHQ占領軍を戦慄させた支那通のアメリカ人ジャーナリストのジョージ・ブロンソン・レーの予言の書

 紫禁城の黄昏の完訳本が読者の高い評価を得ている。まことに慶賀の至りではある。

 ジョージ・ブロンソン・レーの「満州国出現の合理性」を復刊させたい方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 しかしこれより高い価値を有する第一次史料が存在する。それが変転する支那大陸の情勢を克明に取材報道していた上海発行の月間英文雑誌「極東評論」The Far Eastern Revierの社長兼主筆のジョージ・ブロンソン・レーが、一九三五年ニューヨーク及びロンドンで出版したアジア・リポートの邦訳「満洲国出現の合理性 (日本国際協会1936.8 原題はThe case for Manchoukuo)」である。

 本書は九ヶ国条約、国際法、満洲の歴史などあらゆる論点から満洲国建国の正当性を完璧に立証している(所長の要約はこちら

 東京裁判において被告弁護側は、紫禁城の黄昏の摘要と満州国出現の合理性の摘要とを満州国建国の正当性を証明する証拠資料として提出しようとしたが、裁判所は前者を却下し後者の提出を許さなかった。

 もし満州国出現の合理性の摘要が証拠として採用されていたら、占領軍の「日本史汚染による日本人洗脳計画」の中核である東京裁判は、たった一人のアメリカ人ジャーナリストの著作によって覆されてしまい、マッカーサーとアメリカは世界中に恥をさらしたことであろう。

 日本国が連合軍に占領されていた期間に、大東亜戦争の評価をめぐる思想言論戦の決着は、ほぼ付いていたのである。
 
 満州国出現の合理性を図書館で借り読みできない方は復刊申請に御協力ください。

 左翼だけでなく自称保守の中にも、日米対決を満州支那市場の争奪戦と捉える日本人がいるが、残念ながら戦前の日本経済の実力はそこまで到達していなかった。

 戦前の日本経済は生産事業に必要な原材料、部品、工作機械、技術をアメリカから輸入しており、アメリカ経済に依存していた。だから日本が満州と支那に投資して事業を起すと、アメリカの対満支輸出を増やしてアメリカ経済を潤し、また日本が満州と支那に製品を輸出すると、アメリカの対日輸出を増やしてアメリカ経済を潤していたのである。つまり日本はアメリカから原材料、部品、工作機械、技術を仕入れて満州と支那に売り込んでいたのである

 だからレーの言う通り、日本はアメリカの良き顧客でありアメリカ製品の優秀なセールスマンであり、アメリカの門戸開放主義の最大の協力者だったのである。

 判り易く言えば、日本はせっせと魚(利益)を捕ってはアメリカに運ぶ鵜にすぎず、アメリカは日本鵜を飼いならして漁を行う鵜匠であった。

 鵜が鵜匠に抵抗しても殆ど勝ち目はないだろう。だから石原莞爾は日本の総合生産力の飛躍的向上を実現し日本経済を対米依存から脱出させるために重要産業五カ年計画を立案し、これが成功するまでの不戦を唱え、1941年の日米開戦に猛反対したのである。
 
 戦時中の我が国の技術陣は無数の困難を乗り越えて数々の世界最先端軍事技術を開発したが、それを兵器化して大量生産するための工作機械を自力で製作できなかったことが我が国の致命傷となった。

 そして鵜匠が自分の飼いならした鵜を皆殺しにすれば魚を採って売れなくなるだろう。だからレーはアメリカ国民に向かって貿易統計を示し懸命に日米協調の必要性を力説し、日米対決がソ連を利するだけであることを訴えたのに、当時のアメリカのマスコミは反日思想に凝り固まっており、レーの警告を親日派のプロパガンダに過ぎないと一蹴し耳目を傾注しようとはしなかった。

 我が国は戦前から今日に至るまで国内外の反日マスゴミに苦しめられているのだ

 ジョージ・ブロンソン・レーの「満州国出現の合理性」を復刊させたい方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

こんなことまで
Excerpt: 天然系不思議秘書♪本気で性格◎こんな娘が、こんなことまでしてくれるなんて
Weblog: たまちゃん大好き
Tracked: 2006-06-30 21:15
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法